ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

キノガッサ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
キノガッサ
Kinogassa
英語名 Breloom
全国図鑑 #286
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #035
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
分類 きのこポケモン
タイプ くさ
かくとう
たかさ 1.2m
おもさ 39.2kg
とくせい ほうし
ポイズンヒール
夢特性 テクニシャン
タマゴグループ ようせい
しょくぶつ
タマゴの歩数 3840歩
獲得努力値 攻撃+2
基礎経験値 第四世代以前:165
第五世代:161
最終経験値 1640000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 90
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

キノガッサとはぜんこくずかんのNo.286のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

進化

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ルビー
かろやかな フットワークで てきに ちかづき のびちぢみする うでで パンチを くりだす。ボクサー かおまけの テクニックの もちぬし。
ポケットモンスター サファイア
シッポの タネは どくの ほうしが かたまって できた ものなので たべたら たいへんだ。ひとくちで おなかが グルグル なりだすぞ。
ポケットモンスター エメラルド
あたまの かさの あなから ほうしを ばらまく。あたたかく しめった きこうが だいすき。そうげんや しんりんの くさきを たべる。
ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン
しっぽの タネは どくの ほうしで できている。うごきが みえない ほど すばやい パンチで てきを たおす。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パールプラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
みじかい うでは パンチを だすとき ぐーんと のびる。プロボクサー かおまけの テクニックを もつ。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
どくの ほうしを ばらまき すいこんで くるしむ あいてに きょうれつな パンチを くらわせる。

種族値

第3世代以降

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 60
 
120167 230324
こうげき: 130
 
121200 238394
ぼうぎょ: 80
 
76145 148284
とくこう: 60
 
58123 112240
とくぼう: 60
 
58123 112240
すばやさ: 70
 
67134 130262
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 400%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第三世代 第四世代 第五世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2
1 すいとる
たいあたり
しびれごな
やどりぎのタネ
すいとる
たいあたり
しびれごな
やどりぎのタネ
すいとる
たいあたり
しびれごな
やどりぎのタネ
4 たいあたり
5 たいあたり たいあたり
7 しびれごな
9 しびれごな しびれごな
10 やどりぎのタネ
13 やどりぎのタネ やどりぎのタネ
16 メガドレイン
17 メガドレイン メガドレイン
21 ずつき ずつき
22 ずつき
23 マッハパンチ マッハパンチ マッハパンチ
25 カウンター カウンター
28 カウンター
29 はっけい はっけい
33 スカイアッパー スカイアッパー
36 スカイアッパー
37 こころのめ こころのめ
41 タネばくだん タネばくだん
45 こころのめ ばくれつパンチ ばくれつパンチ
54 ばくれつパンチ

わざひでんマシンわざ

第三世代 第四世代 第五世代
RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2
わざマシン01 きあいパンチ きあいパンチ
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく
わざマシン08 ビルドアップ ビルドアップ ビルドアップ
わざマシン09 タネマシンガン タネマシンガン ベノムショック
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ にほんばれ
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン17 まもる まもる まもる
わざマシン19 ギガドレイン ギガドレイン
わざマシン20 しんぴのまもり しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン23 アイアンテール アイアンテール
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン31 かわらわり かわらわり かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン36 ヘドロばくだん ヘドロばくだん ヘドロばくだん
わざマシン39 がんせきふうじ がんせきふうじ
わざマシン42 からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ メロメロ
わざマシン47 ローキック
わざマシン48 りんしょう
わざマシン49 よこどり よこどり
わざマシン52 きあいだま きあいだま
わざマシン53 エナジーボール エナジーボール
わざマシン54 みねうち
わざマシン56 なげつける なげつける
わざマシン58 こらえる
わざマシン60 ドレインパンチ
わざマシン67 かたきうち
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン71 ストーンエッジ ストーンエッジ
わざマシン75 つるぎのまい つるぎのまい
わざマシン78 ゆうわく
わざマシン80 いわなだれ いわなだれ
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ ふるいたてる
わざマシン86 くさむすび くさむすび
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン94 いわくだき
ひでんマシン01 いあいぎり いあいぎり いあいぎり
ひでんマシン04 かいりき かいりき かいりき
ひでんマシン05 フラッシュ
ひでんマシン06 いわくだき いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第三世代 第四世代 第五世代
FRLG E XD DP Pt HGSS BW B2W2
メガトンパンチ × × × × × ×
かみなりパンチ × × × ×
つるぎのまい × × × × × ×
メガトンキック × × × × × ×
ずつき × × × × × × ×
のしかかり × × × × ×
すてみタックル × × × × ×
カウンター × × × × × ×
ちきゅうなげ × × × × ×
ものまね × × × × ×
みがわり × × × × ×
いびき × × × ×
どろかけ × × × × ×
ギガドレイン × × × × × × ×
こらえる × × × × × × ×
いばる × × × × × ×
れんぞくぎり × × × × ×
ねごと × × × × × ×
ばくれつパンチ × × × × × × ×
アイアンテール × × × × × × ×
こうごうせい × × × × ×
てだすけ × × × × ×
ばかぢから × × × × ×
よこどり × × × × × × ×
なやみのタネ × × × × × ×
タネばくだん × × × × ×
ドレインパンチ × × × × × × ×
しんくうは × × × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ル・サ・エ Lv.23 キノココを進化させる。 Lv.23 キノココを進化させる。
炎赤・葉緑 × 入手不可 Lv.23 キノココを進化させる。
ダイ・パ・プラ・HG・SS Lv.23 キノココを進化させる。 Lv.23 キノココを進化させる。

