Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ポケモントレーナー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ポケモントレーナーとは、ポケットモンスターシリーズに出てくる架空の職業の名称。主にポケモンを捕まえる・育てる・戦わせると言った様な事を仕事としている。また、一部のトレーナーの肩書きとしても登場する。

概要

主にトレーナー対トレーナーの戦い方が主流であり、最終目的は「ポケモンマスター」になる事である。この職業だけで生計を立てている者も居る。

目が合ったトレーナー同士はポケモンバトルをするのが習わしであり、ゲーム本編ではその事を何回も語る者も居る。ポケモンバトルで負けると賞金を渡さなければならない。又、勿論こちら側が勝てば相手の賞金を貰う事が出来る。野生のポケモンとの戦闘とは違い、トレーナー同士のバトルでは、逃げることはできない。 野生のポケモンを捕まえる等して手持ちの仲間(ポケモン)を増やしつつ、野生のポケモンや他のトレーナーとのバトルによってポケモンを育てて行き、己の精神とポケモンとの絆を深めて行く。

又、ポケモントレーナーにはいくつかの種類(または職業)がある。例えばむしとりしょうねん等はトキワのもり等のいかにも名前とダンジョンが似合う所に出現し、その名の通りキャタピービードルなどのむしポケモンを主に扱う。かいパンやろうは海上に出現し、メノクラゲシェルダーなどのみずタイプのポケモンを使う。ロケット団等、一部ポケモンを利用して悪事を働く集団もいる。

アニメにおいては「誰でも10歳になればポケモントレーナーになる事ができる」という決まりがある。そのため、主人公であるサトシをはじめ、カスミハルカヒカリと言った歴代のヒロインたちの年齢も10歳という設定になっているが、ゲームにもそのような決まりがあるかは不明(ただし、主人公より明らかに年下だと思われるトレーナーやジムリーダーが登場する)。また、アニメの世界では、ポケモンバトルに負けるとゲームと同じように相手に賞金を渡さなければならないのかどうかは、そういった描写が無いため不明。

ポケモントレーナーが肩書きのキャラクター

特別な肩書きがないトレーナーのみ、ポケモントレーナーという肩書きになる。具体的にはライバルなどの専門や所属がないトレーナーや、ワタルのように特別な肩書き・称号を持っているトレーナーがただの一般トレーナーとして戦うときなど。

備考

関連項目