ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ふくろだたき

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ふくろだたき
第二世代
タイプ あく
分類 物理
威力 10(第四世代まで)
→-(第五世代以降)
命中率 100
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
手持ちポケモン全員が相手を攻撃する。ただし、状態異常ひんし状態のポケモンは攻撃しない。
判定
Zワザ威力 100
ダイマックスわざ威力 100
わざマシン わざマシン37(第八世代)
パレス たたかう
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE) ♡♡
妨害 (RSE)
アピール効果(RSE)
自分より前にアピールしたポケモンのハートを半分に減らす。0個以下の場合は、1個減らす。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
連続使用できる。
アピール(ORAS)
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
☆マークによるハートの追加が通常の3倍。

ふくろだたきは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

第二世代
ルビー・サファイアエメラルド
なかまの ポケモンが こうげきに さんか してくれる
ファイアレッド・リーフグリーン
みかた ぜんいんで こうげきする。 なかまの ポケモンが おおいほど あたえる ダメージが おおきい。
第四世代
みかた ぜんいんで こうげきする。 なかまの ポケモンが おおいほど わざの いりょくは あがる。
第五世代第六世代第七世代第八世代
みかた ぜんいんで こうげきする。 なかまの ポケモンが おおいほど わざの こうげきかいすうが ふえる。
(漢字) 味方 全員で 攻撃する。仲間の ポケモンが 多いほど 技の 攻撃回数が 増える。

コンテストわざ

第三世代
アピールが うまくいった ポケモン みんなを かなり おどろかす
第四世代
2かい れんぞく おなじ わざで えんぎが できる。
第六世代
ちょうしが いいときに だすと アピールが とても うまくいく
(漢字) 調子が いいときに だすと アピールが とても 上手くいく

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 覚える世代
金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM SwSh
ニューラ 57 57 38 42BW
28B2W2
28 28 42
デルビル × × 27 25 25 25 -
ヘルガー × × 28 26 26 26 -
マニューラ - - 1
ズルッグ - - - × × × 24
ズルズキン - - - × × × 24
アイアント - - - × × × 12
ヨワシ - - - - - 33 8
ナゲツケサル - - - - - 15 15
クスネ - - - - - - 4
フォクスライ - - - - - - 1
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

わざマシン

ポケモン名 覚える世代
8
ヒトカゲ
リザード
リザードン
ディグダ
ディグダ
(アローラのすがた)
ダグトリオ
ダグトリオ
(アローラのすがた)
ペルシアン
(アローラのすがた)
ミュウ
ニューラ
タネボー
コノハナ
ダーテング
ビークイン
マニューラ
モンメン
エルフーン
ズルッグ
ズルズキン
バイバニラ
コマタナ
キリキザン
アイアント
ジヘッド
サザンドラ
ゴロンダ
カメテテ
ガメノデス
ヨワシ
ヤトウモリ
エンニュート
ナゲツケサル
ミミッキュ
クスネ
フォクスライ
タイレーツ
ドロンチ
ドラパルト

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
2 3 4 5 6 7 8
ヒトカゲ × リザード
リザードン
アーボ - アーボック
ニドラン♀ - ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂ - ニドリーノ
ニドキング
ディグダ × ダグトリオ
ディグダ
(アローラのすがた)
- - - - - × ダグトリオ(アローラのすがた)
マンキー - オコリザル
エイパム - エテボース
キリンリキ - -
デルビル - ヘルガー
タネボー - × × × コノハナ
ダーテング
モンメン - - - × エルフーン
メグロコ - - - - ワルビル
ワルビアル

こんなときに使おう

第四世代

  • 自分の控えポケモンにも攻撃させる面白い技。ダメージ計算方法が特殊なのでハピナス系統のように防御種族値が極端に低いポケモンにはダメージが期待できる。というより基本的に前述のポケモン以外には通用しない。
  • おうじゃのしるしと合わせてひるみを狙うことも可能だが、ダメージの期待値は言うまでも無く低い。
  • リトルバトル等の低Lv戦においては、こうげきの実数値よりも種族値のほうが大幅に高くなるので比較的大きなダメージを与えられる。
  • ふくろだたきを使うと手持ちのポケモンがすべてばれてしまう。敢えて晒すので無ければパーティ全員にニックネームを付けておこう(ポケモンバトルレボリューションのWI-Fi対戦などの見せ合いバトルなら不要)。

第五世代以降

  • ダメージ計算は他の技と大差ない。防御種族値が低いポケモンに対してでも、威力の高い他の技を使用した方がダメージは大きい。
  • あくタイプの技を受けると攻撃力が上がるせいぎのこころという特性の登場により、ダブルバトルトリプルバトルにおいて、その特性を持つテラキオンなどにこの技を使うことで、攻撃力を一気に上げるというコンボが出来るようになった。ふくろだたきの使用者はテラキオンよりすばやさが高いエルフーンマニューラが選ばれやすい。
  • あく弱点のポケモンのじゃくてんほけん発動にも使える。
  • 一応、ゴーストか虫か悪タイプの技を受けると素早さが一段階上昇する特性びびりとのコンボもできる。
  • ふくろだたきで手持ちのポケモンがばれることはなくなった。

