ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ギャラドス

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ギャラドス
Gyarados
英語名 Gyarados
全国図鑑 #130
ジョウト図鑑 #077
ホウエン図鑑 #053
シンオウ図鑑 #024
新ジョウト図鑑 #077
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #050
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #054
アローラ図鑑 #092
メレメレ図鑑 #092
アーカラ図鑑 #035
ウラウラ図鑑 #052
ポニ図鑑 #042
新アローラ図鑑 #112
新メレメレ図鑑 #112
新アーカラ図鑑 #035
新ウラウラ図鑑 #055
新ポニ図鑑 #054
分類 きょうあくポケモン
タイプ みず
ひこう
たかさ 6.5m
おもさ 235.0kg
とくせい いかく
隠れ特性 じしんかじょう
図鑑の色
メガギャラドス
タイプ みず
あく
たかさ 6.5m
おもさ 305.0kg
とくせい かたやぶり
タマゴグループ すいちゅう2
ドラゴン
タマゴの歩数 5サイクル
  • 第二世代: 1280歩
  • 第三世代: 1536歩
  • 第四世代: 1530歩
  • 第五世代以降: 1285歩
獲得努力値 攻撃+2
基礎経験値
  • 第四世代以前: 214
  • 第五・第六世代: 189
  • 第七世代: 189
最終経験値 1250000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ギャラドスとはぜんこくずかんのNo.130のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑メガギャラドスについてもここで述べる。

特徴

コイキングの進化系。腹側以外を青い鱗に覆われた、龍のように長い身体と三叉の角が特徴で、進化前とは口元のヒゲと背びれぐらいしか面影がないほどの変貌を遂げる。

凶暴と言われるほど非常に気性が荒く、一度怒り出すと口からの破壊光線や灼熱の炎で周囲を焼き尽くし、破壊し尽くす。その破壊衝動は嵐が起ころうと鎮まらず、一ヶ月もの間続いたという記録もある。 めったに姿を現さないが、古代から人間の争いで世が乱れるとそれに呼応するように姿を現し、争いもろとも町や村、時には大都市を壊滅させていると言い伝えられている。

コイキングから一変したこの凶暴性は、進化の際に脳細胞の構造が変化した影響だといわれている。

第六世代ではメガギャラドスというメガシンカ形態が登場。メガシンカしてさらに性格が凶暴になった。水中から飛び出すスピードはマッハを超えるほど速く、飛び出したとき高さ数百メートルの水柱ができるといわれる。

