ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

メタグロス

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
メタグロス
Metagross
英語名 Metagross
全国図鑑 #376
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #192
シンオウ図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #264
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
分類 てつあしポケモン
タイプ はがね
エスパー
たかさ 1.6m
おもさ 550.0kg
とくせい クリアボディ
夢特性 ライトメタル
タマゴグループ こうぶつ
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 10240歩
獲得努力値 防御+3
基礎経験値 第四世代以前:210
第五世代:270
最終経験値 1250000
性別 ふめい
捕捉率 3
初期なつき度 35

外部サイトの図鑑

メタグロスとはぜんこくずかんのNo.376のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

進化

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ルビー
4つの のうみそは スーパーコンピュータよりも はやく むずかしい けいさんの こたえを だす。 4ほんあしを おりたたみ くうちゅうに うかぶ。
ポケットモンスター サファイア
2ひきの メタングが がったいした すがた。 きょたいで えものを おさえつけながら おなかに ある おおきな くちで たべるのだ。
ポケットモンスター エメラルド
ふくざつな しんけい ネットワークで むすばれた 4つの のうみそを もつ メタグロスは スーパーコンピュータよりも あたまが いい。
ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン
2ひきの メタングが がったい。 4つの のうは スーパーコンピュータ よりも すぐれていると いわれる。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パールポケットモンスター ブラック・ホワイト
メタングが がったいして うまれた。 4つの のうを もつ メタグロスは スーパーコンピュータなみの ちのう。
(漢字) メタングが 合体して 生まれた。4つの 能を 持つ メタグロスは スーパーコンピュータ並の 知能。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
4ほん あしを おりたたんで とぶ。 4つの のうは スーパーコンピューター よりも すぐれていると いわれる。
ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2X
4つの のうみそが つらなり スーパーコンピューターより すごい けいさんで あいてを ぶんせきする。
(漢字) 4つの 脳みそが 連なり スーパーコンピューターより すごい 計算で 相手を 分析する。

種族値

第3世代以降

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 80
 
140187 270364
こうげき: 135
 
126205 247405
ぼうぎょ: 130
 
121200 238394
とくこう: 95
 
90161 175317
とくぼう: 90
 
85156 166306
すばやさ: 70
 
67134 130262
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

第5世代まで

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 100%

第6世代

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第三世代 第四世代 第五世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW B2W2
1 とっしん
ねんりき
メタルクロー
こわいかお
でんじふゆう
とっしん
ねんりき
メタルクロー
でんじふゆう
とっしん
メタルクロー
ねんりき
20 ねんりき
メタルクロー
ねんりき
メタルクロー
ねんりき
メタルクロー
23 おいうち
24 こわいかお こわいかお
26 こわいかお ミラクルアイ
28 おいうち おいうち
29 しねんのずつき
32 おいうち バレットパンチ バレットパンチ
35 こわいかお
36 サイコキネシス サイコキネシス
38 サイコキネシス こうそくいどう
40 てっぺき てっぺき
41 サイコキネシス
44 てっぺき こうそくいどう こうそくいどう コメットパンチ
45 アームハンマー アームハンマー
53 コメットパンチ コメットパンチ てっぺき
55 コメットパンチ
62 しねんのずつき しねんのずつき はかいこうせん
66 こうそくいどう
71 はかいこうせん はかいこうせん
77 はかいこうせん

わざひでんマシンわざ

第三世代 第四世代 第五世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2
わざマシン01 つめとぎ
わざマシン03 サイコショック
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ にほんばれ
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい あまごい
わざマシン19 テレキネシス
わざマシン21 やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン26 じしん じしん じしん
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール シャドーボール
わざマシン31 かわらわり かわらわり かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター リフレクター リフレクター
わざマシン36 ヘドロばくだん ヘドロばくだん ヘドロばくだん
わざマシン37 すなあらし すなあらし すなあらし
わざマシン39 がんせきふうじ がんせきふうじ がんせきふうじ
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる
わざマシン48 りんしょう
わざマシン58 こらえる
わざマシン64 だいばくはつ だいばくはつ
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン69 ロックカット ロックカット
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン74 ジャイロボール ジャイロボール
わざマシン76 ステルスロック
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 じならし
わざマシン80 いわなだれ いわなだれ
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン86 くさむすび くさむすび
わざマシン87 いばる
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン91 ラスターカノン ラスターカノン
わざマシン94 いわくだき
ひでんマシン01 いあいぎり いあいぎり いあいぎり
ひでんマシン04 かいりき かいりき かいりき
ひでんマシン05 フラッシュ
ひでんマシン06 いわくだき いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第三世代 第四世代 第五世代
FRLG E XD DP Pt HGSS BW B2W2
れいとうパンチ × × × ×
かみなりパンチ × × × ×
ずつき × × × × × × ×
のしかかり × × × × ×
すてみタックル × × × × ×
ものまね × × × × ×
まるくなる × × × × × × ×
じばく × × × × × × ×
スピードスター × × × × ×
だいばくはつ × × × × × ×
いわなだれ × × × × × ×
みがわり × × × × ×
いびき × × × ×
どろかけ × × × × ×
こごえるかぜ × × ×
こらえる × × × × × × ×
ころがる × × × × ×
いばる × × × × × ×
れんぞくぎり × × × × ×
ねごと × × × × × ×
ばくれつパンチ × × × × × × ×
じこあんじ × × × × × × ×
トリック × × × × ×
シグナルビーム × × × × ×
てっぺき × × × × ×
とおせんぼう × × × × × ×
じゅうりょく × × × × × ×
でんじふゆう × × × × ×
しねんのずつき × × × × ×
アイアンヘッド × × × × ×
ステルスロック × × × × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ル・サ・エ Lv.45 メタングを進化させる。 Lv.45 メタングを進化させる。
炎赤・葉緑 × 入手不可 Lv.45 メタングを進化させる。
ポケコロ Lv.50 ラルガタワーでLv.50をスナッチする。 Lv.45 ルサエ炎赤葉緑から通信
ダイ・パ・プラ・HG・SS Lv.45 メタングを進化させる。 Lv.45 メタングを進化させる。
B・W・B2・W2 Lv.45 メタングを進化させる。 Lv.45 メタングを進化させる。
X・Y Lv.45 メタングを進化させる。 Lv.45 メタングを進化させる。

