ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

サトシ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
このページではアニメポケットモンスターサトシについて解説しています。名前の候補にサトシがある主人公についてはレッドを参照してください。
サトシ
英語名 Ash Ketchum
出身地等 マサラタウン
年齢 10歳
職業 ポケモントレーナー
声優 松本梨香

サトシアニメポケットモンスターシリーズの登場人物の主人公。

概要

名前の由来はポケモンの生みの親田尻智から。この名前自体は、赤における主人公、及び緑におけるライバルの名前候補の一つとして、最初期からゲームに登場している。

英語圏などでの名前はAshだが、これはローマ字表記のSatoshiからつくられた名前である。

人物

ポケモンマスターを目指して、ピカチュウら仲間と共に色んな地方を冒険しているポケモントレーナー。正義感が強く熱い心の持ち主だが、やや調子に乗りやすい性格。気合を入れるときは、帽子を後ろ向きにする。

超人のような運動神経と怪力を持つ。そのためネット上ではレッドと並んで「スーパーマサラ人」というスラングがある。ただし、踊りに関しては苦手な模様。サンムーン編以降は、これまでのシリーズよりも身体能力を発揮するシーンが減り、たまにあってもこれまでのシリーズ程ではないような描写が多いが、あくまでもこれまでのシリーズよりは控えめに描かれてるだけで、今も運動神経は悪いということではない模様。

無印初期の頃はジムリーダーなどの目上の人物に対してタメ口で話したり挑発をするなど失礼な言動をとっていたが、オレンジ諸島編でカンナに負け、トレーナーとして大切な事を教わってからは敬語を使い、厳しい指摘も素直に受け入れるなど礼儀を心得るようになる。

上記の性格なのでよく異性(ポケモンも含む)に好意を抱かれる。例を挙げるとモエリラアオイベイリーフフルーララティアスなど。だが本人は恋愛事には鈍感どころか恋愛の概念を理解していないためか、何も気付かずに終わってしまう事が多い。この傾向は各シリーズのヒロインに対しても同様で、たまに喧嘩こそあれど、恋愛感情は持たない仲の良い友人的なポジションとなるケースが多い(ただしヒロイン達も、恋愛的な目でサトシを見ていないケースが殆どではある)。唯一の例外はセレナで、明確にサトシを意識しており、サトシ側も最終話でその気持ちを知った。

ただし初期の頃は、シリーズ途中に見られたような完全な無知ではなく、多少は理解していると見られるシーンも存在し、BW編の終盤頃からはこの点は徐々に改善されてきているためか、色恋沙汰で本来の実力を失っているミジュマルの状況を理解した上での行動を取りもするため、概念自体を理解していないという訳ではないようだ。SM編では、恋愛的な絡みが全くと言っていいほどないため、どの位理解しているのかは不明。

このような事から、一時期以外は他人事であれば多少は理解があると言えるが、自身のそれにはやはり疎く、XY編におけるセレナとのやりとりの中には、鈍感さでセレナを知らずのうちに振り回すことも多かった。とはいえ男としては完全なダメ人間という訳ではなく、振る舞いは天然でモテ要素を発揮するタイプのそれに近いと言える。

ポケモンをモンスターボールから出すときは「○○、きみにきめた!」、ポケモンやジムバッジをゲットした時は「○○、ゲットだぜ!」と言う。

ホウオウと何かと縁があり、何度も遭遇している。それ以外でも、各地で何かと伝説のポケモンと出くわす機会は多い。また、何故か波導アーロンと同じで、ほんの僅かながら波導を操る才能があった。

マサラタウンを旅立ち、その後、カントー地方オレンジ諸島ジョウト地方ホウエン地方バトルフロンティア(カントー地方)、シンオウ地方イッシュ地方、イーストイッシュ、白の遺跡、デコロラ諸島カロス地方の順に旅をして、現在はアローラ地方ポケモンスクールに通っている。

