ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

シンボラー

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
シンボラー
Symboler
英語名 Sigilyph
全国図鑑 #561
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #067
新イッシュ図鑑 #120
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #090
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #297
分類 とりもどきポケモン
タイプ エスパー
ひこう
たかさ 1.4m
おもさ 14.0kg
とくせい ミラクルスキン
マジックガード
隠れ特性 いろめがね
図鑑の色
タマゴグループ ひこう
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 とくこう+2
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 172
  • 第七世代: 172
  • 第八世代: 172
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度
III~VII
70
初期なかよし度
VIII
50
外部サイトの図鑑

シンボラーとはぜんこくずかんのNo.561のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

ポケモンずかんの説明文

ブラック
こだいとしを まもっていた きおくを のこしているため いつも おなじ ルートを とんでいるらしい。
(漢字) 古代都市を 守っていた 記憶を 残しているため いつも 同じ ルートを 飛んでいるらしい。
ホワイトXオメガルビー
こだいとしの まもりがみだった。なわばりに しんにゅうした てきを サイコパワーで こうげきする。
(漢字) 古代都市の 守り神だった。 縄張りに 侵入した 敵を サイコパワーで 攻撃する。
ブラック2・ホワイト2Yアルファサファイア
こだいとしの まもりがみ。いつも おなじルートを じゅんかいし しんにゅうしゃを みはっていた。
(漢字) 古代都市の 守り神。いつも 同じルートを 巡回し 侵入者を 見張っていた。
ソード
サイコパワーで そらを とぶ。 こだいとしの まもりがみ とも そのつかいとも いわれている。
(漢字) サイコパワーで 空を 飛ぶ。 古代都市の 守り神 とも その遣いとも いわれている。
シールド
シンボラーが とぶ さばくのしたを ちょうさすると こだいの としと おもわれる なごりが みつかった。
(漢字) シンボラーが 飛ぶ 砂漠の下を 調査すると 古代の 都市と 思われる 名残りが 見つかった。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 72
 
132 - 179 254 - 348
こうげき 58
 
56 - 121 108 - 236
ぼうぎょ 80
 
76 - 145 148 - 284
とくこう 103
 
97 - 170 189 - 335
とくぼう 80
 
76 - 145 148 - 284
すばやさ 97
 
91 - 163 179 - 322
合計 490
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 25%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 200%
エスパー: 50%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 400%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 50%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

シンボラー/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 かぜおこし ひこう 特殊 40 100% 35
1 ねんりき エスパー 特殊 50 100% 25
5 じゅうりょく エスパー 変化 —% 5
10 さいみんじゅつ エスパー 変化 60% 20
15 エアカッター ひこう 特殊 60 95% 25
20 サイケこうせん エスパー 特殊 65 100% 20
25 ふきとばし ノーマル 変化 —% 20
30 コスモパワー エスパー 変化 —% 20
35 エアスラッシュ ひこう 特殊 75 95% 15
40 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
45 おいかぜ ひこう 変化 —% 15
50 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
50 リフレクター エスパー 変化 —% 20
55 ゴッドバード ひこう 物理 140 90% 5
60 スキルスワップ エスパー 変化 —% 10
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 そらをとぶ ひこう 物理 90 95% 15
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン11 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン14 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン17 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン18 リフレクター エスパー 変化 —% 20
わざマシン19 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン23 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン27 こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15
わざマシン30 はがねのつばさ はがね 物理 70 90% 25
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン33 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン40 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
わざマシン44 ふういん エスパー 変化 —% 10
わざマシン60 パワースワップ エスパー 変化 —% 10
わざマシン62 スピードスワップ エスパー 変化 —% 10
わざマシン69 サイコカッター エスパー 物理 70 100% 20
わざマシン70 トリックルーム エスパー 変化 —% 5
わざマシン72 マジックルーム エスパー 変化 —% 10
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン95 エアスラッシュ ひこう 特殊 75 95% 15
わざレコード05 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざレコード11 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード25 サイコショック エスパー 特殊 80 100% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード33 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざレコード34 みらいよち エスパー 特殊 120 100% 10
わざレコード36 ねっぷう ほのお 特殊 95 90% 10
わざレコード38 トリック エスパー 変化 100% 10
わざレコード40 スキルスワップ エスパー 変化 —% 10
わざレコード44 コスモパワー エスパー 変化 —% 20
わざレコード49 めいそう エスパー 変化 —% 20
わざレコード58 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざレコード65 エナジーボール くさ 特殊 90 100% 10
わざレコード69 しねんのずつき エスパー 物理 80 90% 15
わざレコード70 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざレコード82 アシストパワー エスパー 特殊 20 100% 10
わざレコード92 マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[176][468] げんしのちから いわ 特殊 60 100% 5
[163][164][177][178] サイコシフト エスパー 変化 100% 10
[163][164][278][279][519][520]
[521][701][714][715]
はねやすめ ひこう 変化 —% 10
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W Lv.20 リゾートデザート - -
B2・W2 Lv.19 Lv.10 ゆめしまひらけた空
Lv.22 リゾートデザート【Nのポケモン】 Lv.5-40 ポケモンARサーチャー
X・Y (草むら) Lv.19~21
(黄色い花畑) Lv.20~21
10ばんどうろ - -
Lv.30 フレンドサファリ(エスパー)
OR・AS × 出現しない - -
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.60 ウルトラスペースゼロ(赤) - -

