Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

フシギバナ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
フシギバナ
Fushigibana
英語名 Venusaur
全国図鑑 #003
ジョウト図鑑 #228
ホウエン図鑑 #205
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #233
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #082
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
分類 たねポケモン
タイプ くさ
どく
たかさ 2.0m
おもさ 100.0kg
とくせい しんりょく
隠れ特性 ようりょくそ
メガフシギバナ
たかさ 2.4m
おもさ 155.5kg
とくせい あついしぼう
タマゴグループ かいじゅう
しょくぶつ
タマゴの歩数 5120歩
(サイクル 数:21)
獲得努力値 特攻+2、特防+1
基礎経験値 第四世代以前:208
第五世代:236
最終経験値 1059860
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

フシギバナとはぜんこくずかんのNo.003のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑メガフシギバナについてもここで述べる。

特徴

フシギソウの進化形であり、フシギダネの最終進化形。明るい模様が入ったピンク色の巨大な花を咲かせ、それを支える太い茎が見えるようになる。横幅の広い巨大な身体も進化前にあった模様がなくなり、足に小さなこぶができる。また、には花の中心からめしべが出ている。色違いの個体は、花びらが黄色で、体色が黄緑色である。

日当たりのよい草原などの開けた場所を好み、そこに引き寄せられるように移動する。背中の花は太陽電池のように日光をエネルギーに変換させる機能があり、日光浴をするほど元気になる。花から漂う香りは、日光浴で体温が上がったときや雨天の翌日に特に強まる。その香りはとても心地よく、嗅いだ者の闘争心をなだめ、人の心も癒すとされる。野生のポケモンも警戒心を無くして集まるほどである。

メガシンカした姿のメガフシギバナは、背中の花がさらに成長し、頭にも新たに花が咲く。背中の花を支えるため、体はさらに大きくなる。また、茎の根元から生えている本来の葉の他に、花びらの下から新たな段の葉が生え、葉が2段になっている。目と目の間には、フシギダネのときに見られたような模様ができる。

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッド
はなから うっとりする かおりが ただよい たたかうものの きもちを なだめてしまう。
リーフグリーン
たいようエネルギーを えいようにして おおきなハナが ひらく。ひなたに ひきよせられるように いどうする。
ピカチュウポケモンピンボール
せなかに はえた おおきな ハナは たいようの ひかりを きゅうしゅうし エネルギーに へんかん できる。
ハートゴールドX
おおきな はなびらを ひろげ たいようの ひかりを あびていると からだに げんきが みなぎっていく。
(漢字)大きな 花びらを 広げ 太陽の 光を 浴びていると 体に 元気に みなぎっていく。
ソウルシルバー
あびた たいようの ひかりを エネルギーに へんかんできるので なつの ほうが つよくなる。
クリスタル
たいようの ひかりをあびて からだが あたたまってくると はなびら から ここちよくなる かおりが ただよう。
ルビー・サファイアエメラルドオメガルビー・アルファサファイア
じゅうぶんな えいようと たいようの ひかりが はなの いろを あざやかに すると いわれる。はなの かおりは ひとの こころを いやす。
(漢字) 十分な 栄養と 太陽の 光が 花の 色を 鮮やかに すると いわれる。花の 香りは 人の 心を 癒す。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2Y
あめの ふった よくじつは せなかの はなの かおりが つよまる。かおりに さそわれ ポケモンが あつまる。
(漢字)雨の 降った 翌日は 背中の 花の 香りが 強まる。香りに 誘われ ポケモンが 集まる。
ポケモンレンジャー
おおきい タネを ふきだし そこから はえた きょだいな ツタで ぼうがいしてくる!