備考

アニメにおけるキノガッサ

マンガにおけるキノガッサ

ポケモンカードにおけるキノガッサ

一般的な育成論

100%相手を眠らせる強力な技・キノコのほうしが使える数少ないポケモンであるため、これは是非覚えさせておきたい。 もちろんキノガッサを見たらまず間違いなく警戒される技だが、だからと言って使わないのは勿体無さ過ぎるほどの技。単純に眠らせるだけでも強いが、キノガッサはさらにそれを利用してタイプ一致のきあいパンチを使うコンボもある。また、キノコのほうしは進化前のキノココの時でないと覚えられないので、覚えさせてから進化させるようにしよう。

特性によって大きく2種類の戦術がある。通常特性のポイズンヒールのものと夢特性のテクニシャンが一般的。ほうしも弱い特性ではないが、キノガッサ自身はそれほど撃たれ強くは無く、また上記の通りキノコのほうしを活用する前提である以上、相手がまひどくになって眠らなくなってしまうと逆に困るからである。

ポイズンヒール型

毒状態の時にはターン毎の回復量がたべのこしの2倍になるポイズンヒール、みがわり、キノコのほうしを合わせた無限戦術を行う場合はこちらになる。持ち物は自動的にどくどくだま固定となる。

キノガッサが先制出来る相手に対し、キノコのほうしで相手を眠らせ、眠っている間にみがわりをする。先制で眠らせたターンを含めて相手が2ターン眠っていればここでひとまず完成となる。これ以降相手が起きた場合は「みがわりを破壊する→次のターンにキノコのほうしで眠らせる→もう一度みがわりを使う」の繰り返しになるため、キノガッサ側はこの間に相手を攻撃して行くという形になる。

努力値配分は後述の戦術の関係上、素早さは可能な限り速い状態が望まれるため、性格は素早さ補正のようきかつ努力値配分は素早さに配分するのがほぼ絶対の条件となる。残りはみがわりの消費HPととポイズンヒールの回復量の効率が良くなるよう(16n+9~11)にして残りは防御か特防に振る。

使用技は、この戦術に必須となるみがわりとキノコのほうしは当然として攻撃技も必要になってくる。採用される攻撃技の代表例はBWの時に出たローキックが定番。タイプ一致で追加効果の素早さランク1段階ダウンが当てれば必ず発動するため、無限戦術を形成するのに必要な「キノガッサよりも素早さが遅い相手」と言う状況を簡単に作る事が出来る。キノガッサは素早さ種族値は70である為、ほとんどのポケモンはこだわりスカーフを持っていなければローキック1回でキノガッサよりも遅くなってしまう。ゴーストタイプで止まってしまう事を懸念する場合はがんせきふうじがこの枠に入ることもある。

技枠の最後の一つも攻撃技で埋めるのがテンプレートである。もう一つのタイプ一致技のタネばくだんタネマシンガン、格闘技との補完が良いいわなだれなどの岩技、ゴーストタイプへの攻撃手段が無くなるものの毒状態になる関係で常時威力140で使えるからげんきや、みがわりの盾にして使える高威力技のきあいパンチが候補となる。威力の高いきあいパンチを使う場合は耐久では無く攻撃に努力値を配分したり、ローキックの枠をマッハパンチにして無限戦術を諦める代わりに相手のポケモンの処理速度を優先したものもある。

