Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ポケットモンスター 赤・緑

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケットモンスター赤・緑
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 1996年2月27日
2016年2月27日(VC)
アメリカ 1998年9月28日
2016年2月27日(VC)
イギリス 1999年8月8日
2016年2月27日(VC)
ドイツ 1999年8月8日
2016年2月27日(VC)
オーストラリア 1998年10月1日
2016年2月27日(VC)
公式サイト

pokemon.co.jp
nintendo.co.jp
pokemon.co.jp(VC)

Pokémon.com

ポケットモンスター 赤( - あか・みどり)とは、任天堂が発売したポケットモンスターシリーズ第一世代のゲームソフトのこと。また、同一世代のゲームソフトとして、ポケットモンスター 青ポケットモンスター ピカチュウがある。

概要

最初に製作されたポケットモンスターである。英語版の名前は「Pokémon Red/Blue[1]通信ケーブルを使った対戦という旧来の要素だけではなく、交換という要素をとりいれ、当時時代遅れになりつつあったゲームボーイ[2]を復活させた。当初ポケモンは150種類といわれていたが、実際にはゲーム中通常のプレイでは入手できずイベント配布によって手に入れられるミュウを含めて151種であった。バグが多いのも特徴で、それを利用した裏技も多数知られている。

パッケージには赤がリザードン、緑がフシギバナがそれぞれ描かれている。タイトル画面では主人公が指差ししており、その横で各ポケモンが次々に入れ替わっていく。最初に登場するポケモンは赤がヒトカゲ、緑がフシギダネである。スタートボタンを押した際に、登場していたポケモンが鳴き声を上げる。

リメイクされたバージョンはファイアレッド・リーフグリーンである。リメイク版は以降の作品から加わった要素(ポケモンの持ち物やとくせいなど)や新マップ・ナナシマが追加されているほか、ポケモンの出現率等が変わっている。

ポケットモンスター X・Yの発売を記念してこの作品を元にしたアニメ『ポケットモンスター THE ORIGIN』が2013年10月2日の19時から放送された。現在はTSUTAYAでDVDのレンタルも始まっている。

2016年2月27日にはニンテンドー3DSバーチャルコンソールとして配信開始。価格は1200円。マグネットやシールが付属した特別版ダウンロードカード、ニンテンドー2DS本体とセットになった限定版も発売。

ゲームシステム

本作は、ポケットモンスターシリーズの第一作である。ゲームシステムは本作品で大部分が完成しており、以後の作品もこれに従っている。

ハードなどのデータ

    • 型番:DMG-APAJ-JPN
    • 発売日:1996年2月27日
    • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
    • 新品価格:3,900円+税(発売日当時税込4,017円)
    • 売上:418万本
    • ROM容量:4Mbit(512KB)海外版は8Mbit(1MB)であることが多い
    • 型番:DMG-APBJ-JPN
    • 発売日:1996年2月27日
    • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
    • 新品価格:3,900円+税(発売日当時税込4,017円)
    • 売上:404万本
    • ROM容量:4Mbit(512KB)海外版は8Mbit(1MB)であることが多い

(赤はゲームボーイ史上売上第3位、緑は第4位)

スタッフ

  • ディレクター
  • プログラム
  • キャラクターデザイン
  • 音楽
    • ますだ じゅんいち(増田順一)
  • サウンドエフェクト
    • ますだ じゅんいち(増田順一)
  • ゲームデザイン
    • たじり さとし(田尻智)
  • モンスターデザイン
    • すぎもり けん(杉森建)、にしだ あつこ(西田敦子)、ふじわら もとふみ(藤原基史)、もりもと しげき(森本茂樹)
  • シナリオ
    • たじり さとし(田尻智)、たにぐち りょうすけ、ののむら ふみひろ(野々村文宏)、じんない ひろゆき(陣内弘之
  • パラメータ設定
  • マップデザイン
    • たじり さとし(田尻智)、にしの こうじ(西野弘二)、まつしま けんじ(松島賢二)、ののむら ふみひろ(野々村文宏)、たにぐち りょうすけ
  • デバッグプレイ
    • かけい あきよし、つちや かづき、なかむら たけお、ゆだ まさみつ
  • スペシャル・サンクス
    • ひしだ たつや(菱田達也)、さかい やすひろ(酒井康裕)、やまぐち わたる(山口亘)、やまもと かずゆき(山本和之)、とみさわ あきひと(とみさわ昭仁)、かわもと ひろし
  • プロデューサー
    • みやもと しげる(宮本茂)、かわぐち たかし(川口孝司)、いしはら つねかず(石原恒和
  • エグゼクティブプロデューサー

