ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ねむり

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

ねむりとは、状態異常の一つ。

ねむりの効果

  • いびきねごと以外のわざを使えない。数ターン経つと回復する。ねむり状態でも一応「たたかう」コマンドで技選択はできる(第一世代を除く)。

ねむりの発生

相手に発生

わざ

とくせい

その他

  • 第二世代、第四世代でずつきを使ってポケモンを出現させた場合、ポケモンが眠った状態で落ちてくることがある。どのポケモンが眠った状態で落ちてくるかは時間帯とポケモンの種類によって決まる。

自分に発生

わざ

その他

  • ひるねをはじめた(自分とおやが違うポケモン)

ねむりの回復

わざ

自分を回復

味方を回復

相手を回復

とくせい

どうぐ

ターン経過

ねむり状態になった時に眠るターン数が決定される。

バージョンと眠るターン数の関係
バージョン 眠るターン数
第一世代 2~8
第二世代
第三世代
日本語版以外のダイヤモンド・パール
プラチナ
ハートゴールド・ソウルシルバー
2~7
日本語版のダイヤモンド・パール 3~7
第五世代
ポケモンスタジアム
ポケモンスタジアム2
ポケモンスタジアム金銀
2~4
ねむるによって眠り状態になった場合
(あくび状態のポケモンがねむるを使った場合を除く)
3

眠るターン数は技を使う直前に1ずつ(とくせいはやおきのポケモンの場合は2ずつ)減っていき、0以下だと技を使う直前にねむり状態から回復する。つまり、実際に行動できないターン数は眠るターン数よりも1ターン少ない。(第一世代のみ起きたターンには行動できない)

第五世代ではねむっているポケモンを交換すると経過ターン数がリセットされる。

その他

ねむりの予防

備考

  • 非常に強力なためか、2匹以上ねむりにしてはいけないというルールが定められていることが多い。
  • ポケモンスタジアムでは、相手のポケモンが既に1匹眠っていた場合、催眠技は必ず失敗する。ただしねむるを使って能動的に眠る場合、何匹でも眠ることが出来る。
  • ポケモンスタジアムではこおり状態も重複しないが、ねむりとこおりの重複は発生し得る。
  • 2007年以降の公式ルールでは、2匹以上ねむりにしても構わなくなった。
  • 特性がこんじょうのポケモンはねむり状態の間、攻撃が1.5倍になる。
  • 特性がふしぎなうろこのポケモンはねむり状態の間、防御が1.5倍になる。
  • 特性がはやあしのポケモンはねむり状態の間、素早さが1.5倍になる。
  • ねごといびきは自分がねむり状態のときしか使えない。
  • ゆめくいあくむはねむり状態の相手にのみ有効。
  • 特性がナイトメアのポケモンが出ている場合、ねむり状態のポケモンはターン終了時にHPが最大HPの1/8だけ減少する。
  • おうふくビンタなどのCategory:連続攻撃を使ったポケモンがわざの途中でねむり状態になった場合、わざは中断される(ねごとで出された場合を除く)。
  • ポケモンカードゲームでは、特殊状態として登場している。
  • 特性がかたやぶりターボブレイズテラボルテージのポケモンの技によって、特性がふみんやるきのポケモンがこの状態になった場合、直後に回復する。

関連項目