ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

色違い

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

色違い(いろちがい)とは、ポケモンの色が通常と違う色であること。または、そのポケモン。

概要

色違いであるポケモンはステータス画面で姿を確認したり戦闘に出したりした際に光るエフェクトが出るため、「光るポケモン」とも呼ばれることがある。

ゲームでは第二世代から出現。モノクロのゲームボーイでは色の違いが区別できないためか、後の世代と比較すると派手なエフェクトが発生していた。

アニメでは無印編第21話に登場したピンク色のバタフリーが、後のゲーム版に逆輸入されている。ゲーム同様の設定で初登場したのは無印編第154話が最初である。

よく勘違いされるが、データ上では全てのポケモンに色違いが設定されている。ただし配布ポケモンなど、野生で存在せず、卵を生まないポケモンの場合ステータスなどの値が固定されている場合があり、事実上色違いが入手不可能なポケモンもいる(例:ビクティニフーパなど)。また、第五世代には色違いブロックルーチン(後述)によって色違いの入手が意図的に不可能にされているものもある。

色違いは、野生ポケモン以外にも卵から生まれたポケモン、かせきから復活させたポケモンでも出現する。御三家の3匹や伝説のポケモンも例外ではない。色違いポケモンは進化しても色違いポケモンのままで、進化することで色違いになったり、色違いでなくなったりすることはなく、これはメガシンカゲンシカイキの場合も同様。

ゲーム中NPCが色違いポケモンを使用することはほとんどないが、性格値がランダムで決定するバトルタワーなどのバトル施設では相手トレーナーのポケモンが色違いになることがある。またトレーナータワーでは、読み込ませるカードによっては色違いのポケモンを使うトレーナーが出現する。一方で一般トレーナーが色違いポケモンを使用することは第六世代まではなかったが、サン・ムーンで初めて、色違いのタマタマを使用する一般トレーナーが登場した。

色違いであること自体は遺伝しないが、第二世代のみ親のどちらかが色違いの場合、色違いの判定に個体値を用いている関係から、最大で1/64 (1.5625%) という高確率でそのタマゴから孵るポケモンが色違いになる[1]

第五世代の対戦では色違いの理想個体を使用するとエメループプラチナループで用意した乱数ポケモンであると推測されてしまい、引いては最新作のタマゴ技隠れ特性を持っていないことが見抜かれてしまう。乱数ポケモンでない場合は、当時あかいいとの仕様強化前であったため個体値的に適当個体であることが見抜かれる場合があり、BW期ではかわらずのいしも仕様強化前であったため性格も不一致であると予測されるケースもあった。それでも、色違いの登場時エフェクトによって色違いポケモンは通常色のポケモンよりも多く登場時に時間を消費するため、時間制限のある対戦では様々な時間稼ぎを複合して時間切れを狙うための手段の1つとして利用されることがあり、主に隠れ特性とタマゴわざを事実上必要としない準伝説を中心に導入された。特に2012年WCSでは遅延戦法が蔓延していたため、色違いも遅延戦法のひとつとして語り継がれるに至った。第六世代になると、あかいいとやかわらずのいしの仕様変更のおかげで高個体値や隠れ特性、一致性格と色違いを両立することは容易になり、デメリットは解消された。第七世代のレーティングバトルでは持ち時間制に移行したため、時間切れを誘う戦法自体が消滅。

色違い判定

第二世代・第一世代VC(新仕様)

色違いポケモンは、攻撃個体値が2, 3, 6, 7, 10, 11, 14, 15で、他の個体値が10のポケモンである。

野生では上記から1/8192 (0.01220703125%) の確率で出現する (ちなみに出会う確率が90%を超えるのは18862匹目である)。

第二世代では性別決定に攻撃個体値を用いており、性別比率7:1のポケモンは♀の攻撃個体値が必ず1か0となるため、♀の色違いは存在しなかった。アンノーンも個体値によって姿を決めていたため、アンノーンの色違いはIVの2種類しかなかった。同様に、めざめるパワーのタイプは必ずくさドラゴンになる。

第一世代VC産のポケモンの場合、条件を満たしていればポケムーバーで転送した際に色違いとなる。

第三世代 - 第五世代

判定式:(ID上位)xor(ID下位)xor(性格値上位)xor(性格値下位) ≦ 7

判定式の結果が7以下なら色違いとなる。結果の上位13ビットが0という条件より、4つの1ビット値をxorして0になる確率は1/2なので、各値が完全にランダムなら出現率は1/8192(=2-13)となる。xor(排他的論理和)は、値を2進数で表し、各位の値を比べ、数字が同じ(ともに0または1)ならば、その位の数字を0に、異なれば(一方が0でもう一方が1)ならば1で置き換える演算である。たとえば、ID12345 裏ID54321の場合、IDは0011000000111001 裏IDは1101010000110001となるので、xorをとると、1110010000001000、すなわち58376となる。この場合、色違いのポケモンを出すためには、性格値がxorして58376~58383の間のポケモンが必要である (ID同士のxorも58376~58383の間でかまわない)。

xorの計算例

ID 0011000000111001
裏ID 1101010000110001
xorの結果 1110010000001000

第六世代以降

基本的な判定は第三世代以降と変わっていないが、判定式の結果が15以下なら色違いになるようになった。そのため理論的な出現率はそれまでの2倍である1/4096となっている。

