ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

きのみ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
このページでは総体としてのきのみについて解説しています。第二世代限定のきのみについてはきのみ (詳細)を参照してください。

きのみは、ポケモンの世界に登場する植物の一種。また、それぞれのきのみは、ポケモンに持たせると効果を発揮するどうぐとしての一面もある。

概要

きのみは、土に植えると小さな木に成長し、花が咲き、また複数のきのみができるというライフサイクルを持つ。 その成長速度は周囲の樹木の比べて驚異的な速さではあるが、特定の場所や環境でないと成長しないようだ。特にイッシュ地方では珍しいものとされている。 ひとえにきのみと言っても様々で、2cmほどの小さなきのみ(クラボのみ)から、大きなものでは50cm以上にもなるきのみ(カイスのみ)まである。

ポケモンがそのまま食べるほか、きのみを材料とした飲料(きのみジュースボンドリンク)や菓子(ポロックポフィンアイスクリーム)が存在する。 きのみの味は辛味・渋味・甘味・苦味・酸味で分類され、ポケモンの性格によって好みの味がある。 常食しているのかは不明だが、人間が食べることもある(クラボのみは「ホウエン風ピリからソース」の材料である)。

食用以外にも用途がある。 例えばモンスターボールが普及する前は、きのみのうちでもぼんぐりと呼ばれる種類のきのみでポケモンを捕獲していた。 ヒワダタウンに住んでいるガンテツはモンスターボール職人で、頼めばぼんぐりを特別なモンスターボールにしてくれる。

バトルにおいても様々な効果を発揮する。 きのみはポケモンに持たせるもちものの1つで、きのみの多くに共通する特徴は以下のとおり。

  • 消費アイテムである。
  • 効果を発揮させるのに何らかの条件がある。
    • HPが一定の割合以下である、特定の種類のわざを受ける、など。
  • プレイヤーがどうぐとして使用しても、効果が発揮される。

入手自体が難しかったり、栽培が制限されていたりと、世代によっては貴重なきのみも存在する。

きのみとポケモン

ポケモン図鑑によって説明されている、きのみに関係したポケモンの習性などを挙げる。

  • ピカチュウは、電撃できのみを焼き、柔らかくして食べる。ただし電撃の強さを誤って焦がしてしまうこともある。
  • クヌギダマは、容姿がきのみに似ていることから、鳥ポケモンに襲われることがある。
  • ツボツボは、甲羅の中にきのみをため、発酵したジュースを作る能力がある。
  • リングマは、前脚で太い幹をへし折り、落ちたきのみを食べる。美味しいきのみのなる木には爪で傷跡を付ける習性がある。
  • ウリムーは嗅覚が優れており、氷の下に埋もれたきのみを探り当てることができる。
  • タネボーは、きのみに擬態して他のポケモンを驚かせる。
  • チリーンは、長い尻尾を器用に使い、好物のきのみを摘み取って食べる。
  • ハヤシガメの背中の樹木にはきのみがなる。他のポケモンがそのきのみを食べに来ることがある。
    • ただし説明文では「樹木に生った実」。
  • タテトプストリデプスは草食のポケモンで、きのみもその対象の1つである。
  • ユキカブリは春になると、腹部周辺にアイスキャンディーのような食感のきのみがなる。
  • ポカブは、きのみを炎で焼いて食べる。
  • ミジュマルは、腹部の"ホタチ"を使ってきのみを割る。
  • ミルホッグは、頬袋にためたきのみのタネを飛ばして敵を攻撃する。
  • ヤナップはきのみを探すのが上手く、見つけたきのみを仲間に分け与える習性がある。
  • バオップは、温度の高い頭のふさできのみを焼いて食べる。
  • キバゴは、きのみを牙で砕いて食べる。
  • ワシボンは、きのみを脚力で砕く。

ゲームでの歴史

第二世代もちもののゲームシステムが導入され、その1つとしてきのみが登場した。 きのみの結実は、時間の概念が導入されたことを表す1つの例でもある。 ぼんぐりも登場。ガンテツに頼めば、通常とは違った効果のあるモンスターボールになる。 バトル中に効果のあるものはHPPP状態異常が回復する10種類。 ねむるを使った後きのみで眠りから回復するコンボが生まれた。

