ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

こうそくいどう

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
こうそくいどう
第一世代
タイプ エスパー
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 30
範囲 自分
直接攻撃 ×
パレス じぶん
効果
自分のすばやさ2段階上げる。
Zワザによる付加効果
自分の下がった能力を元に戻す。
判定
アピールタイプ かっこよさ
アピール (RSE) ♡♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
次のターンの順番が1番になる。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
次のターンの順番が1番になる。

こうそくいどうは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:ちからを ぬいて からだを かるくし すばやさを グーンとあげる
  • ルビー・サファイアエメラルド:ちからを ぬいて からだを かるくし すばやさを グーンとあげる
  • ファイアレッド・リーフグリーン:ちからを ぬいて からだを かるくし こうそくで うごいて じぶんの すばやさを グーンと あげる。
  • 第四世代第五世代第六世代:ちからを ぬいて からだを かるくして こうそくで うごく。じぶんの すばやさを ぐーんと あげる。
  • 第五世代・第六世代(漢字):力を ぬいて 体を 軽くして 高速で 動く。自分の 素早さを ぐーんと あげる。

コンテストわざ

  • 第三世代:このつぎの アピールを はじめの ほうに だすことが できる
  • 第四世代:つぎの ターンで さいしょに えんぎを することが できる。
  • 第六世代:このつぎの アピールを はじめの ほうに だすことが できる
  • 第六世代(漢字):この次の アピールを はじめの方に だすことが できる

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
緑赤青 金銀
スピアー Lv35 Lv40 -
ポッポ Lv36 Lv37 ×
ピジョン Lv40 Lv43 -
ピジョット Lv44 Lv46 -
オニスズメ Lv36 Lv43 ×
オニドリル Lv43 Lv47 -
ピカチュウ Lv33 Lv33 -
ライチュウ -
ガーディ Lv39 Lv42 ×
ウインディ -
ポニータ Lv48 Lv43 ×
ギャロップ Lv55 Lv47 -
カモネギ Lv31 Lv31 ×
ドードー Lv44 Lv37 ×
ドードリオ Lv51 Lv47 -
エビワラー Lv1 Lv7 -
タッツー Lv37 Lv36 ×
シードラ Lv41 Lv40 -
トサキント Lv54 Lv52 ×
アズマオウ Lv54 Lv61 -
ストライク Lv42 Lv47 ×
サンダース Lv44 Lv47 Lv47 -
ポリゴン Lv35 Lv9 ×
プテラ Lv1 Lv8 ×
フリーザー Lv55 Lv25 -
サンダー Lv55 Lv25 -
ファイヤー Lv55 Lv25 -
ミニリュウ Lv20 Lv36 ×
ハクリュー Lv20 Lv38 -
カイリュー Lv1
Lv20
Lv38 -
レディバ - Lv43 ×
レディアン - Lv51 -
イトマル - × Lv45 ×
アリアドス - × Lv53 -
エイパム - Lv46
キリンリキ - Lv20 ×
ハッサム - Lv24 -
ニューラ - Lv41 ×
マンタイン - Lv32 ×
エアームド - Lv25 ×
キングドラ - Lv40 -
ポリゴン2 - Lv9 -
カポエラー - Lv37 -

