ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ポケットモンスター 青

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
ポケットモンスター青
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 ゲームフリーク
発売/配信日
日本 1996年10月15日(限定)
1999年10月10日(一般)
2016年2月27日(VC)
アメリカ 未発売
イギリス 未発売
ドイツ 未発売
オーストラリア 未発売
公式サイト

株式会社ポケモン
任天堂
株式会社ポケモン(VC)

-

ポケットモンスター 青(-あお)とは、任天堂が発売したポケットモンスターシリーズのこと。ポケットモンスター 赤・緑の人気を受けて小学館月刊コロコロコミックなどの限定で発売されたソフトである。

概要

当初のリリースは雑誌上の通販による限定発売という形であったが、数万という応募が殺到し、小学館での処理作業がパンクし、購入希望者から非難を浴びたという逸話がある。その後ローソンなどで追加の販売も行われたが、一般発売されるまでの一時期中古相場が高騰し、1万円前後で取引されたこともあったという。

パッケージにはカメックスが描かれている。タイトル画面では主人公がモンスターボールを持っており、その横で各ポケモンが次々に入れ替わっていく。最初に登場するポケモンはゼニガメである。ちなみに、なぜか御三家のポケモンが通り過ぎて行った場合のみ、モンスターボールがはねる。

2016年2月27日にはニンテンドー3DSバーチャルコンソールとして配信開始。価格は1,111円+税。マグネットやシールが付属した特別ダウンロードカード、ニンテンドー2DS本体とセットになった限定版も発売。

ゲームの詳細についてはポケットモンスター 赤・緑を参照。

ハードなどのデータ

  • 型番:DMG-APEJ-JPN
  • 発売日:1996年10月15日
  • 一般発売日:1999年10月10日
  • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
  • 新品価格:3,000円
  • 売上:201万本
  • ROM容量:4Mbit(512KB)

ほかのバージョンとの違い

出現ポケモンのほかに、メッセージやポケモン図鑑の説明文、ポケモンや看板などのグラフィック、ゲーム中のトレーナーとの交換条件、ハナダのどうくつの地形などが異なっている。オープニングのデモシーンでゲンガーと戦っているポケモンがニドリーノからプリンに変更された。

また、ゲーム本編とは関係無いが、エンディング後のクレジットに「小学館」が入っている。

後のマイナーチェンジと異なり、本作はストーリーが一切変わらない。赤・緑ピカチュウ金・銀クリスタルルビー・サファイアエメラルドダイヤモンド・パールプラチナ、この3つの関係はストーリーなどに違いがある。

ちなみに、「青でしか入手できないポケモン」と、「赤・緑両方で入手できるが青で入手できないポケモン」はいないが、赤・緑で野生出現しなかったベロリンガルージュラの野生個体が入手できるようになった。

通信をしなくてもゲーム中のトレーナーとの交換でゲンガーとゴローニャを入手できる。

青では入手できないポケモン

スタッフ

ポケットモンスター 青のスタッフクレジットを参照。

備考

  • 左右のハサミのサイズが同じキングラー、横向きのパルシェンのように公式イラストと大きく違うもの、嫌らしい目付きで舌を出しているゴルバット、アップ顔のナッシーなど、独特なポケモンのグラフィックが度々ネット上で話題に挙がる。
  • コロコロコミックでの通販による限定版と、3年後の一般販売版はソフトには一切差異はない。唯一違うのが、パッケージの裏にバーコードがついているかいないかである。
  • 青バージョンの海外版は発売されていない。後のピカチュウバージョンは海外版が存在するが、第一世代のうちでこれだけが発売されなかった理由は公式には語られていない。
    • ただし、日本国内版で言うところの緑バージョンにあたるものが「Blue」の名を冠して、パッケージにカメックス、タイトル画面にゼニガメが出てくるものである。また、海外版Red・Blueのグラフィック及びプログラムは日本国内版の青がベースになっている。
  • これの販売およびミュウのプレゼントに申し込みが殺到したことが、任天堂がメディアミックス路線へと舵を切る理由のひとつとなったとされている。
  • 本作における図鑑の説明文はリーフグリーンにも用いられている。
  • 赤・緑に存在したセレクトバグは本作でも使用可能。セレクトボタンでアイテムを操作した後に意図せぬバグに見舞われないように注意。
    • 同様に赤・緑でもあった「最初に貰ったポケモンを図鑑入手前に進化させると図鑑が貰えなくなる」というバグは本作でも修正されていない。そのため、図鑑を貰うまでは進化させてはならない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ポケットモンスター 青
ドイツ語 Pokémon Blaue Edition
英語 Pokémon Blue Version
スペイン語 Pokémon Edición Azul
フランス語 Pokémon Version Bleue
イタリア語 Pokémon Blue Version
韓国語 포켓몬스터 블루 (Pocket Monsters Blue)

