ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスター ピカチュウ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ポケットモンスターピカチュウ
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 1998年9月12日
アメリカ 1999年10月19日
イギリス 2000年7月7日
ドイツ 2000年7月7日
その他
公式サイト

株式会社ポケモン
任天堂

ポケットモンスターピカチュウとは、任天堂が発売したポケットモンスターシリーズ第一世代のソフトのこと。アニメポケットモンスターの人気を受けて発売されたソフトである。略称を黄という。英語版での名前は「Pokémon Yellow」。

ゲームの詳細についてはポケットモンスター 赤・緑を参照のこと。

ハードなどのデータ

  • 型番:DMG-APSJ-JPN
  • 発売日:1998年9月12日
  • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
  • 新品価格:3,000円
  • 売上:316万本
  • ROM容量:8Mbit(1MB)

本作の特色・赤・緑・青バージョンとの違い

最初のポケモン
必ずピカチュウになる。ピカチュウはモンスターボールに入らずに主人公の後をついて歩き、振り向いてボタンを押すとそのときの機嫌に応じてさまざまな表情を示す。ハートゴールド・ソウルシルバーでもこのシステムが受け継がれている。パートナーのピカチュウはシリーズ本編では唯一の肉声で、アニメ版と同じく大谷育江の声を用いたものになっている(ポケモンスタジアム2と金銀でも大谷育江の声で鳴く)。ピカチュウが主人公の後をついてくるかどうかは、IDが一致するかどうかで判断するため、通信で入手した(別IDの)ピカチュウはついて来ない。また、ピカチュウにかみなりのいしをかざしライチュウ進化させることもできない(通信で入手したピカチュウには可)。別のカートリッジに通信に出せば進化させることは出来るが、戻したら主人公の後をついて来なくなる。金銀クリスタルバージョンに通信に出すと、でんきだまを所持している。なお、ライバルのポケモンは最初はイーブイとなっており、1,2回目の対戦結果によってシャワーズサンダースブースターのいずれかに進化する。
御三家の入手
アニメに従い、フシギダネヒトカゲゼニガメの3種のポケモンをシナリオ中で手に入れることができる。通信なしで該当世代での御三家を全て入手できるのは、本作が唯一である。
トレーナーの強化
ジムリーダー(特に後半)、四天王の繰り出すポケモンのレベル、覚えている技ともに大幅に強化されている。そのため赤緑青バージョンよりシナリオクリアの難易度が高い。また、トキワのもりなどに敵トレーナーが追加されていたり、他にも所持ポケモンなど一部変更がされている。
ムサシコジロウニャースの登場
アニメでお馴染みのキャラが登場。ロケット団関係のイベントの要所で何度か対戦することになる。3人の他にも、ポケモンセンターの職員がジョーイを模したキャラに変わっていたり(センター内にラッキーもいるが序盤ではなぜかほかの客が邪魔をして、ラッキーに話しかけられない)、ジュンサーを模した警官が数人登場したりと、アニメを元にしたキャラが登場している。
バグに関連した裏技の修正
赤・緑バージョンで見られたセレクトを押してのバグ発生の問題が修正されたため多くの裏技が不可能になり、いわゆる完全版となった。また、赤緑青バージョンでひんしのポケモンを先頭にしたときに、戦闘後の獲得経験値がそのポケモンにも配分(表示こそ瀕死ポケモンにも「けいけんちをもらった」となるが、実際にはもらえない、無意味な表記)されていた問題も本作以降修正された。
覚える技の変更
ピカチュウバタフリーなど一部のポケモンのレベルアップで覚えるわざが変更されている(次作の金・銀でのそれに近くなっている)。またリザードンそらをとぶを覚えさせることができるようになるなど、わざマシンが使用できるポケモンの種類が増加した(本作で覚えさせて赤緑青バージョンに通信させることも可能)。
新しい施設
19ばんすいどうの浜辺に小屋が立っており、なみのりを覚えたピカチュウを連れてくるとミニゲームで遊ぶことができる。
コロシアム2の追加
通信ケーブルを使用した本作同士での対戦では、通常のコロシアムに加えてコロシアム2が選べるようになった。コロシアム2にはニンテンドウカップイエローカップファンシーカップがあり、公式ルールに沿った対戦が可能である。これらの対戦ではふぶきでのこおり状態にする確率が従来の3割から1割に変更となり、ねむりのターンが短くなっている。また公式ルールとは若干異なり、以下のルールは適用されない。
ポケットプリンタへの対応
ポケットプリンタを使用して図鑑やボックスをプリントできるようになった。これは次作の金・銀・クリスタルにも受け継がれている。
図鑑データの変更
ポケモンのグラフィックがアニメ寄りなものに描き変えられている。また、図鑑の説明文も一新され、ポケモンピンボールに流用されたことを除けば以後に登場したものも含めどの作品とも異なるものになっている。

その他

  • 今作は世界一売れたRPG作品である(1464万本以上)。
  • CMにはニャースが出ていた。
  • 海外では金銀と同様にゲームボーイカラー共通ソフトとして売られていた。

関連項目