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
RSE/FRLG DP Pt/HGSS BW B2W2 XY ORAS SM/USUM
スピアー 40 31 31 31 38
ポッポ 39 29 29 29 29
ピジョン 43 32 32 32 32
ピジョット 38 32 32 32 32
オニスズメ 43 25 25 25 25
オニドリル 47 29 29 29 27
ピカチュウ 33 34 37 37 45 45
ライチュウ
ガーディ 43 39 42 30 30 30
ウインディ
ポニータ 38 34 33 37 37 37
ギャロップ 38 34 33 37 37 37
カモネギ 36 31 31 31 31
ドードー 45 37 37 37 33 26
ドードリオ 60 41 41 41 35 26
エビワラー 73 6 6 6 1, 6
タッツー 36 23 23 23 36 36
シードラ 40 23 23 23 38 38
トサキント 52 47 47 47 29 29
アズマオウ 61 56 56 56 29 29
ストライク 21 17 17 17 17
サンダース 47 64 64 29 29 29
ポリゴン 9 12 12 12 12
プテラ 8 17 17 17 17
フリーザー 25 36 36 36 36
サンダー 25 43 43 43 43
ファイヤー 25 15 15 15 15
ミニリュウ 36 25 25 25 25
ハクリュー 36 25 25 25 25
カイリュー 38 25 25 25 25
オーダイル × 30 30 30 1
オオタチ × × × × 1, 進
レディバ 43 30 30 30 29
レディアン 51 36 36 36 33
イトマル 45 33 33 33 33
アリアドス 53 37 37 37 37
エイパム 50 29 29 29 29
キリンリキ 31 14 14 14 23 23
ハッサム 21 17 17 17 17
ニューラ 36 24 24 20 20 20
マンタイン 29 19 19 32 32 32
エアームド 16 14 12 12 12 31 31
キングドラ 40 23 23 23 38 38
ポリゴン2 9 12 12 12 12
カポエラー 37 37 37 37 37
キモリ 31 31 31 31 25 25
ジュプトル 35 35 35 35 28 28
ジュカイン 35 35 35 35 28 28
スバメ 43 43 43 43 29 29
オオスバメ 49 49 49 49 33 33
キャモメ 55 37 37 38 38 36 36
ペリッパー
アメタマ 31 31 31 31 22 22
アメモース
テッカニン 38 38 38 38 17 17
ヌケニン × × ×
プラスル 47 44 48 48 37 37
マイナン 47 44 48 48 37 37
キバニア 43 36 36 36 39 39
サメハダー 53 45 45 45 45
サクラビス 15 10 10 10 9 9
ラブカス 16 9 9 9 7 7
メタング 56 44 44 38 38 41 41
メタグロス 66 44 44 38 38 41 41
デオキシス
(スピードフォルム)
35 73 73 73 55 55
ムックル - 33 33 33 33
ムクバード - 38 38 38 38
ムクホーク - 41 41 41 41
ブイゼル - 28 28 41 41 41
フローゼル - 29 29 51 51 51
エテボース - 29 29 29 29
ミミロル - 33 33 33 33
ミミロップ - 33 33 33 33
タマンタ - 19 19 32 32 32
マニューラ -
ポリゴンZ - 12 12 12 12
シママ - - 36 36 36
ゼブライカ - - 42 42 42
フシデ - - 29 29 29
ホイーガ - - 32 32 32
ペンドラー - - 33 33 33
アーケン - - 21 21 21
アーケオス - - 21 21 21
ゾロア - - 37 37 37
ゾロアーク - - 39 39 39
エモンガ - - 46 46 46
バチュル - - 37 37 37
デンチュラ - - 40 40 40
アギルダー - - 32 32 32
アイアント - - 16 16 6
トルネロス - - 37 37 31
ボルトロス - - 37 37 31
ホルビー - - - 1 1
ホルード - - - 1 1
ヤヤコマ - - - 13 13
ヒノヤコマ - - - 13 13
ファイアロー - - - 13 13
オンバット - - - 18 18
オンバーン - - - 18 18
クワガノン - - - - 49
オドリドリ - - - - 46
カプ・コケコ - - - - 53
フェローチェ - - - - 37
凡例
継:進化による継続で覚えることができる。
進:進化時に覚えることができる。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
3 4 5 6 7
ロコン
(アローラ)
- - - - キュウコン
(アローラ)
パラス × HGSS パラセクト
コンパン × モルフォン
クラブ × HGSS キングラー
ホーホー × ヨルノズク
チョンチー × ランターン
メリープ × × モココ
デンリュウ
エイパム エテボース
ノコッチ × HGSS -
グライガー × グライオン
アチャモ × ワカシャモ
バシャーモ
キャモメ ペリッパー
チルット チルタリス
ポッチャマ × ポッタイシ
エンペルト
ペラップ × -
リオル × ルカリオ
スコルピ × ドラピオン
ケイコウオ × ネオラント
クルミル × × クルマユ
ハハコモリ
バスラオ × × -
シキジカ × × メブキジカ
エリキテル × × - エレザード
ルチャブル × × - -