種族値

第1世代

HP: 80
 
こうげき: 82
 
ぼうぎょ: 83
 
とくしゅ: 100
 
すばやさ: 80
 

第2世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 80
 
140 - 187 270 - 364
こうげき: 82
 
78 - 147 152 - 289
ぼうぎょ: 83
 
79 - 148 153 - 291
とくこう: 100
 
94 - 167 184 - 328
とくぼう: 100
 
94 - 167 184 - 328
すばやさ: 80
 
76 - 145 148 - 284
合計 525
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算
  • メガフシギバナ
種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 80
 
140 - 187 270 - 364
こうげき: 100
 
94 - 167 184 - 328
ぼうぎょ: 123
 
115 - 192 225 - 379
とくこう: 122
 
114 - 191 224 - 377
とくぼう: 120
 
112 - 189 220 - 372
すばやさ: 80
 
76 - 145 148 - 284
合計 625
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

第1世代

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 400%
ゴースト: 100%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 25%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%

第2世代以降

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 25%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 50%

メガフシギバナ

とくせいあついしぼうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 50%
くさ: 25%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 50%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 400%
でんき: 200%
エスパー: 50%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

フシギバナ/第二世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

Lv 第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS
1 つるのムチ
たいあたり
なきごえ
やどりぎのタネ
つるのムチ
たいあたり
なきごえ
やどりぎのタネ
つるのムチ
たいあたり
なきごえ
やどりぎのタネ
つるのムチ
たいあたり
なきごえ
やどりぎのタネ
3 なきごえ なきごえ なきごえ
4 なきごえ
7 やどりぎのタネ やどりぎのタネ やどりぎのタネ やどりぎのタネ
9 つるのムチ つるのムチ つるのムチ
10 つるのムチ
13 どくのこな
ねむりごな
どくのこな
ねむりごな
どくのこな
ねむりごな
15 どくのこな
ねむりごな
とっしん とっしん とっしん
20 はっぱカッター はっぱカッター はっぱカッター
22 はっぱカッター
23 あまいかおり あまいかおり あまいかおり
28 せいちょう せいちょう せいちょう
29 あまいかおり
31 すてみタックル すてみタックル すてみタックル
32 はなびらのまい はなびらのまい はなびらのまい
39 なやみのタネ なやみのタネ なやみのタネ
41 せいちょう
45 こうごうせい こうごうせい こうごうせい
50 はなふぶき
53 こうごうせい ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム
65 ソーラービーム

わざひでんマシンわざ

第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS
わざマシン05 ほえる ほえる ほえる ほえる
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく どくどく
わざマシン09 タネマシンガン タネマシンガン ベノムショック ベノムショック
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ にほんばれ にほんばれ
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる まもる まもる
わざマシン19 ギガドレイン ギガドレイン
わざマシン20 しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン26 じしん じしん じしん じしん
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン36 ヘドロばくだん ヘドロばくだん ヘドロばくだん ヘドロばくだん
わざマシン42 からげんき からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ メロメロ メロメロ
わざマシン48 りんしょう りんしょう
わざマシン49 エコーボイス エコーボイス
わざマシン53 エナジーボール エナジーボール エナジーボール
わざマシン58 こらえる
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ フラッシュ
わざマシン75 つるぎのまい つるぎのまい つるぎのまい
わざマシン78 ゆうわく じならし じならし
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン86 くさむすび くさむすび くさむすび
わざマシン87 いばる いばる いばる
わざマシン88 ねごと
わざマシン90 みがわり みがわり みがわり
わざマシン94 いわくだき いわくだき ひみつのちから
わざマシン96 しぜんのちから
わざマシン100 ないしょばなし
ひでんマシン01 いあいぎり いあいぎり いあいぎり いあいぎり
ひでんマシン04 かいりき かいりき かいりき かいりき
ひでんマシン05 フラッシュ
ひでんマシン06 いわくだき いわくだき いわくだき
ひでんマシン08 ロッククライム

