ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

フリージオ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
フリージオ
Freegeo
英語名 Cryogonal
全国図鑑 #615
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #121
新イッシュ図鑑 #197
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #111
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 けっしょうポケモン
タイプ こおり
たかさ 1.1m
おもさ 148.0kg
とくせい ふゆう
図鑑の色
タマゴグループ こうぶつ
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 25サイクル

6425歩

獲得努力値 特防+2
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 170
  • 第七世代: 180
最終経験値 1000000
性別 ふめい
捕捉率 25
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

フリージオとはぜんこくずかんのNo.615のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラック
たいおんが あがると すいじょうきに なって すがたを けす。たいおんが さがると もとの こおりに もどる。
(漢字) 体温が 上がると 水蒸気に なって 姿を 消す。体温が 下がると 元の 氷に 戻る。
ホワイトXオメガルビー
ゆきぐもの なかで うまれた。こおりの けっしょうで できた くさりで えものを つかまえる。
(漢字) 雪雲の 中で 生まれた。氷の 結晶で できた 鎖で 獲物を 捕まえる。
ブラック2・ホワイト2Yアルファサファイア
こおりの けっしょうで できた くさりをつかい えものを からめとり マイナス100どに こおらせる。
(漢字) 氷の 結晶で できた 鎖を使い 獲物を 絡め取り マイナス100度に 凍らせる。

種族値

第5世代-第6世代

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 70
 
130 - 177 250 - 344
こうげき 50
 
49 - 112 94 - 218
ぼうぎょ 30
 
31 - 90 58 - 174
とくこう 95
 
90 - 161 175 - 317
とくぼう 135
 
126 - 205 247 - 405
すばやさ 105
 
99 - 172 193 - 339
合計 485
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

第7世代

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 80
 
140 - 187 270 - 364
こうげき 50
 
49 - 112 94 - 218
ぼうぎょ 50
 
49 - 112 94 - 218
とくこう 95
 
90 - 161 175 - 317
とくぼう 135
 
126 - 205 247 - 405
すばやさ 105
 
99 - 172 193 - 339
合計 515
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいのふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ぜったいれいど こおり 特殊 —% 5
1 つじぎり あく 物理 70 100% 15
1 しめつける ノーマル 物理 15 85% 20
1 こおりのつぶて こおり 物理 40 100% 30
1 かくばる ノーマル 変化 —% 30
1 こうそくスピン ノーマル 物理 20 100% 40
5 こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15
9 しろいきり こおり 変化 —% 30
9 くろいきり こおり 変化 —% 30
13 オーロラビーム こおり 特殊 65 100% 20
17 とける どく 変化 —% 20
21 げんしのちから いわ 特殊 60 100% 5
25 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
29 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
33 リフレクター エスパー 変化 —% 20
37 きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
41 あやしいひかり ゴースト 変化 100% 10
45 じこさいせい ノーマル 変化 —% 10
49 フリーズドライ こおり 特殊 70 100% 20
50 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
53 つじぎり あく 物理 70 100% 15
57 ぜったいれいど こおり 特殊 —% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン07 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン33 リフレクター エスパー 変化 —% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン62 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
わざマシン64 だいばくはつ ノーマル 物理 250 100% 5
わざマシン70 オーロラベール こおり 変化 —% 20
わざマシン79 こおりのいぶき こおり 特殊 60 90% 10
わざマシン84 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン91 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
しめつける ノーマル 物理 15 85% 20 -
きりばらい ひこう 変化 —% 15 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
てっぺき はがね 変化 —% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
とぎすます ノーマル 変化 —% 30 -
マジックコート エスパー 変化 —% 15 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W Lv.31(春/秋/冬)
Lv.28(夏)
ネジやま
(出現率:春夏秋1%,冬5%)
- -
B2・W2 Lv.57(春夏秋)
Lv.56-57(冬)
ネジやま
(出現率:春夏秋5%,冬15%)
- -
X・Y Lv.40(1F)
Lv.40(2F)Xのみ
フロストケイブ(4%) - -
OR・AS × 出現しない - -
S・M × 出現しない - -
US・UM × 出現しない - -

持っているアイテム

第五世代

B2・W2
とけないこおり (5%)

第六世代

X・Y
とけないこおり (5%)

備考

  • 第五世代ではネジやまにしか出現せず、捕獲率も低いため希少価値が高い。ジムリーダーのハチクが使うため図鑑にかならず載り、もう一度探しに来る人も多い。
    • は出現率が極めて低く、出会えないトレーナーが多い。しかし、は出現率も少しではあるが上がるので、そのときに捕獲した方がよい。これは、クマシュンにも同じことが言える。
    • フリージオは出現するポケモンの中ではレベルが高い方(夏以外)なので、フリージオと同じレベルのポケモンを先頭においてゴールドスプレーを使えば出現しやすくなる
  • 性別不明ではあるが、メロメロを覚えることができる。しかし効果はない。これはフリージオが当時性別のあるポケモンとして考案されており、性別不明で考案されていたテッシードナットレイと入れ替えに性別不明に改めた際のプログラムミスでメロメロを覚えられる仕様のままになってしまった、といった説がある。性別不明でメロメロを覚えるポケモンは他にミュウ(設定上、全ての技を覚えるという関係上)、メテノダダリンがいる。
  • 体のあらゆるところであっても触ると凍ってしまうため、ポケパルレでは撫でることができないポケモン。

