ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

シンボラー

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
シンボラー
shinboraa
英語名 Sigilyph
全国図鑑 #561
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #067
新イッシュ図鑑 #120
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #090
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
分類 とりもどきポケモン
タイプ エスパー
ひこう
たかさ 1.4m
おもさ 14.0kg
とくせい ミラクルスキン
マジックガード
夢特性 いろめがね
タマゴグループ ひこう
タマゴの歩数 5355歩
(サイクル 数:21)
獲得努力値 とくこう+2
基礎経験値 第五世代:172
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

  • ポケモン徹底攻略

シンボラーとはぜんこくずかんのNo.561のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ブラック
こだいとしを まもっていた きおくを のこしているため いつも おなじ ルートを とんでいるらしい。
(漢字) 古代都市を 守っていた 記憶を 残しているため いつも 同じ ルートを 飛んでいるらしい。
ポケットモンスター ホワイトポケットモンスター X
こだいとしの まもりがみだった。なわばりに しんにゅうした てきを サイコパワーで こうげきする。
(漢字) 古代都市の 守り神だった。縄張りに 侵入した 敵を サイコパワーで 攻撃する。
ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2ポケットモンスター Y
こだいとしの まもりがみ。いつも おなじルートを じゅんかいし しんにゅうしゃを みはっていた。
(漢字) 古代都市の 守り神。いつも 同じルートを 巡回し 侵入者を 見張っていた。

種族値

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 72
 
132179 254348
こうげき: 58
 
56121 108236
ぼうぎょ: 80
 
76145 148284
とくこう: 103
 
97170 189335
とくぼう: 80
 
76145 148284
すばやさ: 97
 
91163 179322
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 25%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 200%
エスパー: 50%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第五世代 第六世代
BW/B2W2 XY
1 かぜおこし
ミラクルアイ
かぜおこし
ミラクルアイ
4 さいみんじゅつ さいみんじゅつ
8 サイコウェーブ サイコウェーブ
11 おいかぜ おいかぜ
14 ふきとばし ふきとばし
18 サイケこうせん サイケこうせん
21 エアカッター エアカッター
24 ひかりのかべ ひかりのかべ
28 リフレクター リフレクター
31 シンクロノイズ シンクロノイズ
34 オウムがえし オウムがえし
38 じゅうりょく じゅうりょく
41 エアスラッシュ エアスラッシュ
44 サイコキネシス サイコキネシス
48 コスモパワー コスモパワー
50 ゴッドバード
51 ゴッドバード

わざひでんマシンわざ

第五世代 第六世代
BW/B2W2 XY
わざマシン03 サイコショック サイコショック
わざマシン04 めいそう めいそう
わざマシン06 どくどく どくどく
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン13 れいとうビーム れいとうビーム
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい
わざマシン19 テレキネシス はねやすめ
わざマシン20 しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン23 うちおとす うちおとす
わざマシン27 おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター リフレクター
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 からげんき からげんき
わざマシン44 ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ
わざマシン46 どろぼう どろぼう
わざマシン48 りんしょう りんしょう
わざマシン51 はがねのつばさ
わざマシン53 エナジーボール エナジーボール
わざマシン57 チャージビーム チャージビーム
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン73 でんじは でんじは
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン88 ついばむ ねごと
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン91 ラスターカノン ラスターカノン
わざマシン92 トリックルーム トリックルーム
わざマシン97 あくのはどう
わざマシン99 マジカルシャイン
わざマシン100 ないしょばなし
ひでんマシン02 そらをとぶ そらをとぶ

タマゴわざ

第五世代 第六世代
BW/B2W2 XY
はがねのつばさ はがねのつばさ
げんしのちから げんしのちから
みらいよち
スキルスワップ スキルスワップ
はねやすめ はねやすめ
サイコシフト サイコシフト
アシストパワー アシストパワー

