ポケモンWiki開設10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画として第1回執筆コンテストを実施予定です。

ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

へんしん

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
へんしん
第一世代
タイプ ノーマル
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
パレス ずるい
効果
相手のポケモンに変身する。(へんしん状態となり、姿・タイプ・わざなどをコピーする)
判定
アピールタイプ かしこさ
アピール(RSE) ♡♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
連続使用できる。
アピール(DP)
アピール効果(DP)
自分の評価が1番低かった場合、ハートが3つ追加される。

へんしんは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:つづけて だしても しんさいんに あきられずに アピール できる
  • 第四世代:じぶんの ポケモンの ひょうかが いちばん ひくいと +3される。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
緑赤青ピ 金銀ク
メタモン Lv1 Lv1
ミュウ Lv10 Lv10

第三世代以降

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS
メタモン Lv1 Lv1 Lv1 Lv1
ミュウ Lv10 Lv1 Lv1 Lv1

ドーブルスケッチ第三世代ではルビー・サファイアのみ。また、世代に関わらずこの技を覚えさせるには特殊な手順が必要となる。詳しくはスケッチを参照)

対戦

そもそも相手への依存度が高く、通常のルールではメタモンドーブル専用となる上、メタモンには隠れ特性のかわりものがあるためへんしんは殆ど使われない。HPは変化しないためツボツボヌケニンのようなポケモンに変身できればコピー元以上の耐久力を得られるが、PPの制約から使いにくい。

ダブルバトルトリプルバトルでは味方のポケモンに変身することもできるため、最速にしてスピードパウダーを持たせて先制で味方のひこうタイプふゆうのポケモンに変身すれば、味方のじしんを受けなくて済むようになるなどの使い方が挙げられる。ただしこの場合、戦闘に出ているポケモンのタイプが味方のものと被ってしまうため、やはり有効な手段とは言いがたい。

ドーブルに覚えさせた場合、第五世代以降ならふういんを使ってから変身することで交代以外の行動を全て封じる事ができる。相手が最後の1体の時にこれが決まれば、わるあがきの反動ダメージにより、そこから4ターン耐えしのげば勝利となる。

ポケモンカードゲームにおけるへんしん

「バトル場にいる限り、相手の対戦ポケモンと同じカードとしてあつかう」という効果のポケボディーとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるへんしん

フロアにいる敵ポケモンのどれかに変身する。本編と異なり使用しても姿が変わるだけで能力は変わらない。PPは1のみ。

アニメにおけるへんしん

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
メタモン 体が光り、相手に変身する。
イミテ 無印編第37話 わざの初出
ユウジ 無印編第111話
イミテ 無印編第174話
バンナイ AG編第83話
野生 ピカチュウのおばけカーニバル
マキナ(メタモン1号) DP編第173話
マキナ(メタモン2号) DP編第173話
ミュウ 体が光り、相手に変身する。
野生 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ

備考

関連項目