脚注


関連項目

ポケットモンスターシリーズのゲーム一覧
本編 第一世代 赤・緑ピカチュウ
第二世代 金・銀クリスタル
第三世代 ルビー・サファイアエメラルド - ファイアレッド・リーフグリーン
第四世代 ダイヤモンド・パール(体験版)プラチナ - ハートゴールド・ソウルシルバー
第五世代 ブラック・ホワイト - ブラック2・ホワイト2
第六世代 X・Y - オメガルビー・アルファサファイア(体験版)
第七世代 サン・ムーン(体験版) - ウルトラサン・ウルトラムーン - Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ(体験版)
第八世代 ソード・シールド(鎧の孤島 - 冠の雪原) - ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール - Pokémon LEGENDS アルセウス
第九世代 スカーレット・バイオレット
外伝 対戦・保管 スタジアム - スタジアム2 - スタジアム金銀 - ボックス - コロシアム - XD - バトレボ - ポケモンバンク - ポケムーバー - Pokémon HOME
ポケダン 青赤 - 時闇 - 炎嵐光 - マグナゲート - - 救助隊DX
レンジャー レンジャー - バトナージ - 光の軌跡
スクランブル 乱戦! - スーパー - U - みんなの - SP
げんきでちゅう - カードGB - スナップ - ピンボール - PPL - パネポン - カードGB2 - チャンネル - ピンボールR&S - ダッシュ - 釣り大会 - トローゼ - 牧場 - パークWii - タイピング - 立体図鑑BW - あそびかたDS - パーク2 - ノブナガ - ARサーチャー - 全国図鑑Pro - バトルトローゼ - 1000びきのポケモン - アートアカデミー - ポケとる - ポケモンピクロス - ポッ拳 - 名探偵ピカチュウ - ポッ拳 DX - ポケモンクエスト - Pokémon Café Mix/ポケまぜ - New ポケモンスナップ - Pokémon UNITE
小型ゲーム ポケモンミニ - ポケットピカチュウ (カラー) - ポケウォーカー
アーケード メダルゲーム ポケモンゲット! - SUPERてれびでんわ - ポケモンスロット - おどって! ピカチュウ - ソーナンスがころんだ! - くるくるゲット - メダルワールド - ポケモンつなひき大会 - バトルナイン - コロガリーナ
バトリオ - トレッタ - ガオーレ - メザスタ - ポケモンカードゲームガチャ - ポッ拳 - ポケモンメガゲット!
スマホ ゲーム おどる? ポケモンおんがくたい - ポケとる - Pokémon GO - ポケモンコマスター - はねろ! コイキング - ポケモンクエスト - ポケモンスクランブルSP - ポケモンマスターズ - Pokémon Café Mix/ポケまぜ - Pokémon UNITE
その他 ポケモンスタイル - XY対訳スコープ - ポケモン音楽図鑑 - Pokémon Pass - Pokémon HOME - ポケモンスマイル
ゲスト 一覧 - スマブラ (DX / X / 3DS・Wii U / SPECIAL) - バッジとれ〜るセンター
海外版のみ PPL - Pokémon Pass