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッド
ひじょうに きょうぼうな せいかく。 くちからだす はかいこうせんは すべてのものを やきつくす。
リーフグリーンY
めったに すがたを あらわさないが ひとたび あばれだすと おおきな としが かいめつする ときもある。
(漢字) めったに 姿を 現さないが ひとたび 暴れ出すと 大きな 都市が 壊滅する ときもある。
ピカチュウ
やばんで はかいてきな せいかく。 おおむかし まちを やきつくした きろくがある きょうふのポケモン。
ハートゴールド
むかし いくさに なるたびに ギャラドスが あらわれ あちこちを ひのうみに していった という。
ソウルシルバー
いちど すがたを あらわすと まわりを すべて やきつくさないと いかりが しずまらない という。
クリスタル
よのなかで あらそいが おおくなると どこからともなく あらわれて あたりを やけのはらに していく。
ルビーオメガルビー
コイキングから ギャラドスに しんかする とき のうさいぼうの こうぞうが くみかわる ために せいかくが きょうぼうに なると いわれている。
(漢字) コイキングから ギャラドスに 進化する とき 脳細胞の 構造が 組み換わる ために 性格が 凶暴に なると 言われている。
サファイアアルファサファイア
いちど あばれはじめると すべてを もやさないと きょうぼうな ちが おさまらなく なってしまう。 ひとつき あばれつづけた きろくが のこる。
(漢字) 一度 暴れ始めると すべてを 燃やさないと 凶暴な 血が 収まらなく なってしまう。 一月 暴れ続けた 記録が 残る。
エメラルド
にんげんが あらそいを はじめると あらわれて しゃくねつの ほのおで すべてを やきつくす。 ひじょうに きょうぼうな ポケモン。
ダイヤモンド
ひとたび すがたを あらわすと のやまの すべてを やきつくすまで いかりが しずまらない。
パールX
あらそいの おこった むらを やきつくしたという きろくが こもんじょに のこされている。
(漢字)争いの 起こった 村を 焼きつくしたという 記録が 古文書に 残されている。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
いちど あばれだした ギャラドスは あらしが ふきすさんでいようとも どんなものでも やきつくしてしまう。
(漢字) 一度 暴れだした ギャラドスは あらしが 吹きすさんでいようとも どんなものでも 焼きつくしてしまう。
サン
ギャラドスを おこらせた あるまちは ひとばんの うちに やきつくされ あとかたも なくなったと いわれる。
(漢字) ギャラドスを 怒らせた ある街は 一晩の うちに 焼き尽くされ 跡形も なくなったと いわれる。
メガギャラドス
メガシンカが のうにも さよう。 すべてを やきつくす はかいの ほんのうしか のこっていない。
(漢字) メガシンカが 脳にも 作用。 すべてを 焼き尽す 破壊の 本能しか 残っていない。
ムーン
ギャラドスが あらわれる ばしょは はかいされる さだめに あると しんじている ひとも いる。
(漢字) ギャラドスが 現れる 場所は 破壊される 定めに あると 信じている 人も いる。
メガギャラドス
からだの わきの ふんしゃこう から みずを ふきだし すいめんへ とぶ。 そのスピードは マッハを こえるぞ。
(漢字) 身体の 脇の 噴射口 から 水を 吹き出し 水面へ 飛ぶ。 そのスピードは マッハを 超えるぞ。
ウルトラサン
はかいこうせんを はきまくり あたり いちめんを やきつくす。 はかいのかみと よぶ ちほうもある。
(漢字) 破壊光線を はきまくり あたり 一面を 焼き尽くす。 破壊の神と 呼ぶ 地方もある。
メガギャラドス
メガシンカで からだに ふたんが かかっている。 ストレスで いっそう きょうぼうに あばれまわるのだ。
(漢字) メガシンカで 身体に 負担が かかっている。 ストレスで 一層 凶暴に 暴れまわるのだ。
ウルトラムーン
しんか エネルギーが のうさいぼうを つよく しげきした けっか とても きょうぼうな せいかくに へんかした。
(漢字) 進化 エネルギーが 脳細胞を 強く 刺激した 結果 とても 凶暴な 性格に 変化した。
メガギャラドス
マッハの そくどで すいちゅう から とびだす。 まきこまれれば おおきな ふねも まっぷたつに へしおれるぞ。
(漢字) マッハの 速度で 水中 から 飛び出す。 巻き込まれれば 大きな 船も 真っ二つに へし折れるぞ。
ポケットモンスターSPECIAL
コイキングの進化形態。進化前と比べるとかなり凶暴な性格になる。口からの破壊光線はすべてのものを焼き尽くす。

種族値

第1世代

種族値
HP 95
 
こうげき 125
 
ぼうぎょ 79
 
とくしゅ 100
 
すばやさ 81
 
合計 480
 

第2世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 95
 
155 - 202 300 - 394
こうげき 125
 
117 - 194 229 - 383
ぼうぎょ 79
 
75 - 144 146 - 282
とくこう 60
 
58 - 123 112 - 240
とくぼう 100
 
94 - 167 184 - 328
すばやさ 81
 
77 - 146 150 - 287
合計 540
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

メガギャラドス

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 95
 
155 - 202 300 - 394
こうげき 155
 
144 - 227 283 - 449
ぼうぎょ 109
 
102 - 177 200 - 348
とくこう 70
 
67 - 134 130 - 262
とくぼう 130
 
121 - 200 238 - 394
すばやさ 81
 
77 - 146 150 - 287
合計 640
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

通常

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 100%
でんき: 400%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

メガギャラドス

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 50%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 0%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 100%
でんき: 25%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

