ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

トドゼルガ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
トドゼルガ
Todoseruga
英語名 Walrein
全国図鑑 #365
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #175
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #245
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #184
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 こおりわりポケモン
タイプ こおり
みず
たかさ 1.4m
おもさ 150.6kg
とくせい あついしぼう
アイスボディ
隠れ特性 どんかん
図鑑の色
タマゴグループ すいちゅう1
りくじょう
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 HP+3
基礎経験値
  • 第四世代以前: 192
  • 第五・第六世代: 239
  • 第七世代: 239
最終経験値 1059860
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

トドゼルガとはぜんこくずかんのNo.365のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

特徴

セイウチがモチーフのポケモン。顔の周りを覆うひげと2本の長いキバが特徴。分厚い脂肪は外敵の攻撃と寒さから身を守り、キバで流氷を砕きながら氷海を泳ぐ。

  • 進化前からの継続により名前に「トド」が付くが、長いキバが生えるのはセイウチであり、トドとは別種である(トドはアシカ科、セイウチはセイウチ科)。

進化

ポケモンずかんの説明文

ルビー
はったつした 2ほんの キバは 10トンも ある ひょうざんを いちげきで ふんさいする。しぼうが ぶあつく ひょうてんかでも へいき。
サファイア
おおきな キバで ひょうざんを くだきながら ひょうてんかの うみを およぎまわる。ぶあつい しぼうが こうげきを はねかえす。
エメラルド
むれを まもる リーダーは なわばりに はいってきた あいてを いのちがけで たおす。たたかいで キバが おれる ことも ある。
ファイアレッド・リーフグリーン
おおきな キバで りゅうひょうを くだきながら うみを およぐ。あつい しぼうが からだを まもる。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトX
おおきな こおりを キバで くだく。あつい しぼうは さむさだけでなく てきの こうげきも はねかえす。
(漢字) 大きな 氷を キバで 砕く。厚い 脂肪は 寒さだけでなく 敵の 攻撃も はね返す。
ハートゴールド・ソウルシルバー
たくましい キバで りゅうひょうを ふんさいする。ぶあつい しぼうが てきの こうげきを はねかえす。
ブラック2・ホワイト2
ぶあつい しぼうは さむさ いがいに てきの こうげきも よせつけない。じまんのキバで こおりを くだくぞ。
(漢字) 分厚い 脂肪は 寒さ 以外に 敵の こうげきも よせつけない。自慢のキバで 氷を 砕くぞ。

種族値

第3世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 110
 
170 - 217 330 - 424
こうげき 80
 
76 - 145 148 - 284
ぼうぎょ 90
 
85 - 156 166 - 306
とくこう 95
 
90 - 161 175 - 317
とくぼう 90
 
85 - 156 166 - 306
すばやさ 65
 
63 - 128 121 - 251
合計 530
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 25%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいのあついしぼうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 12.5%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 400%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいあついしぼうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

