8月15日から16日に発生したサーバ障害について
8月15日から16日にかけて、サーバの障害のため、ポケモンWikiにアクセスできない事象が発生しました。しばらくはサーバが不安定になり、断続的にアクセスができなくなる可能性があります。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。
ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

コジョンド

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
コジョンド
Kojond
英語名 Mienshao
全国図鑑 #620
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #126
新イッシュ図鑑 #220
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #004
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
分類 ぶじゅつポケモン
タイプ かくとう
たかさ 1.4m
おもさ 35.5kg
とくせい せいしんりょく
さいせいりょく
隠れ特性 すてみ
タマゴグループ りくじょう
ひとがた
タマゴの歩数 6630歩
(サイクル 数:26)
獲得努力値 こうげき+2
基礎経験値 第五世代:179
最終経験値 1059860
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

  • ポケモン徹底攻略

コジョンドとはぜんこくずかんのNo.620のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラックXオメガルビー
うでの たいもうを ムチのように あつかう。りょううでの こうげきは めにも とまらぬ はやさ。
(漢字) 腕の 体毛を ムチのように あつかう。両腕の 攻撃は 目にも 止まらぬ 速さ。
ホワイト
うでの ながい たいもうを てきに たたきつけて たたかう。ムチのように てきを いためつける。
(漢字) 腕の 長い 体毛を 敵に たたきつけて 戦う。ムチのように 敵を 痛めつける。
ブラック2・ホワイト2Yアルファサファイア
りょうての たいもうを ムチのように つかいこなし れんぞくこうげきを はじめると だれにも とめられない。
(漢字) 両手の 体毛を ムチのように 使いこなし 連続攻撃を はじめると だれにも 止められない。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 65
 
125172 240334
こうげき: 125
 
117194 229383
ぼうぎょ: 60
 
58123 112240
とくこう: 95
 
90161 175317
とくぼう: 60
 
58123 112240
すばやさ: 105
 
99172 193339
合計 510
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第五世代 第六世代
BW/B2W2 XY/ORAS
1 はたく
ヨガのポーズ
みきり
ねこだまし
はたく
ヨガのポーズ
きしかいせい
みきり
ねこだまし
はどうだん
5 ヨガのポーズ ヨガのポーズ
9 みきり みきり
13 ねこだまし ねこだまし
17 おうふくビンタ おうふくビンタ
21 スピードスター スピードスター
25 めいそう めいそう
29 はっけい はっけい
33 ドレインパンチ ドレインパンチ
37 とびげり とびげり
41 とんぼがえり とんぼがえり
45 ワイドガード ワイドガード
49 とびはねる とびはねる
56 とびひざげり とびひざげり
63 きしかいせい きしかいせい
70 はどうだん はどうだん

わざひでんマシンわざ

第五世代 第六世代
BW/B2W2 XY ORAS
わざマシン04 めいそう めいそう
わざマシン06 どくどく どくどく
わざマシン08 ビルドアップ ビルドアップ
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ
わざマシン12 ちょうはつ ちょうはつ
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン17 まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい
わざマシン21 やつあたり やつあたり
わざマシン27 おんがえし おんがえし
わざマシン28 あなをほる あなをほる
わざマシン31 かわらわり かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター リフレクター
わざマシン39 がんせきふうじ がんせきふうじ
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 からげんき からげんき
わざマシン44 ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ
わざマシン47 ローキック ローキック
わざマシン48 りんしょう りんしょう
わざマシン52 きあいだま きあいだま
わざマシン56 なげつける なげつける
わざマシン62 アクロバット アクロバット
わざマシン66 しっぺがえし しっぺがえし
わざマシン67 かたきうち かたきうち
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン71 ストーンエッジ ストーンエッジ
わざマシン75 つるぎのまい つるぎのまい
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン80 いわなだれ いわなだれ
わざマシン83 ふるいたてる ふるいたてる
わざマシン84 どくづき どくづき
わざマシン86 くさむすび くさむすび
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン88 ねごと
わざマシン89 とんぼがえり とんぼがえり
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン94 いわくだき いわくだき ひみつのちから
わざマシン98 グロウパンチ
わざマシン100 ないしょばなし
ひでんマシン04 かいりき かいりき
ひでんマシン06 いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第五世代 第六世代
BW B2W2 XY ORAS
けたぐり × ×
いびき × ×
ねごと × × ×
きあいパンチ × × ×
てだすけ × ×
なりきり × ×
はたきおとす × ×
とびはねる × ×
ドレインパンチ × ×
ダブルチョップ × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W Lv.59 14ばんどうろ(濃い草むら) Lv.50 コジョフーを進化させる。
B2・W2 Lv.53 23ばんどうろ(濃い草むら)
Lv.64~66 リュウラセンのとう
X・Y × 出現しない Lv.50 コジョフーを進化させる。
OR・AS × 出現しない - -

