ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ムゲンダイナ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ムゲンダイナ
Mugendina
英語名 Eternatus
全国図鑑 #890
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #400
ヨロイ島図鑑 #-
カンムリ雪原図鑑 #-
分類 キョダイポケモン
タイプ どく
ドラゴン
たかさ 20.0m
おもさ 950.0kg
とくせい プレッシャー
図鑑の色
ムゲンダイマックス
たかさ 100.0m
おもさ ???.?kg
タマゴグループ タマゴみはっけん
タマゴの歩数 120サイクル

30840歩

獲得努力値 HP+3
基礎経験値
  • 第七世代: 345(通常), 563(ムゲンダイマックス)
最終経験値 125万
性別 ふめい
捕捉率 255
初期なかよし度
VIII
0
外部サイトの図鑑

ムゲンダイナとはぜんこくずかんのNo.890のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ソード・シールド

概要

約2万年前に隕石と共にガラル地方に飛来し、3000年前にブラックナイトを引き起こした異形のポケモン。 ポケモンの巨大化現象「ダイマックス」に密接に関わっているとされている。

巨大な骨の竜のような姿をしており、体色は赤紫と朱色が入り交ざった独特の色彩。 胸の肋骨の中にコアが存在し、ここからガラル地方の大地のエネルギーを取り込むことで活動している。

進化

ポケモンずかんの説明文

ソード
むねの コアが ガラルちほうの だいちから わきだす エネルギーを きゅうしゅうして かつどうしている。
(漢字) 胸の コアが ガラル地方の 大地から 湧き出す エネルギーを 吸収して 活動している。
ムゲンダイマックス
ローズの しわざで ガラルぜんどの エネルギーを きゅうしゅうして オーバーロードしてしまった すがた。
(漢字) ローズの しわざで ガラル全土の エネルギーを 吸収して オーバーロードしてしまった 姿。
シールド
2まんねんまえに おちた いんせきの なかに いた。 ダイマックスの なぞに かんけいしている らしい。
(漢字)2万年前に 落ちた 隕石の 中に いた。 ダイマックスの 謎に 関係している らしい。
ムゲンダイマックス
きょだいかした コアから むげんの パワーが ほうしゅつされているため まわりの じくうを ゆがめている。
(漢字)巨大化した コアから 無限の パワーが 放出されているため まわりの 時空を 歪めている。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 140
 
200 - 247 390 - 484
こうげき 85
 
81 - 150 157 - 295
ぼうぎょ 95
 
90 - 161 175 - 317
とくこう 145
 
135 - 216 265 - 427
とくぼう 95
 
90 - 161 175 - 317
すばやさ 130
 
121 - 200 238 - 394
合計 690
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ムゲンダイマックス

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 255
 
315 - 362 620 - 714
こうげき 115
 
108 - 183 211 - 361
ぼうぎょ 250
 
229 - 332 454 - 658
とくこう 125
 
117 - 194 229 - 383
とくぼう 250
 
229 - 332 454 - 658
すばやさ 130
 
121 - 200 238 - 394
合計 1125
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 25%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 400%
でんき: 200%
エスパー: 50%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

第八世代
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ポイズンテール どく 物理 50 100% 25
1 あやしいひかり ゴースト 変化 100% 10
1 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
1 こうそくいどう エスパー 変化 —% 30
8 どくどく どく 変化 90% 10
16 ベノムショック どく 特殊 65 100% 10
24 りゅうのまい ドラゴン 変化 —% 20
32 クロスポイズン どく 物理 70 100% 20
40 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10
48 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
56 ダイマックスほう ドラゴン 特殊 100 100% 5
64 コスモパワー エスパー 変化 —% 20
72 じこさいせい ノーマル 変化 —% 10
80 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
88 ムゲンダイビーム ドラゴン 特殊 160 90% 5
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 そらをとぶ ひこう 物理 90 95% 15
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン11 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン16 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
わざマシン17 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン18 リフレクター エスパー 変化 —% 20
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン26 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン57 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン58 ダメおし あく 物理 60 100% 10
わざマシン73 クロスポイズン どく 物理 70 100% 20
わざマシン74 ベノムショック どく 特殊 65 100% 10
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン92 マジカルフレイム ほのお 特殊 75 100% 10
わざマシン97 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざレコード02 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざレコード12 こうそくいどう エスパー 変化 —% 30
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード22 ヘドロばくだん どく 特殊 90 100% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード33 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざレコード44 コスモパワー エスパー 変化 —% 20
わざレコード51 りゅうのまい ドラゴン 変化 —% 20
わざレコード54 どくびし どく 変化 —% 20
わざレコード57 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざレコード62 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10
わざレコード70 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざレコード78 ヘドロウェーブ どく 特殊 95 100% 10
わざレコード91 ベノムトラップ どく 変化 100% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
りゅうせいぐん ドラゴン 特殊 130 90% 5
メテオビーム いわ 特殊 120 90% 10
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
ソード・シールド Lv.60 タワートップ - -