メガギャラドス

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

ギャラドス/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 かみつく あく 物理 60 100% 25
1 あばれる ノーマル 物理 120 100% 10
進化 かみつく あく 物理 60 100% 25
21 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
24 たつまき ドラゴン 特殊 40 100% 20
27 こおりのキバ こおり 物理 65 95% 15
30 アクアテール みず 物理 90 90% 10
33 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
36 りゅうのいかり ドラゴン 特殊 100% 10
39 かみくだく あく 物理 80 100% 15
42 ハイドロポンプ みず 特殊 110 80% 5
45 りゅうのまい ドラゴン 変化 —% 20
48 ぼうふう ひこう 特殊 110 70% 10
51 あまごい みず 変化 —% 5
54 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン07 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン37 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン41 いちゃもん あく 変化 100% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン55 ねっとう みず 特殊 80 100% 15
わざマシン59 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン73 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン82 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン94 なみのり みず 特殊 90 100% 15
わざマシン97 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざマシン98 たきのぼり みず 物理 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
アクアテール みず 物理 90 90% 10 -
とびはねる ひこう 物理 85 85% 5 -
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
うらみ ゴースト 変化 100% 10 -
さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
赤・緑・青 Lv.20 コイキングを進化させる。 Lv.15 ピカ金銀クリから通信
ピカ Lv.15 セキチクシティすごいつりざお Lv.15 ピカ金銀クリ内で通信
金・銀・クリ Lv.15 いかりのみずうみなみのり Lv.15 ピカ金銀クリ内で通信
ル・サ Lv.20 コイキングを進化させる。 Lv.5 エから通信
FR・LG Lv.15 マサラタウンなどですごいつりざお Lv.5 エから通信
Lv.5 ルネシティですごいつりざお Lv.5 エ内で通信
ダイ・パ Lv.15 だいしつげんいいつりざお Lv.5 エから通信
プラ Lv.20 コイキングを進化させる。 Lv.5 エから通信
HG・SS Lv.10 いかりのみずうみでなみのり Lv.5 エから通信
B・W Lv.20 コイキングを進化させる。 Lv.1 B2W2から通信
B2・W2 Lv.1 しぜんほごくですごいつりざお Lv.1 B2W2間で通信
X・Y Lv.20 コイキングを進化させる。 Lv.1 B2W2からポケムーバーで連れてくる。

備考

アニメにおけるギャラドス

マンガにおけるギャラドス

ポケットモンスターSPECIALにおけるギャラドス

ポケモンカードにおけるギャラドス

ギャラドスの歴史

第一世代

ワタルグリーンの手持ちとしてその強さからリーグ初期から使われ、ナッシーと共に第二世代基準で種族値合計が580だったポケモン。

特殊技なみのりハイドロポンプ)の他に10まんボルトふぶき、そしてだいもんじと幅広く、当初は種族値が100のため十分な火力。素早さも遅くはなく、耐久も物理、特殊共にそこそこ高かった。一方、物理技は不一致のはかいこうせんのみだったため現在のようにその高い攻撃力を活かしにくかった。しかもこの時代はサンダーススターミーなど素早さ特殊が高く10まんボルトを覚えるポケモンが多かったため、でんきが4倍弱点のギャラドスには致命的と環境としては明らかに酷かった。よって恐らくだが、初心者が種族値だけで強いと錯覚してしまうポケモンの代表として挙げられていた。もしみず単体であればスターミーには劣っても、ラプラスと同格かそれ以上の強さを誇っていただろうし、惜しいことをしてしまったようである。 しかしそれでも初代では攻撃も特殊も高い両刀アタッカーとしてまずまずの活躍を見せた。97カップでも決勝進出者15人中1人が使用している。

第二世代

特殊特攻特防に分かれる。これまたナッシーと共に特攻が大幅に減らされたため特殊技の火力がガタ落ちとなった。 弱体化したはかいこうせんすてみタックルで代用できる(ちなみにギャラドスのはかいこうせんの火力はカビゴンすてみタックル以下)が、じしんいわなだれなどを覚えず、相変わらず攻撃の高さを活かしにくい。じたばたを覚えたとしても中途半端な素早さのためあまり使えなかった。

そのため、強ポケ(と言っても二戦級だが)ランクから一気に転落し、同じ4倍弱点持ちのカイリューとはライバルだったが、バンギラスにその地位を明け渡すはめに。 邪魔なひこうタイプはガラガラかくとうの台頭でようやく価値が出て、技はめざめるパワー(飛行)のみだがヘラクロスを1発で落とすことができる。

第三世代

第二世代で極めて厳しい冬の時代を過ごしたものの、特性いかくじしんちょうはつりゅうのまいの追加で復活。更にみがわり+カムラのみのコンボも使えるように。めざめるパワーの登場で明確な存在意義を与えられたとは言い切れなかったひこうタイプはダブルバトルで敵・味方問わずじしんを無効化できることから価値が上昇。

ヘラクロスルンパッパがトップメタの一角にあったためめざめるパワーひこう)が好んで搭載された。

ちなみに、この時代はミロカロスというライバルが登場した。

ポケモンリーグ2005中学生以上の部では決勝進出者9人中2人が使用。

第四世代

ついに念願のタイプ一致物理技を手にし、物理アタッカーとして大逆襲し再び強ポケに昇格した。サブの物理技としてストーンエッジこおりのキバゆきなだれも習得し、プラチナで覚えるげきりんまで強化された。

