Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

れんぞくぎり

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
れんぞくぎり
第二世代
タイプ むし
分類 物理
威力 10(第四世代まで)
→20(第五世代)
→40(第六世代)
命中率 95
PP 20
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
当てるたびに威力が2倍ずつ増えていく。ただし最大威力は160。技を外すか失敗すると威力は元に戻る。
判定
わざマシン わざマシン49(第二世代)
わざおしえ人 シダケタウン(エメラルド)
212ばんどうろ(プラチナ)
フロンティアフロント(HGSS)
アピールタイプ かっこよさ
アピール(RSE) ♡♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
連続して使用してもペナルティを受けない。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
連続して使用してもペナルティを受けない。

れんぞくぎりは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:つづけて だしても しんさいんに あきられずに アピール できる
  • 第四世代:2かい れんぞく おなじ わざで えんぎが できる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
わざマシン
金銀ク
フシギダネ
フシギソウ
フシギバナ
ヒトカゲ
リザード
リザードン
スピアー
サンド
サンドパン
ニドクイン
ニドキング
パラス
パラセクト
ゴルダック
ゴローニャ
ヤドラン
クラブ
キングラー
サイドン
ガルーラ
ストライク
カイロス
カブトプス
カイリュー
ミュウ
ベイリーフ
メガニウム
マグマラシ
バクフーン
アリゲイツ
オーダイル
オタチ
オオタチ
エイパム
ヤドキング
グライガー
ハッサム
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
バンギラス

第三世代以降

対戦

  • 最大威力160と言えば聞こえは良いが、その為に5ターンを費やす。十分な威力を出すのに時間がかかる上、技を外してしまうと威力は10からやり直しなので、素直にシザークロスを使う方が安定する。
    • 第六世代からは最初の威力が40に上昇した。2ターン目には80になるので以前よりは使いやすくなった。
  • どうしても使用したいならあいてをねむらせるのが最も手っ取り早い。
  • 技が一度も失敗さえしなければ威力を下げないで他の技も間に挟めるので火力の欲しい耐久型への採用はアリかもしれない

ポケモンカードゲームにおけるれんぞくぎり

コインを3回(ADVまでは4回)投げ、オモテの数が多いほど追加するダメージが増える攻撃ワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるれんぞくぎり

探検隊
PP12。正面の敵を2回連続で攻撃する。
本編とは異なりにどげりなどと同じ効果になった。

Pokémon GOにおけるれんぞくぎり

れんぞくぎり
ノーマルアタック
タイプ むし
威力 3
エネルギー充填 12%
秒数 0.4秒

Pokémon GOではノーマルアタックとして登場する。以下のポケモンが使用できる:

備考

関連項目