隠れ特性の入手方法

BW
なし
B2W2
PDW(ひらけた空)
ポケモンARサーチャー
XY
フレンドサファリ(エスパー)
ORAS
なし
SM/USUM
なし

備考

  • ポケモンすかんの色:黒
  • 顔は、頭頂部の一ツ目ではなく、その下の丸い部分。

アニメにおけるシンボラー

マンガにおけるシンボラー

ポケモンカードにおけるシンボラー

シンボラーの歴史

第五世代

中途半端な火力、無駄のある種族値、激戦区である100族に届かない素早さの種族値97から、速攻型としては「帯に短し襷に流し」というデザインとなっていた。それでも、マジックガードのおかげでサイコシフト型として嗜みに使えることはあった。ゲーム中ではカトレアの手持ちに入るなど、シナリオ面では恵まれていた。

第六世代

マジカルシャインみらいよちを習得。ただ、シンボラー程度の火力では第五世代と同じようにこんらん追加効果をもたらすことがあるシグナルビームあくへの打点とした方がよいのではないかという事態になりかねなかった。それよりも懸念すべきであったのはこの世代のひこう枠の鉄板であるファイアローの存在であり、結局は中途半端な速攻型に過ぎないシンボラーはファイアローが登場するなり存在意義の大半を失ってしまった。

PGLレーティングバトル統計データからは、ORASリーグシングルバトルではねっぷうれいとうビームサイコキネシスエアスラッシュorエナジーボールorエアスラッシュという技構成がメインであることがうかがえ、性格は最速を意識したおくびょうが、持ち物は微妙な素早さを補うためのこだわりスカーフ、やはり微妙な耐久性能を補うきあいのタスキ、それなりの技範囲を活かせるいのちのたまが需要を伸ばした。特性はマジックガードが主流であったが、技範囲を実質広げる効果を持ついろめがねも選択肢に挙がった。

第七世代

ファイアローはやてのつばさの弱体化によって環境から姿を消したが、今度はカプ・テテフの登場によってエスパー枠としての立場が悪くなった。こだわりメガネ型だと同じ技構成では火力と速度でこだわりスカーフ型のカプ・テテフの劣化になりかねないのでここに来て窮地に立たされたと言える。やけどのスリップダメージ弱体化によってかえんだま+サイコシフトのコンボの有用性が低下。サイコフィールド状態になっても地面にいないポケモンであるシンボラーはその恩恵に与かることはできず、カプ・テテフにはエスパー枠を競合する相手としてだけでなく味方としても不利が付く。

