Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ギルガルド

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ギルガルド
Gillguard
英語名 Aegislash
全国図鑑 #681
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #119
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
分類 おうけんポケモン
タイプ はがね
ゴースト
たかさ 1.7m
おもさ 53.0kg
とくせい バトルスイッチ
タマゴグループ こうぶつ
タマゴの歩数 5120歩
獲得努力値 防御+2、特防+1
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 0
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

ギルガルドとはぜんこくずかんのNo.681のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター X・Y

外見・特徴

進化

ポケモンずかんの説明文

Xオメガルビー
れきだいの おうが つれていた。 れいりょくで ひとや ポケモンの こころを あやつり したがわせる。
(漢字)歴代の 王が 連れていた。霊力で 人や ポケモンの 心を 操り 従わせる。
Yアルファサファイア
おうの そしつを もつ にんげんを みぬくらしい。 みとめられた ひとは やがて おうになると いわれれている。
(漢字)王の 素質を 持つ 人間を 見抜くらしい。認められた 人は やがて 王になると 言われている。

種族値

  • シールドフォルム
種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 60
 
120 - 167 230 - 324
こうげき: 50
 
49 - 112 94 - 218
ぼうぎょ: 150
 
139 - 222 274 - 438
とくこう: 50
 
49 - 112 94 - 218
とくぼう: 150
 
139 - 222 274 - 438
すばやさ: 60
 
58 - 123 112 - 240
合計 520
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算
  • ブレードフォルム
種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 60
 
120 - 167 230 - 324
こうげき: 150
 
139 - 222 274 - 438
ぼうぎょ: 50
 
49 - 112 94 - 218
とくこう: 150
 
139 - 222 274 - 438
とくぼう: 50
 
49 - 112 94 - 218
すばやさ: 60
 
58 - 123 112 - 240
合計 520
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 25%
ゴースト: 200%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 200%
フェアリー: 50%

さかさバトル

ノーマル: 400%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 400%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 400%
ゴースト: 50%
はがね: 200%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 50%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第六世代
XY/ORAS
1 つるぎのまい
きりさく
れんぞくぎり
おいうち
つばめがえし
てっぺき
パワートリック
つじぎり
かげうち
アイアンヘッド
もろはのずつき
ボディパージ
せいなるつるぎ
キングシールド

わざひでんマシンわざ

第六世代
XY ORAS
わざマシン06 どくどく
わざマシン10 めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ
わざマシン15 はかいこうせん
わざマシン17 まもる
わざマシン18 あまごい
わざマシン21 やつあたり
わざマシン27 おんがえし
わざマシン30 シャドーボール
わざマシン31 かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター
わざマシン40 つばめがえし
わざマシン42 からげんき
わざマシン44 ねむる
わざマシン45 メロメロ
わざマシン54 みねうち
わざマシン65 シャドークロー
わざマシン67 かたきうち
わざマシン68 ギガインパクト
わざマシン74 ジャイロボール
わざマシン75 つるぎのまい
わざマシン80 いわなだれ
わざマシン87 いばる
わざマシン88 ねごと
わざマシン90 みがわり
わざマシン91 ラスターカノン
わざマシン94 いわくだき ひみつのちから
わざマシン100 ないしょばなし
ひでんマシン01 いあいぎり
ひでんマシン06 いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第六世代
XY ORAS
いびき ×
うらみ ×
てっぺき ×
とおせんぼう ×
でんげきは ×
でんじふゆう ×
アイアンヘッド ×
おさきにどうぞ ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
X・Y × 出現しない Lv.XX ニダンギルやみのいしを使う。

持っているアイテム

X・Y
なし

備考

  • シールドフォルムブレードフォルムの2つの姿が存在する。フォルムによって姿と種族値が異なる。姿の変更については特性バトルスイッチを参照。
    • シールドフォルム時、ねむり状態のときにねごとを使って攻撃技が選ばれた場合、ブレードフォルムにならずに攻撃する。ダメージはシールドフォルム時の攻撃で計算する。
  • はがねタイプであるがゴーストタイプを持ち合わせているために場に特性じりょくのポケモンがいてもにげる、交代が可能。