他の世代との違い

  • 野生戦・トレーナー戦のどちらとも敵ポケモンが使うわざのPPに対して減算処理が行われておらず、あらゆる技を無限に繰り出してくる。
  • 他の作品には移動したり向きを変えたりして勝負を仕掛けてくるトレーナーもいるが、第一世代では全員一方向を向いて待ち構えている。勝負後向きを変えるトレーナーはいる。
  • バグが多く、それを利用して一気にポケモンのレベルを100にしたり、通常ショップでは購入できないふしぎなアメマスターボールが購入できるようになるなどの裏技が多数存在する。
    • 裏技については、任天堂のサイトに注意書きがある[3]
  • どうぐをたいせつなものわざマシンも含めて20個までしか持てない。
  • 野生ポケモンを捕まえる際に現在のボックスが一杯だとボールを投げられず、捕まえられないので、手動でボックス変更の必要がある(第二世代も同様だが、マサキをポケギアの電話に登録しておけばボックスの状況を確認できる)。
  • 再戦できるトレーナーが四天王とチャンピオンしかいない。
  • 相性第二世代以降と一部異なる。また相性の倍率計算した結果が等倍になるとき(例:くさ・どくタイプを持つポケモンがどくタイプのわざを受けたとき)でも「こうかはばつぐん」や「こうかはいまひとつ」とどちらか一方が表示される。
  • 追加効果の発動率が第二世代以降とは異なっていることが多い。
  • 育て屋ひでんわざを覚えたポケモンを預けられない。
  • わざわすれオヤジが存在しないため、ひでんわざを忘れさせることができない。忘れさせるためには裏技を使うか第二世代のソフトに送る必要がある。
  • ポケモンをボックスに預けても、HPやPP、状態異常が回復しない。
  • 自転車に乗っている間はエリアを移動してもBGMが変わらない。他の世代とは異なりゲート内は室内扱いであり自転車に乗ることができない。
  • リメイク作品であるファイアレッド・リーフグリーンをのぞき、ポケモンリーグ挑戦前のジムバッジの確認が個別で行われ、計8回確認される。
  • データ上のポケモンの並び順が図鑑番号と一致していない。
  • 相手から同タイプのわざを受けても、追加効果で状態異常にならない(例:ノーマルタイプのポケモンがのしかかりの追加効果でまひしない)。
  • 一般トレーナーに名前が付いておらず、肩書きのみになっている。ライバルやジムリーダー、四天王などの特別なトレーナーの肩書きは表示されない。
  • 捕捉率がポケモンの個体ごとに記録されている。
  • レベルが2以上上がる場合は一度に一気に最大まで上がるが、レベルアップで技を覚える際、覚えるレベルを通りすぎたら、その技を覚えない。

備考

  • ローカライズ担当のアメリカ人スタッフは、可愛いすぎてアメリカでは売れないと判断し、劇団四季の「キャッツ」のような造形にポケモンたちを変えようと提案するが、石原恒和は拒否した。[4]
  • 今作は当時据え置き機に押されて売り上げが落ち込んでいたゲームボーイを復活させたといわれている。
    • 当時はあまり流通していなかった通信ケーブルも一気にメジャーとなった。
  • 赤・緑というカラーはマリオとルイージの帽子と服装の色にちなんでつけられたとも言われている。
  • このソフトとでは、オーキドはかせおとどけものを渡す前に御三家を進化させると、おとどけものを渡す前にもかかわらず渡した後のセリフが流れるバグがあり、リセットを余儀なくされる。このバグについて公式な対処はなかった。

脚注

  1. redが赤に、blueが緑に対応するが、どちらも「青」に準拠したものである。
  2. 携帯型ゲーム機というジャンル自体とも言われている。
  3. http://www.nintendo.co.jp/n02/dmg/pm_list/onegai.html
  4. http://www.nintendo.co.jp/nom/0007/taidan1/page03.html

関連項目

リメイク

関連CD

外部リンク