ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ラングレー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ラングレー
英語名 Georgia
出身地等 ?
年齢 10代
職業 ポケモントレーナー
声優 福圓美里

ラングレーポケットモンスター ベストウイッシュの登場人物。初登場はBW編第33話

概要

ポケモントレーナーの少女。一人称は「あたし」。過去に竜の里のトレーナーと対決して敗北し、それ以来、ドラゴンバスターと名乗りドラゴンタイプのポケモンを目の敵にしている。ポケモンずかんを所持しており、図鑑の色はベルヒカリと同じピンク。

竜の里の出身であるアイリスにバトルを挑んできた。竜の里での大会(らしきもの)で優勝した経緯を持つアイリスを簡単に打ち破る等、ポケモントレーナーとしての実力は優れているようではある。初登場時はサトシデントが席を離れた隙に朝食を盗み食いした上に(悪びれる様子もなかった)、「また作ればいいじゃない」「次はもっと美味しい朝食を食べさせて」と言うなど傲慢な面もあった。ドンバトルで再会した時には互いに火花を散らし合うなど、アイリスに対するライバル意識は非常に強い。

バトルではアイリスが最初に出したキバゴをあっさり倒す。納得がいかなかったアイリスがドリュウズで再び戦いを挑むも、いわくだきで返り討ちにし、勝利をあげた。この敗北をバネに、アイリスとドリュウズは一晩かけてきあいだまの特訓をし、翌日の再戦では引き分けに終わった。以来互いのことをライバルとして強く意識している。

ドンバトルでは、1回戦をツンベアーで勝ち進んだ。2回戦はコマタナを出してサトシのツタージャと対決し、一度は強力な技で追い込むも、逆転されて敗北してしまった。ルークゾロアによく変身されており、ゾロアを気に入ったベルに誤って抱きつかれたこともある。

ドンナマイトにはキリキザンで参戦。1回戦はグレースのクリムガンと戦って勝利するも、2回戦ではベルエンブオーと戦って敗北した。

ポケモンワールドトーナメントジュニアカップでは、1回戦でツンベアーを使ってアイリスのカイリューと戦い、敗北した。

ポケモンを出すときは、「出陣よ、○○!」と言う。

手持ちポケモン

初登場時のアイリスのキバゴとの対決では、キバゴをあっさりと倒した。ドンバトル1回戦では、バチュルを相手に戦い苦戦したが、倒れた際に大きい体が幸いしてバチュルを下敷きにしてしまい、結果としては勝利した。ポケモンワールドトーナメントジュニアカップ1回戦ではアイリスカイリューと対決し、敗北した。
ドンバトル2回戦で初使用。サトシのツタージャと戦った。ドンナマイトではキリキザンに進化して登場。1回戦でグレースのクリムガンと戦って勝利し、2回戦でベルエンブオーと戦って敗北した。
テッシード研究所に行く話で初登場。エピソード中ではラングレーではなくアイリスとコンビを組み、テッシードの苔を除去するのに活躍した。

戦績

備考

ポケットモンスター ベストウイッシュの登場人物
【レギュラー】 サトシ - ピカチュウ - アイリス - キバゴ - デント
【ライバル】 シューティー - ベル - カベルネ - ケニヤン - ラングレー - コテツ - バージル
【博士】 オーキド博士 - アララギ博士 - マコモ博士 - アララギパパ
【ロケット団】 ムサシ - コジロウ - ニャース - サカキ - タツミ - マトリ - フリント - ゼーゲル博士 - デリバード
プラズマ団アクロマ - ゲーチス
【主要ゲスト】 ジョーイ - ジュンサー - ドン・ジョージ - ハンサム - キダチ - ルーク - タケミツ - ノボリ - クダリ - マサオミ - ジェルミ - ヒカリ - ポッチャマ - メロエッタ - N - ヘレナ - バーベナ - パーカー - パンジー - タケシ
【家族など】 ハナコ - ポッド - コーン - オババ様
【ジムリーダー・四天王・チャンピオン】 アロエ - アーティ - カミツレ - ヤーコン - マイル - フウロ - ハチク - ホミカ - シズイ - シャガ - チェレン - アデク - シロナ - カトレア
その他ゲストキャラ