第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケットモンスター サン・ムーン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
サンはこのページへ転送されています。きのみについてはサンのみを参照してください。
ポケットモンスター サン・ムーン
ジャンル RPG
プレイ可能人数 1人(ローカル通信時最大4人)
発売元 株式会社ポケモン
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 2016年11月18日
アメリカ 2016年11月18日
イギリス 2016年11月23日
ドイツ 2016年11月23日
オーストラリア 2016年11月18日
韓国 2016年11月18日
公式サイト

pokemon.co.jp(日本)

pokemon.com(英語)

ポケットモンスター サン・ムーンは、2016年11月18日に発売されたニンテンドー3DS用のゲームソフトである。

概要

2013年のポケットモンスター X・Y以降およそ3年ぶりの新世代ソフトである。今作は、色、鉱石、アルファベットではなく天体の名前となった。また、第六世代に引き続きニンテンドー3DS用ゲームソフトとなり(一部地域を除く)世界同時発売ともなる。ロゴは、サンが太陽をイメージしたと思われるオレンジ色。ムーンは三日月をイメージした青色となっている。「ン」の一画目はサンでは青色のひし形の石が、ムーンではオレンジ色のひし形の石があり、それぞれのソフトとは対になる色となっている。

10月18日には体験版が配信された。サトシゲッコウガと共に製品版とは異なるストーリーをプレイできる。プレイ後には製品版発売後にこのゲッコウガを製品版に持っていくことが可能。

2017年1月25日にはポケモンバンクがサン・ムーンに対応し、第六世代および第一世代(VC版)のソフトからポケモンを連れてくることができるようになった。

新要素・変更点

リージョンフォーム (アローラのすがた)
ポケモンがアローラ地方の環境に適応した結果、その地方でしか見られない姿になった個体が登場。高さ・重さだけでなく、タイプ特性も大きく変わったポケモンもいる。
時間の概念
今までのソフト同様、ゲーム内の時間は3DS本体の時間と連動しているが、サンとムーンでは12時間の時差があり、実際の時間と比べムーンの方が昼夜逆転する形となる。
着せ替え
X・Y同様、主人公の服・髪型・目の色を自由に変更することができる。ただしポケモンセンターのフィッティングルームは廃止され、ブティックの試着室でのみ着せ替えられる。また、女主人公はリップの色を変えることもできる。
新要素として購入した服のうち、白色のものはフェスサークルの染物屋で染めることができるようになり、同じ服でも違った色を楽しむことができるようになった。きのみを使って染めることもできる。
また、サンでしか買えない服、ムーンでしか買えない服も多数あり、もう一方のバージョンでしか買えない服もフェスサークルランク10以上になれば、通信相手の着ている服を取り寄せることができるようになり、それによって手に入れられる。
ポケモンライド
町やダンジョンなどでポケモンを呼ぶことでポケモンに乗ることができる。ポケモンの力を借りることで、巨大な岩の先など人間だけでは行けない場所に行くことができるようになる。それに伴い、ひでんマシンは廃止された。フィールドわざもすべて廃止されている。
ポケモンジムの廃止
これまでの地方にあったポケモンジムが廃止され、島めぐりの試練および大試練がジムの代わりとなっている。また、一部を除くZクリスタルがジムバッジの代わりとなっている。
島めぐりの大試練をこなすとトレーナーカードにスタンプが押され、これによって一定レベルまでの他人のポケモンが言うことを聞くようになる。
グリッドの完全廃止
第六世代では一部のマップでスライドパッドの移動によりグリッドを無視した移動ができたが、本作ではグリッドが完全廃止された。そのため隣接してAで調べるのに対し、どこまで近づけば調べられるかが分かりづらくなった配慮として、アイテムボールや調べられるところの一部は調べられるところまで近づくと、吹き出しで「A」と表示される。
ポケモン預かりシステム
これまでは起動すると「ポケモンを預ける」「ポケモンを連れていく」「ボックスを整理する」「持ち物を整理する」といったメニューが出たが、このメニューが廃止され、起動すると一発でボックス整理になり、ボタンでボックス整理と持ち物整理を切り替える形となった。
バトル画面
バトルの際、ポケモンのアイコンをタッチすると能力変化や状態変化を調べることができる。また、Yボタンでボール使用へのショートカットができる(従来通り、バッグ経由で使用することも可能)。
一度戦ったことがある相手ポケモンとのバトルの場合は技選択の画面で「こうかばつぐん」(2倍弱点と4倍弱点)・「こうかあり」(1倍)・「いまひとつ」(0.5倍と0.25倍)・「こうかなし」(0倍)のメッセージがでるようになった。ただし本来はじめん技が抜群なのにふゆうのためにきかない、など特性による相性の変化は考慮されていない。
ジャッジ
これまでよりさらに詳しく調べられるようになり、すべての能力が大体どのくらいの個体値か調べられるようになった。また、ボックス操作中に「ジャッジ」をタッチすることでジャッジモードに切り替わり、カーソルを合わせるだけでジャッジ結果が出る。
乱入バトル
野生のポケモンはたまにターン終了後、ぬしバトルは1ターン終了後に必ず助けを呼び、1対2のバトルになる。

発売までの経緯

ポケットモンスター サン・ムーンにおける反響

10月27日に公開された資料によると、ポケットモンスター サン・ムーン 特別体験版は全世界で 350万DLを突破した。予約状況も日米欧いずれにおいても前作のポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアを超えるスピードで伸びを続けている。[4]

11月16日時点で、全世界での初回出荷本数が1000万本を突破した。[5]これは3DSソフトとしては最多で、X・Yと比べ1.5倍の本数である。

備考

  • サン・ムーンからは7言語に加え新たに中国語(簡体、繋体)が追加された。[6]これにより、中国語でのポケットモンスターの正式名称も決定した。

脚注

  1. 【公式】『ポケットモンスター サン・ムーン』ジブンを超えよう。#01
  2. 【公式】『ポケットモンスター サン・ムーン』 最新ゲーム映像(ジガルデ)1
  3. 【公式】『ポケットモンスター サン・ムーン』 最新ゲーム映像(ジガルデ)2
  4. 任天堂株式会社 第 77 期(2017 年 3 月期) 第 2 四半期決算説明会資料(pdf)
  5. 『ポケットモンスター サン・ムーン』初回出荷本数が世界累計で1000万本を突破! - ファミ通.com
  6. 中国では過去に、中国語版の販売を求め署名も行われたので念願ともいえる。

関連項目