トドゼルガ/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 こおりのキバ こおり 物理 65 95% 15
1 いばる ノーマル 変化 85% 15
1 かみくだく あく 物理 80 100% 15
1 まるくなる ノーマル 変化 —% 40
1 こなゆき こおり 特殊 40 100% 25
1 なきごえ ノーマル 変化 100% 40
1 みずでっぽう みず 特殊 40 100% 25
進化 こおりのキバ こおり 物理 65 95% 15
7 ころがる いわ 物理 30 90% 20
7 アンコール ノーマル 変化 100% 5
13 アイスボール こおり 物理 30 90% 20
19 しおみず みず 特殊 65 100% 10
19 オーロラビーム こおり 特殊 65 100% 20
25 のしかかり ノーマル 物理 85 100% 15
31 ねむる エスパー 変化 —% 10
31 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
38 あられ こおり 変化 —% 10
49 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
60 ぜったいれいど こおり 特殊 —% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン07 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン79 こおりのいぶき こおり 特殊 60 90% 10
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン94 なみのり みず 特殊 90 100% 15
わざマシン98 たきのぼり みず 物理 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[086][087][134][183][184][222]
[226][350][368][535][536][537]
[580][581][594][751][752]
アクアリング みず 変化 —% 20
[060][061][263][264][554][555] はらだいこ ノーマル 変化 —% 10
[079][080][199][322][323][324]
[399][400][564][565][771]
のろい ゴースト 変化 —% 10
[050][050A][051][051A][323][449]
[450][529][530][618]
じわれ じめん 物理 —% 5
[027][028][138][139][155][156]
[157][183][184][231][232][363]
[364][365][399][400][498][499]
[500][554][555][564][565][650]
[651][652][775][777]
ころがる いわ 物理 30 90% 20
[087][179][180][181][223][224]
[226]
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15
[293][294][295] ねごと ノーマル 変化 —% 10
[023][024][279][303][631][775] はきだす ノーマル 特殊 100% 10
[023][024][279][303][631][775] たくわえる ノーマル 変化 —% 20
[023][024][279][303][631][775] のみこむ ノーマル 変化 —% 10
[007][008][009][054][055][079]
[080][199][131][134][223][226]
[278][279][320][321][350][367]
[368][422][423][501][502][503]
[580][581][594][656][657][658]
[690][691][692][693]
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20
[054][055][060][061][086][183]
[184][271][279][283][284][350]
[368][393][394][418][419][580]
[581][594][692][693][751][771]
みずあそび みず 変化 —% 15
[079][080][199][194][195][206]
[230][261][262][287][289][322]
[323][369][399][400][449][450]
[513][517][734][735][775]
あくび ノーマル 変化 —% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
アクアテール みず 物理 90 90% 10 -
とおせんぼう ノーマル 変化 —% 5 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
じだんだ じめん 物理 75 100% 10 -
いかりのまえば ノーマル 物理 90% 10 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ル・サ・エ Lv.44 トドグラーを進化させる。 Lv.44 トドグラーを進化させる。
FR・LG・ダイヤ × 入手不可 Lv.44 トドグラーを進化させる。
パール・プラチナ・HG・SS・BW Lv.44 トドグラーを進化させる。 Lv.44 トドグラーを進化させる。

備考

アニメにおけるトドゼルガ

  • アクア団の手持ちになっていることが多かった。
  • ホウエンリーグでのサトシの対戦相手、カエデの手持ちポケモンとしても登場。

マンガにおけるトドゼルガ

ポケモンカードにおけるトドゼルガ

トドゼルガの歴史

第三世代

レベルアップアンコールぜったいれいどタマゴ技じわれを覚えるなど、重要な技はほぼ当初から揃っていた。通常攻撃手段を放棄してねむるねごと一撃必殺技の試行回数を増やす構成で、中々使い勝手のよいポケモンであった。当時のアタッカーはケンタロスケッキングカビゴンなどのノーマルタイプが主流であったため、一致弱点を突かれない点で環境的にも多少なれど恵まれていた。特攻の種族値も95とこおりタイプ耐久型の中では恵まれているため通常火力をダメージ手段とした耐久型も十分成立した。

第四世代

の仕様変更とアイスボディの追加による強化、それに伴うふぶきの実用化、ユキノオーという霰パの始動役獲得などが主な強化点。特にユキノオーの獲得は大きく、これにより「無限トドゼルガ」と呼ばれる受けループが誕生した。新たに登場しトップメタに躍り出たガブリアスに対してタイプ一致で4倍弱点を突く事ができたため、環境的に見ても第三世代よりも恵まれていた。プラチナ教え技としてアイアンヘッドを、HGSSでタマゴ技としてアクアリングをそれぞれ獲得。

第五世代

新技のじならしこおりのいぶきを習得。隠れ特性としてどんかんを獲得したが、当時はマイナー技のメロメロゆうわくを無効化するだけの特性で実用性がなく、強化されたとは言いづらい。一方で隠れ特性としてさまざまなポケモンがアイスボディを獲得してしまった。高耐久を兼ねているので単純な劣化にはならないものの、固有の戦法を失うことになった。対戦環境面ではローブシン聖剣士などのかくとうタイプが台頭しており、この世代になって初めて環境の逆風にさらされることになった。

