第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

エモンガ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
エモンガ
Emonga
英語名 Emolga
全国図鑑 #587
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #093
新イッシュ図鑑 #144
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #086
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #274
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #089
分類 モモンガポケモン
タイプ でんき
ひこう
たかさ 0.4m
おもさ 5.0kg
とくせい せいでんき
隠れ特性 でんきエンジン
タマゴグループ りくじょう
タマゴの歩数 5355歩
(サイクル 数:21)
獲得努力値 すばやさ+2
基礎経験値 第五世代:150
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 200
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑
  • ポケモン徹底攻略

エモンガとはぜんこくずかんのNo.587のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

  • エモンガ

ポケモンずかんの説明文

ブラックYアルファサファイア
ほほの でんきぶくろで つくった でんきを まくの うちがわに ためて かっくう しながら でんきを はなつ。
(漢字) ほほの 電気袋で 作った 電気を 膜の 内側に ためて 滑空 しながら 電気を 放つ。
ホワイトXオメガルビー
もりの きのうえで くらす。マントのような まくの うちがわを ほうでん させながら かっくうする。
(漢字) 森の 木の上で 暮らす。マントのような 膜の 内側を 放電 させながら 滑空する。
ブラック2・ホワイト2
まくを ひろげて そらを とびつつ ほほの でんきぶくろに ためこんだ でんきで あいてを かんでんさせる。
(漢字) 膜を 広げて 空を 飛びつつ ほほの 電気袋に ためこんだ 電気で 相手を 感電させる。
サン
マントのような まくで かっくう。 でんきを まきちらして てきも みかたも かんでん させまくる。
(漢字) マントのような 膜で 滑空。 電気を まき散らして 敵も 味方も 感電 させまくる。
ムーン
(漢字)

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 55
 
115 - 162 220 - 314
こうげき: 75
 
72 - 139 139 - 273
ぼうぎょ: 60
 
58 - 123 112 - 240
とくこう: 75
 
72 - 139 139 - 273
とくぼう: 60
 
58 - 123 112 - 240
すばやさ: 103
 
97 - 170 189 - 335
合計 428
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいでんきエンジンでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいでんきエンジンでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

エモンガ/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
Lv わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 でんきショック でんき 特殊 40 100% 30
4 でんこうせっか ノーマル 物理 40 100% 30
7 しっぽをふる ノーマル 変化 - 100% 30
10 じゅうでん でんき 変化 - -% 20
13 スパーク でんき 物理 65 100% 20
15 ほっぺすりすり でんき 物理 20 100% 20
16 おいうち あく 物理 40 100% 20
19 かげぶんしん ノーマル 変化 - -% 15
22 でんげきは でんき 特殊 60 -% 20
26 エレキボール でんき 特殊 - 100% 10
30 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
34 ひかりのかべ エスパー 変化 - -% 30
38 アンコール ノーマル 変化 - 100% 5
42 ボルトチェンジ でんき 特殊 70 100% 20
46 こうそくいどう エスパー 変化 - -% 30
50 ほうでん でんき 特殊 80 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 - 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 - 100% 20
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 - -% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 - -% 5
わざマシン19 はねやすめ ひこう 変化 - -% 10
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 - 100% 20
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 - 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 - -% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 -% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 - -% 10
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン56 なげつける あく 物理 - 100% 10
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン62 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
わざマシン72 ボルトチェンジ でんき 特殊 70 100% 20
わざマシン73 でんじは でんき 変化 - 90% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 - 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン89 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン93 ワイルドボルト でんき 物理 90 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 - -% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
はねやすめ ひこう 変化 - -% 10
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15
おどろかす ゴースト 物理 30 100% 15
エアスラッシュ ひこう 特殊 75 95% 15
でんげきは でんき 特殊 60 -% 20
あまえる フェアリー 変化 - 100% 20
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25
くすぐる ノーマル 変化 - 100% 20
バトンタッチ ノーマル 変化 - -% 40
プラズマシャワー でんき 変化 - -% 25
スピードスワップ エスパー 変化 - -% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W Lv.20 5ばんどうろ(揺れる草むら) Lv.30 7ばんどうろガントル通信交換する。
Lv.23~25 6ばんどうろ(揺れる草むら)
(春~秋)Lv.27
(冬)Lv.27~29
7ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.32 9ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.34 10ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.48 11ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.48 12ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.47~50 13ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.48 14ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.48 15ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.20 16ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.31 リュウラセンのとう(揺れる草むら)
Lv.48 ビレッジブリッジ(揺れる草むら)
Lv.48 ジャイアントホール(入口)(揺れる草むら)
Lv.48 ほうじょうのやしろ(揺れる草むら)
Lv.20 まよいのもり(揺れる草むら)
B2・W2 Lv.22 5ばんどうろ(揺れる草むら) Lv.10 ゆめしまひらけた空
Lv.25 6ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.31 7ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.38 9ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.37 11ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.36 12ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.35 13ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.34 14ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.55 15ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.22 16ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.40 22ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.49 23ばんどうろ(揺れる草むら)
Lv.56 リュウラセンのとう(揺れる草むら)
Lv.37 ビレッジブリッジ(揺れる草むら)
Lv.34 ほうじょうのやしろ(揺れる草むら)
Lv.21 まよいのもり(揺れる草むら)
バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
X・Y Lv.19~21 10ばんどうろ草むら、黄色い花畑) Lv.30 フレンドサファリ(でんき)

