ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

エースバーン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
エースバーン
Eisubahn
英語名 Cinderace
全国図鑑 #815
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #006
分類 ストライカーポケモン
タイプ ほのお
たかさ 1.4m
おもさ 33.0kg
とくせい もうか
隠れ特性 リベロ
図鑑の色
タマゴグループ りくじょう
ひとがた
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 素早さ+3
基礎経験値 265
最終経験値 105万
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 50
外部サイトの図鑑

エースバーンとはぜんこくずかんのNo.815のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ソード・シールド

特徴

概要

進化

ポケモンずかんの説明文

ソード
こいしを リフティングして ほのおの サッカーボールを つくる。 するどい シュートで あいてを もやす。
(漢字) 小石を リフティングして 炎の サッカーボールを つくる。 するどい シュートで 相手を 燃やす。
シールド
こうしゅに すぐれ おうえんされると さらに もえるが スタンドプレイに はしり ピンチを まねくこともある。
(漢字) 攻守に 優れ 応援されると さらに 燃えるが スタンドプレイに 走り ピンチを 招くこともある。

種族値

第8世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 80
 
140 - 187 270 - 364
こうげき 116
 
108 - 184 213 - 364
ぼうぎょ 75
 
72 - 139 139 - 273
とくこう 65
 
63 - 128 121 - 251
とくぼう 75
 
72 - 139 139 - 273
すばやさ 119
 
111 - 188 218 - 370
合計 530
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 50%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 50%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

エースバーン/第八世代のおぼえるわざ

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
ソード・シールド Lv.35 ラビフットをレベルアップさせる。

一般的な育成論

攻撃と素早さに特化した種族値で、その他はHPが並程度で耐久が低めといったところ。ガラル地方に存在するほのおの中ではガラルのすがたダルマモードヒヒダルマを除けば最速。

専用技のかえんボールフレアドライブと比べると命中率が90と不発の恐れがあるが反動ダメージが存在しない。サブウエポンとして主にとびひざげりとんぼがえりアイアンヘッドふいうちダストシュートを覚える。ダイマックス前提ではとびはねるもアリで、素早さ操作手段にはニトロチャージも存在する。変則火力としてはカウンターいかりのまえばを覚える。変化技はちょうはつこうそくいどうコートチェンジが目ぼしいところ。

いわじめんの攻撃技を覚えないので同じほのおの相手は不得手。

性格は最速を意識したようきがおススメ。高威力の技に恵まれるため無理にこだわりハチマキを持たせる必要はなく、寧ろきあいのタスキで場持ちするようにしよう。

アニメにおけるエースバーン

ポケモンカードにおけるエースバーン

備考

金・銀のバクフーン以来の単タイプのほのおタイプ御三家の最終進化型である。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 エースバーン エース、burn (英: 燃える)
ドイツ語 Liberlo Libero(リベロ)、Lohe(炎)
英語・イタリア語・スペイン語 Cinderace cinder(消し炭)、ace(エース)
フランス語 Pyrobut pyro-(接頭辞:炎の)、but(ゴール)
韓国語 에이스번 (Eiseubeon) 日本語の音写
中国語 簡体字 闪焰王牌 (Shǎnyànwángpái) 闪焰(フレア)、王牌(エース)
繁体字 閃焰王牌 (Shǎnyànwángpái)

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。