ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ポケットモンスター ファイアレッド
ポケットモンスター リーフグリーン
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、通信時2~5人
発売元 任天堂/株式会社ポケモン
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 2004年1月29日
アメリカ 2004年9月9日
イギリス 2004年10月1日
ドイツ 2004年10月1日
その他
公式サイト

任天堂
ポケモンオフィシャル

Nintendo.com

ポケットモンスター ファイアレッドリーフグリーンとは、任天堂が発売したポケットモンスターシリーズ第三世代のゲームソフトのこと。第一世代の赤・緑のリメイク版である。

概要

ファイアレッド・リーフグリーンは、赤・緑GBA互換にリメイクし、ナナシマを追加したものである。GBAシリーズとの通信が可能。

殿堂入りまではランニングシューズおしえテレビなどの新道具、ナナシマに関するイベント以外はGB版とのストーリーは変わらない。ただ、出現するポケモンの種類や出現率が若干第一世代と異なっている。

本作で登場した特徴的な道具としては、バトルサーチャーボイスチェッカーなどがある。また、バッグ内の道具のグラフィックが初めて描かれた。わざマシンはわざマシンケース、きのみはきのみぶくろというたいせつなどうぐに収納される。

時間の概念が存在しない。よってイーブイエーフィブラッキーに進化できない。また、ポケモンコンテストの概念もないためコンディションも存在せず、ヒンバスミロカロスに進化できない。ただし、ルビー・サファイアエメラルドで十分に美しさを上げた個体であれば、ファイアレッド・リーフグリーン内であっても進化できる。

バトルタワーは存在しないが、7のしまにトレーナータワーという施設があり、頂上までどのくらいの時間でたどりつけるかを競う。カードeリーダー+にも対応。

また、本作とエメラルドにはワイヤレスアダプタが同梱されている(後にソフトのみの廉価版も発売)。ルビー・サファイアのきのみ問題を修正するプログラムも入っている。

ボックスに関してはSELECTキーを押すことでポケモンをワンタッチでつかむことができるようになり、Aボタンを押したまま十字キーを動かすことで複数匹を一度につかんで別のボックスに移動できるようになった(プラチナまで)。

また、ルビー・サファイア・エメラルドとまったく同じBGM(たとえば、戦闘勝利やジムのフィールド)が使用されている。ほかのソフトとの関係でこのようなことがあるのは、ブラック・ホワイトまでのソフトでは唯一である(ハートゴールド・ソウルシルバーのGBプレイヤーは別)。

ポケモン図鑑の説明文は以下のとおり。

  • 第一世代から登場のポケモンはファイアレッドが赤・緑と同じ、リーフグリーンが青と同じ。
  • 第二世代から登場のポケモンはファイアレッドがおよびソウルシルバーと同じ、リーフグリーンが金およびハートゴールドと同じ。
  • 第三世代から登場のポケモンはルビー・サファイア・エメラルドとは異なる新しいデータ。ファイアレッド・リーフグリーンともに同じ文である。

ハードなどのデータ

ファイアレッド
  • 型番:AGB-BPRJ-JPN
  • 発売日:2004年1月29日
  • 対応機種:ゲームボーイアドバンスおよび互換機
  • 新品価格:4,571円+税(ワイヤレスアダプタ同梱版)[1]
  • ROM容量:128Mbit(16MB)
リーフグリーン
  • 型番:AGB-BPGJ-JPN
  • 発売日:2004年1月29日
  • 対応機種:ゲームボーイアドバンスおよび互換機
  • 新品価格:4,571円+税(ワイヤレスアダプタ同梱版)[2]
  • ROM容量:128Mbit(16MB)

ルビー・サファイア・エメラルドの曲・効果音の一部がデータに書き込まれているが、これはトレーナーやジムリーダー、四天王やチャンピオンなどに勝利した場合の効果音や通信対戦時のBGMとして使用されている。

世界観

前述の通り、今作はカントー地方及びナナシマが舞台である。ストーリー前半はカントー本土が中心となるが、殿堂入り後はナナシマが中心となる。

グレンタウンのジム攻略直後、マサキに連れられナナシマの1、2、3の島に赴くのが、ナナシマの初登場である。1,3の島のトレーナーは、ほぼ平均的な強さと言ってよく、グレンジムの段階ではあまり苦戦はしないであろう。なお2の島にはトレーナーは居ない。

殿堂入りし、オーキドに図鑑を全国版に拡張してもらうと、ナナシマの残り4つの島に行けるようになる。殿堂入り後のためトレーナーも強力。またネットワーク関連、ロケット団関連等のイベントがあり、殿堂入り後のストーリーも、金銀系には及ばないがやや長め。また点字解読が必要な場面もある。

また、タマゴの発見が可能な育て屋トレーナータワーなどの施設も殿堂入り後に使用出来る。

島の詳細は1のしま2のしま3のしま4のしま5のしま6のしま7のしまを参照。

オリジナル版との違い

  • 主人公の性別を選べるようになった。
  • ポケモンに特性性格性別が追加され、アイテムを持たせられるようになった。
  • 技が第三世代仕様のものに変更され、ポケモンの覚える技も変更された。
  • わざマシンが第三世代のものに変更された。第一世代のわざマシンで覚えられた技の一部はわざおしえ人から習得できる。
  • バトルサーチャーを使うことでトレーナーと再戦できる。
  • ゲーム開始時の操作説明、ヘルプ機能やおしえテレビ等、初心者に配慮した機能が追加された。
  • 森や洞窟に入る時に一枚絵が表示される。
  • 第一世代に登場しなかったポケモンを入手するには、一度殿堂入りをしてぜんこくずかんを入手する必要がある。例えば、ゴルバットはぜんこくずかんを入手するまでクロバットに進化できない。
  • 時計機能がないので、ソフト単体でエーフィブラッキーを入手できない。
  • 新たなマップにナナシマが追加された。またナナシマではロケット団に関するストーリーが追加された。
  • ファイヤーの出現場所が変わった。
  • 最初に選んだポケモンによって、ぜんこくずかん入手後にスイクンエンテイライコウのうちの一匹がカントー地方を走り回る。
  • 片方のバージョンにしか出現しないポケモンがオリジナル版と異なる。オリジナル版ではヒトデマンは両方のバージョンで入手できたが、今作ではリーフグリーンでのみ入手できるなど。
  • 4のしまにある育て屋を利用することでポケモンにタマゴを産ませられる。5ばんどうろの育て屋も残っているが、オリジナル版と同じく一匹しか預けられないのでタマゴは入手できない。
  • ハナダシティにいる男に話しかけることで、拾ったきのみを使ってきのみのこなを作ることができる。きのみのこなはアイテムと交換できる。
  • ナナシマをクリア後、四天王が強化され第二世代のポケモンを使ってくるようになる。
  • 教え技にブラストバーンハードプラントハイドロカノンが追加された。
  • 2のしまゲームコーナーが追加された。他のカートリッジとワイヤレス通信を通じて遊ぶことができる。
  • BGMはリミックスされ、一部の場所では変更された。
  • ポニータブーバーの出現場所が変更された。
  • コイルレアコイルがはがね・でんきタイプに変更された。
  • 配布限定ポケモンとしてデオキシスが追加された。

脚注

  1. 発売当初は4,800円+税(税込5,040円)だった。
  2. ワイヤレスアダプタ非同梱版は3,619円+税。

関連項目