第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

メガシンカ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

メガシンカとは、特定のポケモンにおいて、メガストーンを持たせることで行えるパワーアップのこと。

概要

ポケットモンスター X・Yポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアで登場した要素の一つ。トレーナーが身につけている「キーストーン」、そしてポケモンに持たせた「メガストーン」がポケモンとトレーナーとの強い絆によって共鳴することで発動する、進化を超えた進化。通常の進化と同様に姿が変わり、能力値が格段にパワーアップする。ポケモンによってはタイプとくせいも変化する。さらに、今まで決して進化しなかった、既に2回進化したポケモン・伝説のポケモンもメガシンカすることができる。

特に通常の進化と異なるのは、戦闘中のみの進化と言う点で、バトルが終わると元に戻る。また一回のバトルにつき一度しか使えず、一匹がメガシンカを使うと他のポケモンはメガシンカできなくなる(任意の解除はできない)。

キーストーン(メガリングメガバングル)を入手した後(入手法はメガリング参照)、ポケモンに対応するメガストーンを持たせた状態で、技の選択画面に現れるメガシンカのボタンを選択することで行える。メガストーンを持たせると自動的にメガシンカを遂げるわけではない。全てのポケモンがメガシンカを行えるわけではなく、以下に示すポケモンのみ、それぞれに対応するメガストーンがあれば行える。 ただし、レックウザのみがこの例外で、対応するメガストーンは存在しない。代わりに専用技「ガリョウテンセイ」を覚えていることを条件にメガシンカする。

メガシンカしている間は名前の右に石のマークが表示される。

メガシンカするポケモン

  • 下表のとおり。タイプやとくせいの変化には注意しておきたい。
全国ナンバー 名前 タイプ1 タイプ2 特性 登場ソフト メガストーン
3 メガフシギバナ くさ どく あついしぼう X/Y、OR/AS、S/M フシギバナイト
6 メガリザードンX ほのお ドラゴン かたいツメ X、OR/AS、S/M リザードナイトX
6 メガリザードンY ほのお ひこう ひでり Y、OR/AS、S/M リザードナイトY
9 メガカメックス みず メガランチャー X/Y、OR/AS、S/M カメックスナイト
15 メガスピアー むし どく てきおうりょく OR/AS スピアナイト
18 メガピジョット ノーマル ひこう ノーガード OR/AS ピジョットナイト
65 メガフーディン エスパー トレース X/Y、OR/AS、S/M フーディナイト
80 メガヤドラン みず エスパー シェルアーマー OR/AS、S/M ヤドランナイト
94 メガゲンガー ゴースト どく かげふみ X/Y、OR/AS、S/M ゲンガナイト
115 メガガルーラ ノーマル おやこあい X/Y、OR/AS、S/M ガルーラナイト
127 メガカイロス むし ひこう スカイスキン X、OR/AS、S/M カイロスナイト
130 メガギャラドス みず あく かたやぶり X/Y、OR/AS、S/M ギャラドスナイト
142 メガプテラ いわ ひこう かたいツメ X/Y、OR/AS、S/M プテラナイト
150 メガミュウツーX エスパー かくとう ふくつのこころ X、OR/AS ミュウツナイトX
150 メガミュウツーY エスパー ふみん Y、OR/AS ミュウツナイトY
181 メガデンリュウ でんき ドラゴン かたやぶり X/Y、OR/AS デンリュウナイト
208 メガハガネール はがね じめん すなのちから OR/AS ハガネールナイト
212 メガハッサム むし はがね テクニシャン X/Y、OR/AS、S/M ハッサムナイト
214 メガヘラクロス むし かくとう スキルリンク Y、OR/AS ヘラクロスナイト
229 メガヘルガー あく ほのお サンパワー Y、OR/AS ヘルガナイト
248 メガバンギラス いわ あく すなおこし X、OR/AS バンギラスナイト
254 メガジュカイン くさ ドラゴン ひらいしん OR/AS ジュカインナイト
257 メガバシャーモ ほのお かくとう かそく X/Y、OR/AS バシャーモナイト
260 メガラグラージ みず じめん すいすい OR/AS ラグラージナイト
282 メガサーナイト エスパー フェアリー フェアリースキン X/Y、OR/AS サーナイトナイト
302 メガヤミラミ あく ゴースト マジックミラー OR/AS、S/M ヤミラミナイト
303 メガクチート はがね フェアリー ちからもち X/Y、OR/AS クチートナイト
306 メガボスゴドラ はがね フィルター Y、OR/AS ボスゴドラナイト
308 メガチャーレム かくとう エスパー ヨガパワー X/Y、OR/AS チャーレムナイト
310 メガライボルト でんき いかく X、OR/AS ライボルトナイト
319 メガサメハダー みず あく がんじょうあご OR/AS、S/M サメハダナイト
323 メガバクーダ ほのお じめん ちからずく OR/AS バクーダナイト
334 メガチルタリス ドラゴン フェアリー フェアリースキン OR/AS チルタリスナイト
354 メガジュペッタ ゴースト いたずらごころ X/Y、OR/AS ジュペッタナイト
359 メガアブソル あく マジックミラー X/Y、OR/AS、S/M アブソルナイト
362 メガオニゴーリ こおり フリーズスキン OR/AS、S/M オニゴーリナイト
373 メガボーマンダ ドラゴン ひこう スカイスキン OR/AS、S/M ボーマンダナイト
376 メガメタグロス はがね エスパー かたいツメ OR/AS、S/M メタグロスナイト
380 メガラティアス ドラゴン エスパー ふゆう (X/Y、)OR/AS ラティアスナイト
381 メガラティオス ドラゴン エスパー ふゆう (X/Y、)OR/AS ラティオスナイト
384 メガレックウザ ドラゴン ひこう デルタストリーム OR/AS、S/M (ガリョウテンセイ[1])
428 メガミミロップ ノーマル かくとう きもったま OR/AS ミミロップナイト
445 メガガブリアス ドラゴン じめん すなのちから X/Y、OR/AS、S/M ガブリアスナイト
448 メガルカリオ かくとう はがね てきおうりょく X/Y、OR/AS、S/M ルカリオナイト
460 メガユキノオー くさ こおり ゆきふらし X/Y、OR/AS ユキノオナイト
475 メガエルレイド エスパー かくとう せいしんりょく OR/AS エルレイドナイト
531 メガタブンネ ノーマル フェアリー いやしのこころ OR/AS タブンネナイト
719 メガディアンシー いわ フェアリー マジックミラー OR/AS ディアンシナイト
  1. メガストーンは必要ない。ガリョウテンセイを覚えさせればメガシンカ可能。

