ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ラティアス

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ラティアス
Latias
英語名 Latias
全国図鑑 #380
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #196
シンオウ図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
分類 むげんポケモン
タイプ ドラゴン
エスパー
たかさ 1.4m
おもさ 40.0kg
とくせい ふゆう
タマゴグループ タマゴみはっけん
タマゴの歩数 30720歩
獲得努力値 特防+3
基礎経験値 第四世代以前:211
第五世代:270
最終経験値 1250000
性別 100% ♀
捕捉率 3
初期なつき度 90

外部サイトの図鑑

ラティアスとはぜんこくずかんのNo.380のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

進化

  • ラティアス

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ルビー
にんげんの こころを びんかんに かんじとる。てきいを キャッチすると ぜんしんの はねを さかだてて はげしく なきごえで いかくする。
ポケットモンスター サファイア
ちのうが たかく ひとの ことばを りかいする。ガラスの ような うもうで からだを つつみこみ ひかりを くっせつさせて すがたを かえる。
ポケットモンスター エメラルド
すうひきで むれを つくって こうどうしていて めったに ひとや ポケモンと せっしょくしない。てきの けはいを さっちすると すがたを けす。
ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンポケットモンスター Y
テレパシーで にんげんと きもちを かよわせる。ひかりを くっせつさせる うもうで べつの すがたに かわる。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パールポケットモンスター プラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
ひかりを くっせつさせる うもうで ぜんしんを つつみこみ すがたを みえなくする のうりょくを もつ。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
テレパシーで きもちを かよわせる。 ひかりを くっせつさせる うもうで からだを つつみ すがたを けす。

種族値

第3世代以降

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 80
 
140187 270364
こうげき: 80
 
76145 148284
ぼうぎょ: 90
 
85156 166306
とくこう: 110
 
103178 202350
とくぼう: 130
 
121200 238394
すばやさ: 110
 
103178 202350
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 50%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 200%

とくせいがふゆうの場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 50%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第三世代 第四世代 第五世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2
1 サイコウェーブ サイコウェーブ サイコウェーブ
5 ねがいごと ねがいごと ねがいごと
10 てだすけ てだすけ てだすけ
15 しんぴのまもり しんぴのまもり しんぴのまもり
20 りゅうのいぶき りゅうのいぶき りゅうのいぶき
25 みずあそび みずあそび みずあそび
30 リフレッシュ リフレッシュ リフレッシュ
35 ミストボール ミストボール ミストボール
40 サイコキネシス しねんのずつき しねんのずつき
45 じこさいせい じこさいせい じこさいせい
50 あまえる サイコシフト サイコシフト
55 あまえる あまえる
60 いやしのねがい サイコキネシス
65 サイコキネシス いやしのはどう
70 りゅうのはどう ミラータイプ
75 ガードシェア
80 りゅうのはどう
85 いやしのねがい

わざひでんマシンわざ

第三世代 第四世代 第五世代
RSE/FRLG DP/Pt HGSS BW/B2W2
わざマシン01 つめとぎ
わざマシン02 ドラゴンクロー ドラゴンクロー ドラゴンクロー
わざマシン03 みずのはどう みずのはどう サイコショック
わざマシン04 めいそう めいそう めいそう
わざマシン05 ほえる ほえる ほえる
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ にほんばれ
わざマシン13 れいとうビーム れいとうビーム れいとうビーム
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい あまごい
わざマシン19 テレキネシス
わざマシン20 しんぴのまもり しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン24 10まんボルト 10まんボルト 10まんボルト
わざマシン25 かみなり かみなり かみなり
わざマシン26 じしん じしん じしん
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール シャドーボール
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター リフレクター リフレクター
わざマシン34 でんげきは でんげきは
わざマシン37 すなあらし すなあらし すなあらし
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ メロメロ
わざマシン47 はがねのつばさ はがねのつばさ
わざマシン48 りんしょう
わざマシン51 はねやすめ
わざマシン53 エナジーボール エナジーボール
わざマシン57 チャージビーム チャージビーム
わざマシン58 こらえる
わざマシン59 りゅうのはどう
わざマシン65 シャドークロー シャドークロー
わざマシン67 かたきうち
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン73 でんじは でんじは
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 ゆうわく じならし
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい
わざマシン86 くさむすび くさむすび
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン90 みがわり みがわり
ひでんマシン01 いあいぎり いあいぎり いあいぎり
ひでんマシン02 そらをとぶ そらをとぶ そらをとぶ
ひでんマシン03 なみのり なみのり なみのり
ひでんマシン05 フラッシュ きりばらい うずしお たきのぼり
ひでんマシン06 ダイビング
ひでんマシン07 たきのぼり たきのぼり
ひでんマシン08 ダイビング