人から教えてもらえるわざ

第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
FRLG E XD DP Pt HGSS BW B2W2 XY ORAS
つるぎのまい × × × × × × × ×
しめつける × × × × × × × ×
ずつき × × × × × × × × ×
のしかかり × × × × × × ×
すてみタックル × × × × × × ×
いとをはく × × × × × × × × ×
ものまね × × × × × × ×
まるくなる × × × × × × × × ×
みがわり × × × × × × ×
いびき × × × × ×
どろかけ × × × × × × ×
げきりん × × × × × ×
ギガドレイン × × × × × × × ×
こらえる × × × × × × × × ×
いばる × × × × × × × ×
れんぞくぎり × × × × × × ×
ねごと × × × × × × × ×
こうごうせい × × × × × ×
はたきおとす × × × × × ×
とおせんぼう × × × × × × ×
ハードプラント × ×
なやみのタネ × × × × × × ×
タネばくだん × × × × × ×
くさのちかい × × × × × ×

進化前からの継続で覚えるわざ

段階 方法 第二世代 第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
金銀ク RSE/FRLG DP/Pt HGSS BW B2W2 XY
かまいたち フシギダネ タマゴわざ × × × ×
はなびらのまい フシギダネ タマゴわざ
ひかりのかべ フシギダネ タマゴわざ * *
ヘドロこうげき フシギダネ タマゴわざ × × ×
ロケットずつき フシギダネ タマゴわざ
ドわすれ フシギダネ タマゴわざ × ×
のろい フシギダネ タマゴわざ *
ギガドレイン フシギダネ タマゴわざ * * *
こらえる フシギダネ タマゴわざ * × ×
あまえる フシギダネ タマゴわざ
しんぴのまもり フシギダネ タマゴわざ * *
しぜんのちから フシギダネ タマゴわざ × ×
ねをはる フシギダネ タマゴわざ × ×
くさぶえ フシギダネ タマゴわざ ×
マジカルリーフ フシギダネ タマゴわざ ×
リーフストーム フシギダネ タマゴわざ × ×
パワーウィップ フシギダネ タマゴわざ × × ×
グラスフィールド フシギダネ タマゴわざ × × × ×
タネばくだん フシギダネ Lv37 × × × ×
  • △は進化後の時点で別の手段で習得可能
  • *は該当世代ではわざマシンで覚えるわざとなりタマゴわざではないもの

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
赤・緑・青・ピカ Lv.32 フシギソウを進化させる。 Lv.32 フシギソウを進化させる。
金・銀・ク × 入手不可 Lv.32 フシギソウを進化させる。
R・S・E × 入手不可 Lv.32 フシギソウを進化させる。
FR・LG Lv.32 フシギソウを進化させる。
D・P・Pt × 入手不可 Lv.32 フシギソウを進化させる。
HG・SS Lv.32 フシギソウを進化させる。
B・W・B2・W2 × 入手不可 Lv.32 フシギソウを進化させる。
X・Y Lv.32 フシギソウを進化させる。 Lv.32 フシギソウを進化させる。
OR・AS × 入手不可 Lv.32 フシギソウを進化させる。

備考

  • ポケモンずかんの色:緑
  • ♂♀の違い:めしべ(ただしメガシンカ時は♀でもめしべがない)
  • 赤・緑・青およびファイアレッド・リーフグリーンではライバル(最初にゼニガメを選んだ場合)以外にフシギバナを出してくるトレーナーがいない(最初にヒトカゲを選ぶと単体でみつけたかずにも登録できない)。
  • 第六世代の『ポケットモンスター X・Y』では、「メガフシギバナ」と呼ばれる新フォルムのフシギバナが登場する。特性はあついしぼう
    • 背中の花が成長し、頭にも花が咲いた。そして体全体もそれに合わせて、大きくなった。
    • メガシンカすることで、すばやさを除きに全体的に上がり、弱点減少へとつながった。しかしくろいヘドロを持てないためデメリットもある。

