Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ユキメノコ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ユキメノコ
Yukimenoko
英語名 Froslass
全国図鑑 #478
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #208
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #181
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
分類 ゆきぐにポケモン
タイプ こおり
ゴースト
たかさ 1.3m
おもさ 26.6kg
とくせい ゆきがくれ
隠れ特性 のろわれボディ
タマゴグループ ようせい
こうぶつ
タマゴの歩数 5120歩
獲得努力値 すばやさ+2
基礎経験値 第四世代:187
第五世代:168
最終経験値 1000000
性別 100% ♀
捕捉率 75
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

ユキメノコとはぜんこくずかんのNo.478のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンド・パールX
マイナス50どの れいきを はいて あいてを こおらせる。 どうたいに みえる ぶぶんは じつは くうどう。
(漢字) マイナス50度の 冷気を 吐いて 相手を 凍らせる。胴体に 見える 部分は じつは 空洞。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
マイナス50どの いきを ふきかけ こおらせた えものを ひみつの ばしょに かざっていると いわれる。
(漢字) マイナス50度の 息を 吹きかけ 凍らせた 獲物を 秘密の 場所に 飾っていると いわれる。
ハートゴールド・ソウルシルバーY
ゆきやまで そうなんした じょせいの うまれかわりという いいつたえが ゆきの おおい とちに のこる。
(漢字) 雪山で 遭難した 女性の 生まれ変わりという 言い伝えが 雪の 多い 土地に 残る。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 70
 
130 - 177 250 - 344
こうげき: 80
 
76 - 145 148 - 284
ぼうぎょ: 70
 
67 - 134 130 - 262
とくこう: 80
 
76 - 145 148 - 284
とくぼう: 70
 
67 - 134 130 - 262
すばやさ: 110
 
103 - 178 202 - 350
合計 480
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 200%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 50%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第四世代 第五世代 第六世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS
1 にらみつける
かげぶんしん
こなゆき
おどろかす
にらみつける
かげぶんしん
こなゆき
おどろかす
にらみつける
かげぶんしん
こなゆき
みちづれ
おどろかす
にらみつける
かげぶんしん
こなゆき
みちづれ
こおりのつぶて
4 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
5 かげぶんしん
10 おどろかす おどろかす おどろかす こおりのつぶて
13 こごえるかぜ こごえるかぜ こごえるかぜ
14 こごえるかぜ
19 あやしいひかり あやしいひかり あやしいひかり おどろかす
22 あやしいかぜ あやしいかぜ あやしいかぜ
23 ドレインキッス
28 めざましビンタ めざましビンタ めざましビンタ あやしいかぜ
31 ゆうわく ゆうわく ゆうわく
32 あやしいひかり
37 こおりのつぶて こおりのつぶて こおりのつぶて めざましビンタ
40 あられ あられ あられ
41 ゆうわく
42 シャドーボール
48 ふぶき
51 ふぶき ふぶき ふぶき
54 あられ
59 みちづれ みちづれ みちづれ
61 みちづれ

わざひでんマシンわざ

第四世代 第五世代 第六世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS
わざマシン03 みずのはどう
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく
わざマシン07 あられ あられ あられ
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン12 ちょうはつ ちょうはつ ちょうはつ
わざマシン13 れいとうビーム れいとうビーム れいとうビーム
わざマシン14 ふぶき ふぶき ふぶき
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい あまごい
わざマシン19 テレキネシス
わざマシン20 しんぴのまもり しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン24 10まんボルト 10まんボルト 10まんボルト
わざマシン25 かみなり かみなり かみなり
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール シャドーボール
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン34 でんげきは
わざマシン41 いちゃもん いちゃもん いちゃもん
わざマシン42 からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ メロメロ
わざマシン48 りんしょう りんしょう
わざマシン49 よこどり
わざマシン56 なげつける なげつける なげつける
わざマシン58 こらえる
わざマシン63 さしおさえ さしおさえ さしおさえ
わざマシン66 しっぺがえし しっぺがえし しっぺがえし
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ フラッシュ
わざマシン72 ゆきなだれ
わざマシン73 でんじは でんじは でんじは
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 ゆうわく
わざマシン79 こおりのいぶき こおりのいぶき
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい ゆめくい
わざマシン87 いばる いばる いばる
わざマシン88 ねごと
わざマシン90 みがわり みがわり みがわり
わざマシン94 ひみつのちから
わざマシン100 ないしょばなし

人から教えてもらえるわざ

第四世代 第五世代 第六世代
DP Pt HGSS BW B2W2 XY ORAS
れいとうパンチ × × ×
ずつき × × × × × ×
いびき × × ×
うらみ × × ×
どろかけ × × × × ×
こごえるかぜ × × ×
ころがる × × × × ×
ねごと × × × × × ×
いたみわけ × × × ×
トリック × × ×
よこどり × × × × ×
シグナルビーム × × ×
とおせんぼう × × × ×
でんげきは × × × × × ×
みずのはどう × × × × × ×
ふいうち × × × × ×
あやしいかぜ × × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ダイ・パ・プラ・HG・SS Lv.1 ユキワラシの♀にめざめいしを使う。 Lv.1 ユキワラシの♀にめざめいしを使う。

備考

アニメにおけるユキメノコ

マンガにおけるユキメノコ

ポケットモンスターSPECIALにおけるユキメノコ

ポケモンカードにおけるユキメノコ

一般的な育成論

素早さが高い以外は平均前後の能力と心もとない。単にアタッカーとなるにはゲンガーの劣化となるので補助技を活かすか、天候あられ状態でアドバンテージを得るパーティに入れたい。その高い素早さで補助役だけに徹するのもアリ。早い段階でまきびしを撒け、ちょうはつも使いやすい。攻撃系の能力値に努力値を割かなくても、みちづれがあるのでその気になれば敵を倒すことはできる。第五世代なら、ダブル・トリプルバトルで、いかりのつぼを持った味方にこおりのいぶきを当ててやってもいい。これらのときにも、すばやさが生きてくる。ダメージに期待しないならこごえるかぜも優秀。

攻撃技としてはタイプ一致のシャドーボールれいとうビームを筆頭に10まんボルトこごえるかぜこおりのつぶてなどを入れたい。特攻攻撃にそれほど差がないので、物理と特殊、好きなほうに育成していい。進化前からかみくだくアイスボールなどあまりイメージじゃない技を引き継ぐこともできる。ただし、二刀流になれるほどには能力値に余裕がない。霰パならば、かげぶんしんふぶきも候補となる。ウェザーボールも取得でき、晴れパに組み込んでハッサムナットレイを追い詰めることもできる。

補助技はでんじはまきびしみちづれあやしいひかりちょうはつなどがあり、まきびしを遺伝するときは、サボネア(ノクタス)から、ロゼリア(ロズレイド)を経るといい。

隠れ特性はのろわれボディ。耐久力が低いため、ブルンゲルのように意図的に発動を狙うのは厳しいが、ゆきがくれはあられ状態でないと意味が無い特性なので、あられパでないのなら一考の余地はある。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。