アニメにおけるフリージオ

マンガにおけるフリージオ

ポケモンカードにおけるフリージオ

フリージオの歴史

第五世代

最低レベルの物理耐久、物理技を呼びやすいこおりタイプである点などから、バレットパンチ1発で沈むという耐久型としては破綻したポケモンであった。例として、こだわりハチマキを持たせたテクニシャンハッサムバレットパンチを物理耐久完全特化型のフリージオが受けると相手が性格補正によって攻撃を上げているかどうかにかかわらず確定1発となった。一方、ガブリアスボーマンダよりも優れた素早さからの一致れいとうビームはそこそこ強力であり、ドラゴン全盛環境のこの世代においてはだいもんじに強いこともあって回答としてはそこそこありであった。

第六世代

環境が物理一辺倒となり、特にメガシンカを獲得したルカリオハッサムメタグロスの存在によって環境にバレットパンチが蔓延し、対戦では非常に恵まれないポケモンとなった。一方でフリーズドライを獲得し、メガシンカを獲得してすいすいアタッカーとして出世したラグラージや元々「トノドグラ」で知られるキングドラなど、雨パ要員に対して役割を遂行できるようになった。

PGL統計データからは、ORASリーグシングルバトルではフリーズドライぜったいれいどれいとうビームこおりのつぶてorじこさいせいが主流技構成であったことがうかがえ、性格は最速を意識したおくびょうがメインであった。持ち物は低耐久を補うきあいのタスキが中心であった。同リーグ同バトルではシーズン10にぜったいれいどの採用率が90%を切ったが、それを除いてどのシーズンもフリーズドライと絶対零度の採用率が90%を切ることはなかった。

第七世代

こおりタイプの速攻ができるポケモンとしてはアローラキュウコンが登場。ゆきふらしによってふぶきが必中になることを考慮すれば、火力と速度ではこちらに勝る上に、あちらにはオーロラベールという優秀な補助技が存在するため、これまで以上にフリージオは特殊耐久で差別化する必要に追われた。この世代ではHP種族値が10、防御の種族値が20上方修正されているため耐久型としては救済を受けたが、フェアリーメタとしてのはがねタイプの蔓延、メガシンカの素早さ仕様変更によりハガネタイプのメガシンカ勢にはさらに弱くなったが、メガシンカとバレットパンチを両立できるポケモンとの対面では特攻と素早さに努力値を振った構成の場合1発で落ちるのでこの点ではこれ以上不利になりようがない。

単体では微妙なポケモンだが、この世代ではドヒドイデという物理受けが登場しており、ドヒドイデで物理を受けてフリージオで特殊を受ける「ドヒドフリージオ」が成立。さらに特殊受けとして優秀なバンギラスの弱点をドヒドイデとフリージオで補完した「バンギドヒドフリージオ」という派生形もある。

USUMリーグシングルバトルでのでの持ち物は、くろいきりZワザ化して回復技として使ったり、ぜったいれいどを通常火力に変えることができるコオリZ一択となった。技構成はフリーズドライぜったいれいどじこさいせいくろいきりが主流。USUMリーグシーズン14シングルバトルで最終レート2056(154位)を記録した受けループに投入されていた。これだけ物理耐久が弱くても上位構築に採用されるあたり、この世代におけるポケモンの分業化ぶりが分かる。

一般的な育成論

高い特防素早さとそこそこの特攻を持つが、防御は非常に低い。第七世代でHP種族値が80、防御種族値は50に増加し、先制技で倒される心配は少なくなった。(マッハパンチバレットパンチアクセルロックは弱点なので耐えられないこともある)ひかりのかべリフレクターオーロラベールを覚えるため、高速アタッカーや後続へのサポートが主な使い道か。 じこさいせいしめつける等も覚えるので、特殊受けにするのも良いかもしれない。

特性はふゆう、本来等倍のじめん技を無効にできる優秀な特性である。かたやぶり等で無力化される為、交代の際は注意。

攻撃技の候補としては、ふぶき/れいとうビームフリーズドライぜったいれいどこおりのつぶてラスターカノンげんしのちからめざめるパワー炎等が挙げられる。変化技の候補としては、じこさいせいとける、ひかりのかべ、リフレクター、オーロラベール等が挙げられる。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 フリージオ freeze(英語:凍る)、frigid(英語:極寒の)、geo(ギリシア語:土地、地球)、geometric(英語:幾何学的な)
英語 Cryogonal cryo-(接頭辞:低温の),-gon(接尾辞:角形)、hexagonal(六方晶
ドイツ語 Frigometri frieren(凍る),Geometrie(幾何学)
フランス語 Hexagel hexagone(六角形),gel(霜)
スペイン語 Cryogonal 英語に同じ
イタリア語 Cryogonal 英語に同じ
韓国語 프리지오 (Peurijio) 日本語の音写
中国語(普通話・台湾国語) 幾何雪花(Jǐhéxuěhuā) 幾何學(幾何学)、雪花(雪片)

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。