第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケットモンスター 金・銀

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
はこのページへ転送されています。その他の用法については金 (曖昧さ回避)を参照してください。
ポケットモンスター 金・銀
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 1999年11月21日
2017年9月22日(VC)
アメリカ 2000年10月15日
2017年9月22日(VC)
イギリス 2000年7月7日
2017年2月22日(VC)
ドイツ 2001年4月6日
2017年9月22日(VC)
韓国 2002年4月24日
2017年9月22日(VC)
公式サイト

株式会社ポケモン
任天堂
株式会社ポケモン(VC)

ポケットモンスター 金・銀とは、任天堂が発売したポケットモンスターシリーズ第二世代のゲームソフトのこと。また、このソフトのマイナーチェンジ版としてクリスタルバージョンがある。

概要

本作は、赤・緑ピカチュウの後継作品として発売された作品である。ストーリー上、金・銀は赤・緑・青・ピカチュウバージョンの3年後という設定である。この様子はロケット団の行動やカントー地方の随所で垣間見られる。

当初1998年をめどに開発されていたソフトであったが、開発が遅れたため、発売予定日が数度となく変更された。また、出荷時に台湾大地震の影響で予約本数より出荷本数が下回り、一時強い品薄状態に陥った。

前作と[1]通信交換での互換性を保っている[2]。GBA版との通信はプロトコルの違いなどの理由により不可能である。

CMには加藤あいが出演した。

2017年6月6日、ポケモンダイレクトにてバーチャルコンソール (VC) 版が9月22日に発売されることが発表された。VC版赤・緑・青・ピカチュウと同じく、ポケモンバンクに対応し、第七世代へのポケモンの転送が可能である。