こんなときに使おう

  • 素早さの低いアタッカーが全抜きを狙うために採用することがある。素早さ種族値40のアリアドスでも最速にして1回積めば、最速130族をギリギリ抜くことができる。
  • 二段階の上昇なので、例えば素早さ種族値85のキリンリキなら無補正46振りで1回積めば150族と同速になる。素早さに振る努力値を減らせるため、極端に早くはないがそこそこの素早さがあるというポケモンなら耐久面に努力値を振る余裕も出てくる。
  • 攻撃面や防御のステータスは強化できず、積んでいる間に攻撃されるリスクもあるため、積んだ後一気に相手を倒せるだけの火力と積んでいる間に落とされにくい程度の耐久力があるポケモンに採用されることが多い。
  • ニンテンドウカップ97決勝大会の関西代表がフリーザーに覚えさせていた技であり、当時の積み技の中では急所を突いた場合敵味方の全ての補助効果が無視されるという仕様がデメリットとして働かない技として注目して採用したともいえる。
  • かそくは行動を制約されず1ターンに1段階の上昇を得られるのに対し、こうそくいどうは技の使用によって行動を制約される代わりに1ターンで2段階の上昇を得られる。このためかそくより少ないターン数で素早さ2段階上昇をバトンタッチできる、元の素早さによっては対面から1回積めばかそく持ちを上から叩けるなど、場合によってはこちらに利があることもある。
  • バトンタッチと組み合わせて使うことによって、後続の体力をなるべく消耗させずに強化する作戦がある。
  • 第一世代では、ジムリーダー四天王などRPGで言うボスに該当するトレーナーは、プレイヤー側の弱点を突いてプレイヤー側に耐性のあるタイプで受けられること避けるというAIを持っているが、この時AIは自身のポケモンの攻撃技・変化技を区別しない。例えばワタルハクリューニドキングを出すと、エスパー弱点であることを参照するまでは良いが、攻撃技と変化技の区別が付けられないため、単体ではダメージを与えられないにもかかわらず延々とこの技を繰り返す。

ポケモンカードゲームにおけるこうそくいどう

「コインを1回投げオモテなら、次の相手の番、このポケモンはワザのダメージや効果を受けない。」という効果の攻撃ワザとして登場する。ゲーム中とは異なり、相手にダメージを与えられる。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるこうそくいどう

自分と部屋にいる仲間ポケモンのいどうそくどを1段階上昇させる。

敵と戦うときに使うと自分のターンにこうそくいどうを使用した回数+1回の攻撃をすることが出来るが、攻撃せずにこうそくいどうを重ねがけしつつ移動することで鉢合わせになった敵から距離を引き離し逃げることも可能。

一般にはピカチュウのこうそくいどう+ほうでんのコンボが知られている。主にギルドの卒業試験やモンスターハウス内で真価を発揮するコンボで、ほうでんは1ターンに部屋内の敵全てを攻撃出来るため、1ターンで何回も複数の敵を攻撃することができ経験値を大量に得ることが出来る。ピカチュウ以外でも移動速度を上げる技と部屋全体攻撃技さえあればこのコンボを使うことが出来る。

逆にモンスターハウス内にこの技を持っているポケモンが紛れている場合、これを使われまくられると、全員4倍速となり、レベル差があっても自分のターンが来ないまま一方的に攻撃されゲームオーバーにされてしまうことがある。その場合はてきしばりだまなどで動きを封じたりこうそくいどうを使われる前に部屋全体攻撃技などで始末したり、こちらも移動速度を上げる補助技や道具で対抗するのがいいだろう。

備考

大乱闘スマッシュブラザーズDXにおけるこうそくいどう

ピチューの上必殺ワザとして登場。ピカチュウでんこうせっかとは異なり、相手にダメージを与えられない(逆にピチュー自身がダメージを受けてしまう)が、でんこうせっかよりも移動距離が長い。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 こうそくいどう
英語 Agility
ドイツ語 Agilität
フランス語 Hâte
イタリア語 Agilità
スペイン語 Agilidad
韓国語 고속이동
中国語(普通話・台湾国語) 高速移动
ポーランド語 Agility