アニメにおけるギルガルド

ポケモンカードにおけるギルガルド

マンガにおけるギルガルド

一般的な育成論

はがねゴーストタイプ、かつ防御技、攻撃技どちらかを選択してフォルムを変更できる特性バトルスイッチを持つ唯一のポケモン。

特性のバトルスイッチは、シールドフォルム時に攻撃技を選択することでブレードフォルムになり、そのフォルム時に防御技キングシールドを使用することでシールドフォルムになれる。ただし、まもるなどキングシールド以外の防御技を使ってもシールドフォルムにならない点に注意。また、変化技を使った場合はフォルムは変化しない。なお、行動不能になるなどのリスクを抱えている場合でも必ず発動するため、敢えてシールドフォルムに変えて守りに徹するのもよい。さらにみずびたしハロウィンもりののろいと言ったタイプ変更の効果もフォルムチェンジで打ち消すことができる。

条件次第でメタグロスシャンデラを超える攻撃、特攻、デスカーンを超える防御種族値を持つ。種族値や技の範囲、先制技かげうちによりタイマン勝負には強く、耐性と両刀可能な種族値を活かした対受けループ、終盤の一掃などもできる。

素早さがかなり低めだが、駆使すれば後攻のときにシールドフォルムで攻撃を受けられ、その後フォルムチェンジして攻撃を加え、次のターンでキングシールドを使用して再びシールドフォルムで攻撃を受ける、といったサイクルが可能になる。後攻のときはアルセウスに匹敵する合計種族値を誇ることになるため、あえて性格をゆうかんまたはれいせいにして後攻による攻撃に集中させるのもよい。ただし使い方を誤ると脆さを露出してあっという間に倒される危険性もある。特に、ギルガルドより遅く耐久のある重戦車タイプのポケモンは攻撃でフォルムチェンジして耐久の下がったところに重い一撃が入るため苦手とする。

なお、サザンドラとは弱点の埋め合いにより互いに相性が良く、この二匹だけでお互いの弱点はおろか全てのタイプを半減以下で受ける事が出来る。

攻撃技は必ず先制技としてかげうちは欲しい。他にメインではラスターカノンアイアンヘッドシャドークローシャドーボールをメインに、物理サブウエポンはせいなるつるぎもろはのずつきなど、特殊はめざめるパワーなど。めざめるパワーはこおりかくとうなどが候補。特殊型は相手のおにびを気にすることなく使える点がウリか。

補助技はキングシールドかつるぎのまい、どちらかを任意で採用したい。キングシールドはシールドフォルムになれる他、相手が接触技を使った場合攻撃を2段階下げる効果もある。ただし、命中を伴う変化技は防げない点に注意したい。一方でつるぎのまいを使用してからのブレードフォルムでの攻撃は計り知れない火力を持つため、シールドフォルムのまま攻撃を受けつつ使用し、ブレードフォルムで反撃する戦法が有効。また、ダブルバトルトリプルバトルではワイドガードが有用。相手のじしんねっぷうを防げる。遺伝経路は長く面倒だが、是非覚えさせると良い。

シールドフォルムによる高い守備力を生かした耐久型もオススメ。キングシールドの他、どくどくみがわりなど補助技を多めに揃え、じわじわと弱らせていく戦法も脅威。この場合はなるべく素早さに努力値を振っておくと、相手の攻撃を受けずに身代わりを貼ることができる。また体力が少なくなったときにはみちづれで相手を確実に持っていくのもアリ。

持ち物は物理で構成したときにおにびを警戒してのラムのみ、シールドフォルムで弱点技を受けて形勢を逆転させるじゃくてんほけん、弱点のじめん技を透かせるふうせんなどが候補。耐久型ならたべのこしを推奨したい。

なお、進化の石で進化するポケモンだが、フラージェスと同様に進化前のヒトツキニダンギルがレベルで覚える技をほぼ全てハートのウロコによる思い出し技で覚えさせることが可能な珍しいポケモンでもある。ハートのウロコを大量に持っているならすぐに進化させてしまっても問題ない。

関連項目