ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

じめん

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

じめん(地面,Ground)は、タイプの一種。

概要

地中などに住むポケモンがこのタイプに分類される。弱点を突けるタイプがかくとうに並び、最も多い。多くはこうげきぼうぎょが高く、とくこうとくぼうすばやさが低い。

じめんタイプの技は5つものタイプの弱点を突くことができ、攻撃面で優れる。ただし能力値や弱点の関係から特殊技を苦手とし、防御面ではやや不安がある。

ポケモンカードゲームではタイプに分類される。

ポケモンとしてのじめんタイプ

このタイプを持つポケモンについてはCategory:じめんポケモンを参照。

じめんのみ

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ノーマル

相性

× ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+ほのお

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+みず

相性

×○
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+でんき

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+くさ

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+こおり

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+どく

相性

第一世代

×

第二世代以降

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ひこう

相性

×○ ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+エスパー

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+むし

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+いわ

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ゴースト

相性

× × ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+ドラゴン

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+あく

相性

× ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+はがね

相性

第五世代まで

× ×△

第六世代以降

× ×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

じめんタイプの歴史

第一世代

ニンテンドウカップ'97環境、ニンテンドウカップ'98環境では、じめんタイプの歴史=ダグトリオの歴史であった。というのも、じめんはふぶきなみのり抜群と、当時の環境では不遇寄りであったためである。そんな中、ダグトリオは高い素早さとそれに伴う急所率の高さ、ほぼ確定急所のきりさく、最後の手段となるじわれによって、例外的にじめんとして使用された。じめんは主にサンダースへの対策として使われた面がある。同環境では他にはまれにゴローニャが使われた程度で、そのゴローニャもノーマル半減のいわ枠として使われていた部分があることから、やはりじめんタイプの歴史=ダグトリオの歴史という図式は誤りではない。

ニンテンドウカップ'99環境ではフォーマットの都合上サイドンがリペアとして使用された。

第二世代

数々の仕様変更によって、急所ふぶきはかいこうせんサイコキネシスに任せた速攻戦略が崩壊。攻撃技と変化技とをバランス良く覚えさせないと大会では勝てなくなった。サンダースを始めとするでんきも速攻型というよりでんじはサポーターとしての側面が強くなり、そこでじめんはでんじは無効のタイプとしての個性が出始めた。

前世代でサンドパンのほぼ下位互換であったガラガラふといホネの獲得と特防の上昇によって一躍トップメタ入りを果たした。そのガラガラはクリスタルつるぎのまいを手に入れて手の付けられない存在となった。カビゴンサンダー、ガラガラはニンテンドウカップ2000の三巨頭とも呼ばれるようになった。

新規ではハガネールヌオーが活躍した。ハガネールはガラガラのじしんでさえも受け止められる物理耐久が長所で、ヌオーは弱点1の耐久型としての個性があった。

この世代ではノーマルとじめんの技があれば、プテラ、ハガネールを除く全ポケモンに対して等倍以上を取ることができ、いわゆる「無差別破壊コンビネーション」が成立した。

第三世代

ダブルバトルが実装され、じしんが対戦における一番の主力技となった。じしんは味方を巻き込む全体攻撃だったので、当時の仕様により威力が分散されなかった。じしんの存在によってダブルバトルにおけるギャラドスひこう枠としての意義が生まれたとも言える。

新規ではラグラージネンドールがポケモンリーグ2005で活躍した。ラグラージはヌオーに総合力で勝るアタッカーとして、ネンドールはスキルスワップを中心としたサポーターとして、それぞれ重宝された。後の世代で見劣り、不遇の代表格として名前を知られるようになるフライゴンも登場しているが、当時は一線級のポケモンであった。

既存組ではガラガラひらいしんを獲得し、ダグトリオありじごくを獲得。

第四世代

じしんにダブルバトルの威力分散が適用されるようになり、ダブルバトルにおけるじめんは弱体化。ところがシングルバトルではガブリアスが登場し、このガブリアスが第六世代まで環境の最前線を突っ走ることになる。これによって同複合タイプのフライゴンがガブリアスの劣化扱いされるようになった。すなおこしによる砂パの始動役として現在では有名なカバルドンも登場しているが、フラットバトルの導入によってバンギラスが解禁されると需要が下火になった。他の新規ではドサイドングライオンマンムーが登場している。

第五世代

あめふらしニョロトノひでりキュウコンの登場によって、天候奪取ができるカバルドンの価値が上昇。カバルドンはドリュウズガブリアスなどとコンビを組み、環境の主流ポケモンとなった。ドリュウズはBW期にはすなかきアタッカーとして使われたが、BW2にかたやぶりが解禁されるとこだわりスカーフを持たせたかたやぶりアタッカーとしての味が出始めた。