更にソクノのみが登場。ギャラドスはでんき技により一撃で落とされやすいため、気休め程度だが保険用として持たせることも多い。 ただしひこうタイプの天敵であるステルスロックには注意しておきたい。

大会実績としてはポケモンリーグ2007中学生以上の部札幌地区2位の記録を残している。

カビゴンをいかくでサポートして両受け可能化しつつ味方のじしんによるデメリットをけし、自身もりゅうのまいで積んでから攻める「カビギャラ」という並びが2008年から2009年頃のダブルバトル環境でよく使われた。

第五世代

隠れ特性じしんかじょうを獲得。いかくほど汎用性が高い特性ではないものの、こだわりスカーフこだわりハチマキを持たせ、一度相手を倒してしまえば簡単には止められなくなる。 一方で、ブルンゲルナットレイなど、ギャラドスを止めに行くポケモンも新規に表れた。

第六世代

メガシンカを獲得したことによって、メガシンカさせると見せかけてりゅうのまいを積むというプレイングも可能になり、駆け引きの幅が広がったと言える。メガギャラドスならウォッシュロトムのふゆうを貫通する形でじしんを放てるので、実に環境に即しているポケモンであった。また、いかくで物理耐久を底上げしてひこうタイプで格闘を軽減しつつ、ゴツゴツメットで削る耐久型もこの世代では人気。とつげきチョッキによって一致のでんきタイプ火力を耐えられるようにもなった。

メガシンカを考慮すればナットレイと合わせることで等倍のひこうタイプを除きすべてのタイプを半減以下で受けられることからこの世代からは役割論理パーティ、相性補完の申し子となった。また、ギャラドス、ガブリアスギルガルドの3体でサイクルを回し、3体合わせて無効5つと流し性能を発揮する「ギャラガブガルド」と呼ばれる構築が誕生した。3体共に積み技を覚えるのでサイクルだけでなく積みとして動くことも可能であり、さらにガブリアスは種族値のおかげで、ギルガルドはキングシールドのおかげで、それぞれ対面としても動けるなど、非常に隙のない構築となっていた。

しかしエレザードメガライボルトなどが流行していた時期もあり、メガシンカさせないときつい場合もあった。

レーティングバトルXYリーグでは使用率が概ね10位以内を推移し、最高位はシーズン1、シーズン3からシーズン5の7位であった。一方でORASリーグではORASのゲーム中で手に入る準伝説が一般普及し、とりわけ同じみずタイプの耐久型であるスイクンが需要を集めたことで、同リーグシングルバトルに限って言えばリーグ序盤から中盤では20位台前半が半ば定位置であった、終盤では20位台後半にあった。主流技構成はこおりのキバたきのぼりじしんりゅうのまいであり、性格は火力を優先したいじっぱりが最も母数を伸ばした。メガシンカ型も多いがゴツゴツメットを持たせた耐久型も主流の1つであり、耐久型にするなら両受けできるようにわんぱく個体を使用された。

進化前のコイキングは遺伝技を覚えない都合上孵化余りの利用価値がほぼミラクル交換に出すことにしか求められないため、高個体値の個体がミラクル交換に放流されるパターンが非常に高い。前述の遺伝技を覚えない性質も合わせて考慮すれば初心者でも大会レベルのギャラドスを育成するのがかなり簡単になったと言える。

第七世代

念願のひこうタイプの特殊火力であるぼうふうを習得。メガギャラドスの多い環境なので、特殊型のギャラドスは意表が付ける。Zワザを利用して無理やりひこうタイプの高火力を出すことも可能に。

それに加え、ミズZでみずタイプのZワザも利用可能。更にメガギャラドスの強さも健在。メガギャラドスはフェアリーが弱点ながら対面次第ではミミッキュを倒すことも可能なので、第六世代より人気が上昇した。

シーズン1ではシングルバトルでのレート戦使用率3位、ダブルバトルでは6位を記録している。

2017年9月に行われたメガシンカ可能なポケモンのみによる限定戦『メガランブル』ではジュニアカテゴリで5位、マスターカテゴリで6位の使用率を記録している。

WCS2017(アローラ図鑑限定のダブルバトル)ジュニアディビジョン優勝メンバーの1体となっている。

一般的な育成論

高い攻撃種族値に加え特性いかくにより交代で出す機会が作りやすいなど、優秀なステータスを持つ。

攻撃・素早さ努力値を振り攻撃をメインにするタイプと、物理耐久に特化し受け役割を重視するタイプに分かれる。技マシンで多数の技を覚えられることを利用し、強引に特殊型にするケースもある。

