ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

バイバニラ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
バイバニラ
Baivanilla
英語名 Vanilluxe
全国図鑑 #584
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #090
新イッシュ図鑑 #257
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #087
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #257
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #129
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #334
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #155
新ポニ図鑑 #-
分類 ブリザードポケモン
タイプ こおり
たかさ 1.3m
おもさ 57.5kg
とくせい アイスボディ
ゆきふらし
隠れ特性 くだけるよろい
図鑑の色
タマゴグループ こうぶつ
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 とくこう+3
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 241
  • 第七世代: 241
最終経験値 1250000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

バイバニラとはぜんこくずかんのNo.584のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラック
みずを たいりょうに のみこんで たいないで ゆきぐもを つくる。もうふぶきで てきを くるしめる。
(漢字) 水を 大量に 飲み込んで 体内で 雪雲を 作る。猛吹雪で 敵を 苦しめる。
ホワイトXオメガルビー
2つの あたまが どうじに おこると ツノから もうふぶきを ふきだす。あたりを おおゆきで うめてしまう。
(漢字) 2つの 頭が 同時に 怒ると ツノから 猛吹雪を 噴き出す。あたりを 大雪で 埋めてしまう。
ブラック2・ホワイト2Yアルファサファイア
たいりょうの みずを のみこんで からだのなかで ゆきぐもに かえる。おこると もうふぶきを まきおこす。
(漢字) 大量の 水を 飲みこんで 体の中で 雪雲に 変える。怒ると 猛吹雪を まきおこす。
サン
2つのあたま それぞれに のうがあり りょうしゃの いけんが いっちすると もうふぶきを はいて てきを おそう。
(漢字) 2つの頭 それぞれに 脳があり 両者の 意見が 一致すると 猛吹雪を 吐いて 敵を 襲う。
ムーン
かたほうの あたまを うしなっても とくに もんだいなく いきられる。からだの なかに ゆきぐもを つくる。
(漢字) 片方の 頭を 失っても 特に 問題なく 生きられる。身体の 中に 雪雲を つくる。
ウルトラサン
2つの くちから ふぶきを はく。 どこでも ゆきを つくりだせるので スキーヤーや ボーダーに にんき。
(漢字) 2つの 口から 吹雪を 吐く。 どこでも 雪を 作りだせるので スキーヤーや ボーダーに 人気。
ウルトラムーン
あさひで とけかけた 2ひきの バニリッチが くっつき さむいばんに ふたたび こおったとき うまれる。
(漢字) 朝日で 溶けかけた 2匹の バニリッチが くっつき 寒い晩に 再び 凍ったとき 生まれる。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 71
 
131 - 178 252 - 346
こうげき 95
 
90 - 161 175 - 317
ぼうぎょ 85
 
81 - 150 157 - 295
とくこう 110
 
103 - 178 202 - 350
とくぼう 95
 
90 - 161 175 - 317
すばやさ 79
 
75 - 144 146 - 282
合計 535
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ぜったいれいど こおり 特殊 —% 5
1 フリーズドライ こおり 特殊 70 100% 20
1 ウェザーボール ノーマル 特殊 50 100% 10
1 つららばり こおり 物理 25 100% 30
1 かたくなる ノーマル 変化 —% 30
1 おどろかす ゴースト 物理 30 100% 15
1 さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10
4 かたくなる ノーマル 変化 —% 30
7 おどろかす ゴースト 物理 30 100% 15
10 さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10
13 こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15
16 しろいきり こおり 変化 —% 30
19 ゆきなだれ こおり 物理 60 100% 10
22 ちょうはつ あく 変化 100% 20
26 ミラーショット はがね 特殊 65 85% 10
31 とける どく 変化 —% 20
36 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
42 あられ こおり 変化 —% 10
50 ミラーコート エスパー 特殊 100% 20
59 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
67 ぜったいれいど こおり 特殊 —% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン07 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン64 だいばくはつ ノーマル 物理 250 100% 5
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン79 こおりのいぶき こおり 特殊 60 90% 10
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン91 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[208][679][680][681] ボディパージ はがね 変化 —% 15
[361] こおりのつぶて こおり 物理 40 100% 30
[707] ふういん エスパー 変化 —% 10
[476][524][525][526][679][680]
[681]
てっぺき はがね 変化 —% 15
[476] でんじふゆう でんき 変化 —% 10
[074][075][076][095][208][185]
[299][476][361][362]
しぜんのめぐみ ノーマル 物理 100% 15
[361][362] こなゆき こおり 特殊 40 100% 25
[361][362][582][583][584] みずのはどう みず 特殊 60 100% 20
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
サイドチェンジ エスパー 変化 —% 15 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
てっぺき はがね 変化 —% 15 -
マジックコート エスパー 変化 —% 15 -
でんじふゆう でんき 変化 —% 10 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W × 出現しない Lv.47 バニリッチをレベルアップさせる。
B2・W2 Lv.44-47(揺れ草) ジャイアントホール
Lv.55-58(揺れ草) リュウラセンのとう(外部/冬のみ)
X・Y × 出現しない Lv.47 バニリッチをレベルアップさせる。
OR・AS × 出現しない - -
S・M × 出現しない Lv.47 バニリッチをレベルアップさせる。
US・UM Lv.47-Lv.50(低層) ラナキラマウンテン(内部)[1]
Lv.48-Lv.51(上層)
  1. あられ状態における乱入バトルでのみ出現する。