第一世代VC(旧仕様)

ポケムーバーのver.1.2では、第一世代VC版から「ぼうぎょの個体値が2, 3, 6, 7, 10, 11, 14, 15のいずれかであり、他の個体値がすべて10のポケモン」を転送すると色違いとなっていた。これは第二世代の判定方法とほぼ同じだが、こうげきとぼうぎょの役割が入れ替わっている。現在は第二世代準拠に修正されている

色違いブロックルーチン

色違いの判定はタマゴから産まれる時の他、固定シンボルのポケモンを含めた全ての野生ポケモンの出現時に判定があるため、理論上は伝説のポケモンだろうと色違いが出現しうる。

ただし、ブラック・ホワイト以降は、出現時に性格値の決定処理で色違いになる条件を満たした場合、性格値を変更して色違いにならないようにするという処理があり、主に伝説のポケモンで色違いの個体が絶対に出現しないようになっている。これは色違いブロックルーチンと呼ばれることが多い。

ブラック・ホワイト以降で初登場したポケモンで対象となっている場合、色違いの個体は改造ポケモンといえたが、これらのポケモンの色違い (になりうる個体) が後の世代や配布で存在しているため、一概には言えなくなっている。たとえば、レシラム・ゼクロムはオメガルビー・アルファサファイアでは対象になっていないので、色違いの個体に遭遇する可能性がある。

また、ゼルネアス、イベルタルについてはシリアルコードによる配信に伴い色違いが解禁された。ジガルデも、ゼルネアス及びイベルタルと共に配信されたが、こちらは通常色であり、色違いは解禁されていないなお、色違いのジガルデは2018年6月に海外での配信により解禁予定。

なお、類似した仕様は過去にも存在し、例えばポケモンXDダークポケモンには色違いが出ないように設定されている (コロシアムでは出現する可能性があり、その場合敵として出ているときは通常色で、スナッチに成功して手持ちに入ると色違いに変わる。また、XDでもポケスポットの野生ポケモンと、ギンザルから交換してもらえるポケモンには色違いが出る可能性がある)。

対象となるポケモン

ブラック・ホワイト

ブラック2・ホワイト2

  • レシラム、ゼクロム

X・Y

オメガルビー・アルファサファイア

サン・ムーン

ウルトラサン・ウルトラムーン

  • カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ
  • コスモッグ、コスモウム、ソルガレオ、ルナアーラ、ネクロズマ
  • ジガルデ

アニメでの色違い

ポケモンカードゲームでの色違い

Pokémon GOでの色違い

Pokémon GOでは、一部のポケモンの色違いが登場する。2018年1月時点で入手可能なポケモンは以下の通り。

備考

以下のポケモンも色違いになることがある。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 色違い
英語 Shiny Pokémon
ドイツ語 Schillerndes Pokémon
Unterschiedlich gefärbte Pokémon
フランス語 Pokémon chromatique
Pokémon de couleur inhabituelle
イタリア語 Pokémon cromatico
Pokémon di colore diverso
スペイン語 Pokémon variocolor
韓国語 빛나는 포켓몬 (Binnaneun Pokémon)
색이 다른 포켓몬(Saegi Dareun Pokémon)
中国語(台湾国語・普通話) 發光寶可夢 / 发光宝可梦 (Fāguāng Pokémon)
異色寶可夢 / 异色宝可梦 (Yìsè Pokémon)
中国語(広東語) 發光寶可夢 (Faatgwōng Pokémon)
異色寶可夢(Yihsīk Pokémon)
チェコ語 Alternativně zbarveného Pokémon
デンマーク語 Skinne Pokémon
オランダ語 Flitsende Pokémon
ポーランド語 Lśniący Pokémon
ブラジルポルトガル語 Pokémon Brilhante(アニメ、TCG)
Shiny Pokémon(ニンテンドー3DSテーマ)
ポルトガル語(ポルトガル) Brilhante Pokémon
ロシア語 Шайни покемон(Shayni Pokémon)
スウェーデン語 Glänsande Pokémon
ベトナム語 Pokémon Sáng Ngời

脚注

  1. 色違いになる可能性があるのは、親と異なる性別のみ。性別比率が1:1同士であれば1/128となる。メタモンが色違いだと常に1/64。両親ともに色違いだとタマゴは産まれない。

関連項目