Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

ポケモンスタジアム

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケモンスタジアム
ジャンル 対戦&図鑑
プレイ可能人数 1-4人
発売元 任天堂
開発元 任天堂
発売日
日本 1998年8月1日
アメリカ 未発売
イギリス 未発売
ドイツ 未発売
公式サイト

任天堂

ポケモンスタジアムとは1998年8月1日に発売された、ポケモンスタジアムシリーズの第一作。「ポケスタ1」と略称で呼ばれることもある。

概要

ポケモンスタジアムシリーズの第一作。64GBパックが同梱されており、赤・緑ピカチュウ版との連動に対応する。3DグラフィックやGBソフトとの連動などで話題を呼んだが、ユーザーの評価は低い。

バトルは実況があり、長谷部浩一が担当している。

ハードなどのデータ

  • 発売日:1998年8月1日
  • 対応機種:Nintendo64
  • 新品価格:7140円
  • 売上:137万本

評価

上記のとおり、3DグラフィックやGB版との連動が話題を呼んだが、色々な理由から評価は低い。

  • 151種類中、40種類しか出すことが出来ない。
  • 対戦モードがLv30とLv50の2つしかない。
  • 手持ちポケモンしか参戦・登録できず、毎回調整しなければいけない。
  • コンティニューが存在しない。

以上などの理由から「未完成品」などという評価がつけられ、シリーズ全体、特に次回作の『ポケモンスタジアム2』の売上不振に繋がったと言われている。

ゲームモード

バトル

トーナメント

2種類のトーナメントに挑戦できる。 なお、L50~55のトーナメントでは、「第1回ポケモンリーグ」全国大会決勝トーナメントに出場したトレーナーが似顔絵で登場する。 使用ポケモンもその出場したトレーナーと同じものとなっている。

L1~30のトーナメント
L50~55のトーナメント
フリーバトル
その名の通り自由に対戦できるモード。

他にもどうぐの整理やGBパックに挿した赤・緑が出来るモードや、GBパックの手持ちの登録が出来るモードなどがある。

出場可能なポケモン