ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

オウムがえし

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
オウムがえし
第一世代
タイプ ひこう
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 20
範囲 不定(第四世代まで)
→1体選択(第五世代以降)
直接攻撃 ×
パレス ずるい
効果
相手が最後に使った技を出す(第一世代第二世代)。
→最後に自分が受けた技を出す(第三世代第四世代)。
→相手が最後に使った技を出す(第五世代以降)。
Zワザによる付加効果
自分のこうげき2段階上げる。相手が最後に使った技が攻撃技の場合、その技をそのまま出す代わりに、相手が最後に使った技のタイプと同じタイプの攻撃系Zワザを出す。
判定
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE)
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
自分より1つ前にアピールしたポケモンが得たハートと同じ数だけハートが追加される。マイナスの場合は追加されない。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
最後のターンに使うと評価が2倍になる。

オウムがえしは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:1つまえの ポケモンの アピールと おなじくらい うまく できる
  • 第四世代:さいごの アピールで ひょうかが 2ばいに なる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
緑赤青 金銀
ポッポ 44 47 ×
ピジョン 49 55 -
ピジョット 54 61 -
オニスズメ 22 31 ×
オニドリル 25 32 -
カモネギ × ×
ホーホー - ×
ヨルノズク - ×
トゲピー - ×
トゲチック - ×
ヤミカラス - ×

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM
ポッポ 47 45 45 45 45
ピジョン 55 52 52 52 52
ピジョット 61 56 56 56 56
オニスズメ 31 21 21 21 18
オニドリル 32 23 23 23 18
アチャモ 37 37 37 37XY
41ORAS
41
ワカシャモ 43 43 43 43XY
47ORAS
47
バシャーモ 49
チルット 38 38 36BW
34B2W2
34XY
30ORAS
30
チルタリス
ペラップ - 9 9 9 9
シンボラー - - 34 34 34
バルチャイ - - 64 64 64
バルジーナ - - 70 1, 70 1, 70
オドリドリ - - - - 43
カプ・コケコ - - - - 38
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
3 4 5 6 7
カモネギ -
ドードー × ドードリオ
ホーホー ヨルノズク
トゲピー トゲチック
トゲチック
スバメ オオスバメ
ムックル - × × ムクバード
ムクホーク
コアルヒー - - スワンナ
ツツケラ - - - - ケララッパ
ドデカバシ

こんなときに使おう

  • 非常に独特な技。大ダメージが決まれば気持ちよいが、安定性は低い。なのでまもると併用して使う場合が多い。
  • 相手の技を返す都合上、メインウェポンを返しても相手がドラゴンゴーストタイプ以外の場合は大抵半減されてしまう。はがねいわタイプが使うじしんを返すなど、サブウェポンを狙うと効果的な場合がある。
  • 習得できるポケモンは多くないため、差別化するためやオリジナリティを持たせるために使用されることもある。
  • 特性ノーガードを持つメガピジョットなら相手が撃って来た一撃必殺技をそのまま撃ち返すことができるため、非常に強力。ただし、まず先に相手が一撃必殺技を打ち、メガピジョットはまもるによって相手の攻撃を一旦防ぐ必要がある。
  • Zオウムがえしとして放つことにより、最後に放った技をより強力なZワザとして跳ね返すことができる。ただし特殊技を跳ね返す場合そこまでの火力にならない点は注意したい。それでも攻撃の上昇は放った後にも影響が出るので優秀と言える。

ポケモンカードゲームにおけるオウムがえし

「前の相手の番に、このカードが受けたダメージと効果を相手に与える。」という効果のワザとして登場する。

「前の相手の番に、自分がワザのダメージを受けていたなら、そのダメージと同じダメージを、相手に与える。」という効果のワザとしても登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるオウムがえし

主に火山地帯のダンジョンなどでワカシャモが使ってくる。本家とは異なり、発動した瞬間一定のターンの間自分をオウムがえし状態にし、一度発動してしまうとこちらの攻撃技・状態異常技全てを無効化しそのまま返してくるので非常に厄介。対抗策として敵は離れているとオウムがえしを使ってこないので敵がまだ遠くにいる場合は近寄られる前に一気に倒すか、仮に鉢合わせになり使われた場合は飛び道具に関してはオウムがえしの効果を受けないのできのえだてつのトゲを撃ちまくって対抗しよう。なお、オウムがえし状態の相手にものがえだま(部屋中の敵を道具に変えるふしぎだま)を使った場合、跳ね返って使ったポケモン自身が道具に変わってしまい冒険失敗になる。

『マグナゲートと∞迷宮』では、本家と同じく敵が直前に使ってきた技をそのまま返すという設定に変わる。使ったポケモン自身はオウムがえし状態にはならなくなった。

アニメにおけるオウムがえし

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
シンボラー
野生 BW編第64話 わざの初出
オドリドリ
ジェイムズ SM編第8話

マンガにおけるオウムがえし

備考

コピーする技について

以下のわざはオウムがえしでコピーできない。


以下の技は例外的にコピー可能

ゲームでの仕様

オウムがえしできないわざの歴史については上述。以下にはオウムがえしのわざそのものに対する仕様を記す。

全世代共通の仕様

変更されたことがある仕様

斜体 は第六世代以前までの仕様

各言語版での名称

言語 名前
日本語 オウムがえし
英語 Mirror Move
ドイツ語 Spiegeltrick
フランス語 Mimique
イタリア語 Speculmossa
スペイン語 Mov. Espejo
韓国語 따라하기
中国語(普通話・台湾国語) 鹦鹉学舌
ポーランド語 Mirror Move

関連項目