攻撃技は性格次第で使い分けるのがよい。ようきで素早さを捨てずに戦う場合はひるみ効果を持つたきのぼり、後攻覚悟のいじっぱりならば威力任せにアクアテールという具合に二つのうちのどちらか片方をメインに採用したい。ほかにはストーンエッジじしんこおりのキバげきりんなどが候補となる。物理耐久を重視するのならゆきなだれも悪くない。特にじしんは、苦手なでんきいわ両方に対抗できるので、重要である。

補助技はりゅうのまいちょうはつが採用される。逆に物理耐久を重視するのならでんじはねむるが候補となる。ほかにはみがわりどくどくが採用される程度か。みがわりを採用する場合はHPに努力値を全振りしておくと、特性いかくや高耐久などの恩恵からみがわりが消されにくくなるので有利になる。

相手をでんじはでまひさせた後、先攻でたきのぼりを撃つことで、相手の行動できる確率を60%に抑え込む戦術も使える。元々ある程度の素早さ種族値はあるため、このしびれやひるみを狙い、耐久型であってもたきのぼりを採用するケースは少なくない。

特殊型ならば、ほぼいのちのたまこだわりメガネ前提になる火力になってしまうが、ハイドロポンプを主軸として、ギャラドス同士での撃ち合いで優位に立てる10まんボルトかみなり、物理型ではどうしようもないナットレイトリトドンに対処できるだいもんじめざめるパワー(くさ)などが候補に挙がる。特にだいもんじみずポケモンではギャラドス、オクタン系統、ヤドラン系統しか覚えないため、初心者が思考停止でみずポケモンに対する受けとなるナットレイを投げ付けた場合などは、相手にもよるが意表を突けて中々の奇襲性を発揮する。

持ち物は型によって大きく変わるが、ソクノのみたべのこしラムのみが主な候補となる。ただしソクノのみを持たせたとしても食らうでんき技がタイプ一致の場合耐え切れないことが多いので注意したい。たべのこしは耐久型で採用されることが多いが、みがわりとの相性が抜群なこともありコンビで使われることもある。ラムのみはいずれも食らうと致命傷になるやけどまひ状態の対策として持たせることがほとんど。

隠れ特性じしんかじょうであるが、物理型は大抵りゅうのまいが基本にされていることもあり、いかくほどどこでも役に立つというわけでもない。しかしこだわりスカーフを持たせることが前提であれば採用されることもある。りゅうのまいを基本にしていても、いずれにせよ一度相手を攻撃技で倒してしまえば攻撃が上がるため、場合によっては全抜きを狙えることも。

メガギャラドス

メガギャラドスになるとこうげきが大幅に伸び、その他の種族もすばやさ以外上昇する。特性はかたやぶりになり、タイプがみず・あくに変わるため、有利不利が大きく変化する。 じめんタイプの技が当たるようになり、くさかくとうむしフェアリーと、弱点のタイプが大幅に増えるが、でんきタイプも2倍弱点になるため4倍弱点のタイプがなくなる。ぼうぎょやとくぼうも上昇するため、相手の能力が高くない限り一撃で倒される可能性は少なくなる。

自身があくタイプでありながら、覚えるあくタイプの技は物理ではかみつくしっぺがえし、特殊でもあくのはどうとかなり少なく実用にも乏しいため、メインウエポンはみずタイプのみにすることが多い。元のギャラドスと同じようにたきのぼりやアクアテールを主力技として使いたい。サブウエポンはくさタイプの弱点を突けるこおりのキバや、フェアリータイプ対策にアイアンヘッドまたはアイアンテールが欲しい。ストーンエッジや、役割破壊のだいもんじも候補。また、ふゆうの特性を持ったポケモンにもダメージが通るじしんも必須。オメガルビー・アルファサファイアでは一致技のかみくだくを覚えられる。

耐久力が向上しているため、りゅうのまいも使いやすい。覚えさせていれば積極的に使いたい。ただし、メガギャラドスにする以上、ラムのみたべのこしなどを持つことができないため、特にまひやけどと言った状態異常にしてくる相手には注意を払うこと。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ギャラドス ギャオスラドン
英語 Gyarados 日本語に同じ
ドイツ語 Garados 日本語に同じ
フランス語 Leviator léviathan(レヴィアタン、リヴァイアサン
韓国語 갸라도스(Gyaradoseu) ギャラドス
中国語(普通話・台湾国語) 暴鯉龍/暴鲤龙(Bàolǐlóng) 暴(凶悪な、残酷な)、鯉、龍
中国語(広東語) 鯉魚龍(Léihyùhlùhng) 鯉魚(コイ)、龍

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。