メガシンカに必要なアイテム

メガシンカにはメガストーンの他にキーストーンと呼ばれる石をトレーナーが持っている必要がある。メガシンカを使うトレーナーは、以下のようにキーストーンをなんらかの形で身に付けていることが多い。

  • X・Yの主人公とライバルのセレナ/カルム、サン・ムーンのジーナデクシオメガリングと言う名称の腕輪を左腕に装着している。色は主人公とライバルが黒、ジーナとデクシオが白。
  • オメガルビー・アルファサファイアの主人公とライバルのハルカ/ユウキメガバングルと言う名称の銀色の腕輪を左腕に装着している。
  • 主人公やライバル以外のトレーナーも何人かはメガシンカのデバイスを保有している。
    • コルニはメガグローブと呼ばれるアイテムを左手に装着しており、手の甲にキーストーンが埋め込まれている。
    • フラダリは名前は同じくメガリングだが、指輪サイズのアイテムを左手の中指に装着している。
    • カルネはメガチャームと呼ばれる首飾りにキーストーンが埋め込まれている。
    • ダイゴはメガラペルピンと呼ばれるアイテムを胸につけている。
    • ミツルはメガペンダントと呼ばれるアイテムを首につけている。
    • マツブサはメガメガネと呼ばれる眼鏡をかけており、右側の弦にキーストーンが埋め込まれている。
    • アオギリはメガイカリと呼ばれるアイテムを首につけており、首からさげている碇の根元にキーストーンが埋め込まれている。
    • ヒガナはメガアンクレットと呼ばれるアイテムを足につけている。
    • スーパーひみつきちに登場するトレーナーのグラフィックにメガシンカのデバイスは描かれないが、メガバングルを使ってポケモンをメガシンカさせると言うメッセージが出る。
    • カゲツフヨウプリムゲンジはキーストーン単体をメガシンカのアイテムとして使用する。
  • サン・ムーンの登場人物は先述のジーナ、デクシオ、ミツルを除きキーストーン単体をメガシンカのアイテムとして使用する。

