ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

わざ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

わざは、ポケモンが戦闘時に用いる、攻撃のこと。

概要

ポケモンは、1匹につき1~4つのわざを覚えている。 わざにはそれぞれ、タイプ、ぶんるい(分類:後述するぶつりわざとくしゅわざへんかわざ)、いりょく(威力)、めいちゅう(命中率)、最大PP対象範囲第三世代から)、直接攻撃か否か(第三世代から)が割り当てられている。

バトルでは、1ターンに1PP消費して1つのわざを使うことができる。 全てのわざのPPが0になるなどして、覚えているわざが出せない状況になると、わるあがきが出る。 わるあがきは威力が低い上に反動で自分のHPを失うので、基本的に避けるべき状況である(相手をその状況にすることを狙った戦術もある)。

ポケモンによって、覚えられるわざが決まっている。 専用技は数少ない特定のポケモンのみが覚えられるわざである。 また、配布されたポケモン・貴重なポケモンは本来は覚えられないわざを覚えている場合がある。 進化する前・進化した後でしか覚えられないわざもある。

一部のわざはバトル以外でも使用することができる。 一度訪れたことのある場所へ移動するそらをとぶや、野生ポケモンを呼び寄せるあまいかおりなど、フィールドで使用できるわざをフィールドわざと呼ぶ。 また、ポケモンコンテストでは、覚えているわざを披露してかっこよさやかわいさなどをアピールする審査がある。

分類

ポケモンのわざは以下の3つに分けられる。

ぶつりわざ(物理技)
こうげきぼうぎょによって与えるダメージが変わる技。ぶつりわざを参照。
とくしゅわざ(特殊技)
とくこうとくぼう第一世代とくしゅ)によって与えるダメージが変わる技。とくしゅわざを参照。
へんかわざ(変化技)
直接的にダメージは与えず、状態異常を起こしたり、ステータスを変動させる技。へんかわざを参照。

また、ぶつりわざととくしゅわざを合わせて攻撃技と呼ぶ。

覚える方法

  • レベルアップ
    • 多くのポケモンがレベルアップによってわざを覚える。基本的に、進化前のほうが同じわざでも低いレベルで習得することができる。ただし、進化前・後でしか覚えないわざがある場合がある。また、中にはレベルアップで覚えないポケモンもいる。
  • わざマシンひでんマシン
    • わざマシンやひでんマシンを使用すると、相性がよければわざを覚える。ちなみに、ミュウはすべてのわざマシンを使用できるポケモンである。
  • わざおしえ人
    • 何かと引き換えに、わざを覚えさせる。
  • わざおしえマニア、メモリアルガール
    • ハートのウロコと引き換えに、そのレベルまでに覚えられるわざを1枚につき1つ教えられる。
  • タマゴわざ
    • 遺伝によって、親が覚えていたわざを覚えることがある。
  • わざ:スケッチ
    • 戦闘中に相手が使ったわざを覚えることができる。
  • わざ:へんしんものまねとくせいかわりもの
    • 戦闘中のみ、相手のわざを覚えて使うことができる。戦闘がおわるとそれぞれへんしん・ものまねにもどる。

忘れさせる方法

ひでんわざ以外は、新しいわざを上書きすることで忘れさせることが出来る。 ひでんわざはわすれオヤジに頼むことで忘れさせることが出来る。また育て屋でレベルアップ時に新しい技を習得し、忘れることもある。

また、意図的にわざの数を減らす時にも用いられる。(例:とっておきを早く使う)

関連項目