第三世代ではきのみの設定を新たにし、全55種類と大幅に数を増やした。ぼんぐりの要素は廃止された。 第二世代ではきのみを入手するまで単に1日待つのみだったが、第三世代で栽培システムが新たに導入された。 第二世代で「どくけしのみ」だったものが「モモンのみ」に改められるなど、品種を表すような表記になったほか、そのデザインも現実世界の果実や野菜などをモチーフにしたものになった(モモンのみはがモチーフ)。 きのみを材料に、ポケモンコンテストに向けてポケモンの菓子「ポロック」を作ったり、ミニゲーム「きのみクラッシュ」できのみのこなを作ったりもできる。 ポケモン育成や対戦に関係するところでは、努力値を下げるきのみや、ピンチのときに食べて能力を上げるきのみがここで登場した。 みがわりこらえるを使うことできのみを食べさせ能力を上げる戦法が生まれた。

第四世代では、特定のタイプのわざのダメージを半減するきのみが新登場した。 耐久力のないポケモンや4倍弱点を持つポケモンが弱点を突かれても1撃では倒れにくくなり、戦法のバリエーションが広がった。 第三世代のポロックに変わる新しいポケモンの菓子「ポフィン」がミニゲームで作成できる。 また、ハートゴールド・ソウルシルバーに限り、ぼんぐりが復活。 以前と同様にモンスターボールの材料になるほか、ポケスロンで用いるボンドリンクの材料にもなる。

第五世代では、ゲーム本編の中できのみを栽培する方法がなく、入手方法は限られている。 ポケモンドリームワールドならばきのみ栽培が行えるほか、きのみを使ったアイスクリーム作りができる。

第六世代では、新たに3つのきのみが登場した。

入手・栽培・収穫

他のアイテムと同じようにフィールド落ちているものを拾う、どろぼうなどで相手のもちものを奪うなどで入手することができる。 また、一部貴重なきのみは配布ポケモンが持っていることがある。 きのみで特別なのは、栽培・収穫によって入手できることである。

第二世代

みのなるきから1日1個のきのみを収穫することができる。 きのみを収穫しても、木は枯れず、翌日になるとまた1個入手することができる。

第三世代

ルビー・サファイアエメラルドふかふかのつちのある場所が登場。 きのみが実っている木から複数個のきのみを収穫する事ができる。 しかし、第二世代とは異なり、収穫すれば木は枯れてしまう。 そこにきのみを植え、育てる事でまた新たにきのみを実らせる。 植えたきのみは、発芽し、幹を太くし、花が咲き、実を結ぶ、という4つの段階を経て成長する。 各段階で忘れずにじょうろで水をやると、一度になるきのみの数を増やすことができる。 また、第二世代ではどのきのみも1日で実をつけたが、第三世代以降はきのみごとにその成長速度が違う。

ただし、ファイアレッド・リーフグリーンには時計機能がなく、ふかふかのつちもないので、きのみを育てることができない。

また、ルビー・サファイアでは、ポケモンバトルカードe+ ルビー&サファイア 第1弾第2弾内のナゾのみのカードをカードeリーダー+で読み込むことで、各種ナゾのみが入手できる。

第四世代

第三世代とほぼ同じであるが、システムが変更されている。

ダイヤモンド・パールプラチナでは、ふかふかのつちにこやしを播くことが可能になり、播くことできのみの育成に様々な効果が得られるようになった。 また、きのみに保水時間の概念が導入され、きのみによって土が乾く速度に違いがみられるようになった。 一度になるきのみの数を増やすには、第三世代の各成長段階に水をやる方式ではなく、土が乾かないようにこまめに水を与える方式に変わった。

ハートゴールド・ソウルシルバーでは、第二世代と同様にみのなるきが生えているが、ここから入手できるのは全てぼんぐりである。 また、フィールド上にふかふかのつちがないため、代わりにふかふかのつちが入ったきのみプランターに植えることで育てることができる。