一人称は「オレ」。ハナコという母親がいる。また、小説や無印編第2話のハナコの台詞によると父親と祖父もいるらしいが詳細は不明。

XY編ではシトロン発明品に対し、「科学の力ってすげー!」と感心することも。これはゲームの主人公の出発地のNPCでもお馴染みの台詞である。

物語開始当初は、同時期に旅に出た4人の中でも最劣等生的な扱いであり、作中のモブキャラが、マサラタウンを旅立った他の3人はもっと強かった旨を述べていたり、カスミからは、バッジをお情けで貰ったと揶揄されるなど、そもそもトレーナーとして弱小の部類にいるような描写だった。しかし旅を通し、相手の戦略次第で戦況が大きく振り回されたりする描写が減り、人の使っていた戦術を取り入れて戦略の幅を広げる等成長している。AG編以降は第三者からの評価も高く、時には四天王やチャンピオン等からも優秀なトレーナーとして認められるケースが増えた。 ただしXY編のポケモンリーグでは、戦績こそこれまでの中で最優秀で、周囲からの評価もそれに恥じぬものではあったが、手持ちポケモンのタイプは、過去最も偏ってバランスが悪い(ドラゴンとひこうに集中気味だった)など、完璧なわけではない。

バトルスタイル

基本的に勢いで攻めるタイプ。全編通して相手のポケモンの特徴や技、フィールドを最大限に利用して戦う。また、誰も思い付かないようなことを瞬時に考え実行する柔軟な戦法を使う事も多い。だが、タイプ相性を考えずにポケモンを出したり(くさタイプのヤナップにみずタイプのミジュマルを出すなど)、何度も痛い目にあっている技や特性を忘れたり(くろいまなざしひらいしんなど)ポケモンの知識はあまり安定してない。

また、相手がかげぶんしんカウンターなどの防御系の技を使うポケモンとの対戦では相性が悪い(近年、そういった傾向は薄れつつある)。自身が扱う場合は、スピードのあるポケモンの扱いを得意とする反面、遅いパワータイプのポケモンの扱いが苦手なのか、そのようなポケモンでの戦績があまり良くない傾向がある(ただし例外もある)。

DP編でシンジのバトルを観戦してからは、ポケモンを頻繁に交代するなど、相手のバトルスタイルを吸収し自分の戦略の幅を広げており、XY編においてもティエルノが使ったリズム戦法を取り入れようと努力するなどの一面が見られる。ただしリズム戦法は、先述の通り踊りが苦手な為、教わった通りに体得することは出来なかった。

ユニフォーム

サトシが着ているユニフォームは、シリーズが変わるごとによって変更されている。

ポケモン

サトシは進化をポケモンに任せており、無理にさせようとはせず、たびたびライバルからもそのことを指摘される。各地方で必ずほのおみずノーマルひこう複合が多い。SM編では未捕獲)の各タイプのポケモンをゲットしている。御三家はBW編まではくさタイプの御三家はその地方の御三家をゲットしていた他、キングラーラプラスヘイガニコータスブイゼルハハコモリガマガルの7匹は例外だが他のタイプも御三家であることは多い。リザードンのように初期に言うことを聞かなかったものもいるが、どのポケモンも基本的にサトシによく懐いており、愛情表現で彼に攻撃することもよくある。ゲットされたほのおタイプのポケモンは、マグマラシ(ゲットされた当時はヒノアラシだが)とコータスとファイアローとニャヒート以外は、全て他のトレーナーに弱いからと見捨てられたポケモンであるという共通点がある。ハルカのポケモンとは対照的に、オスの割合が圧倒的にが多く、メスは少ない(ただし性別はゲットしてから分かることがほとんどで、サトシ自身が性別を考えてゲットすることはほぼ皆無である)。無印では出会ったポケモンを見つけるとすぐにゲットしようとする描写も見られた。

シリーズが新しくなるごとに、ピカチュウ以外の全ての手持ちポケモンをオーキド研究所に預けて旅立っている。アドバンスジェネレーション時代は、初心に帰りカメックス(最初のパートナー)1匹で新たにやり直すシゲルに影響されての事ではあるが、それ以降のシリーズにおけるこの理由は明らかにされていない。

BW編では7匹以上ゲットしているが、カントー編とは異なり捕まえてすぐにオーキド研究所へ送られる形ではなくモンスターボールが反応しなくなる(ボタンが赤く点灯する)形になっている。そのため7匹目以上はアララギ研究所に預けており、話によって手持ちと交代している。サトシがカントーに戻るに当たってアララギ研究所にいるポケモンは全てオーキド研究所へ送られ、そこからまた手持ちの交換をしていた。