システムなどの変更点

曜日時間の概念
ロムカセットの内蔵電池を利用した時計システムがある。冒険の最初に曜日と時刻の設定を行う(以降変更ができない)。それにより、(4:00-9:59)、(10:00-17:59)、(18:00-3:59)で野生のポケモンの出現パターンが異なっている。また、フィールドのグラフィックは朝だと黄色ががった色になり、昼の場合は明るくなり、夜の場合は暗くなる。またむしとりたいかいおつきみやまのピッピなど曜日や時間に関係するイベントも存在する。
なお、第四世代以降と異なり現在の時間を修正する方法がない。そのため何年もプレイしていると時間かなりずれてしまう場合がある。
とくこうとくぼうとの分割
第一世代ではとくしゅとして一体であったため、とくしゅの能力値の高い傾向があるタイプ(特にエスパータイプ)が優遇され、逆にかくとうタイプなどは冷遇されていた[3]。分割されたことによりタイプによる有利不利はある程度是正された[4]
相性の変更、はがねあくの登場
若干の相性の変更がされた。優遇されていたエスパーに対して天敵となるあくタイプ、冷遇されていたほのお、かくとうが有利なはがねタイプの登場で、タイプそのものの有利不利はかなり是正された。これによりタイプは全部で17種類となった。また、ゴーストエスパーの、本来の意図とは違う相性に設定されてしまっていた相性の修正も行われた。本作から第五世代までタイプの種類と数、相性は全く変更されなかった。
どうぐをもたせる
イベントアイテムを除くすべてのアイテムの中から1つだけ、もちものとしてポケモンに持たせることができるようになった。またターン終了後にポケモン自身が使ってHP状態異常を回復するようなきのみや、1種類のタイプのわざの威力を高めるような道具も登場。道具をもったポケモンを交換することで(旧作との交換時、道具を持った状態に関わらずそのまま次の手順に進むことができ、交換先で持ち物の有無やその効果は反映されない[5])、道具の交換も可能になった。これによりパーティの構成にポケモン、技のみならず道具もかかわるようになり、より緻密なパーティ構成が可能となった。
がくしゅうそうちの使い方
本作以降第五世代まで、ポケモンに道具として持たせることで効力を発揮するよう、システムが変更された。
性別の登場
第一世代では性別の概念がなかった(ニドラン♂ニドラン♀は別ポケモン扱い)が、本作以降全てのポケモンに性別が導入された。本作での性別の判定は、第一世代と互換性を保つためこうげき個体値を用いる仕様(高い個体が♂、低い個体が♀)となっており、ポケモンの種類によって、オスメスの比率が決まっている(ほとんどが1:1だが、片方の性しか存在しないポケモン、また一方の性別が多めに存在するポケモンもいる。また、せいべつふめいのポケモンもいる)。ずかんにはどちらの性別のポケモンを捕まえても記録される。性別の登場により下記のとおりタマゴの概念が登場した。
ポケモンのタマゴ
34ばんどうろにいる育て屋に、タマゴグループの共通する2匹のポケモンの♂と♀を預けると、タマゴが発見されるようになった。タマゴは手持ちに入れた状態である歩数歩く(じてんしゃなみのりでもよい)ことで、預けた♀の最も進化していないポケモン(レベルは5)が手に入るようになった。また、♂のポケモンから一部のわざを遺伝させることもできる[6]
16個のバッジ
本作での目標はジョウト地方の8つのバッジを集めてセキエイこうげんにあるポケモンリーグを制覇することであるが、クリア後に旧作の舞台であるカントー地方全体に行けるようになる。一部の変更があるもののジムリーダーたちも健在であり、こちらで8個のバッジを集められるため、最終的なバッジの数は16個となる。本作でのカントー地方は第一世代で存在していた多くの施設・ダンジョンが閉鎖、消滅しているなど簡略化されている[7]
具体的には、サファリゾーンが閉園中[8]ニビかがくはくぶつかんの閉館中、ポケモンタワーからラジオタワーに変更の上2階以降に上がれない、ふたごじまの通行不可、ハナダのどうくつが崩れている、グレンじまの噴火などマップの多くが消失していて、トレーナーの数もかなり少なくなっている。これはロム容量の問題であると考えられる。
ポケモン図鑑の並び
「新しい」(進化順)[9]と「古い」(番号順)[10]、そしてアイウエオ順の中から選べる。この世代から検索機能もついた。
ぼんぐり
ヒワダタウンにいるガンテツぼんぐりを預ける事で、1日に1個だけ特殊なボールを作ってもらうことができる。
アイテムの分類
どうぐ、ボール、たいせつなもの、わざマシンの4種類が「バッグ(本作ではリュック)」の中で分類されるようになった。
ポケギア
デジタル時計、電話、ラジオの機能が搭載されている。一部のトレーナーを登録することができ、再戦を求めて電話をかけてくることがある。(登録できるのは10人。)以後ルビー・サファイア・エメラルドではポケナビ、ダイヤモンド・パール・プラチナではポケッチ、第五世代ではライブキャスターCギア(C-GEAR)、とその性格は若干の変更はあるが進化している。
新しいポケモン
旧作の151種類に加え新たに100種類のポケモンが登場した。また、一部の旧作のポケモンの進化前後のポケモンも19種存在する。#新進化のポケモン一覧を参照。これによりずかんの完成に必要なポケモンの数は249(幻のポケモンを含むと251)となった。
旧作同様に金・銀どちらか一方のバージョンにしか登場しないポケモンが存在することをはじめ、旧作での最初の3匹伝説のポケモンなど(フシギダネフシギソウフシギバナヒトカゲリザードリザードンゼニガメカメールカメックスオムナイトオムスターカブトカブトプスフリーザーサンダーファイヤーミュウツーの17種)は、旧作から通信しないと手に入れられない。従って、図鑑の完成には金・銀および旧作のいくつかのバージョンが必要である。
マップ上を逃げ回る伝説ポケモン
ライコウエンテイスイクンの3種の伝説のポケモンは、あるイベント以降ジョウト地方の草むらを転々とし、運良く遭遇してもすぐに逃げ出してしまう。自分のポケモンがくろいまなざしなどの技があっても、大抵の場合は相手がほえる使って自分から逃げてしまう。ただ、こおり技によるこおり状態及びねむり状態にする技でなら可能。遭遇の場合、場所はエンカウントした後にずかんで確認できるが、主人公が移動するに伴ってこれらも移動するため、捕獲は非常に困難である。
バトルのルール
今まではトレーナーが一方向を向いていたが、今作より方向転換をしてバトルを仕掛けるようになり、バトルを避けることが困難になった一方で余所見をしている隙に通り過ぎることも可能。また、上記のポケギアの項にも記載しているが、登録相手の再戦も可能となったが、登録上限数が限られている。
てんきの概念
バトル中に特定のわざを使うことで、通常の状態から天気を変えられるようになった。にほんばれあまごいすなあらしが該当し、それぞれ天気が5ターンの間ひざしがつよいあめすなあらしに変わる。
レベルアップ
今作から、レベルが2以上になるけいけんちを貰った際、レベルアップは1つずつ上がっていく。これにより、レベルアップ技をもれなく覚えることができるようになった。

新進化のポケモン一覧

ここでは、第一世代のポケモンに新たな進化が加わったポケモンを一覧にする。

ハードなどのデータ

    • 型番:DMG-AAUJ-JPN
    • 発売日:1999年11月21日
    • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
    • 新品価格:3,800円+税
    • ROM容量:8Mbit(1MB)海外版は16Mbit(2MB)
    • 型番:DMG-AAXJ-JPN
    • 発売日:1999年11月21日
    • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
    • 新品価格:3,800円+税
    • ROM容量:8Mbit(1MB)海外版は16Mbit(2MB)

あらすじ


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

時系列的には第一世代から三年経っている。

ジョウト地方ワカバタウンに住む主人公は、ある日ウツギ博士に呼ばれ、ポケギアを持って研究所に向かう。するとウツギはポケモンじいさんの家に行き、ふしぎなタマゴを貰ってくるようおつかいを頼んだ。そこで主人公はウツギ博士にチコリータヒノアラシワニノコのうちどれか1匹を貰った。しかし、研究所の外で赤い髪の毛の少年が中の様子をうかがっている。怪しいので声をかけると「人のことじろじろ見てんなよ」と乱暴に突き飛ばしてきた。それはさておき、ヨシノシティの北にあるポケモンじいさんの家を目指した。

