第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

すばやさ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

すばやさは、ポケモンのステータスの1つ。高いほど先に攻撃できる(同じ優先度わざを使った場合)。

概要

すばやさは能力値の中でも特殊なものである。ほかの能力値はダメージ計算にてランダム化がかかるので1の違いはそれほど大きくなることはない(とはいえHPの4n+1振りなどセオリーはある)のだが、このすばやさはランダム化がないため、1違うだけで先攻と後攻が決定する。したがって1の違いが攻撃回数を左右してしまうことにもなりかねない。そのため○○抜きなどのすばやさパターン集も出回っている。逆に、すばやさが低いポケモンではすばやさを最遅にしてトリックルームを狙うという戦略もある。また、優先度はすばやさに優先するので、すばやさにこだわらず優先度の高い技を持つという戦略もある。

計算方法

((種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5)×せいかく補正
すばやさが上がりやすいせいかく (1.1倍)
おくびょう・せっかち・ようき・むじゃき
すばやさが上がりにくいせいかく (0.9倍)
ゆうかん・のんき・れいせい・なまいき

種族値としてのすばやさ

世代別最大値・最小値

最大 最小
ポケモン ポケモン
第一世代 マルマイン 140 ヤドン 15
第二世代 マルマイン 140 ツボツボ 5
第三世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ 5
第四世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第五世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第六世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第七世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
ナマコブシ
5

タイプ別最大値

  • 第七世代において、タイプ別ですばやさの種族値が最高のポケモンは次のとおり。ただし、アルセウスはノーマルタイプとしている。また、伝説のポケモンの欄には、メガシンカポケモンを除く。太字はそのタイプで最も高い値。
タイプ 通常のポケモン メガシンカポケモン 伝説のポケモン
ノーマル オオスバメ 125 メガミミロップ 135 メロエッタ
(ステップフォルム)
128
ほのお ファイアロー 126 メガヘルガー 115 エンテイ
ビクティニ
100
みず ゲッコウガ 122 メガサメハダー 105 ケルディオ 108
でんき マルマイン 150 メガライボルト 135 カプ・コケコ 130
くさ ジュカイン 120 メガジュカイン 145 シェイミ
(スカイフォルム)
127
こおり マニューラ 125 メガオニゴーリ 100 キュレム 95
かくとう ルチャブル 118 メガミミロップ 135 フェローチェ 151
どく クロバット 130 メガスピアー 145 ウツロイド 103
じめん ダグトリオ 120 メガガブリアス 92 ランドロス
(けしんフォルム)
101
ひこう テッカニン 160 メガプテラ 150 シェイミ
(スカイフォルム)
127
エスパー フーディン 120 メガフーディン 150 デオキシス
(スピードフォルム)
180
むし テッカニン 160 メガスピアー 145 フェローチェ 151
いわ プテラ 130 メガプテラ 150 テラキオン 108
ゴースト ゲンガー 110 メガゲンガー 130 マーシャドー 125
ドラゴン オンバーン 123 メガジュカイン 145 ラティアス
ラティオス
110
あく マニューラ 125 メガヘルガー
メガアブソル
115 ダークライ 125
はがね アイアント 109 メガルカリオ 112 カミツルギ 109
フェアリー アブリボン 124 メガディアンシー 110 カプ・コケコ 130

※フォルムチェンジを入れた場合、サトシゲッコウガの132が最高値である。

努力値としてのすばやさ

上昇方法

戦闘中

ランク補正

その他補正

努力値

下降方法

戦闘中

ランク補正

その他補正

努力値

備考

  • すばやさの値が同じだった場合、どちらかがランダムで先攻になる。
  • ターン中にすばやさの値を変更した場合、その次のターンからそのすばやさが適用され、そのターンでは変更前のすばやさに従って行動する。
  • せんせいのツメイバンのみの効果が発動した場合、素早さに関わらず最も早く行動できる(優先度は適用される)。
  • 道具や特性などによる補正の掛かった状態で自分と相手が完全に同速、かつ同じ優先度の技を使った場合、行動順はランダムになる。
  • 特性あとだしのポケモンやこうこうのしっぽまんぷくおこうを持たせた場合、素早さやトリックルーム状態に関わらず最も遅く行動する(優先度は適用される)。
  • すばやさ種族値が130のポケモンを130族と呼ぶ。
  • 全ポケモンの種族値平均は66、最終進化形のみに限ると78である。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるすばやさ

ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは移動速度のランク補正はあるもののマグナゲートと∞迷宮まですばやさは存在せず、行動の順序はリーダー→仲間 (チーム編成の並び順で)、最後に敵ポケモン (出現順) となっている。そのため、ポケットモンスターシリーズですばやさのランク補正を変化させるわざは移動速度を変化させるわざに変更されている。

ポケモン超不思議のダンジョンでは、すばやさは命中率に影響を与え、すばやさが高いほどわざの命中率が上がる。そのためすばやさの低いストーリー序盤ではわざが当たりにくい。

関連項目