持っているアイテム

ウルトラサン・ウルトラムーン
とけないこおり(50%)

備考

  • 第七世代特性ゆきふらしが追加された。
  • 第五世代においては、色違いが非常に通常色と識別しづらいことで知られていた。当時は撮影機材も現在よりも質が良くなかったため、実機の映像をそのままカメラで撮影したような画像を頼りにするのではなおさら識別に苦労した。第六世代以降はこの点が改善されている。

アニメにおけるバイバニラ

BW編第81話にて、ラングレーが新たに手持ちに加えていた。

マンガにおけるバイバニラ

ポケモンカードにおけるバイバニラ

バイバニラの歴史

第五世代

ほぼこおりむしはがねに限られるという技範囲の狭さ、比較的高めの攻撃を活かせるのがこおり、ノーマルに限られるという宝の持ち腐れぶり、素早さの種族値が80族をわずかに下回る79、無駄の多い種族値配分にそこそこ高めの耐久種族値を活かせないこおり単タイプ持ち、アイスボディ耐久型としても再生技を持たないことなど、とことん使い勝手の悪いポケモンであった。だが、こおりのつぶてぜったいれいどつららばりミラーコートなど、通常火力以外の側面が優れている攻撃技はこおりに要求される部分は割と満たしており、アイスボディ型としてもトドゼルガより素早いという差別化点があった。

第六世代

グレイシアを差し置いて、氷の特権技フリーズドライを習得。一方、ゆきふらしの仕様弱体化によってアイスボディ型が実用外に。こおり単タイプの耐久型としては異常な物理耐久を持つクレベースに立場を奪われた感があった。何よりファイアローメガバシャーモメガリザードンなどの苦手対面が増えたことが痛かった。

PGLレーティングバトル統計データからは、ORASリーグシングルバトルではフリーズドライぜったいれいどミラーコートこおりのつぶてという技構成が主流であり、特性はくだけるよろいが、性格はひかえめが、持ち物はきあいのタスキがメインであったとうかがえる。

第七世代

通常特性にゆきふらしが追加されたことで霰パの始動役としての道が開けた。ゆきふらし要因としてはより素早さと技範囲、補助性能に優れたアローラキュウコンに使い勝手で劣るが、こちらには4倍弱点が無い点、とどめのこおりのつぶてが比較的強力である点が差別化点として存在する。前世代の主流技の1つであるミラーコートをふぶきに替えることで違和感なくフルアタック構成にできるためとつげきチョッキ型としての運用も盛んになり、微妙な素早さはこだわりスカーフで補うようになった。

一般的な育成論

こおりタイプ単体のポケモン。攻撃特攻特防が比較的高く、防御もそこそこある。HP素早さは平均程度。主に特殊アタッカーが向いている。

攻撃技は、特殊アタッカーなら、ふぶき/れいとうビーム若しくは、フリーズドライをメインとし、サブに、みずのはどうシグナルビームラスターカノンウェザーボールめざめるパワーほのおじめん)などが中心となる。 物理アタッカーの場合はつららばりゆきなだれをメインに、だいばくはつも候補に上がる。

いずれにせよ先制技であるこおりのつぶては欲しいところ。攻撃が高めな為に下降補正をかけてもそれなりのダメージは期待できる。

補助技はしろいきりとけるまたはてっぺきボディパージちょうはつでんじふゆうなど。ぜったいれいどミラーコートも覚えるので主に倒しにくい特殊アタッカー相手に使うと良い。


特性のアイスボディは一時期、あられたべのこしまもるみがわりを利用した無限型が流行っていたが、HPに努力値を振らない限り耐久がそこまでないため実用性には向いていない。

第七世代で新しくゆきふらしの特性を獲得した。この特性と必中のふぶきのコンボを使えるポケモンの中ではメガユキノオーに次いで特攻が高く、こだわりメガネを持たせれば驚異の火力を誇るふぶきを打てるようになる。ただし、オーロラベールを取得できない点に注意すること。

隠れ特性にくだけるよろいがあり、物理技を受けると物理耐久は落ちるが素早さを上げられる。前述の通り第七世代でゆきふらしを手に入れるまではきあいのタスキと組み合わせたアタッカーが主流だった。第七世代でも素早さが2段階上がる仕様に変更されたため、発動後に抜ける相手が増える点は優秀。とけるやてっぺきとの相性も良い。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 バイバニラ 倍、vanilla(英語:バニラ)
英語 Vanilluxe vanilla(バニラ)
ドイツ語 Gelatwino
フランス語 Sorbouboul
韓国語 배바닐라
中国語(普通話・台湾国語) 双倍多多冰
ポーランド語 Vanilluxe 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。