ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ダイヤモンドはこのページへ転送されています。その他の用法についてはダイヤモンド (曖昧さ回避)を参照してください。
パールはこのページへ転送されています。その他の用法についてはパール (曖昧さ回避)を参照してください。
ポケットモンスターダイヤモンド
ポケットモンスターパール
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 Nintendo/The Pokémon Company
開発元 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK Inc.
発売日
日本 2006年9月28日
アメリカ 2007年4月22日
イギリス 2007年7月27日
ドイツ 2007年7月27日
その他 オーストラリア:2007年6月21日
韓国:2008年2月14日
公式サイト

株式会社ポケモン

POKEMON-GAMES.COM

ポケットモンスター ダイヤモンド・パールとは、2004年から2006年にゲームフリークが開発、任天堂が2006年9月28日に発売/販売した、ニンテンドーDS用ソフト。


概要

旧作GBA版「エメラルド」から約2年ぶりに発売された。当時ブームになっていたニンテンドーDSで発売された事もあり、かなりの売り上げ数を誇った。発売当日から品切れした店舗が続出した程でもある。

日本では586万本売れ、ニンテンドーDSで発売されたソフトで二番目に売上本数が高い(1位は「Newスーパーマリオブラザーズ」の587万本)。世界では1681万本(国内は2010年3月、世界は2009年7月現在)売れた。またマイナーチェンジ作品の「プラチナ」が2008年9月に発売された。

発売までの経緯

2004年に「ファミ通DS」等の大手任天堂専門雑誌等でポケットモンスターの新作が出ると言う事が告知され、「久々のポケモン」、「新作ハードDSで発売される」と言う事でユーザーからはかなりの期待が持たれた。

2005年3月頃に、任天堂と提供を結んでいる事でも知られるコロコロコミックがゲーム写真等の画像をいち早く公開した。そして、2006年の春~夏頃にファミ通DS等の雑誌で、新ポケモンの「ブイゼル」や「ドラピオン」等のイラスト、新しいとくせい等の情報公開、及び「ヒールボール」や「ダークボール」等の情報も載せられた。

そしてファミ通DS2006年9月号で、チャート式の攻略小雑誌が付き、さらには先着10名にダイヤモンド・パールがプレゼントされた。そして、2006年9月28日にダイヤモンド・パールが発売され、現在に至る。

システム他

旧作から変更されたシステム他

  • DSになったことで、2画面方式となって時と場合によって、上画面で表示されたりポケッチ選択などは下画面で表示されたりする。
  • インターネット通信が使用でき、クリスタルと同様に見知らぬ人と交換や対戦できるが、このソフト以降の第四世代第五世代のインターネット通信対応作品では2014年5月までサービスが提供される。
  • 第3世代までとの最も大きな違いは、タイプごとではなく、技ごとに物理特殊攻撃が定められていることである。その為、今までの戦略は通用しなくなる場合があるが、それにより、「新たな戦略」を見付ける楽しさが広がった。又、今までと違った個体値努力値の割り当てが求められるようになった。
  • 道具の所持数が無制限になったため、パソコンに道具を預ける機能が廃止された。
  • イベントなどで入手したデオキシスを所持していれば、トバリシティの隕石に触れることで1本のソフトで全フォルムポケモンずかんに登録できるようになった。
  • ポケットモンスターシリーズで唯一、ライバル(ダイヤモンド・パール・プラチナの)と対戦する前にポケモンを捕まえることができる。要は相手がレベル5の状態では対戦しない。マイナーチェンジのプラチナでは前作どおり相手がレベル5の状態で戦うことになる。
  • ストーリーの進行上、ノンプレイヤーキャラクターと一緒にダンジョンなどを歩くことができ、野生またはほかのトレーナーと勝利後は回復までしてくれる。また、第四世代の本編では一緒に歩いた場合のみではあるが、初の野生が2体同時に出現する概念が登場した。
  • じてんしゃが2段階方式となり、遅い方式は曲がりやすいが砂の坂を上れず、早い方式は曲がりにくいが砂の坂を登ることができ、前作ルビー・サファイアとは異なり1つのじてんしゃで対応できるようになった。
  • じてんしゃに乗ったままゲートを通れなくなり、ゲートに入るとじてんしゃを降りてしまう。このシステムは不便だったためか、プラチナでは再びじてんしゃに乗ったままゲートに入れるようになった。
  • レポートがすでにある状態で最初から始めると、その冒険はレポートを書くことが出来ない。すなわち通信(ちかつうろ含む)が一切出来ず、殿堂入りから先に進むことも出来ない。