第六世代

はらだいこを習得。はらだいこを活かしやすい耐久性能をしているが、素早さが低く先制技も持たないため、マリルリのような目覚ましい活躍には至らなかった。また、天候特性の弱体化によってゆきふらしによるサポートからなる「無限トドゼルガ」が実質的に不可能になった。この世代ではメガバシャーモが活躍していたため、上手くまもるとびひざげりを不発にさせないと下手すれば一撃で倒される恐れがあった。PGLレーティングバトル統計データを見ると、この世代ではアンコールで起点を作り、なみのりれいとうビームで攻め、決め手を欠いて困ったらぜったいれいどで運に任せて突破する構成が主流であり、特性はあついしぼうが殆どであった。持ち物は確定数をずらすためのオボンのみ、無限戦術が消滅したとはいえ相手が攻めあぐねている場合は効果が大きくなるたべのこし、特殊耐久を上昇させるとつげきチョッキなどが好まれた。性格は物理攻撃に大きく傾倒した環境に適したずぶといが最もシェアを伸ばし、次いでとつげきチョッキとのシナジーを発揮するおだやかが多く選択された。

第七世代

メインウェポンぜったいれいどこおりタイプに対して無効、こおりタイプ以外が使用すると命中率が30から20になるよう仕様変更された。無効化される相手が増えたとはいえ、トドゼルガ自身もぜったいれいどを受けない、自身は命中率低下のデメリットを負わないなど、トドゼルガにとってはむしろ強化に該当する。アイスボディ型の相方としてアローラキュウコンバイバニラを獲得。前者はゆきふらしと素早さの種族値109によりオーロラベールを最大活かせる、後者は攻撃性能が高いと言う長所を持つ。しかしながらZワザによる高火力環境ゆえそもそも耐久型が成立しづらく、天候パとしてみてもペリッパー率いる雨パに対して天候を奪われやすいなど逆風が強い。メガバシャーモがその天敵となるファイアローの弱体化によって第六世代時よりも立場を強め、みずタイプの耐久型としても、どくタイプであるため必中のどくどくと、高速回復技のじこさいせいを使えるドヒドイデの登場など、トドゼルガの立場は第六世代よりも厳しくなった。

一般的な育成論

HPが非常に高く、素早さが低い。他の能力は平均のやや上をいく数値で高水準。4倍弱点も存在しないので耐久型をベースに育成するのが妥当だが特攻も低くないのでアタッカーでも悪くはない。

特性アイスボディにより、天候あられ状態ならば、たべのこしの効果と併せて毎ターン最大HPの1/8を回復でき、さらにアクアリングも組み合わせると3/16、まもるでターンを稼げば回復量は最大HPの3/8になり、非常に粘り強く戦うことができる。第五世代までは特性ゆきふらしによるあられは他の天候に上書きされるまでは永続するためまもるみがわりを交互に繰り返してたべのこしアイスボディでみがわりで消費したHPの回復を繰り返す「無限トドゼルガ」という構成が特に強力であった。

無限トドゼルガの場合、努力値は回復の効率を高めるためにHPの実数値が208か211になるように調整し、先手でみがわりを使えるようできるかぎり素早さにも振っておきたい。決定力やダメージ源は一撃必殺技ぜったいれいどじわれやあられのダメージ蓄積、いばるによる自滅ダメージ等を利用するので、攻撃面の能力には努力値を振る必要はあまりない。

上述の通り、第六世代以降は無限戦術は成立しなくなっているので、ねむるねごと一撃必殺技を連発する戦術や、耐久力があり撃ち合いに強いアタッカーとして育成するとよい。 その場合の技候補は、なみのりれいとうビームじしんかみくだくいわなだれのしかかりいかりのまえばなど。ぜったいれいどじわれも不利な相手に勝ち筋を見出す手段として有効。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 トドゼルガ
英語 Walrein
ドイツ語 Walraisa
フランス語 Kaimorse
韓国語 씨카이저
中国語(普通話・台湾国語) 帝牙海狮
ポーランド語 Walrein 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。