ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

エレキボール

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
エレキボール
第五世代
タイプ でんき
分類 特殊
威力 不定
命中率 100
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
相手より素早さが速いほどダメージが大きい。

自分の素早さが相手の素早さの
1倍未満・・・威力40
1倍以上2倍未満・・・威力60
2倍以上3倍未満・・・威力80
3倍以上4倍未満・・・威力120
4倍以上・・・威力150

判定

エレキボールは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第五世代第六世代:でんきの かたまりを あいてに ぶつける。あいてより すばやさが はやいほど いりょくが あがる。
  • 第五世代第六世代(漢字):電気の 塊を 相手に ぶつける。相手より 素早さが 速いほど 威力が あがる。

コンテストわざ

  • 第六世代:1ばん はじめに アピールすると かいじょうが とても もりあがる
  • 第六世代(漢字):1番はじめに アピールすると 会場が とても 盛り上がる

使用ポケモン : 覚える方法

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
BW BW2 5
ピカチュウ Lv18 -
ライチュウ 進化による継続 -
コイル Lv27 Lv32 ×
レアコイル Lv27 Lv34 -
ビリリダマ Lv29 ×
マルマイン Lv29 -
エレブー Lv32 Lv22 -
チョンチー Lv28 ×
ランターン Lv30 -
メリープ Lv28 Lv22 ×
モココ Lv31 Lv25 -
デンリュウ Lv33 Lv25 -
エレキッド Lv31 Lv22 ×
ラクライ ×
ライボルト × 進化による継続
プラスル Lv29 ×
マイナン Lv29 ×
パチリス Lv25 ×
ジバコイル Lv27 Lv34 -
エレキブル Lv32 Lv22 -
ロトム Lv43 -
エモンガ Lv26 ×
バチュル Lv29 ×
デンチュラ Lv29 -

特別なわざ

対戦

  • 素早さに依存するため、こだわりスカーフやその他素早さに対するランク補正の他、まひによって威力が変わる。
  • ジャイロボールと違って有効活用出来る場面が少ない。
    • 10まんボルトの存在を考えると威力80では物足りず威力100でも大差無いので威力120以上を出したいところだが、臆病最速のマルマイン(Lv50で素早さ実数値211)で威力120を出すには相手の素早さが70以下である必要がある。素早さ実数値70というのはLv50なら素早さ種族値50のポケモンの素早さ無振り性格補正無し、または素早さ種族値71程度のポケモンの最遅調整のクラスであり、基本的にトリパ相手でもない限りはこのような条件が整うことは無いと言って良いレベルである。
    • マルマインより素早さが低いポケモンでエレキボールを撃つ場合や、上記よりも素早さ種族値の高いポケモン相手の場合は、そのままではどうやっても10まんボルトの威力を超えられないので、こだわりスカーフやこうそくいどう、または相手をまひにさせる等の下準備が必要になる。
    • しかし元々素早いポケモンにこだわりスカーフを持たせたりこうそくいどうさせたりしても完全に素早さ過剰であり、ジャイロボールに対するのろいとは違い、エレキボールの威力増強のためだけにしかならない。しかもそこまでしても、威力120を出せるのは素早さ種族値85の努力値無振りクラス相手が限界である。
    • でんじは等を用いてまひさせるにしても、まひ自体は有用な状態異常ではあるが、麻痺させた相手を倒すと終わってしまうため、相手が次のポケモンを出すたびに麻痺を撒きなおさなければならない。そんな事をしている暇があるなら10まんボルトを2回撃つ方が確実かつ早いため、わざわざエレキボールを撃って得する場面というのが殆ど無いのが現状である。
    • バチュルの進化系はエレキネットとのコンボが可能であるが、実用性は薄い。

ポケモンカードゲームにおけるエレキボール

特別な効果のない攻撃ワザとして登場。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるエレキボール

正面の敵を攻撃。角を通り抜ける。

マグナゲートでは自分の移動速度が相手より速い場合、超不思議ではすばやさが相手より速い場合、威力が上がる。

アニメにおけるエレキボール

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
デンチュラ 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
野生 BW編第19話 わざの初出
ピカチュウ 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
サトシ BW編第20話
エモンガ 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
カミツレ BW編第50話
レアコイル 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
ベルモンド XY編第66話
ジバコイル 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
ベルモンド XY編第66話
ペロリーム 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
ショータ XY編第75話 通常は覚えられない
ロトム 球体状に圧縮させた電気の塊を飛ばす。
ヨルトン XY編第81話

備考

  • 10まんボルトかみなりなどとは違い、相手をまひさせる追加効果はない。
  • 当初はジャイロボールの計算式を逆にしたものと考えられていたが、後の検証により独自の計算式である事が判明した。

関連項目