ポケモンじいさんの家に着くと、オーキド博士もおり、オーキドはポケモン図鑑を作ることも勧めてきた。そこで主人公はポケモン図鑑作りも引き受け、オーキドからポケモン図鑑をもらった。しかし、帰ろうとすると、ウツギから電話が。しかしウツギは慌てており「大変だ」としか言わない。とにかく大変なので急いで戻ってきて欲しいと言われた。そこで急いでワカバタウンに帰ろうとすると、ヨシノシティで先ほどの赤い髪の少年が。やはり彼は主人公がポケモンを貰うところを見ていたのだ。そして「弱いくせにもったいない」とけちをつけ、とまどう主人公にポケモンバトルを仕掛けてきた。勝負後、彼は世界で一番強いトレーナーを目指すと言い残し、去った。

ワカバタウンの研究所に到着すると、警察がいた。ポケモンが1匹盗まれたのだ。赤い髪の少年がウツギ博士の研究所でポケモンを貰うところを見ていてそれにけちをつけたことや、自分が貰わなかったポケモンを使ってきたことから、彼が犯人だという結論になった。一方、ウツギ博士はタマゴを受け取ると、神妙な顔をして研究をすると言い出した。そして主人公はオーキドからポケモン図鑑を貰ったことを話すと、旅に出ていろいろなポケモンをゲットしながら、各地のポケモンジムに挑戦することを勧められた。そこで、主人公は冒険に出ることにした。

ヨシノシティを過ぎてキキョウシティに入ると、さっそくジムがあった。挑戦してジムリーダーのハヤトに勝ち、ジムバッジを貰った。そこへウツギから電話が。タマゴの研究でわかったことがあるという。ポケモンセンターで博士の助手が待っており、主人公にタマゴを託したのだった…。

バージョン間の違い

  • パッケージは金ではホウオウ、銀ではルギアが描かれている。タイトル画面は金が羽ばたくホウオウのシルエット、銀が海底を泳ぐルギアのシルエットとなっている。
  • ポケモン図鑑の説明文・グラフィックやポケモンの出現率
  • ホウオウルギアに関するイベント
    • にじいろのはねぎんいろのはねの入手イベントが入れ替わっている。
    • 金ではホウオウを、銀ではルギアをそれぞれ先に入手する(両バージョンとも両方手に入れられるが、後に入手するほうはレベルが70と高く、固有のわざを忘れてしまっている)。

その他

  • 一部トレーナーの勝負を仕掛けるBGM、カントー地方での勝負中のBGMは赤・緑系のアレンジされたものがある。この2つはカントー地方の登場しないほかのソフトではまったく違うBGMとなる。
  • 第一世代についてはファイアレッド・リーフグリーンの形でリメイクされていたが、本作のストーリーがハートゴールド・ソウルシルバー発売以前は唯一、第四世代へのポケモンの移動ができないものとなっていたため、本作の非公式リメイク[11]を取り扱っている非公式サイトがいくつか存在する。
  • 時計機能のために電力消費が大きいこともあり、発売から10年以上経過した現在、セーブデータ用の内蔵電池が切れているソフトがほとんどである。任天堂サービスセンターに電池交換を依頼する必要があるが、この取り扱いは終了している[1]
  • 第一世代ほどではないが、コピーバグなど、いくつかの有名なバグが存在する。
  • ジョウト地方で野生ポケモンと戦闘する際のBGMが朝・昼と夜で微妙に異なっていた。

関連項目

リメイク

脚注

  1. 前作に登場する151匹で、尚且つ金銀で新登場した技を覚えていないものに限る。ただし、バグ技や改造コードを使用して作った前作のけつばん等のポケモンの送信は可能である。この場合、金・銀での該当番号のポケモンに変化する。
  2. 違う世代と双方向でポケモンをやり取りできるのは赤・緑・青・黄と金・銀・クリスタル間のみで、第三世代以降は一方向移動のみである。
  3. 攻撃側ではこうげき、防御側ではぼうぎょのステータスがダメージ判定に使われるが、とくしゅは攻撃側、防御側で同じステータスが使われるため、とくしゅが大きいポケモンがダメージ判定上有利となる。
  4. ただし、第一世代との互換性のためとくこう、とくぼうにかかわる個体値努力値等は分離されておらず、完全に分割されるのは第三世代になってからである。
  5. 実際は第一世代のみが個体別に持っていた(第二世代以降は種類別で決定される)捕捉率に反映されるため、そのポケモンを金銀に戻した場合はその道具を持った状態で戻ってくる。
  6. なお、制作者側がタマゴが実際に預けた♂と♀の子供であるかどうかは明らかにしておらず、あくまでもゲーム中ではタマゴは「産まれる」のではなく「発見される」とされている。
  7. なお、リメイクであるハートゴールド・ソウルシルバーではDSソフトの性能の関係のためか、ゲームボーイソフトより若干改善されている。
  8. ベータ版と思しきサファリゾーンのマップは存在する。
  9. 後発作品に倣ってジョウトずかんとよばれることもある。
  10. ふるいずかんは第三世代以降ぜんこくずかんと呼ばれている。
  11. ROMイメージを改造したもの、改造ポケモン (ソフト)なども参照。