備考

  • メガシンカは技の使用と同じターンに使える。メガシンカ自体はターンの最初に発動するが、そのターンの行動はメガシンカする前のすばやさに依存する(技を選択した段階でポケモンの行動順が決定されている為である)。しかし、第七世代ではメガシンカしたターンに関係無くメガシンカした後のすばやさに依存する。
  • 第六世代のみ、メガシンカ発動時に主人公がメガリングに触れるカットインが挿入される。ソフト起動後一回目のメガシンカを行ったときか、そのポケモン(その種族)を初めてメガシンカさせるときのみ見ることができる。
    • 一度メガシンカさせたことのある種族をメガシンカさせる場合、その個体を初めてメガシンカさせたとしても主人公のカットインは出てこない。
    • ストーリー中のシングルバトル以外(ダブルバトル群れバトルなどの複数のポケモンが場に出るバトルや通信対戦バトルハウスなど)では条件を満たしてもカットインが表示されず、初めてストーリー中のシングルバトルでメガシンカを行ったときにカットインが表示される。
    • カルネダイゴとのチャンピオン戦でメガシンカを使用した場合、上記の条件に関係なく必ずカットインが挿入される。
  • メガシンカした後、戦闘に出たときに発動する特性に変化した場合、メガシンカした時点で発動する。
  • トレーナー1人が1回のバトルにつき1回メガシンカを発動できるため、マルチバトルではタッグを組んだトレーナーがそれぞれメガシンカを発動することも可能である。
  • 一度メガシンカしたポケモンがひんしになった場合、メガシンカが解除される。そのポケモンをげんきのかけらなどを使ってバトルに参加可能にしても、既に一度メガシンカを発動しているためそのポケモンを再びメガシンカさせることは出来ない。
  • カイオーガ及びグラードンが行うゲンシカイキ、及びきずなへんげによるサトシゲッコウガへの変化はメガシンカではない為、1回の戦闘でメガシンカと両立することが可能。
  • ポケモンに対応するメガストーンを持たせた場合、以下にあるように自分の持ち物の状態が変化する技の影響を一切受けない。メガシンカは高種族値と引き換えに実質ノーアイテムでの戦いを強いられると考えてよい。
  • ポケモンに対応するメガストーンを持って戦闘に入った場合のみメガシンカは行える。従って、へんしんを覚えたポケモンに特定のメガストーンを持たせ、戦闘中そのメガストーンに対応するポケモンに変身したとしてもメガシンカは行えず、戦闘開始時に対応するメガストーンを持っていなかった場合、後からトリックなどで対応するメガストーンを他のポケモンから貰う事もできない(そのポケモンとは無関係のメガストーンなら受け取れる)。ただし、メガシンカを行った後の相手に変身する事は可能。
  • どのポケモンも種族値合計が100上昇している。
    • ただし、第六世代のメガフーディンのみ、90しか上昇していなかった。第七世代ではメガフーディンの特防種族値を10上げることで修正された。
  • HP種族値はどのポケモンも変化しない。
  • メガガブリアスメガユキノオーなど、メガシンカ後に一部の能力値がメガシンカ前より下がる場合もある。
  • ♂と♀で姿が微妙に違うポケモンがメガシンカした場合、♂も♀も同じ姿になる(例えばフシギバナの場合は♀にのみ存在していた花のめしべがメガシンカ時にはなくなっている)。
  • 色違いのポケモンがメガシンカした場合はその色に対応した姿になり、ポケモン図鑑にもその姿は登録される。
  • ポケパルレの仲良し度による補正は、メガシンカ中はすべて解除される。
  • オメガルビー・アルファサファイアでは、X・Yのメガストーンも入手でき、どちらか片方のソフトだけでもすべて入手可能となった。XYでも手に入るメガストーンであれば交換による輸送も可能。
  • サン・ムーンでは、通常プレイではアローラ図鑑に載っているポケモンと初代御三家の分のメガストーンしか入手できない。ただし公式はポケモンバンクの解禁により、手に入らないメガストーンを順次配信していくとの告知をしている。[1]
  • ポケモン・ザ・ムービー XY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』では、トレーナーの絆なしでポケモンを強制的にメガシンカさせるアイテム「メガウェーブ」が登場した。

ポケとるにおけるメガシンカ

詳細はメガシンカ (ポケとる)を参照。

  • 各エリアの最終ステージでのトレーナー戦などで手に入るメガストーンとメガシンカ元のポケモンをゲット、設定し、ゲーム中にゲージを満タンまで溜めることでメガシンカすることができる。
  • 一度メガシンカすると、元のポケモンがもつ能力はメガシンカ効果に切り替わる。

大乱闘スマッシュブラザーズにおけるメガシンカ

ポケットモンスターSPECIALにおけるメガシンカ

  • ゲームと違い、キーストーンを複数持つことが可能。そのため、メガシンカが同時であれば、1人のトレーナーが1度の戦闘で持っているキーストーンの数分だけメガシンカさせることが出来る。しかし、複数に同時メガシンカを行うとそのトレーナーの体力が消耗し、ポケモンへの指示に大きく影響する。
  • トレーナーがポケモンバトル中であるとみなしていなくても、少しでもポケモンバトルの要素があるとみなされた(例えば、トレーナーのポケモンを使って隕石を食い止めているだけであったはずが、その隕石を降らせていたのが別のポケモンだった)場合、トレーナーにキーストーン、そのトレーナーのポケモンに対応するメガストーンさえあれば任意にメガシンカが出来る。

関連項目