ポケモンカードゲームにおけるふくろだたき

「自分の場のポケモンの数ぶんコインを投げ、オモテ×αダメージ。」という効果の攻撃ワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるふくろだたき

探検隊
PP15。フロアにいる仲間ポケモンを自分の周りに呼び寄せる。攻撃はせず、へんかわざになっている。

マンガにおけるふくろだたき

ポケットモンスターSPECIALにおけるふくろだたき

備考

  • 場に出ている味方も攻撃に参加する。
    • 味方を攻撃する場合も、攻撃される味方が自身への攻撃に参加することになる。
  • ひんし状態異常になった味方ポケモンは攻撃に参加しない。
    • 使用者自身が状態異常の場合、第三世代までは参加しないが第四世代からは参加する。
    • 第三世代までは使用者が状態異常で他に参加できるポケモンがいないときふくろだたきは失敗する。第二世代のみ、このときも使用者のおうじゃのしるしによって相手をひるませることができる。
  • 命中判定はまとめて行われるが、急所の判定やダメージ判定はそれぞれの攻撃ごとに行われる。

第四世代まで

第四世代まではダメージ計算方法が一般的な技とはやや異なっていた。

第五世代以降

第五世代からは、攻撃に参加するポケモンによって威力が変動するようになった。

  • 威力は攻撃に参加するポケモンのこうげき種族値をAとすると、威力=(A/10+5) となる。こうげき種族値50~59のポケモンの威力が第四世代までの威力10と同等になる。
    • フォルムチェンジするポケモンは、バトル開始後、初めてボールから出てくるフォルムの種族値を参照する。場に出た直後のものも含め、バトル中にフォルムチェンジが起こり種族値が変動した場合でもふくろだたき参加時の威力は変化しない。
    • へんしん状態のポケモンも変身前の種族値を参照する。メガシンカ/ゲンシカイキ/ウルトラバースト/きずなへんげにより種族値が変動する場合も同様であり、全てふくろだたきの威力に影響しない。
      • ヨワシメテノは場に出て直後、戦闘中にフォルムチェンジするため、それぞれ現在のフォルムによらずたんどくのすがた・コアのすがたの種族値を参照する。
      • ランドロス(けしんフォルム)・フーパ(ときはなたれしフーパ)などは戦闘前からフォルムチェンジしているため、フォルムチェンジ後の種族値を参照する。
      • ザシアン(けんのおう)はボールから出るときすでにフォルムチェンジしているため、けんのおうの種族値を参照する。
      • ネクロズマ(たそがれのたてがみ)は戦闘前からフォルムチェンジしているため、たそがれのたてがみの種族値を参照する。ウルトラネクロズマへのウルトラバーストは戦闘中のフォルムチェンジなので、このときもたそがれのたてがみの種族値を参照する。
    • よって第七世代まででは1発の威力の最低はラッキーピンプクが参加したときの5、最高はカミツルギが参加したときの23、第八世代では最低はコイキングツボツボの6、最高はザシアン(けんのおう)の22になる。
  • 1回ごとの威力が変動する以外は通常の技と同じように、わざを使用したポケモンのレベルこうげきと防御側のぼうぎょを使用してダメージを算出する。
  • 使用者の特性持ち物ランク補正の影響を受け、あくタイプのわざとしてタイプ一致ボーナスタイプ相性の影響も受ける。
    • 参加するポケモンの威力にはこれらの効果は考慮されない。そのポケモンが場にいたとしても同様。
  • ふくろだたきのダメージもカウンターの対象となる。
  • きあいのタスキ/がんじょうでは1発のみ耐えることができる。2発以上受けた場合は耐えきれずひんしとなる。(他の連続攻撃技と同様)
  • 攻撃に参加したポケモンの名前は流れない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ふくろだたき
英語 Beat Up
ドイツ語 Prügler
フランス語 Baston
イタリア語 Picchiaduro
スペイン語 Paliza
韓国語 집단구타
中国語(普通話・台湾国語) 围攻
中国語(広東語) 痛打一氣

関連項目

あくタイプの攻撃技
*1威力が変更された技 *2特定の持ち物を持たせる必要がある *3専用技 *4Zワザ *5ダイマックスわざ *6特定のフォルムのみ
物理 威力 特殊
つけあがる 20
おいうち 40
しっぺがえし 50
55 バークアウト
かみつく - だましうち - ダメおし*1 - どろぼう*1 - ぶんまわす 60 めざめるパワー*1
はたきおとす*1 65
つじぎり - ふいうち*1 70
かみくだく - くらいつく*3 - じごくづき - どげざつき*3 80 あくのはどう
DDラリアット 85 ナイトバースト
イカサマ 95
いじげんラッシュ*3 100 さばきのつぶて*2*3
オーラぐるま*3*6 110
マルチアタック*1*2*3 120
ハイパーダーククラッシャー*3*4 180
おしおき - しぜんのめぐみ*1*2 - なげつける - ふくろだたき*1
ブラックホールイクリプス*4 - ダイアーク*5
不定 ブラックホールイクリプス*4 - ダイアーク*5