サトシが今までゲットしたことがないタイプはエスパーゴーストゴーストをゲットしたかというのは曖昧なところがある)、フェアリー。ピカチュウはオーキド博士からもらったので、ゲットしたととらえなければ、でんきもゲットしたことはない。

手持ちポケモン

SM編第143話時点。

オーキド研究所のポケモン

カントー・オレンジ・ジョウト編

AG編

DP編

BW編

XY編

修行中のポケモン

諸事情で預けられているポケモン

迎え行く予定のポケモン

逃がしたポケモン

交換した、一時的に預かっていた等

ポケモン検定試験

ポケモンサマースクール

サトシのポケモン
手持ちピカチュウ - モクロー - ルガルガン - ガオガエン - メルメタル - アーゴヨン
オーキド研究所フシギダネ - キングラー - ベトベトン - ケンタロス - カビゴン - ヘラクロス - ベイリーフ - ワニノコ - オオスバメ - ジュカイン - ヘイガニ - コータス - オニゴーリ - マグマラシ - ヨルノズク - ドンファン - フカマル - ドダイトス - ゴウカザル - ブイゼル - ムクホーク - グライオン - ケンホロウ - ガマガル - ハハコモリ - ズルッグ - ガントル - ミジュマル - チャオブー - ツタージャ - リザードン - ワルビアル - ファイアロー - ルチャブル - オンバーン
修行中ゼニガメ - オコリザル
預けているゲッコウガ - ヌメルゴン
逃がしたバタフリー - ラプラス - ピジョット
一時的スピアー - ゴースト - ラッタ - ヨーギラス - エイパム - ソルガレオ -


戦績

そのほかの経歴

カップリング

全て非公式のものである点に注意。

ポケモンカードにおけるサトシ

備考

  • 大乱闘スマッシュブラザーズDXの「名前の登録」で「おまかせ」を選ぶと、「サトシ」となることがある。
  • 小説版のポケットモンスター The Animationではいじめられっ子であり、ポケモントレーナーになる少し前までは1人でポケモンと遊んでいたとなっている。
    • ただしポケットモンスター XYではセレナは幼少期にサトシに会っている為、アニメでも同じかは不明。とはいえセレナは、サマーキャンプのために一時的にカントーに居たに過ぎず、サトシの帰還を出迎えてくれるのも母親とオーキド博士程度で、他の誰からも迎え入れられている描写はないので、同様の設定である可能性は有り得る。
  • 電撃! ピカチュウではシゲルに対抗意識を燃やしていたことはアニメと変わらないが、家でいたずらをしていたピカチュウを捕まえて旅を始めている。また、シゲルの姉に憧れており、タケシ程ではないが綺麗なお姉さんが好きである。アニメとは異なりオレンジ諸島では1人で旅をしており、途中からカスミと行動を共にする。
  • ポケモンバトルえんぴつではおたすけ消しゴムとして登場。このときはゲームの男主人公の姿だった。

