ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ID

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ID (アイディー) はゲーム本編においてセーブデータを作った時にランダムで割り振られる、プレイヤーを識別する番号。

概要

IDはプレイヤーを識別する番号であると同時に、ポケモンのおやを識別する番号でもある。 「はじめからあそぶ」を選ぶたびに毎回変わり、セーブデータを消さない限り変わることはない。 IDを用いるものとしてIDくじ第三世代以降の色違いの判定などがある。

第二世代までは16bit (216=65536通り)、すなわち2バイト (1バイト=8bit) のデータがそのままIDとなっていた。 216=65536であるため、上限値は65535となっている。ただし実際の表示は10進数表記でゼロパディング5桁 (00000〜65535) となる。第二世代までに乱数調整は基本的に存在しないが、第一世代のIDは一部の番号に限り「状況再現」方式の乱数調整に狙って割り振ることが可能。第二世代でもVC版銀に限って一部の番号を状況再現で割り振ることができる。

第三世代からは32bit (232=4294967296通り)、すなわち4バイトのデータになった。 ただし第六世代までは第二世代以前を踏襲して下位2バイトの表示のままで上位2バイトは表示されない。表示されない上位2バイトを隠しIDと呼ぶこともある。通常エメラルドでは初期seedが一定だが、ニューゲーム開始からリセットの間のみIDに依存した初期seedとなる。これに加えてバトルビデオで現在seedを保存することで、通常では丸1日以上の待機を要するような高フレームにほぼ一瞬で移動することが可能になり、この技法が乱数調整に利用される。

第七世代以降、IDはゼロパディング6桁になった。 内部的には今まで通りIDとしてのデータは上位2バイトに隠しID、下位2バイトにIDの4バイトで生成されるが、これを107で割ったときの余り(剰余)、すなわち10進数表記の下6桁がゲーム上に表示される。

なお、上位2バイトに隠しID、下位2バイトにIDとした場合の4バイトの値の計算式は“隠しID × 216 + ID”となる。

例えば、ゲーム開始時にID:00033と隠しID:34262が生成されたとすると、上述の計算式により 34262 × 65536 + 33 = 2245394465 となる。この下6桁の「394465」がゲーム内で表示される。

配布・貴重なポケモンのID

配布・貴重なポケモンのIDは、発売日・配布日を、第三世代では (西暦下一桁) (月/一桁の場合上に0を付ける) (日/一桁の場合上に0を付ける) という順に並べたもの、第四世代では (月/一桁の場合上に0を付ける) (日/一桁の場合上に0を付ける) (西暦下一桁) という順に並べたものが多い。順番が変わった理由は、上述の通りIDの上限が65535で70000台以降が使えないためで、第三世代のやり方だと2007年以降の日付が表記できないからである。

第七世代では000000〜999999の任意の値が出るように変更されたので、(西暦下二桁) (月/一桁の場合上に0を付ける) (日/一桁の場合上に0を付ける)のYYMMDD形式が可能になった。海外で配布されたポケモンではMMDDYY形式のものも見られる。

世代 日付の形式 形式の例
第三世代 YMMDD 21121 (2002年11月21日)
第四世代以降 MMDDY 09286 (2006年9月28日)
第七世代以降 YYMMDD 161118 (2016年11月18日)

IDが関与するもの

関連項目