備考

Nintendo DREAM 2011年5月号でカンフーの要素があるポケモンだと述べられている。

アニメにおけるコジョンド

BW編第71話ドンナマイトに参加していたトレーナー・ドモンのポケモンとして初登場。

マンガにおけるコジョンド

ポケモンカードにおけるコジョンド

一般的な育成論

かくとうタイプ単体のポケモンの中では素早さが最も高い。攻撃も高いので物理アタッカーが中心となる。

攻撃技はメインウェポンとしてとびひざげりドレインパンチが主な候補。とびひざげりは外してしまうと最大HPの半分のダメージを受ける危険はあるが、威力が非常に高く突破力を求めるには打ってつけ。ドレインパンチは火力はそれほどでもないが、命中安定で与えたダメージの半分のHPを回復できる点は優秀。

サブウェポンはストーンエッジいわなだれねこだましとんぼがえりアクロバットダブルチョップなどが上げられる。ねこだまし+とんぼがえりは特に有名なコンボ技として使われている。

特攻もそれほど低いわけではないので特殊アタッカーとして使うこともある。メインがはどうだんきあいだま、サブがくさむすびめざめるパワーとレパートリーは非常に少ないが、タマゴ技でさきどりを取得できるので場合によってはそれをカバーできることもある。

補助技はあまり採用されないが、可能であればビルドアップつるぎのまいみがわり、タマゴ技でのバトンタッチも候補。

ブラック2・ホワイト2でカムラのみなどHP1/4以下で能力が上がるきのみが解禁されたため、こらえるまたはHPを4n+1に調整した上でのみがわり+カムラのみ+きしかいせいといったコンボも使える。

特性は相手からの技の追加効果でひるまないせいしんりょくと、交代のときにHPを最大の1/3回復できるさいせいりょくの2種類だが、さいせいりょくの方がよく採用される。持ち物のいのちのたまきあいのタスキや技のとんぼがえりと非常に相性が良く、とびひざげりを外してダメージを受けたときのカバーにもなる。上記の補助技でもみがわりとバトンタッチのコンボとは相性が良い。

一方でせいしんりょくはねこだましを受けても行動できるようにはなる。一見地味だが、これはダブルバトルで重要で、相手のねこだましを恐れることなく行動できるという点が非常に優秀。伝説戦ではそのサポート性能を生かしミュウツーとコンビを組んだコジョツーは伝説戦ではあまりにも有名。耐久面が低いためきあいのタスキを持たせない限りエアスラッシュなどの弱点技に対抗できないことに注意しよう。また、メインウエポンについてもとびひざげりがまもるにより使い勝手が悪くなるのでけたぐりがよく使われる。

隠れ特性は反動でダメージを受ける技の威力が上がるすてみ。対象となるのはとびげりやとびひざげりのみだが、この特性で無い場合に倒せなかったポケモンが倒せることがあるので、採用の余地がある。この場合はこだわりハチマキで突破力をさらに向上させたり、こだわりスカーフで先手を取り一気に畳み掛ける戦法も有効。こうかくレンズで確実に当たるようにすることもできる。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。