人から教えてもらえるわざ

第三世代 第四世代 第五世代
FRLG E XD DP Pt HGSS BW B2W2
のしかかり × × × × ×
すてみタックル × × × × ×
でんじは × × × × ×
ものまね × × × × ×
スピードスター × × × × ×
ゆめくい × × × × ×
みがわり × × × × ×
いびき × × × ×
どろかけ × × × × ×
こごえるかぜ × × ×
げきりん × × × × ×
こらえる × × × × × × ×
いばる × × × × × ×
れんぞくぎり × × × × ×
ねごと × × × × × ×
たつまき × × × × × ×
じこあんじ × × × × × × ×
てだすけ × × × × ×
トリック × × × × ×
なりきり × × × × × ×
マジックコート × × × × × ×
ダイビング × × × × × ×
ほしがる × × × × × × ×
はねやすめ × × × × × × ×
おいかぜ × × × × × ×
とっておき × × × × ×
ふいうち × × × × × ×
りゅうのはどう × × × × × × ×
しねんのずつき × × × × ×
りゅうせいぐん × × ×
マジックルーム × × × × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
Lv.50 シナリオクリア後、みなみのことうで捕まえる。 Lv.40 サエからで通信
Lv.40 シナリオクリア後、ホウエン地方の草むらを逃げ回るのを見つけて捕まえる。 Lv.40 サエ内で通信
炎赤・葉緑 × 入手不可 Lv.40 サエから通信
Lv.40 シナリオクリア後、母親からの質問に「あか」と答えた後、
ホウエン地方の草むらを逃げ回るのを見つけて捕まえる。
Lv.40 サエ内で通信
ダイ・パ・プラ × 入手不可 Lv.35 HGから通信
HG Lv.35 ダイゴから話を聞き、カントー地方を飛び回るので見つけて捕まえる。 Lv.35 HG内で通信
SS Lv.40 なぞのすいしょうを持ってニビかがくはくぶつかんに行ってこころのしずくを手に入れると、博物館近くに現れるので捕まえる。 Lv.35 HGから通信
B・W・B2 × 入手不可 Lv.35 HGから連れてくる。
W2 Lv.68 シナリオクリア後、ゆめのあとちで追いかけっこをした後で捕まえる。 Lv.35 HGから連れてくる。

備考

  • ポケモンずかんの色:赤

アニメにおけるラティアス

マンガにおけるラティアス

ポケットモンスターSPECIALにおけるラティアス

ポケモンカードにおけるラティアス

一般的な育成論

覚える技はラティオスとほとんど同じで、特攻が(ラティオスより)低く防御特防が高いと言う、防御寄りのステータスになっている。素早さは同じで、禁止伝説級のポケモンを除くと、ドラゴンタイプのポケモンの中ではオンバーンに次いで2番目(含めた場合でも、種族120のりゅうのプレートを持たせたアルセウスに次いで3番目)。

ラティオスが覚えずラティアスが覚える技のうち主なものはねがいごとミラータイプ(レベルアップ)、ふいうち(第四世代教え技)。わざマシンには無い。

基本的にその高い特防を生かした耐久型がメジャー。めいそうを積んで耐久力を上げつつ努力値を割かない特攻を補うのが基本だが、ミラータイプで相手のタイプをコピーし、弱点を突くために出されたポケモンを利用して弱点を消すと言った変則的な戦法も可能。特にラティアスの攻撃をほぼ確実に受け止めてしまうハッサムナットレイに対して使えば、こちらも主力技を半減できるどころか弱点を突かれにくくすることができる。

ねがいごとを始めとしてリフレクターでんじはなどで後続のサポートに徹する型もある。回復技は他にじこさいせいがあるが、ねがいごとは使用から回復までに2ターン要するものの控えのポケモンも回復できる利点があり、サポートに回りやすい。じこさいせいは1ターンで回復できるのでめいそうとの相性がよい。

耐久型の場合攻撃技は基本的にメインウェポンのみとし、りゅうのはどうが採用される。りゅうせいぐんは強力だが特攻が下がるデメリットにより、めいそうで補わなければ相手を倒しきれず長期戦にもつれ込む場合がある。その他はサイコキネシスサイコショックあたりも候補か。

特攻が低いと言ってもラティオスサザンドラより低いだけで、特攻110はカイリューガブリアス等他のメジャーなドラゴンらよりも高く、アタッカー型も十分可能。単純な火力ではラティオス、サザンドラに負けてしまうが、前者に関してはふいうちの存在や、全体では弱点を突かれてもそうそう一撃で落ちない耐久力など、十分に差別化は可能。

アタッカーとして採用するならりゅうせいぐんは必須。他にサイコキネシス、サイコショックに加え、サブウェポンとしてなみのりくさむすび10まんボルトめざめるパワーほのおまたはじめん)が採用されやすい。持ち物は攻撃、特攻1.3倍で小回りが利くが耐久を落としてしまういのちのたまよりは技が縛られる代わりに特攻1.5倍になるこだわりメガネを採用したほうがいいだろう。その際トリックがあれば使って相手の行動を縛りに行くのもよい。

なにより殆どの場合攻撃一辺倒になるラティオスと違い、耐久型やサポート型など他にも有力な型がいくつもあり読まれにくいというメリットもある。

ただしウルガモスに対してはこの火力の差が致命的になる場合がある。ラティアスではウルガモスがちょうのまいを1回使う前に一撃入れる事は出来ても倒しきることが出来ない事が多い。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ラティアス lateo(ラテン語:隠れる)
英語 Latias 日本語に同じ
ドイツ語 Latias 日本語に同じ
フランス語 Latias 日本語に同じ
韓国語 라티아스(Latias) ラティアス
中国語 拉帝亞斯(Lā Dì Yā Sī) ラティアス

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。