備考

  • 禁止伝説ポケモンの中で唯一、それぞれの外国語名が異なるポケモンである。
  • ポケットモンスター ソード・シールドの第3の禁止伝説ポケモンであり、パッケージの伝説ポケモンより先に捕獲することになる。これはポケットモンスターシリーズ初である[1]
  • どくタイプの伝説のポケモンは、準伝説ではウツロイドアーゴヨンなどがいたが、禁止級伝説ではムゲンダイナが初である。
  • 捕捉率255は、禁止級伝説ポケモンではUSUMネクロズマに続き2例目。こちらはシナリオの都合上、必ず捕獲できるので、ボールの種類に拘らなければモンスターボール1個で充分。
  • ムゲンダイナの通常の姿の合計種族値690は、幻のポケモン道具などによるフォルムチェンジメガシンカウルトラバーストゲンシカイキを除けば歴代最高である。
  • ムゲンダイナのムゲンダイマックスの姿の合計種族値1125は、歴代のポケモンの中でトップである。これは幻のポケモンやフォルムチェンジ、メガシンカ、ウルトラバースト、ゲンシカイキを含めても同じである。
  • プレイヤーはムゲンダイナをダイマックスさせることはできない。ムゲンダイマックスの姿にへんしんしたポケモンは通常のムゲンダイナに変身する。
    • プレイヤーが完全に使用不可能なポケモンはこれが初めてであり、他のゲーム(主に対戦格闘ゲーム)でいう「CPU専用キャラ」的な立場といえる[2]
    • 使用不可能な理由はもう一つあり、防御・特防の種族値250は、個体値31・努力値252かつ性格補正込みのレベル100で実数値は659となり、性格補正の段階で65535を超えてオーバーフローしてしまい、実数値は3~4と極端な数値にされてしまう。
  • 高さはこれまで最も高かったホエルオーを抜いて最も大きいポケモンである。
  • このポケモンの専用技として、ムゲンダイビームダイマックスほうが存在する。
  • 一般ポケモンと違い、ダイマックスできない。

アニメにおけるムゲンダイナ

マンガにおけるムゲンダイナ

ポケモンカードにおけるムゲンダイナ

一般的な育成論

ポケモンWikiは対戦情報サイトではありませんムゲンダイナの詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。
ポケモン徹底攻略
ポケモン対戦考察まとめWiki
外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。

ムゲンダイナ/対戦を参照のこと。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ムゲンダイナ 無限大、ダイマックス、ダイナミック
ドイツ語 Endynalos endlos (エンドレス), Ende (終わり), Dynamax (ダイマックス)
英語・イタリア語・スペイン語 Eternatus eternal (永遠)、aeternatus (ラテン語: 不滅の)、 Thanatus (ラテン語: タナトス)
フランス語 Éthernatos éternel (永遠), éther (エーテル), Thanatos (タナトス)
韓国語 무한다이노 Muhandaino 무한 (無限)、다이맥스 (ダイマックス)
中国語 簡体字 无极汰那 Wújítàinà 无极 (無制限), 极巨化 (ダイマックス)、日本名の転写
繁体字 無極汰那 Mòuhgihktaaináh 無極 (無制限), 極巨化 (ダイマックス)、日本名の転写

関連項目

伝説のポケモン
準伝説 禁止級伝説
第一世代 フリーザー - サンダー - ファイヤー ミュウツー ミュウ
第二世代 ライコウ - エンテイ - スイクン ルギア - ホウオウ セレビィ
第三世代 レジロック - レジアイス - レジスチル
ラティアス - ラティオス
カイオーガ - グラードン - レックウザ ジラーチ - デオキシス
第四世代 ユクシー - エムリット - アグノム
ヒードラン - レジギガス - クレセリア
ディアルガ - パルキア - ギラティナ フィオネ - マナフィ
ダークライ - シェイミ - アルセウス
第五世代 コバルオン - テラキオン - ビリジオン
トルネロス - ボルトロス - ランドロス
レシラム - ゼクロム - キュレム ビクティニ - ケルディオ - メロエッタ - ゲノセクト
第六世代 ゼルネアス - イベルタル - ジガルデ ディアンシー - フーパ - ボルケニオン
第七世代 カプ・コケコ - カプ・テテフ - カプ・ブルル - カプ・レヒレ
ウツロイド - マッシブーン - フェローチェ - デンジュモク
テッカグヤ - カミツルギ - アクジキング
ベベノム - アーゴヨン - ツンデツンデ - ズガドーン
ソルガレオ - ルナアーラ - ネクロズマ マギアナ - マーシャドー - ゼラオラ
メルタン - メルメタル
第八世代 ダクマ - ウーラオス
レジドラゴ - レジエレキ
ザシアン - ザマゼンタ - ムゲンダイナ ザルード


この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。
  1. パッケージに関係なく第3の禁止伝説を先に捕獲するという考え方をするならば、ポケットモンスター プラチナ以来である。また、第二世代とエメラルド版では戦闘が必須ではないため、例外とする。
  2. ブラックキュレムホワイトキュレムウルトラネクロズマもストーリー中のボスキャラクター的な存在だったが、こちらはプレイヤーもフォルムチェンジで使用できる。