備考

アニメにおけるメタグロス

  • テツヤリラなどの強敵トレーナーが持っている。DP編では色違いの野生のものも登場した。

マンガにおけるメタグロス

ポケモンカードにおけるメタグロス

一般的な育成論

非常に高い攻撃防御を有する600族のポケモン。習得する技やステータスから物理攻撃主体になる。特性クリアボディによりいかくあまえるで流されない点は優秀。特にいかくは場に出るだけで効果を発揮し、かつ相手2体に有効でありダブルバトルでは頻繁に使われる特性であるため、いかくに強いと言うメリットはダブルバトルではより重要であり、メタグロスの使用頻度をさらに高める要因にもなっている。

攻撃技はコメットパンチを中心に、しねんのずつきじしんバレットパンチだいばくはつかみなりパンチれいとうパンチが候補となる。最近ではラッキーバンギラスの対策等としてアームハンマーもよく採用されている。アームハンマーは特性のクリアボディに関係なく相手に命中すると同時に素早さを下げてしまうが、元々それほど素早さが高くないメタグロスにとっては相性の良い技でもある。また、ラティオスエーフィをはじめとする、ダメージ1/4で受け止められるメタグロスを相手に逃げやすいエスパータイプを完全に駆逐するおいうちの採用もある。

補助技はステルスロックリフレクターみがわりなどが用いられる。

持ち物はこうてつプレートメタルコート)、オッカのみシュカのみふうせんが候補。半減実の2つは特に弱点を突かれても耐久力は高いので安定して耐えることができ、反撃にも出られるが、弱点を突かれなくても大技で大ダメージを受けることもあり、HPが満タンでない場合は発動しても耐え切れないことがある。ふうせんはじめんタイプの技を多用する相手に出し、隙をついて攻撃できる。ただし相手から一度でも攻撃を受けると効果が切れてしまうので、交代出しはややリスクを伴うなど、一長一短。こうてつプレートは、コメットパンチとバレットパンチの威力を上げられるため、特にメタグロスの場合は最も安定した道具であろう。ただ、こうてつプレート+コメットパンチ+バレットパンチ耐性専用の調整がされてる場合も多く、単に打つだけでは簡単に止められてしまうのが欠点。しかしそれを差し引いても、先制技だけで相手の体力の半分を削れるのは優秀であり、この道具の採用率は高い。勿論こうてつプレートの代わりとしてメタルコートを持たせても同様の効果が得られる。

基本的に性格はいじっぱりにして攻撃と耐久の高さを生かしてHPと攻撃を中心に努力値を振るものが多いが、性格をようきにして努力値を素早さに特化しこだわりスカーフを持たせることでクロバットプテラサンダースをはじめとする素早さ130族を抜くことが出来るため最速スカーフ型もよく見られる。クロバットはしねんのずつきやれいとうパンチ、プテラはコメットパンチ、サンダースはじしんでそれぞれ弱点を突けるので非常に優秀。また、その振り方でおいかぜの併用やロックカットこうそくいどうを使うことで、ラティオスやエーフィをはじめとするこだわりスカーフを持った110族を追い抜くことが出来る(ただしいずれもLv50戦のみに限定される)。教え技でトリックを取得できるので、補助技をよく使う相手に対して持ち物を交換してしまうのも良い。特にポリゴン2など最終進化系でないポケモンがよく所持するしんかのきせきを奪えるとなお良い。

メタグロスは素早さが低く、600族にしてはHPもそれほど高くない上、まとめて突破できるような積み技はコメットパンチによる追加効果と第五世代から取得できるつめとぎしかないため、第五世代以降は特に新たなるかくとうタイプやほのおタイプのポケモンの火力によって無理矢理戦いに挑まされると負けることが多く、ほのお技が4倍弱点であるもののそれ以外に弱点がなく、つるぎのまいを覚えていて特性テクニシャンを持つハッサムと差別化されてしまいやすい。そのため、高い耐久力とダメージ半減で受け止められるタイプの多さ、特性クリアボディを活かし、相手の動きをどう読むかがポイントとなる。

特攻も低くはないので、相手の意表を突いて特殊アタッカーに育成する者もまれに存在する。技の候補としてはラスターカノンサイコキネシスサイコショックシャドーボールくさむすびシグナルビームこごえるかぜなどが挙がる。ただしいずれもはがねタイプに半減で受け止められてしまうため、対策を打つ場合はめざめるパワー(ほのおまたはじめん)を採用するか、かくとうまたはじめんタイプの物理技で代用する必要がある。

夢特性はライトメタル。しかし元が重過ぎて相手のけたぐりくさむすびの威力を減らすことが出来ない、クリアボディそのものが優秀であることから採用されない。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。