ランドロスはBW期にはけしんフォルムが使われ、BW2で追加されたれいじゅうフォルムはダブルバトルにおいて対策必須の存在となった。

既存のポケモンではよびみずの仕様変更で強化されたトリトドン隠れ特性ちからずくを手に入れたニドキングニドクインだいちのちからの使い手としての立場を確立した。ゴローニャハガネールドンファンがんじょうの仕様変更で強化された。隠れ特性によって強化を受けた既存組としては、あついしぼうを与えられて対面性能が増したマンムーてんねんを獲得して耐久型として大幅強化されたヌオーが該当する。

技としてのじめんは、ドラゴンに唯一耐性を持つはがね、環境に多いほのおに抜群のタイプとして、依然として高い需要を誇った。

第六世代

新規のじめんがホルードジガルデのみという事態。しかもすなおこしによるすなあらし状態が5ターンで終了するように弱体化し、砂パの人気が終息。これだけ聞くと弱体化したように見えるが、この世代に追加されたフェアリーが苦手とするどくはがねに抜群を取れるばかりか、環境で依然として多いほのおにも有利なため、勢いは衰えなかった。ガブリアスはメガリザードンX・Yとメガガルーラの上を取れる素早さから前世代に輪をかけて人気が上昇、シングルバトルでは使用率1位を不動のものとした。

第七世代

新ポケモンは単タイプのバンバドロ系統とゴースト複合のシロデスナ系統の2系統4種類。前者はじきゅうりょく、後者はみずがためを専用特性としており、共に特性で耐久力を上げるポケモンとして知られる。 リージョンフォームではダグトリオ系統が複合ではがねタイプを獲得している。

この世代はサイクル戦全盛の環境となっているためでんき無効で相性補完に優れるじめんの立場が向上。フェアリーの普及によって増加したはがね、どくに強いという点でも需要が伸びた。

前世代までトップメタ街道をひた走っていたガブリアスはフェアリーの増加、メガシンカの素早さ仕様変更やこだわりスカーフ持ちの増加による素早さの優位性の大幅低下から環境の主流じめん枠の座をれいじゅうランドロスカバルドンに明け渡す格好となった。

USUM期のシングルバトルではれいじゅうランドロス、カバルドンが非常に多く、れいじゅうランドロスを基準とした耐久調整、カバルドンを突破するZワザアタッカーの用意は、安定して勝ちたいなら当たり前になった。

わざとしてのじめんタイプ

このタイプを持つわざについてはCategory:じめんわざを参照。

地面を揺るがしたり、砂や泥を使ったりして攻撃する。骨もモチーフの一つ。

あなをほるフィールドわざで、洞窟などから脱出でき、ストーリー攻略で役に立つが、溜め技であるため、対戦での使用率は低い。

5つものタイプの弱点を突ける優秀なタイプ。その一つであるでんきタイプはじめんが唯一の弱点である。耐性の多いはがねタイプも、じめん技には弱い。
しかし、タイプや特性、持ち物の効果で攻撃をすかされることもしばしば。

苦手なくさ・むし・ひこうタイプのポケモンには、いわ技やこおり技が有効である。特にいわ技はくさ・むし・ひこう全てに効果抜群の相性で、じめんポケモンの多くが習得できるので、サブウェポンとして採用することが多い。

対戦で使われる主なじめんわざ

主な物理技として、じしんカラカラ系統の専用技だがホネブーメランなどがある。わざマシンで覚えられるじしんは地面物理技で最も威力が高く命中も100で、どのタイプの物理アタッカーにも人気の技である。一撃必殺技じわれもある。ダブルバトルトリプルバトルでは、じしんは自分以外が対象である上、威力が下がるため、1体を狙えるホネブーメランやドリルライナーのほうが使い勝手は良い。

特殊技は非常に少なく、有用なのはだいちのちからのみである。しかしじめんポケモンは総じて特攻が低いが、突ける弱点タイプのポケモンは特防が低いことが多い。じめんポケモンでも特攻の高いニドキングトリトドン、他のタイプの特殊アタッカーならば使い手となりうる。

じめんタイプを好むポケモントレーナー

備考

  • タイプ相性のイメージや、家電製品によくあるアース処置の関係で地面は電気を通さないもの、と言うイメージを持たれる事があるが、地面には水分や金属分など様々な不純物が含まれているため、電気そのものはよく通る。ただ、地面と言うものがあまりにも巨大すぎるために、多少の電流量ならば流してもすぐに拡散してしまうと言うだけである。
  • かくとうフェアリー以外の全てのタイプとの組み合わせがある。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 じめん
英語 Ground
ドイツ語 Boden
フランス語 Sol
イタリア語 Terra
スペイン語
韓国語
中国語(台湾国語・普通話) 地面
中国語(広東語) 地面/地上
ポーランド語 Ziemia
タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???