アニメにおけるフシギバナ

マンガにおけるフシギバナ

ポケットモンスターSPECIALにおけるフシギバナ

ポケモンカードにおけるフシギバナ

一般的な育成論

特攻特防が高く、他は平均並。

特防特化でみがわりやどりぎのタネを軸にする場合が多い。主にでんきタイプ受けとなる。メインとなる攻撃技はヘドロばくだんエナジーボールくさむすびなどが挙げられるが、くさタイプに有効な前者が採用されることが多い。もちろん回復を重視するならばギガドレインでもよい。特に第五世代では威力が上昇しているので採用率はかなり高くなっている。

特殊アタッカーメインとして使う場合はリーフストームを覚えさせておきたい。他にはソーラービームめざめるパワー(主にこおりほのおタイプ)など。

第四世代のハートゴールド・ソウルシルバーより、タマゴわざパワーウィップを取得できるようになったため、物理アタッカーとしても採用されることがある。つるぎのまいが基本的な積み技となり、サブウェポンにじしんげきりんを採用することで攻撃範囲を広げられる。ただしパワーウィップは命中率が低いため、威力より命中を重視したい場合はタネばくだんまたははなふぶきにしてもよい。物理型でもリーフストームを入れておくと、防御の高い相手でも戦いやすくなる。

補助技はねむりごなを筆頭にこうごうせいあまえるなどが挙げられる。持ち物は回復可能なくろいヘドロが一般的。

ようりょくそを隠れ特性として持つ。天気がひざしがつよい状態のとき素早さが2倍になるため、キュウコンメガリザードンYなどの特性ひでりにほんばれを持つポケモンにサポートを受けてもらい、上から叩く戦法がよく見られる。なお、第六世代で♀の個体も登場するようになった。

メガフシギバナ

メガフシギバナの特性はあついしぼうで、ほのおこおりタイプの技の威力を半減する。ほのお、こおりは元々弱点であるが特性によって克服できるため、実質弱点はエスパーひこうのみになる。なお、それら2種のタイプを弱点としていても、メガシンカによって防御特防が大きく伸びるため一撃で倒される機会は少なく、攻守共に非常に安定した戦力を持つため初心者でも扱いやすいだろう。

あついしぼうを利用した耐久型がメジャー。3割の確率でどく状態にできるヘドロばくだん、攻撃後体力を回復できるギガドレインを基本の攻撃技とし、残りを補助技で埋めるのがベスト。補助技はこうごうせい、ねむりごな、やどりぎのタネから候補で選ぼう。メガシンカの関係上くろいヘドロを持たせることができないが、こうごうせいとやどりぎのタネ、ギガドレインを併用させることでほぼ毎ターン回復ができるのが強み。主力技で弱点を突けなくても、この方法で粘って勝つことが可能となる。だがこの戦法だとナットレイに太刀打ち出来ないので、補助技を一つ削ってめざめるパワー(ほのお)を採用しても良い。

そうしょくを持つ相手には草技が効かない。ただし、ヘドロばくだんやめざめるパワーなど、もう一方のメインやサブウエポンも併せ持つものであれば対処は可能。

メガシンカする前のフシギバナの特性は、メガシンカ一本でいくならしんりょくでもよいが、メガシンカする前にひでりを特性に持つ手負い状態のメガリザードンYなどを確実に倒したい場合はようりょくそを選ぶといいだろう。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 フシギバナ 不思議、花
英語 Venusaur Venus Flytrap(ハエトリグサ)、dinosaur(恐竜)
ドイツ語 Bisaflor Bisamratte(マスクラット)、Flora(植物)
フランス語 Florizarre flore(植物)、bizarre(奇妙な、不思議な)
韓国語 이상해꽃(Isanghaekkot) 不思議な花
中国語(台湾・本土) 妙蛙花(Miào Wā Huā) 奇妙な蛙、花
中国語(香港) 奇異花(Qí Yì Huā) 奇異な花
ポルトガル語(ブラジル、アニメでのみ) Venussauro Venusaur

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。