ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ハンテール

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ハンテール
Huntail
英語名 Huntail
全国図鑑 #367
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #177
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #142
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #186
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #141
新メレメレ図鑑 #141
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #062
新ポニ図鑑 #-
分類 しんかいポケモン
タイプ みず
たかさ 1.7m
おもさ 27.0kg
とくせい すいすい
隠れ特性 みずのベール
図鑑の色
タマゴグループ すいちゅう1
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 こうげき+1
ぼうぎょ+1
基礎経験値
  • 第四世代以前: 178
  • 第五・第六世代: 170
  • 第七世代: 170
最終経験値 600000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 60
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ハンテールとはぜんこくずかんのNo.367のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

進化

ポケモンずかんの説明文

ルビー
とても ふかい うみの そこに すんでいるため ながい あいだ ひとに みつからなかった。くらい しんかいでも よく みえる めを もつ。
サファイア
さかなの かたちをした シッポで おびきよせ おおきな くちで エサを まるのみ する。ヘビのように からだを くねらせて およぐ。
エメラルド
しんかいの つよい すいあつに たえられるように とても ふとく がんじょうな せぼねを もつ。こざかなに にた しっぽの めが ひかる。
ファイアレッド・リーフグリーンX
ひかりの とどかない しんかいに せいそく。こざかなに にた しっぽを ひからせて えものを さそいだす。
(漢字)光の 届かない 深海に 生息。小魚に 似た 尻尾を 光らせて 獲物を 誘い出す。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2Y
しんかいに せいそくする ポケモン。こざかなの かたちをした しっぽで えものを おびきよせ つかまえる。
(漢字)深海に 生息する ポケモン。小魚の 形をした 尻尾で 獲物を 誘き寄せ 捕まえる。
ハートゴールド・ソウルシルバー
まっくらな しんかいに せいそく。しっぽを いきものの ように うごかして えものを さそう。
ウルトラサン
およぐちからは あまり つよくない。 シッポを ふって えものを よびよせ ちかよったところを ガブリと いく。
泳ぐ力は あまり 強くない。 シッポを 振って 獲物を 呼び寄せ 近寄ったところを ガブリと いく。
ウルトラムーン
しんかいに せいそく。 ハンテールが はまに うちあがると ふきつなことが おこるという いいつたえが ある。
深海に 生息。 ハンテールが 浜に 打ちあがると 不吉なことが 起こるという 言い伝えが ある。

種族値

第3世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 55
 
115 - 162 220 - 314
こうげき 104
 
98 - 171 191 - 337
ぼうぎょ 105
 
99 - 172 193 - 339
とくこう 94
 
89 - 160 173 - 315
とくぼう 75
 
72 - 139 139 - 273
すばやさ 52
 
51 - 114 98 - 223
合計 485
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ハンテール/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 うずしお みず 特殊 35 85% 15
1 かみつく あく 物理 60 100% 25
5 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
9 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
11 だましうち あく 物理 60 —% 20
14 みずのはどう みず 特殊 60 100% 20
16 こおりのキバ こおり 物理 65 95% 15
19 しおみず みず 特殊 65 100% 10
23 ふいうち あく 物理 70 100% 5
26 ダイビング みず 物理 80 100% 10
29 バトンタッチ ノーマル 変化 —% 40
34 かみくだく あく 物理 80 100% 15
39 アクアテール みず 物理 90 90% 10
45 とぐろをまく どく 変化 —% 20
50 ハイドロポンプ みず 特殊 110 80% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン07 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン55 ねっとう みず 特殊 80 100% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン83 まとわりつく むし 特殊 20 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン94 なみのり みず 特殊 90 100% 15
わざマシン98 たきのぼり みず 物理 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[086][087][183][184][222][226]
[350][368][535][536][537][580]
[581][594][751][752]
アクアリング みず 変化 —% 20
[222] バリアー* エスパー 変化 —% 20
[060][061][131][363][364][365]
[422][423]
のしかかり ノーマル 物理 85 100% 15
[086][087][116][117][230][131]
[138][139][222][279][363][364]
[365][367][393][394][395][564]
[565][594]
しおみず みず 特殊 65 100% 10
[131][226] あやしいひかり ゴースト 変化 100% 10
[140][141][222][618] こらえる ノーマル 変化 —% 10
[194][195][258][369][422][423]
[618][771]
どろあそび じめん 変化 —% 15
[194][195][259][260][422][423]
[535][536][537][618][692][693]
だくりゅう みず 特殊 90 85% 10
[222][350] リフレッシュ ノーマル 変化 —% 20
[226][278][279][535][536][537] ちょうおんぱ ノーマル 変化 55% 20
[007][008][009][054][055][079]
[080][199][131][223][226][278]
[279][350][367][368][422][423]
[580][581][594][656][657][658]
[690][691][692][693]
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
アクアテール みず 物理 90 90% 10 -
しめつける ノーマル 物理 15 85% 20 -
とびはねる ひこう 物理 85 85% 5 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
よこどり あく 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
いかりのまえば ノーマル 物理 90% 10 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
R・S・E × 出現しない Lv.XX パールルしんかいのキバを持たせて通信交換させる。
FR・LG - -
D・P × 出現しない Lv.XX パールルしんかいのキバを持たせて通信交換させる。
Pt - -
HG・SS Lv.XX パールルしんかいのキバを持たせて通信交換させる。
B Lv.45-70 4ばんどうろ(釣り【影】) Lv.XX パールルしんかいのキバを持たせて通信交換させる。
W × 出現しない
B2 Lv.50-70 4ばんどうろ(釣り【影】)
W2 × 出現しない
X Lv.35 12ばんどうろ(釣り:すごいつりざお) Lv.XX パールルしんかいのキバを持たせて通信交換させる。
Y × 出現しない
OR・AS × 出現しない
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.10-17
Lv.10-22(泡)
メレメレかい(夜)
(パールル乱入バトル)
Lv.XX パールルしんかいのキバを持たせて通信交換させる。
Lv.10-35
Lv.10-40(泡)
15ばんすいどう(夜)
(パールル乱入バトル)