各言語版での声優

言語 声優
日本語 松本梨香
アラビア語 بثينة شيا (Buthaina Shia)
カタルーニャ語 Marta Covas
チェコ語 Radek Škvor (無印001-無印209, DP001-XY049, 映01-映04, 映11, 映17)
Jan Škvor (XY050-現在, 映18-映19)
Štěpán Krtička (映06-映07)
デンマーク語 Mathias Klenske
ドイツ語 Caroline Combrinck (無印001-無印157, DP105-XY140)
Veronika Neugebauer (無印158-DP104)
Felix Mayer (SM001-現在)
英語 Veronica Taylor (無印001-AG145, 映01-映08, A Sneak Peek at Pokémon, ミュウツー! 我ハココニ在リ)
Sarah Natochenny (AG146-現在, 映09-現在, 戦慄のミラージュポケモン再吹き替え)
Kayzie Rogers (戦慄のミラージュポケモン)
ギリシャ語 Βούλα Κώστα (Voula Kosta)
スペイン語 ラテンアメリカ Gabriel Ramos (無印001-DP090, DP105-DP157, 映01-映11)
Irwin Daayán (DP091-DP104)
Rommy Mendoza (幼少期, DP138)
Miguel Ángel Leal (DP158-現在, 映13-現在, 無印007再吹き替え)
Pablo Gandolfo (映06-映07 Argentinian dub)
Alan Fernando Velázquez (映12)
スペイン Adolfo Moreno
Rafael Alonso Naranjo Jr. (映03, ミュウツー! 我ハココニ在リ)
フィリピン語 Klariz Magboo
フィンランド語 Sari Moilanen (無印001-無印142, 映01-映04, 短編01-短編07, ミュウツー! 我ハココニ在リ)
Jami Kantola (映05-映07)
Hanna Leino (無印158-現在, 映10-現在, The Mastermind of Mirage Pokémon)
フランス語 カナダ Sébastien Reding (映01-映07)
フランス Aurélien Ringelheim
Charles Pestel (映04, 映07)
ヘブライ語 יהונתן מגון (Yonatan Magon)
דניאל מגון (Daniel Magon)
ヒンディー語 प्रसाद बर्वे (Prasad Barve, Cartoon Network吹き替え)
नचिकेट दिघे (Nachiket Dighe, Hungama吹き替え)
クロアチア語 Saša Buneta
Marko Torjanac
ハンガリー語 Balázs Szvetlov
Gergely Ungvári (AG編)
Csongor Szalay (DP編)
インドネシア語 Ahmad Zulkifli Lubis (無印001-AG192, DP004-BW編, 映02-映13, M16)
Kamal Nasuti (DP001-DP003)
Turie Sandos (XY編)
アイスランド語 Grímur Gíslason (映03)
Guðjón Davíð Karlsson (映05)
イタリア語 Davide Garbolino
韓国語 최덕희 (Choi Deok-Hui, 無印編, 映01-映02)
안현서 (An Hyeon-Seo, 映03-映05)
이선호 (Lee Seon-Ho, AG編-現在, 映06-現在, 映画再吹き替え)
オランダ語 Christa Lips
不明 (映05-映07)
ノルウェー語 Nils-Martin Crawfurd
ポーランド語 Hanna Kinder-Kiss (無印001-AG040, DP053-現在, 映画)
Grzegorz Drojewski (DP001-DP052)
ポルトガル語 ブラジル Fábio Lucindo (S01-S18, 映01-M18, Pokémon Chronicles, The Mastermind of Mirage Pokémon)
Gustavo Nader (映06)
Charles Emmanuel (S19-現在, M19-現在)
ポルトガル Maria João Luís (無印001-無印031, 無印033, 映01-映02)
Sandra Faleiro (無印032, 無印034-無印094)
Sandra de Castro (無印095-無印128, 無印158-無印209, AG093-AG177, DP001-DP052, Pokémon Live!)
Alexandra Sedas (無印129-無印157)
Cristina Carvalhal (映03-映04)
Bárbara Lourenço (無印210-AG040, Pokémon Chronicles)
Raquel Ferreira (AG041-AG092)
不明 (映07)
Ana Madureira (AG178-AG192)
Raquel Rosmaninho (DP053-現在, 映10-現在)
ルーマニア語 Cristina Serac (無印編)
Cristian Niculescu (DP編, SM編)
ロシア語 Анна Левченко Anna Levchenko (無印001-無印105)
Лариса Некипелова Larisa Nekipelova (DP105-現在)
スウェーデン語 Dick Eriksson
タイ語 ฉันทนา ธาราจันทร์ (Chanthana Tharachan)
ศันสนีย์ ติณห์กีรดิศ (Sansanee Tinkeeradit, DP054-現在)
トルコ語 Ahmet Taşar (無印001-XY101)
Kerem Kobanbay (XY102-S映043)
Sercan Gidişoğlu (映03)
Fatih Özkul (映06)
ベトナム語 Đặng Hoàng Khuyết
中国語 大陸 山新 (映19)
徐琳 (辽艺、無印001-無印052)
王小燕 (央视、DP001-DP027)
香港 盧素娟 (無印001-無印261(無綫)・映01-映03)
陳凱婷 (無印262-BW024・映10・映19)
黃玉娟 (BW025-XY140)
鄭家蕙 (SM001-)
吳小藝 (無印053-無印156(亞視、有線)、映04-映09、映11-映18)
陳安瑩 (アニメ初作(VCD/DVD))
台湾 賀世芳 (Hè Shìfāng, 無印001-無印104、無印209-無印260・ミュウツー! 我ハココニ在リ・短編02-短編06)
李明幸 (Li Míngxìng, 無印105-無印208)
汪世瑋 (Wāng Shìwěi, 無印261-、映04-映05、映07-)
林佑俽 (映01・映06・短編01)
王瑞芹 (映03・短編07)

