ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

むし

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
このページではタイプのむしについて解説しています。タマゴグループについてはむし (タマゴグループ)を参照してください。

むし(虫,Bug)は、タイプの一種。

概要

むしタイプのポケモンは現実で昆虫類に属する生物をモチーフにしたものが多い。むしタイプは一般的に成長が早いとされ、ゲームの序盤では大きな戦力となることが多い。しかし第一世代では他のタイプのポケモンと比べると全体的にのレパートリーが少なく、能力値が低いため公式戦ではむしタイプの出番は少ない。むしタイプのポケモンの各能力の中ではHPすばやさが主に低くなっている。

第二世代以降でヘラクロスハッサムメガヤンマなど強力なポケモンが登場し、さらに第四世代では威力80のシザークロスや90のむしのさざめきなど使い勝手のいい技が登場した。それに加えて、第五世代でも、強力なわざやポケモンが登場した。これらのことでむしタイプの需要は上昇しつつある。

ポケモンカードゲームではタイプに分類される。

ポケモンとしてのむしタイプ

このタイプを持つポケモンについてはCategory:むしポケモンを参照。

むしのみ

相性

第一世代

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ほのお

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+みず

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+でんき

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+くさ

相性

第一世代

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+かくとう

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+どく

相性

第一世代

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+じめん

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+ひこう

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+いわ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+ゴースト

相性

× ×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+はがね

相性

第五世代まで

×

第六世代以降

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+フェアリー

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第七世代

一覧

むしタイプの歴史

第一世代

エスパータイプに最初から弱点を突けるタイプとして登場。しかし、当時のむし技はダブルニードルミサイルばり程度の威力が貧弱なものしかなく、そのタイプ一致の使い手はよりによって、エスパーに弱いどくと複合タイプのスピアーのみだった(他はサンダースが不一致ミサイルばりを覚えていた)。むしタイプの中でも攻撃が高かったストライクカイロスはというと、覚えるのはノーマルタイプの技ばかりで、肝心のむしタイプの技は何故か覚えなかった。尤も、覚えたところで威力が威力だったので全くと言っていいほど意味はなかったのだが。ともかく、この世代のむしは存在価値さえ疑われる始末だったのだという。

第二世代

当時強力な固有技だったメガホーンを覚える優秀な新勢力のヘラクロスが登場。狙いにくいが、めざめるパワーも追加され、ようやく存在価値が見出せるようになり少しは改善された。しかし、当時の環境で強ポケと呼べるのはヘラクロスかハッサムくらいで、全体ではまだ弱い部類。ハッサムもアタッカーと言うよりは、バトンタッチの要員やサポートとしての評価だった。

第三世代

新規で目立つのはテッカニンヌケニン。テッカニンは通常レギュレーションのポケモンの中では最速である上に強力な特性のかそくを持ち、バトンタッチ要員としての役割が与えられた。ヌケニンはふしぎなまもりを活かして雨パを完封するポケモンとしての個性を帯びた。既存組はというと、バタフリーふくがんを手に入れ、ねむりごな命中率を約97%まで引き上げられるようになった。ハッサムは特性はむしのしらせという平凡なものだが、念願のタイプ一致技であるぎんいろのかぜを獲得。

しかし真骨頂はヘラクロスこんじょうを獲得したことで強化されたことだろう。下手に状態異常で牽制できなくなり、こらえる+きしかいせいのコンボが安定化した。そのためオフ会のシングルバトル環境では対策必須のポケモンとなった。

とはいえヘラクロスを除けば精々ハッサムテッカニンバトンタッチ要員として使われた程度であり、全体で言えば不遇であった。

第四世代

シザークロスむしのさざめきなどようやく汎用ウエポンが登場。

この世代の新規はかそくからのさいみんじゅつ、高い特攻と低くない耐久を持つメガヤンマが強力で、DP期ではねむり対策をすることでメガヤンマをどうにかしないと対戦で勝てないとまで言われた。プラチナ以降はさいみんじゅつの弱体化によってメガヤンマの勢いが収束し、かわりにテクニシャンを手に入れたハッサムが台頭。バレットパンチむしくいで攻め、とんぼがえりでサイクルを回す姿は、それまでのサポーターとしての印象を一新するものであった。一方、ステルスロックの登場によって、いわ弱点のポケモンが多いむしタイプ全体としてはますます動きづらくなり、総合的に見ると不遇は続いた。

それでも、GSダブルではヌケニンが強力無比な雨パ対策として結果を残した。

第五世代

この世代に登場したちょうのまいを引っ提げて登場したのは、むしの特攻の最大値を更新するウルガモスシングルバトルダブルバトルを問わず大活躍し、この世代の環境の顔となった。これ以外にも新規は粒揃いで、ハッサムを凌ぐ火力を持つ鈍足物理アタッカーのシュバルゴ、ラティオスを上回る素早さからメガホーンを放てるペンドラーなど、テッカニンに次ぐすばやさと低くない特攻が売りのアギルダー、俊足とはりきりを活かしたつめとぎアタッカーとしての個性を持つアイアントなどが登場した。前世代までの不遇が嘘のような厚遇ぶりであった。

第六世代

むしを半減にするフェアリーの追加、ファイアローの登場とそれに伴う役割対象であったくさの激減など、前世代で優遇され過ぎたためか弱体化調整と思われる変更が多々為された。ステルスロックもファイアロー対策としてますます増えたため動きづらいという傾向が加速し、あくゴーストの技のタイプ相性見直しによってエスパーが減ったことで弱点を突きづらい環境になった。ここに来て第四世代以前の不遇ポジションに戻ってしまった。

それでも、ペンドラーの隠れ特性かそくに変更されたこと、ふくがん+ぼうふうねむりごなを武器とするビビヨンの登場、ミサイルばりむしのさざめきの強化、ねばねばネットの登場など、得るものもあった。とはいえ環境ではメガシンカを獲得したハッサムウルガモス以外のむしが使用率30位以内と無縁となり、大幅強化された他のタイプに対抗できない状況にあった。

第七世代

ファイアローの弱体化、スカイスキンの弱体化など、むしにとっては救済となる出来事があった。

新規ではすいほう+アクアブレイクマリルリ以上の火力が出せるオニシズクモききかいひによるサイクル戦を行えるポテンシャルが持ち味のグソクムシャ、超火力紙耐久のフェローチェが目立った。オニシズクモはダブルバトルで活躍し、グソクムシャは独特の動きから愛好家筋からの需要があった。フェローチェはサイクル戦全盛のこの世代においては珍しい対面向けのポケモンとしての味を出した。むしタイプ中最大の特攻種族値を更新したクワガノン、素早さの種族値124から一致フェアリーウエポンでドラゴンを叩くアブリボンなど、序盤むしポケモンにも強力なものが目立った。

しかし、個性あるポケモンが多く追加されたからといってむしの立場が良くなったわけではなく、ひこうはがねの導入が進むなか、シングルバトル使用率ベスト30の常連としてはウルガモスが孤軍奮闘する不毛な状況。ハッサムですら使用率ベスト30に恵まれなくなり、その立場は第六世代よりも悪くなった。

わざとしてのむしタイプ

このタイプを持つわざについてはCategory:むしわざを参照。

むしタイプを好むポケモントレーナー

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 むし
英語 Bug
ドイツ語 Käfer
フランス語 Insecte
イタリア語 Coleottero
スペイン語
韓国語
中国語(台湾国語・普通話)
中国語(広東語)
ポーランド語 Robak
タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???