最後の技枠を変化技にすることもあるが、テンプレートからは外れたものとなる。やどりぎのタネは回復量を更に増加させられるが、パターンに入ってしまった状態になれば特性だけでも十分に回復量は追いつくため、不要とされることが多い。ビルドアップは撃たれ強くないキノガッサの耐久とパターンに入った後の処理速度を増加させる技になるため、物理型のポケモンがねごとなどで対策していても突破が出来ない状態まで陥れることが出来る。

第五世代では眠った状態で交代した場合、ねむりの経過ターンがリセットされるため、一度ハメられると脱出するのには非常に手間がかかるか、完全に詰みの状態になる事があった。そのため対策は必須であり、「キノガッサよりも遅いポケモン(種族値70未満)ばかりで組まない」「速く一撃で倒せるポケモンにはラムのみを持たせる」「ねごとを覚えさせる」「先にやけどやどく等の状態異常になる」という対策がされている。

「特性ふみんやるきを入れる」と言う物もあるが、それらの特性を持つポケモンは相性の段階でキノガッサに弱いか、ピンポイントすぎてそれ以外で使えないポケモンなのでパーティの足を引っ張る存在になってしまう事が多い。逆に直接強く無くとも、連続技を使えるポケモンもみがわりと本体を攻撃できるので火力によっては対策にもなり、特に特性スキルリンクパルシェン+こだわりスカーフはみがわり状態+HP100%の最悪の状態から必ず脱出でき、数の多いドラゴンタイプにも強い為、汎用性を損なわない対策にもなった。

第六世代では「くさタイプにキノコのほうし(粉系の技)が無効になる」「特性ぼうじんには無効化され、ぼうじんの効果を得るアイテムの『ぼうじんゴーグル』が登場」「みがわりを無視して攻撃できる技の登場(音系の技、特性すりぬけの強化)」「眠った状態で交代しても経過ターンのリセットが起こらない」により、大きく弱体化した。 しかし弱体化して使われる数が少なくなると言う事は、マークが薄くなると言う事でもあるため、そこに付け入る隙を見つけて活躍させることもできる。

テクニシャン型

ブラック2・ホワイト2では、隠れ特性はやあし持ちキノココの登場に伴い、隠れ特性テクニシャン持ちキノガッサも入手可能になった。低威力の技も多く、非常にアタッカー向けの特性になったため、元々高い攻撃種族値を活かす事が出来る。XY環境での主流。

火力増強とキノコのほうしによる味方のサポートが同時に可能になっているため、今まで日の目を見なかったダブルバトルでも使われるようにもなった。第六世代からは草タイプの特性である「いかりのこなで攻撃を吸われない」を持つ格闘タイプのポケモンにもなった。

威力60以下の技が強化されるため、マッハパンチタネマシンガンがほぼ確定技となる。第五世代ではローキック(当時威力60,XYから65)、第六世代でははっけいがテクニシャンと合わせて威力90かつタイプ一致で撃てるが、追加効果の発動率が比較的高いためキノコのほうしとは併用し辛い。より威力の高い技が欲しい場合はばかぢからがあるが、能力値が下がるのでこだわりスカーフ型向けの技である。サブウェポンはポイズンヒールでも触れた岩技が該当するが、第六世代では威力が60になり、命中も95となったがんせきふうじが最有力となる。変化技は攻撃重視の戦術になるため、キノコのほうしは必須では無いが、自身の耐久が低いためなるべく入れておきたい。火力を一気に増強できるつるぎのまいを採用するのもありで、キノコのほうしと併用するとより安定して攻撃を上げられる。しかし、キノコのほうしとつるぎのまいを両立するとがんせきふうじかタネマシンガンを抜いてしまうことになり、どちらもキノガッサにとって非常に有用な技であるため、一考を要する。 現在はマッハパンチ、タネマシンガン、がんせきふうじ、キノコのほうしの技構成が一般的。

アイテムはポイズンヒール型と違い、きあいのタスキいのちのたまこだわりハチマキやスカーフなどのアタッカー向けのアイテムが主流となる。特に、ファイアローを対面から倒せるように、きあいのタスキが広く使われる。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。