第五世代

イッシュ地方ではきのみは珍しい植物とされ、ポケモンレンジャーに勝利した後に貰うなど、入手方法が限られている上、ゲーム本編の中ではきのみを育てることができない。 ブラック2・ホワイト2ならば、ジョインアベニューの花屋で購入ができる。

栽培はポケモンドリームワールド内のホームにあるはたけでできる。従来と同じように水をやることで実る個数が増える。ただし、ポケモンドリームワールドから本編にきのみを送ることはできるが、本編からポケモンドリームワールドにきのみを送ることはできない。また、現在は第五世代向けポケモンドリームワールドはサービス終了しているため、第五世代ではきのみを育てる方法はもう存在しない。

第六世代

バトル中に背景にきのみのなった木がある場合、エアカッターなど特定の技を使用すると、きのみが手に入るようになった。この方法でしか入手できないきのみもある。

また、第五世代では廃止されていた本編での栽培システムが復活する。 7ばんどうろの南にあるきのみばたけで栽培ができる。 従来のようにこやしをやる、じょうろで水をやるほか、雑草をとったり、きのみを食べに来たむしポケモンを退治したりするイベントもある。 このような世話を怠ると実るきのみの個数が減る。

また、突然変異が起こるようになり、特定の種類のきのみを並べて植えると、違う種類のきのみが手に入ることがある。 突然変異が起こる可能性のある組と突然変異が起こった場合に実るきのみについては以下のとおり。

並べて植える組 実るきのみ
マゴのみ × イアのみ ザロクのみ
カゴのみ × キーのみ ネコブのみ
モモンのみ × オレンのみ タポルのみ
ナナシのみ × ヒメリのみ ロメのみ
フィラのみ × バンジのみ ウブのみ
ラムのみ × オボンのみ マトマのみ
ロメのみ × ヤチェのみ チイラのみ
タポルのみ × タンガのみ リュガのみ
ウブのみ × ロゼルのみ カムラのみ
ザロクのみ × カシブのみ ヤタピのみ
ネコブのみ × ソクノのみ ズアのみ
リュガのみ × チイラのみ アッキのみ
カムラのみ × ヤタピのみ タラプのみ

パラメーター

第三世代以降のきのみが持つパラメーターを挙げる。

きのみタグで確認できるパラメーター

タグ番号
各種ナゾのみ第六世代のきのみには設けられてない。
おおきさ
2.0cm(クラボのみ)~30.0cm(ベリブのみ)
第六世代のきのみには設けられてない。
かたさ
「とても やわらかい / やわらかい / かたい / とても かたい / とてつもなく かたい」の5段階。
第六世代のきのみには設けられてない。
「からい・しぶい・あまい・にがい・すっぱい」の5種類。ポケモンの性格と関係して、ポロックポフィンの好き嫌いや、フィラのみなどの混乱判定に用いられる。
第三世代のきのみタグでは、どの味がするのか丸印で示される。内部ではそれぞれに-4~+4の値が割り当てられており、+1以上の味に丸印が示される。
第四世代のきのみタグでは、それぞれの味を頂点とする五角形のレーダーチャート風の表示がされる。内部ではそれぞれに「0 / 10 / 15 / 20 / 25 / 30 / 40」の値が割り当てられている。
第六世代のきのみには設けられてない。

その他のパラメーター

「黄 / 赤 / 桃 / 青 / 紫 / 緑」の6種類。
第六世代ではきのみばたけや戦闘背景の木から入手する際の参考になる、集まるポケモンの種類に関係する、ミアレシティのしるやで自作するジュースの種類に関係する。
植えてから実をつけるまでの時間(結実時間)
第二世代は全てのきのみが24時間で実をつける。それ以降は世代、きのみによって異なる場合がある。第三・第四・第五世代では4段階目、第六世代では6段階目の成長で収穫できる。
保水時間
水をやって黒く湿った土が、茶色を経て、白く乾ききるまでの時間。吸水力とも。白く乾いたままだと収穫できるきのみの数が減る。
世代によって異なる場合がある。
1度に実るきのみの個数(結実個数)
最小個数と最大個数が設けられている。
世代によって異なる場合がある。
きのみクラッシュで生成されるきのみのこなの量
きのみのこなの登場するエメラルドファイアレッド・リーフグリーンでのみ用いられる。
ポロックにしたときの滑らかさ
値が小さいほどポケモンにたくさんのポロックを食べさせることができる。
ポロックの登場するルビー・サファイアエメラルドでのみ用いられる。
アイスクリームのすくいやすさ・くっつきやすさ
アイスクリーム作りをするポケモンドリームワールドでのみ用いられる。
わざ「しぜんのめぐみ」のタイプ威力
しぜんのめぐみはきのみを消費して出す、第四世代で登場したわざである。
きのみによってタイプと威力(60 / 70 / 80)が変わる。

