8月15日から16日に発生したサーバ障害について
8月15日から16日にかけて、サーバの障害のため、ポケモンWikiにアクセスできない事象が発生しました。しばらくはサーバが不安定になり、断続的にアクセスができなくなる可能性があります。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。
ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ふぶき

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ふぶき
第一世代
タイプ こおり
分類 特殊
威力 120(第五世代まで)
→110(第六世代)
命中率 90(第一世代)
→70(第二世代以降)
PP 5
範囲 相手全体
直接攻撃 ×
パレス たたかう
効果
追加効果として10%(ポケモンスタジアムポケモンスタジアム2コロシアム2以外の日本語版第一世代では30%)の確率で相手をこおり状態にする。
天気だと必中になる。(第四世代以降)
判定
わざマシン わざマシン14
アピールタイプ うつくしさ
アピール(RSE) ♡♡♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
普通にアピール。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
ターンの最初に演技すると、ハートが2つ追加される。

ふぶきは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:たくさん アピール できる
  • 第四世代:その ターンで いちばん さいしょに えんぎをすると +2。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ わざマシン
緑赤青ピ 金銀ク 緑赤青ピ 金銀ク
ゼニガメ × ×
カメール × ×
カメックス × ×
コラッタ × ×
ラッタ × ×
ニドラン♀ × ×
ニドリーナ × ×
ニドクイン × ×
ニドラン♂ × ×
ニドリーノ × ×
ニドキング × ×
ピッピ × ×
ピクシー × ×
プリン × ×
プクリン × ×
コダック × ×
ゴルダック × ×
ニョロモ × ×
ニョロゾ × ×
ニョロボン × ×
メノクラゲ × ×
ドククラゲ × ×
ヤドン × ×
ヤドラン × ×
パウワウ × ×
ジュゴン × ×
シェルダー × ×
パルシェン × ×
クラブ × ×
キングラー × ×
カラカラ × ×
ガラガラ × ×
ベロリンガ × ×
サイホーン × × ×
サイドン × ×
ラッキー × ×
ガルーラ × ×
タッツー × ×
シードラ × ×
トサキント × ×
アズマオウ × ×
ヒトデマン × ×
スターミー × ×
ルージュラ Lv58 Lv57
ケンタロス × ×
ギャラドス × ×
ラプラス × ×
シャワーズ × ×
ポリゴン × ×
オムナイト × ×
オムスター × ×
カブト × ×
カブトプス × ×
カビゴン × ×
フリーザー Lv51 Lv73
ミニリュウ × ×
ハクリュー × ×
カイリュー × ×
ミュウツー × ×
ミュウ × ×
ワニノコ - × -
アリゲイツ - × -
オーダイル - × -
マリル - × -
マリルリ - × -
ニョロトノ - × -
ヤドキング - × -
ハリーセン - × -
ニューラ - × -
ウリムー - Lv46 -
イノムー - Lv56 -
デリバード - × -
マンタイン - × -
キングドラ - × -
ポリゴン2 - × -
ムチュール - Lv49 -
ミルタンク - × -
ハピナス - × -
スイクン - × -
ルギア - × -

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
RSE/FRLG DP Pt/HGSS BW B2W2 XY ORAS
ルージュラ Lv67 Lv55 Lv60 Lv60
フリーザー Lv73 Lv71 Lv71 Lv71
ウリムー Lv46 Lv44 Lv44 Lv44
イノムー Lv56 Lv56 Lv56 Lv52 Lv52
ムチュール Lv57 Lv45 Lv48 Lv48
スイクン × × Lv85 Lv85 Lv85
ポワルン × Lv50 Lv50 Lv40 Lv40 Lv35
ユキワラシ Lv43 Lv46 Lv46 Lv46
オニゴーリ Lv53 Lv51 Lv51 Lv51 Lv48
タマザラシ Lv43 Lv43 Lv43 Lv43 Lv41
トドグラー Lv47 Lv47 Lv47 Lv47 Lv45
トドゼルガ Lv50 Lv52 Lv52 Lv52 Lv49
ユキカブリ - Lv41 Lv41 Lv41
ユキノオー - Lv47 Lv47 Lv47
グレイシア - Lv71 Lv71 Lv45 Lv45
マンムー - Lv56 Lv56 Lv52 Lv52
ユキメノコ - Lv51 Lv51 Lv51 Lv48
バニプッチ - - Lv49 Lv49
バニリッチ - - Lv53 Lv53
バイバニラ - - Lv59 Lv59
クマシュン - - Lv45 Lv45
ツンベアー - - Lv45 Lv45
キュレム - - Lv78 Lv78
アマルス - - - Lv65
アマルルガ - - - Lv74
カチコール - - - Lv43
クレベース - - - Lv46

