第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

ロックカット

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ロックカット
第四世代
タイプ いわ
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 20
範囲 自分
直接攻撃 ×
効果
自分のすばやさを2段階上げる。
わざマシン わざマシン69
アピールタイプ たくましさ
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
次のターンの順番が最初になる。

ロックカットは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第四世代第五世代:からだを みがいて くうきの ていこうを すくなくする。すばやさを ぐーんと あげることが できる。
  • 第五世代(漢字):自分の 体を 磨いて 空気の 抵抗を 少なくする。素早さを ぐーんと あげることが できる。

コンテストわざ

  • 第四世代:つぎの ターンで さいしょに えんぎを することが できる。

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ・タマゴわざ

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
DPt/HGSS BW B2W2 XY ORAS 4 5 6
イシツブテ Lv8 Lv8 Lv8 Lv6 × × ×
ゴローン Lv1
Lv8
Lv1
Lv8
Lv1
Lv8
Lv1
Lv6
- - -
ゴローニャ Lv1
Lv8
Lv1
Lv8
Lv1
Lv8
Lv1
Lv6
- - -
イワーク Lv30 Lv30 Lv19 Lv19 × × ×
ハガネール Lv30 × × - - -
ルナトーン Lv20 Lv20 Lv13 Lv13 Lv9 × × ×
ソルロック Lv20 Lv20 Lv13 Lv13 Lv9 × × ×
イシズマイ - Lv19 Lv19 - × ×
イワパレス - Lv19 Lv19 - - -
カメテテ - - Lv24 - - ×
ガメノデス - - Lv24 - - -
チゴラス - - × - -

わざマシン

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS
イシツブテ
ゴローン
ゴローニャ
イワーク
サイホーン
サイドン
オムナイト
オムスター
カブト
カブトプス
プテラ
ミュウ
ウソッキー
フォレトス
グライガー
ハガネール
ツボツボ
マグカルゴ
サニーゴ
ドンファン
ヨーギラス
サナギラス
バンギラス
ノズパス
ココドラ
コドラ
ボスゴドラ
バクーダ
ルナトーン
ソルロック
ヤジロン
ネンドール
リリーラ
ユレイドル
アノプス
アーマルド
ジーランス
メタング
メタグロス
レジロック
レジアイス
レジスチル
グラードン
ドダイトス
ズガイドス
ラムパルド
タテトプス
トリデプス
ドーミラー
ドータクン
ウソハチ
ドサイドン
グライオン
ダイノーズ
レジギガス
ダンゴロ -
ガントル -
ギガイアス -
イシズマイ -
イワパレス -
プロトーガ -
アバゴーラ -
アーケン -
アーケオス -
ダストダス -
テッシード -
ナットレイ -
ギアル -
ギギアル -
ギギギアル -
ゴビット -
ゴルーグ -
コマタナ -
キリキザン -
アイアント -
コバルオン -
テラキオン -
ランドロス -
ゲノセクト -
カメテテ - -
ガメノデス - -
チゴラス - -
ガチゴラス - -
アマルス - -
アマルルガ - -
メレシー - -
カチコール - -
クレベース - -
ディアンシー - -

こんなときに使おう

自身のすばやさを上げるへんかわざこうそくいどうの同位種。

効果の通りすばやさを上げたいアタッカーには使用される。こうそくいどうと同位種とはいえ同時に習得できるポケモンはほとんどおらず、こちらは主にすばやさの遅いいわタイプ・はがねタイプ・じめんタイプを中心に覚えることが出来る。

すばやさの低いポケモンでもある程度すばやさを調整しこのわざを使うことで意外な相手を抜かすことが出来るため、すばやさやタイプの影響により評価の低かったポケモン、特にいわタイプやじめんタイプの価値をある程度持ち上げた技といっていいだろう。特にすばやさを徹底的に上げたゴローニャドサイドンが使うとサンダースプテラクロバットクラスのすばやさ(俗に言う130族)を上回るのはよく知られている(ドサイドンはレベル50戦の場合のみに限られる)。

第五世代では類似技としてボディパージが登場したが、同時に覚えるポケモンはくさむすびけたぐりが弱点となることが多く、おもさが半分になった恩恵を受けにくいため、ロックカットで充分である。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるロックカット

自分のいどうそくどを2段階上げる。こうそくいどうと違いこちらは本家の仕様と同じ。

いわタイプやはがねタイプならほぼ誰でもわざマシンで覚えられ、PPも多く強力な技。

敵では主にじげんのとうソルロックルナトーンが使用してくる。この技のおかげでこうそくいどうを多用するポリゴンに劣らぬ厄介なポケモンと化している。

備考

関連項目