持っているアイテム

第五世代

B・W
クラボのみ (100%)
B2・W2
クラボのみ (100%)

備考

アニメにおけるエモンガ

マンガにおけるエモンガ

ポケットモンスターB・W グッドパートナーズにおけるエモンガ

  • 主人公・マシロが常に連れ歩いているポケモン。

ポケモンカードにおけるエモンガ

一般的な育成論

うまく相性を補完しあう優秀な組み合わせのタイプを持つが、同じタイプに準伝説級ポケモンが2匹もおり、素早さ以外の全ての種族値で劣ってしまっている(ボルトロスに対しては素早さすら負けている)。アタッカーとしての火力はもちろん、一般的なサポート型にしても特性いたずらごころを持つボルトロスの陰に隠れてしまいがちなので、差別化は必須と言える。

同タイプの他のポケモンが覚えない技としてはアクロバットエアスラッシュスピンロトムは覚える)、アンコールなどがある。特にアンコールは補助型としては重要な技であり、ガブリアスよりも高い素早さから繰り出されるアンコールは強力。

先述の通りガブリアスよりも素早い事を活用するため、性格はすばやさが上昇するもののいずれかで、素早さに努力値252振りはほぼ確定。 残りの努力値は攻撃か特攻のどちらかに振り切ることになるが、エモンガにおいてはどちらでもあまり大差は無い。

  • 攻撃に振る場合はタイプ一致技はアクロバットとワイルドボルトになるが、HPが低いエモンガにとってワイルドボルトの反動は痛い。ただしアクロバットはひこうのジュエルを併用すれば意表を突く火力を瞬間的ではあるが得られる。また、後述のとんぼがえりを使う際のダメージが僅かながら期待出来ると言う利点もある。
  • 特攻に振る場合は10まんボルトやエアスラッシュが中心になる。どちらも安定して優秀な技であり、命中率を度外視するならばかみなりの採用で更なる火力を望む事も出来る。まためざめるパワーによって受けに来たじめんタイプのポケモンなどに対処する事も可能になる。

補助を主体とするエモンガはでんき技とひこう技の両方のメインウェポンを搭載して積極的に攻撃に行くことはあまり無いが、めざめるパワーの関係で特攻振りの方がややメジャーか。

相手にダメージを与える事よりも相手を撹乱する事を主目的とするので、アンコールとボルトチェンジまたはとんぼがえりまでは確実に採用される。 ボルトチェンジととんぼがえりについては好みで分かれる所だが、タイプ一致技である分ボルトチェンジの方がダメージがやや高くなる。ただしボルトチェンジはじめんタイプやちくでんひらいしんでんきエンジン持ちポケモンを出されると役に立たなくなるため、サポートが主目的であるという事を考え、ダメージを度外視して無効タイプの無いとんぼがえりを採用する事が多い。

残りの2つの技の枠に何を採用するかは好みで分かれる。でんじはひかりのかべでサポートに徹するケースもあれば、めざめるパワーかみなりで相手のHPを削る事も視野に入れるケースもある。でんじはと電気タイプの攻撃技についてはほうでんで兼用できなくも無いが、基本的にはサポートに特化するかしないかではっきりする方がよい。

パーティに強力なアタッカーが他にいるならばサポートに徹するべきだが、例えばドラゴンタイプのポケモンに対処するためのこおり技の使い手に不安があるならば、相手がスカーフでない限り確実に先に攻撃できるエモンガにめざめるパワーの氷を持たせるべきである。(こおりのジュエルを持たせれば、エモンガの特攻でも耐久無振りガブリアスくらいは確定1発に出来る)

なお高い素早さとエアスラッシュとでんじはでまひるみ型も出来るが、てんのめぐみを持つトゲキッスと比べるとその威力は大きく劣るため、エモンガを使うという目的ありきの場合か、警戒されないための奇襲の意味を込める場合以外はあまり推奨されない。

隠れ特性はでんきエンジン。相手が電気技を使ってきた後にアンコールで縛り、ある程度すばやさを上げたらバトンタッチで交代、といったコンボが考えられる。残りの技はめざめるパワー(みずまたはくさ)。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。