単体では力不足になってしまったが、この世代からナインエボルブーストを獲得したイーブイバトンタッチによサポートを受けて自身はアシストパワーはねやすめで粘り勝つ型が成立。

第八世代

ランクバトルシリーズ1ダブルバトル最終17位のパーティにじゅうりょく+さいみんじゅつ型が投入されていた。

一般的な育成論

特攻が高いため特殊アタッカーとして育成したい。タイプ一致技のサイコキネシスまたはサイコショックエアスラッシュが良く採用される。他にはエナジーボールれいとうビームシャドーボールなど。特性マジックガードによりいのちのたまの反動ダメージを無視出来るため、思った以上に火力と耐久力を両立しやすい。当時、上記の技でははがねタイプに全て半減されてしまうので、はがねタイプへの対策を考える場合、ほのおかくとうタイプのめざめるパワーが必須であった。しかし、ブラック2・ホワイト2の教え技でねっぷうを取得できるようになったため、めざめるパワーの厳選の手間が省けるようになった。

物理技としてゴッドバードも覚えるが、あまり使われない。パワフルハーブとのコンボ前提になってしまいもちものが固定されてしまう上に実質的に1回限りと言う制限が付く割に、シンボラー自身の種族値の偏りのせいでエアスラッシュに比べてそれほど威力が高いという訳でもない。さらにこれ以外の物理技はタイプ一致でしねんのずつきつばめがえし、それ以外でもおんがえしはがねのつばさ程度しか無いため、物理型そのものの採用はかなり厳しい。

タマゴ技のサイコシフトを利用して状態異常をばら撒く型もある。この戦法はまずは自分自身が状態異常にならなければならないため、その状態異常によるデメリットをあえて被る必要があり使うのが難しいが、シンボラーは特性マジックガードにより状態異常によるダメージを受けなくて済むため、リスクが非常に低くなる。サイコシフトを使えるポケモンは他にもいるが、マジックガードと組み合わせて安全に実行出来るのはシンボラーだけの特権(サイコシフトでなくトリックで似たような事が出来るポケモンならば他にランクルス等がいるが、他の面の性質からほぼ別物である)。確実にコンボを実行するためにかえんだまどくどくだまを持たせる事になるが、単純なダメージ以外にも攻撃力低下の効果を付与出来るかえんだまの方が選ばれる事が多い。マジックガードはやけどによる攻撃力低下を防げないが、元々特殊アタッカー寄りのシンボラーには関係が無い。プレイヤーによってはこれにさらにふきとばしを加え、まだ状態異常になっていない控えメンバーを強制的に引きずり出して広範囲にばら撒いてしまう型もある。

またコスモパワーめいそうと言った積み技も覚える。でんじははねやすめと言った居座る型に適した技も一通り揃っており、防御・特防の種族値も低くはないので、耐久型にする事も可能。ここでもどくどくやどりぎのタネを無効化するマジックガードが活きてくる。

他にはひかりのかべリフレクターを入れて後続のサポートに徹するタイプも。このタイプに限っては、先制ちょうはつ等で機能不全に陥る事を避けるため、相手への変化技に対して回避率が上がるミラクルスキンの方が選ばれる事がある。また、隠れ特性は効果がいまひとつのタイプを1つ無くしてダメージを与えられるいろめがねであり、これを利用して相性が悪くても等倍のダメージを与えられることを利用し、攻撃兼サポート役に徹することもできる。

ダブルバトルトリプルバトルでは、じゅうりょくで命中率を上げたりおいかぜで先手を取ったりと、優秀な補助技要員としても使われる。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 シンボラー シンボル、太陽神ラー
英語 Sigilyph sigil(印章),glyph(象形文字)、sylph(風の精霊)
ドイツ語 Symvolara
フランス語 Cryptéro
韓国語 심보러
中国語(普通話・台湾国語) 象征鸟
ポーランド語 Sigilyph 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。