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 サトシ 田尻智
ブルガリア語 Аш Кечъм (Ash Kechum) 英語に同じ
ドイツ語 Ash Ketchum 英語に同じ
英語 Ash Ketchum Satoshi、catch 'em(彼ら(ポケモン)を捕まえる)
スペイン語 Ash Ketchum 英語に同じ
フランス語 フランス Sacha Ketchum Ashより?
カナダ Ash Ketchum 英語に同じ
ヒンドゥー語 ऐश केच्चम (Ash Ketchum) 英語に同じ
インドネシア語 Ali(カントー編)
Satoshi(ジョウト編以降)
Satoshiは日本語の音写
アイスランド語 Ash Ketchum
Askur Ketchum
英語名より
イタリア語 Ash Ketchum 英語に同じ
リトアニア語 Ešas Kečiumas 英語から
マレー語 Ash Ketchum 英語に同じ
オランダ語 Ash Ketchum 英語に同じ
韓国語 한지우 (Han Jiu) 한(智)、지우(知友あるいは知遇)
ポルトガル語 Ash Ketchum 英語に同じ
ロシア語 Эш Кетчум (Esh Ketchum) 英語の音写
タイ語 ซาโตชิ (Satoshi) 日本語の音写
トルコ語 Ash Ketchum 英語に同じ
ウクライナ語 Еш (Esh) 英語名より
ベトナム語 Satoshi
Ash Ketchum(初期)
日本語,英語に同じ
中国語(ゲーム) 簡体字 小智 (Xiǎo Zhì) 小(名前の前に付けて親しみを表す;~くん)、田尻智
繁体字 小智 (Xiǎo Zhì)
中国語(その他) 大陸 小智 (Xiǎo Zhì)
香港 小智 (Síu Ji)
台湾 小智 (Xiǎo Zhì)

関連項目

  • レッド
  • サトコ - XY編以外の各シリーズで1回ずつ女装させられており、それぞれの概要をまとめてある。
  • サトチュウ - 無印編で魔法によりピカチュウになってしまった姿。
  • 闇サトシ - AG編でポケランティス王に乗っ取られたときの姿。
  • 鏡像のサトシ - XY編に登場。本物のサトシに反して気が弱い。
アニメポケモンリーグ出場者
セキエイ大会コーム - セイジ - シゲル - カオルコ - サトシ - ヨシキ - ヒロシ - サユリ
シロガネ大会サブロウ - ジュンイチ - モエ - サトシ - シゲル - ハヅキ - トシヤ
サイユウ大会ジャンプ - ユリコ - ゲンキ - ガロン - トモノ - ヒュウガ - ジオンビ - サトシ - マサムネ - カエデ - テツヤ
スズラン大会サトシ - シンジ - ジュン - ナオシ - コウヘイ - タクト
ヒガキ大会サトシ - シューティー - ベル - ケニヤン - コテツ - バージル - イモタロー - ラウル - ウルティモ - ケンオー - ミカエル - ディーノ
ミアレ大会サトシ - アラン - ショータ - ルイ - アヤカ - ティエルノ - トロバ - トモ
マナーロ大会サトシ - ヒロキ - カヒリ - プルメリ - タッパ - ジップ - ラップ - ピカーラ - オルオル - マッドブーバー - ミスターエレク - ザオボー - イリマ - ナリヤ・オーキド - マオ - ムサジーナ - リーリエ - アセロラ - マツリカ - デコジロー - ハウ - スイレン - マーマネ - カキ - グラジオ - グズマ