ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ポケットモンスターハートゴールド
ポケットモンスターソウルシルバー
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、通信時2-5人
発売元 株式会社ポケモン
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 2009年9月12日
アメリカ 2010年3月14日
イギリス 2010年3月26日
ドイツ 2010年3月26日
その他 韓国:2010年2月4日
公式サイト

株式会社ポケモン

pokemongoldsilver.com

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーとは、2009年9月12日に発売したニンテンドーDS用のゲームソフトである。ポケットモンスター 金・銀リメイク版である。

概要

本作は1999年11月21日に発売され、全世界で2300万本を売り上げた「ポケットモンスター 金・銀」(以下、金・銀)のリメイク作品である。2009年5月8日にタイトルと発売が発表された。ルビー・サファイア以降のシリーズから追加されたシステムやポケモンの登場をはじめ、様々な新要素が追加された。

金・銀との違い

  • つれあるきの概念。
  • ウツギはかせから頼まれた任務が大幅に異なり、こちらでは連れ歩きに関しての任務である。
  • コトネなどの新キャラクター登場。
  • まいこはんジョウト地方のいたるところで登場するようになった。また、まいこはんの勝負が必須になった[1]
  • ルビー・サファイアエメラルドダイゴの登場。
  • 殿堂入り前にそれぞれのソフトの伝説のポケモン、ハートゴールドならホウオウ、ソウルシルバーならルギアとの戦闘が必須になった。
  • ポケモンリーグでテレポートによって、自宅まで帰らせるおじさんとケーシィはいるが、今作ではそれに関係する話のみで連れて帰ってくれなくなった。これは当時はそらをとぶでワカバタウンに帰れなかったが、今作ではポケモンリーグからそらをとぶでワカバタウンまで帰れるためである。
  • バッジ16個入手後、GBプレイヤーによってGBアレンジのBGMが聞ける。
  • その他、ダンジョンの追加や変化、BGMの変更(例えばおつきみやまのBGMがジョウトのダンジョンへの変更等)などが見られる。

発売までの経緯

  • 2009年5月8日:「ポケットモンスター オフィシャルサイト」にて2009年5月8日付けで特報としてタイトルと発売が発表された。
  • 2009年5月15日:「ポケットモンスター オフィシャルサイト」にて本作の紹介ページが設けられた。
  • 2009年6月15日:本作の公式ページが設けられた。
  • 2009年9月4日:任天堂ホームページにて社長が訊く『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』 が公開された。(下記#外部リンク欄へ)

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーにおける反響

2009年5月8日:「Yahoo!ニュース」などのサイトにて取り上げられる。なお、本作に関するニュースはYahoo! Japanトップページからリンクされた。また、そのニュース記事にあったリンク先の一つにポケモンWikiの項目の金・銀が含まれていた。

スペック

ハートゴールド

型番
NTR-P-IPKJ
発売日
2009年9月12日
対応機種
ニンテンドーDSおよび互換機
新品価格
4,571円+税(ポケウォーカー同梱)
ROM容量
1Gbit(128MB)

ソウルシルバー

型番
NTR-P-IPGJ
発売日
2009年9月12日
対応機種
ニンテンドーDSおよび互換機
新品価格
4,571円+税(ポケウォーカー同梱)
ROM容量
1Gbit(128MB)

あらすじ

詳細はポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー 攻略ページを参照のこと。

注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上利用ください。

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーに関する総情報

その他

備考

脚注

  1. 金・銀・クリスタルでは、倒すことでなみのりのひでんマシン03が取得でき、これは通信によりスルーすることが可能だった。

関連項目

外部リンク