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

ダイヤモンドとパールの差異

ダイヤモンドとパールは、パッケージからも推測できるが、いくつかの違いがある。ここではその差異について説明する。

  • 出現するポケモンが一部異なる。
  • ポケモンの出現率が若干異なる。
  • 町にいる住人が話す話題が一部異なる。
  • ポケモン図鑑に書かれている文章が異なる。
  • 落ちている道具が一部異なる。

ダイヤモンド・パールに関するデータ&スペック

ダイヤモンド

  • 型番:NTR-P-ADAJ
  • ジャンル:RPG 
  • プレイ人数:1人(通信時2~8人)
  • CERO:A(全年齢対象)
  • 発売日:2006年9月28日
  • 対応機種:ニンテンドーDS及び互換機
  • 価格:4,571円+税
  • 売上:300万本以上(2008年4月現在)現在も更新中
  • ROM容量:1Gbit(128MB)(日本版以外は64MB)
  • その他の仕様:ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応。

パール

  • 型番:NTR-P-APAJ
  • ジャンル:RPG
  • プレイ人数:1人(通信時2~8人)
  • CERO:A(全年齢対象)
  • 発売日:2006年9月28日
  • 対応機種:ニンテンドーDS及び互換機
  • 価格:4,571円+税
  • 売上:250万本以上(2008年4月現在)現在も更新中
  • ROM容量:1Gbit(128MB)(日本版以外は64MB)
  • その他の仕様:ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応。

※発売日に関しては、2006年9月26日前後から、すでに一部の店舗で発売が開始されていた模様。

※セーブデータは1つしかない。

あらすじ


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上利用ください。

主人公フタバタウンに住む少年。ある日、幼馴染でもありライバルでもある友人に誘われ、近くにある湖に向かうことになった。だが、運悪く野生のポケモンムックルと遭遇してしまう。慌てる二人。と、近くにあったカバンを見つけた。とっさに中に入っていたモンスターボールを投げ、出てきたポケモンを使い戦闘を行う2人。運良くムックルに勝てたが、今度はカバンの主に見つかってしまう。しかし、カバンの主はそのポケモンを主人公達に託した。なんとそのカバンの主は地元で有名なナナカマド博士だったのだ。ナナカマド博士にポケモン図鑑完成を命じられた主人公達は、様々な思惑が絡み合う冒険へと導かれて行く……。

詳しくは、ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 攻略ページを参照。

ダイヤモンド・パールに関する総情報

その他

  • 2006年7月上旬、am3の「ポケモンでGOGO サマーキャンペーン」の紹介サイトで、パッケージの画像と「9月28日発売」といったような情報が流れた可能性があると言われている。ただし、詳細/真偽等は一切不明。
  • ゲームショップでダイヤモンド・パールを予約すると、ゲーム購入時に「ディアルガ」と「パルキア」のリアルフィギュア(海洋堂製作)がもれなく付いてくる。 また、ポケモンセンターで予約して買うと(ダイヤモンド・パール2本同時)上記のフィギュアと、他のお店では絶対貰えないオリジナルケースがつく(フィギュア用)。
    • 因みに上記で説明した特典はすでに終了している。
  • 2006年10月中旬頃からポケモンセンター四天王の部屋の壁(なぞのばしょと表記される)から抜けられなくトラブルが判明した(とくに後者はシェイミダークライを出せるバグ技と重なっている為かネット上で有名になった。これに関して任天堂は10月24日にトラブルについての詳細を任天堂内サイトに記事を組み発表し、27日にDSステーション等で修復プログラムを配信した。
  • 海外版のポケモンを日本国内版とGTS経由で交換すると、地球儀が全世界表示になる。
  • 2008年4月15日発売の「コロコロコミック5月号」の次号予告のページに「ポケモンゲーム衝撃情報アリ!!」と記述しており、464ページの予告ページには穴埋め問題があり、()内に入っている言葉が「」「クリスタル」「エメラルド」と後に発売した3つ目のバージョンで、2006「ダイヤモンド・パール」発売 2008( ? )発売という記述があった。その後、「プラチナ」を発売する事が正式に決定した。

外部リンク

関連項目