わざマシン

ポケモン名 覚える方法
わざマシン
3 4 5 6
ゼニガメ
カメール
カメックス
コラッタ
ラッタ
ニドラン♀
ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂
ニドリーノ
ニドキング
ピッピ
ピクシー
プリン
プクリン
コダック
ゴルダック
ニョロモ
ニョロゾ
ニョロボン
メノクラゲ
ドククラゲ
ヤドン
ヤドラン
パウワウ
ジュゴン
シェルダー
パルシェン
クラブ
キングラー
カラカラ
ガラガラ
ベロリンガ
サイホーン
サイドン
ラッキー
ガルーラ
タッツー
シードラ
トサキント
アズマオウ
ヒトデマン
スターミー
ルージュラ
ケンタロス
ギャラドス
ラプラス
シャワーズ
ポリゴン
オムナイト
オムスター
カブト
カブトプス
カビゴン
フリーザー
ミニリュウ
ハクリュー
カイリュー
ミュウツー
ミュウ
ワニノコ
アリゲイツ
オーダイル
オオタチ
チョンチー
ランターン
マリル
マリルリ
ニョロトノ
ウパー
ヌオー
ヤドキング
ノコッチ
ハリーセン
ニューラ
ウリムー
イノムー
サニーゴ
テッポウオ
オクタン
デリバード
マンタイン
キングドラ
ポリゴン2
ムチュール
ミルタンク
ハピナス
スイクン
バンギラス
ルギア
ミズゴロウ
ヌマクロー
ラグラージ
ジグザグマ
マッスグマ
ハスボー
ハスブレロ
ルンパッパ
キャモメ
ペリッパー
アメタマ
アメモース
ナマケロ
ヤルキモノ
ケッキング
ゴニョニョ
ドゴーム
バクオング
ルリリ
エネコ
エネコロロ
ボスゴドラ
キバニア
サメハダー
ホエルコ
ホエルオー
ザングース
ルナトーン ×
ドジョッチ
ナマズン
ヘイガニ
シザリガー
ヒンバス
ミロカロス
ポワルン
カクレオン
ヨマワル
サマヨール
アブソル
ユキワラシ
オニゴーリ
タマザラシ
トドグラー
トドゼルガ
パールル
ハンテール
サクラビス
ジーランス
ラブカス
レジアイス
カイオーガ
レックウザ
ポッチャマ -
ポッタイシ -
エンペルト -
ビッパ -
ビーダル -
ズガイドス -
ラムパルド -
タテトプス -
トリデプス -
ブイゼル -
フローゼル -
カラナクシ -
トリトドン -
ミミロップ -
ゴンベ -
ケイコウオ -
ネオラント -
タマンタ -
ユキカブリ -
ユキノオー -
マニューラ -
ベロベルト -
ドサイドン -
グレイシア -
マンムー -
ポリゴンZ -
ヨノワール -
ユキメノコ -
エムリット -
ディアルガ -
パルキア -
フィオネ -
マナフィ -
ダークライ -
アルセウス -
ミジュマル - -
フタチマル - -
ダイケンキ - -
ヒヤップ - -
ヒヤッキー - -
タブンネ - -
プロトーガ - -
アバゴーラ - -
バニプッチ - -
バニリッチ - -
バイバニラ - -
プルリル - -
ブルンゲル - -
ママンボウ - -
クマシュン - -
ツンベアー - -
フリージオ - -
キュレム - -
ゲノセクト - -
ケロマツ - - -
ゲコガシラ - - -
ゲッコウガ - - -
カメテテ - - -
ガメノデス - - -
アマルス - - -
アマルルガ - - -
ヌメイル - - -
ヌメルゴン - - -
カチコール - - -
クレベース - - -

特別なわざ

対戦

  • 第一世代では命中追加効果の確率が高かった上にこおり (状態異常)の仕様が現在と異なっていたため、恐ろしく強力な技だった。
    • 現在ではこおり状態は技を出すときに一定確率で解除されるので放っておいてもそのうち治るが、第一世代では「ほのおタイプの技を受ける」か「回復アイテムを使う」しか解除手段が無く、アイテムが使えない対人戦では間違えて炎技を使われない限り、一度食らうと永遠に行動不能になる強力な状態異常だった。しかも炎技の需要は極めて低かったため、実質的に3割の確率で即死するに等しく、即死しなくても威力120の攻撃と言う凄まじい技だった。
    • れいとうビームなどの他のこおりタイプの技でも同じ事が言えるが、ふぶき以外の技は追加効果の確率は2割以下であり、技自体の命中率もそこまで変わらなかったため、ふぶきが使えるポケモンはそれ以外のこおり技を使う意味が殆ど無かった。こおりタイプのポケモンは当然の事、タイプ不一致のポケモンでも自身のタイプ一致技より優先したり、とくしゅが高くないポケモンですらふぶきをセレクトすると言った事まであったほどの人気を誇っていた。(例:当時の対人戦の人気ポケモンであるスターミーみず/エスパーだが、ふぶきと補助技を優先しなみのりを覚えさせない傾向が強かった)
  • 第二世代以降は威力以外のほぼ全ての面で調整が入り、単純に威力と命中率のバランスだけを見てれいとうビームの方を選ぶケースが多くなる程度にまで弱体化された。
  • 霰パではユキノオーグレイシアなどが使用する。逆にそれ以外のパーティにでは、命中の高いれいとうビームが使われることが多い。こうかくレンズフォーカスレンズで命中を補うよりも、とけないこおりを持たせてれいとうビームを使う方が効率がよい。
  • 第五世代にて隠れ特性マルチスケイルを持つカイリューが台頭してくると、4倍弱点であるにもかかわらずれいとうビームでは一撃で倒せないという問題、要するに威力不足が生じるケースが出てくる。そのため、天候などの補助無しでもあえてこちらを使用するポケモンも出てきた。
  • また、同じく第五世代で登場したトリプルバトルでは全体攻撃である事がより一層重要視されており、出番はかなり多い。

ポケモンカードゲームにおけるふぶき

コインを投げて「おもて」なら相手のベンチポケモン全員にもダメージを与え、「うら」なら自分のベンチポケモン全員にもダメージを与える、という効果のワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるふぶき

攻撃範囲は部屋全体と広い。 あられと組み合わせると使い勝手が良くなる。

備考

関連項目