持っているアイテム

ブラック, ブラック2, X, ウルトラサン・ウルトラムーン
しんかいのキバ (5%)

備考

アニメにおけるハンテール

マンガにおけるハンテール

ポケモンカードにおけるハンテール

ハンテールの歴史

第三世代

当時は他のみずタイプとの差別化が困難であり、鈍足を補う手段もなかったため、みずタイプの中でも恵まれない立場にあった。

第四世代

トリックルームの登場、後述のようないかりのまえばしおみずのコンボの登場によって最低限の実用性を手にした。進化には道具を持たせて通信交換するという手間があるが、ニンテンドーWi-FiコネクションさえあればGTSで一人で通信交換することもできた。そのWi-Fiコネクションも多くのホビーショップで無料で利用できたので、入手自体はこの世代に限って言えば比較的楽であった。

第五世代

隠れ特性みずのベール、新技としてからをやぶるを習得。しかし第四世代の教え技ふいうちと両立できなかった。一方であめふらしニョロトノの登場によって雨パの選択肢の1つとなった。ただ、すいすい下でも準速にしてようやく最速130族を抜けるようになるに過ぎなかったため、過信は禁物であった。また、進化前のパールルしんかのきせきの登場によって耐久型として利用されるようになり、使用率はどちらかというとパールルの方が高かった。環境的にもドレディアエルフーンなどの新規の強力なくさタイプが勢いを持っていたため、相対的に見ると第四世代より弱体化。一方で、野性産が入手できるようになったことから、ハンテールで図鑑埋めすることに関しては当初から比べれば随分と楽になった。

第六世代

まとわりつくを習得。後述のように、ORASでふいうちを自力習得できるようになったことからハンテールならではの差別化点が生まれた。PGLレーティングバトル統計データを見ると、少なくともORASリーグシングルバトルに関して言えば、シーズン8以降はからをやぶるバトンタッチたきのぼりふいうちの採用率が50%を下回ることが無く、特にからをやぶるは同リーグの多くのシーズンで採用率が95.0%以上を記録している。性格は物理攻撃に特化させるためにいじっぱりが主流であり、元々特殊耐久が低くて諦めがつくということでやんちゃも割合を伸ばしていた。持ち物はからをやぶるとシナジーを形成するしろいハーブがメインであった。

第七世代

素早さの種族値が110を超えるポケモンがこだわりスカーフを持つ超高速環境が到来。フィールドメイカー特性で火力を強化しつつ速攻を仕掛けるカプの登場もあって、すいすいで素早さを強化したハンテール程度では先手を取れず逆に上から叩かれて一撃で倒される危険性が高くなった。環境的にはトップメタの一角にあるカプ・コケコが厳しいためきあいのタスキが比較的採用率を伸ばしているが、基本的な構成は第六世代と変わらない。ホウエン図鑑のポケモンであったことからORASリーグで使用率が比較的伸びていた第六世代と異なり、この世代ではやたらとキリの良い%数が統計データに表れていることから使用率はかなり低いと推測される。

一般的な育成論

攻撃防御に優れる。しかしHPは低いため、耐久は高くはない。天候あめでアドバンテージを得るパーティの物理アタッカーとしての出陣が多い。殻はないが、からではさむを習得する。BWではからをやぶるを習得したので、前作よりは強化された。

攻撃技としてはたきのぼりアクアテールかみくだくすてみタックルなど。特性すいすいを活かすために、あまごいのサポートも欲しい。

またかげぶんしんてっぺきバトンタッチできる。からをやぶるもバトンタッチできるが、サクラビスより能力上昇技が少ないためやや使いにくい。

HGSSの教え技でいかりのまえばを習得。この技で相手のHPを半分にした後にしおみずでとどめを刺すというコンボができる。

ORASではレベル技でふいうちを取得したため、隠れ特性みずのベールからをやぶるとの両立が唯一可能となったポケモン。やけどを気にせず高火力でふいうちを撃ったり、相手がふいうちを警戒することを読んでバトンタッチも可能。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ハンテール
英語 Huntail 日本語に同じ
ドイツ語 Aalabyss
フランス語 Serpang
韓国語 헌테일
中国語(普通話・台湾国語) 猎斑鱼
ポーランド語 Huntail 日本語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。