ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

チャンピオン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

チャンピオンとは、トレーナーの肩書きの1つ。

概要

各地のジムジムリーダーを倒しジムバッジを集めることでポケモンリーグで戦うことができる、その地方最強のトレーナー。一般的なRPGのラスボスにあたる。

基本的にまず四天王を倒さないと戦うことができず、その後チャンピオンの部屋に入ると戦闘になるが、ガラル地方ではチャンピオンへの挑戦権の獲得方法が異なるためか、四天王が存在しない。

ブラック・ホワイト等の例外はあるが、基本的にはチャンピオンを倒すと殿堂入りとなりエンディングを迎える。使用するポケモンはバラバラな者と統一感のある者がいるが、後者であっても大抵は1つのタイプで全抜きされないような対策ポケモンを入れているため、一筋縄ではいかない。

ファイアレッド・リーフグリーン以降、一度殿堂入りするとポケモンが強化されることがある。人によってはその地方には出現しないポケモンも使用してくるほか、ポケモンのレベルが上昇し、技構成も対人戦でもそのまま使えるような本格的なものになる。

チャンピオンの身分を隠して主人公に接触するなど、ポケモンリーグ挑戦前に顔を合わせることが通例だったが、特に近年は例外も多い。肩書きを隠している場合は、ただのポケモントレーナーや研究者、その他の肩書きとして登場することが多い。

先述の例外に当て嵌るのは、グリーン、アデク、7世代の主人公、ダンデなど。グリーンと7世代の主人公は、冒険途中はチャンピオンではなく、終盤に就任するため。アデクとダンデは隠しておらず、周知の事実となっている。

また、カルネはチャンピオンの身分を(作中の会話等で)公言しないが、同様に公言しない他のチャンピオン達と違い、シナリオへの絡みが極端に少ない。

主人公がチャンピオンを倒しても、その後は殆どの作品で世間から何故かチャンピオン扱いされないケースも多い。アローラ地方とガラル地方では、殿堂入り後は世間からも、主人公がチャンピオンとして扱われている。

アローラ地方はポケモンリーグが設立されたばかりで、初めはチャンピオンがいない。そのため、1回目はククイ博士(サン・ムーン)かハウ(ウルトラサン・ウルトラムーン)と戦い、勝利して主人公がチャンピオンを襲名する事になる。2回目以降はチャンピオン防衛のため自身が挑戦者を迎え討つという形で最終戦を行う。

チャンピオン一覧

ソフト チャンピオン 使用する主なタイプ
赤・緑ピカチュウ
ファイアレッド・リーフグリーン
グリーン -
金・銀クリスタル
ハートゴールド・ソウルシルバー
ワタル ドラゴン
ルビー・サファイア
オメガルビー・アルファサファイア
ダイゴ はがね
エメラルド ミクリ みず
ダイヤモンド・パールプラチナ シロナ -
ブラック・ホワイト アデク (むし)
ブラック2・ホワイト2 アイリス ドラゴン
X・Y カルネ -
サン・ムーン
ウルトラサン・ウルトラムーン
不在→主人公 -
Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ シン -
ソード・シールド ダンデ -

賞金の倍率

備考

  • 初戦時のポケモンの平均レベルはソフトによってまちまちであり、最も高いカルネは65.5であるが、最も低い金・銀・クリスタルのワタルは46.7しかない。
  • 先述の通り、アローラ地方では主人公が着任するまでチャンピオンがいなかったが、カントー地方でもグリーンの前任となるチャンピオンがいなかったのではないかと推測される。
    • 理由としてはストーリー中に名前すらも一切登場しなかったり、ワタルに勝利後「先にグリーンが4人を倒してチャンピオンになった」と語っていることなど。他、ポケットモンスター THE ORIGINにおいてもワタルに勝利したレッドがそのままチャンピオンになれると思っていた事や、ポケモンジェネレーションズで、グリーンが挑戦しにやってくることを知った四天王が顔を合わせても、(もしいるなら)その時点のチャンピオンだけはその場に居合わせなかったことなどが挙げられる。
    • ピカブイではそれまで四天王全てに勝ったトレーナーをチャンピオンとして記録するだけであったが、ストーリー中でシンが正式なチャンピオンに就任した。
  • 第一世代のチャンピオン戦では「せんとうアニメ」が設定に関係なく強制的に「じっくり みる」状態になる。
  • 第六世代のチャンピオン戦ではメガシンカを発動すると必ずカットインが入る。

関連項目