分類

きのみは用途や入手方法によって、いくつかの分類ができる。

ぼんぐり

特別なモンスターボールボンドリンクの材料となる。第二世代ハートゴールド・ソウルシルバーのみに登場。詳しくはぼんぐりを参照。

ナゾのみ

ポケモンバトルカードe+のナゾのみのカードを読み込むことで入手できるきのみ。ルビー・サファイア以外に通信で送ることができない。また、これらは第四世代で廃止され、ナゾのみに統合された。

ナゾのみ
第1弾 カチャのみ ブーカのみ ビスナのみ エドマのみ ホズのみ ラッカのみ
第2弾 ギネマのみ クオのみ ヤゴのみ トウガのみ ニニクのみ トポのみ

半減実

第四世代に登場した特定のタイプのわざのダメージを半減するきのみのネット上での総称。半減の実とも。

ホズのみはノーマルタイプの攻撃技を受けた場合に発動し、ダメージを半減する。それ以外のきのみは、効果抜群の攻撃技のときにのみ発動し、ダメージを半減する。タイプが変わるわざわざのタイプを変えるとくせいの場合は、変わった先のタイプに応じて発動する。主に4倍弱点の大ダメージを抑えるときに用いられる。

きのみが関係するわざやとくせい

備考

関連項目

ナゾのみ
第1弾 カチャのみ ブーカのみ ビスナのみ エドマのみ ホズのみ ラッカのみ
第2弾 ギネマのみ クオのみ ヤゴのみ トウガのみ ニニクのみ トポのみ
きのみ
No.01 クラボのみ No.02 カゴのみ No.03 モモンのみ No.04 チーゴのみ No.05 ナナシのみ
No.06 ヒメリのみ No.07 オレンのみ No.08 キーのみ No.09 ラムのみ No.10 オボンのみ
No.11 フィラのみ No.12 ウイのみ No.13 マゴのみ No.14 バンジのみ No.15 イアのみ
No.16 ズリのみ No.17 ブリーのみ No.18 ナナのみ No.19 セシナのみ No.20 パイルのみ
No.21 ザロクのみ No.22 ネコブのみ No.23 タポルのみ No.24 ロメのみ No.25 ウブのみ
No.26 マトマのみ No.27 モコシのみ No.28 ゴスのみ No.29 ラブタのみ No.30 ノメルのみ
No.31 ノワキのみ No.32 シーヤのみ No.33 カイスのみ No.34 ドリのみ No.35 ベリブのみ
No.36 オッカのみ No.37 イトケのみ No.38 ソクノのみ No.39 リンドのみ No.40 ヤチェのみ
No.41 ヨプのみ No.42 ビアーのみ No.43 シュカのみ No.44 バコウのみ No.45 ウタンのみ
No.46 タンガのみ No.47 ヨロギのみ No.48 カシブのみ No.49 ハバンのみ No.50 ナモのみ
No.51 リリバのみ No.52 ホズのみ No.53(36) チイラのみ No.54(37) リュガのみ No.55(38) カムラのみ
No.56(39) ヤタピのみ No.57(40) ズアのみ No.58(41) サンのみ No.59(42) スターのみ No.60(43) ナゾのみ
No.61 ミクルのみ No.62 イバンのみ No.63 ジャポのみ No.64 レンブのみ ロゼルのみ
アッキのみ タラプのみ
()内はルビー・サファイアエメラルドの番号