人から教えてもらえるわざ

第五世代 第六世代
BW B2W2 XY
ゴッドバード × ×
いびき × ×
こごえるかぜ × ×
ねごと × ×
ねっぷう × ×
トリック × ×
マジックコート × ×
スキルスワップ × ×
シグナルビーム × ×
はねやすめ × ×
じゅうりょく × ×
おいかぜ × ×
あくのはどう × ×
しねんのずつき × ×
マジックルーム × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W Lv.20 リゾートデザート - -
B2・W2 Lv.19 Lv.10 ゆめしまひらけた空
Lv.22 リゾートデザート【Nのポケモン】
X・Y (草むら)Lv.19~21
(黄色い花畑)Lv.20~21
10ばんどうろ(草むら、黄色い花畑) - -

備考

  • ポケモンすかんの色:黒
  • 顔は、頭頂部の一ツ目ではなく、その下の丸い部分。

アニメにおけるシンボラー

マンガにおけるシンボラー

ポケモンカードにおけるシンボラー

一般的な育成論

特攻が高いため特殊アタッカーとして育成したい。タイプ一致技のサイコキネシスまたはサイコショックエアスラッシュが良く採用される。他にはエナジーボールれいとうビームシャドーボールなど。特性マジックガードによりいのちのたまの反動ダメージを無視出来るため、思った以上に火力と耐久力を両立しやすい。当時、上記の技でははがねタイプに全て半減されてしまうので、はがねタイプへの対策を考える場合、ほのおかくとうタイプのめざめるパワーが必須であった。しかし、ブラック2・ホワイト2の教え技でねっぷうを取得できるようになったため、めざめるパワーの厳選の手間が省けるようになった。

物理技としてゴッドバードも覚えるが、あまり使われない。パワフルハーブとのコンボ前提になってしまいもちものが固定されてしまう上に実質的に1回限りと言う制限が付く割に、シンボラー自身の種族値の偏りのせいでエアスラッシュに比べてそれほど威力が高いという訳でもない。さらにこれ以外の物理技はタイプ一致でしねんのずつきつばめがえし、それ以外でもおんがえしはがねのつばさ程度しか無いため、物理型そのものの採用はかなり厳しい。

タマゴ技のサイコシフトを利用して状態異常をばら撒く型もある。この戦法はまずは自分自身が状態異常にならなければならないため、その状態異常によるデメリットをあえて被る必要があり使うのが難しいが、シンボラーは特性マジックガードにより状態異常によるダメージを受けなくて済むため、リスクが非常に低くなる。サイコシフトを使えるポケモンは他にもいるが、マジックガードと組み合わせて安全に実行出来るのはシンボラーだけの特権(サイコシフトでなくトリックで似たような事が出来るポケモンならば他にランクルス等がいるが、他の面の性質からほぼ別物である)。確実にコンボを実行するためにかえんだまどくどくだまを持たせる事になるが、単純なダメージ以外にも攻撃力低下の効果を付与出来るかえんだまの方が選ばれる事が多い。マジックガードはやけどによる攻撃力低下を防げないが、元々特殊アタッカー寄りのシンボラーには関係が無い。プレイヤーによってはこれにさらにふきとばしを加え、まだ状態異常になっていない控えメンバーを強制的に引きずり出して広範囲にばら撒いてしまう型もある。

またコスモパワーめいそうと言った積み技も覚える。でんじははねやすめと言った居座る型に適した技も一通り揃っており、防御・特防の種族値も低くはないので、耐久型にする事も可能。ここでもどくどくやどりぎのタネを無効化するマジックガードが活きてくる。

他にはひかりのかべリフレクターを入れて後続のサポートに徹するタイプも。このタイプに限っては、先制ちょうはつ等で機能不全に陥る事を避けるため、相手への変化技に対して回避率が上がるミラクルスキンの方が選ばれる事がある。また、夢特性は効果がいまひとつのタイプを1つ無くしてダメージを与えられるいろめがねであり、これを利用して相性が悪くても等倍のダメージを与えられることを利用し、攻撃兼サポート役に徹することもできる。

ダブルバトルトリプルバトルでは、じゅうりょくで命中率を上げたりおいかぜで先手を取ったりと、優秀な補助技要員としても使われる。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。