ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

性別

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
このページではポケモンの性別について解説しています。主人公の性別については主人公を参照してください。

性別 (せいべつ) とは、ポケモンのステータスの一つ。性別不明の3種類がある。進化しても通常変わることはない。

性別の決定

性別不明のポケモン以外は、性別値によって(第二世代では個体値によって)そのポケモンの性別が決められる。

第二世代

こうげきの個体値による。高いほど♂になる。具体的には、

♂:♀=1:1
0~7→♀ 8~F→♂
♂:♀=3:1
0~3→♀ 4~F→♂
♂:♀=1:3
0~B→♀ C~F→♂
♂:♀=7:1
0~1→♀ 2~F→♂

勿論、性別不明のポケモンや性別が♂か♀に固定されているポケモンは個体値によって性別が変わることはない。 この仕様のため、一部の♀のポケモンは色違いにならなかった。

第三世代以降

性別は個体値によって決まらなくなり、♀のポケモンでも攻撃個体値が最大のものが出現するようになった。

性別が関与すること

片方の性別のみ出現するポケモン

オス限定

メス限定

性別で姿が大きく異なるポケモン

大半は違いが微々たる物が多いが、中には姿が大きく異なり、公式イラストやゲーム中のアイコン上などで区別されている以下のようなポケモンもいる。

ニドラン♂ニドラン♀は元々ポケモンの種類が別扱いなのでここでは除く。

性別で姿がわずかに異なるポケモン

ゲーム中の小アイコンでは区別されないポケモン

性別が関わる進化

ニドランに関しては同上の扱いとする。

備考

  • 第一世代では、明確に性別の違いのあるポケモンはニドラン♂ニドラン♀しかいなかった。
  • 第二世代以降、ストーリー中に出会うトレーナーは、自分の性別と同じ性別のポケモンを使う傾向がある。
    • 自分と異なる性別のポケモンを使うトレーナーは割合として少数派だが、こちらも第二世代以降毎シリーズ登場している。
  • 性別による姿の違いがあってもその違いが微々たるものである場合、そのようなポケモンのほとんどは公式イラストが♂準拠となっている。ただし第三世代以前に描かれたイラストなどではその限りではない(例:ドードリオガブリアス)。
  • 第五世代まではルリリマリル進化時にのみ性転換が起きる可能性がある。性別値の項を参照。

ポケモン不思議のダンジョンにおける性別

探検隊では、性別によって能力に差があり、♂のポケモンはわざが急所に当たる確率が高く、♀のポケモンはわざの命中率と回避率が高い。また、ダンジョンの奇数階では♂のポケモン、偶数階では♀のポケモンのみが登場する。

関連項目

脚注

  1. これを確認できるように、Pokémon HOMEなどではアチャモのみ前後反転ができる場合がある。