第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

リージョンフォーム

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

リージョンフォームとは、ポケモンが住む地方の環境に適応した姿のこと。2017年8月現在、アローラのすがたのみ存在するため、同一視されることが多い。

概要

第七世代で登場した要素。その地方の環境や文化に影響を受けた結果、姿を変えたポケモン。最も大きい変化は姿の変化であるが、タイプ、使えるわざ特性おもさたかさが変化したポケモンもいる。進化するポケモンの中には、進化前も進化後も一貫してリージョンフォームであるポケモンと、通常の姿からリージョンフォームに進化するポケモンもいる。リージョンフォームを持つポケモンは、すべて第一世代で登場したポケモンである。

過去作からリージョンフォームを持つポケモンをサン・ムーンに送った場合、過去作にリージョンフォームの概念がない為、必ず通常の姿で送られてくる。また、進化前もリージョンフォームを持つポケモンは、通常の姿をサン・ムーン内で進化させてもリージョンフォームにはならず、逆にリージョンフォームのポケモンが通常の姿に進化することもない。

リージョンフォームのポケモンを進化させる、あるいは通常の姿のポケモンがリージョンフォームに進化する場合、進化時のBGMが通常のポケモンとは異なる (南国風の曲調になる)。

リージョンフォームについて調査している人物にナリヤ・オーキドがいる。彼はオーキド博士の従兄弟にあたる。なお、リージョンフォルムは誤表記である。しかし、概念上異なるフォルムの一種であることは間違いない。ただし、従来のフォルムチェンジとは異なり、リージョンフォームのポケモンを後から通常の姿にしたり、通常の姿の個体をリージョンフォームに変えたりすることはできない。

進化前が通常の姿しか存在しないピカチュウタマタマカラカラは、例え過去作から送った個体であってもサン・ムーン内で進化させると必ずリージョンフォームになる。つまり、通常の姿のライチュウナッシーガラガラをサン・ムーンで使いたい場合は、過去作で進化させてから連れてくる必要がある (カラカラの場合、進化条件に時間関係が含まれるがそれを満たさない限りサン・ムーン内で進化しない為、実質過去作で進化させる必要が出てくる)。サン・ムーン内で捕まえたポケモンはポケモンバンクを使っても、過去作には送れない為、現時点ではサン・ムーンの親IDを持った (アローラマークが付いた) 通常の姿のライチュウ、ナッシー、ガラガラを入手することは不可能である

リージョンフォームを持つポケモンはサン・ムーン単体では、リージョンフォームの姿でしか出現しないので、アローラマークが付いている通常の姿を入手したい場合は、過去作から連れて来た個体を親にして預かり所に預ける必要がある。ただし、通常の姿にかわらずのいしを持たせて預けた場合のみ通常の姿が産まれるが、持たせていない場合、例え両親共に通常の姿であってもリージョンフォームが産まれてくる。リージョンフォームの方にかわらずのいしを持たせて預けても通常の姿は産まれてこない。かわらずのいしは生まれてくるポケモンの性格も固定してしまう為、通常の姿のまま性格を変更するには、親としてリージョンフォームが存在するポケモンの通常の姿のポケモンを♀♂で1体ずつ連れていき、♂側にかわらずのいしを持たせる必要がある (例として、通常の姿のロコンで性格をひかえめからおくびょうに変更したい場合は、ひかえめ♀の通常の姿のロコン系統と、おくびょう♂のリージョンフォームが存在するりくじょうグループのポケモンの通常の姿を用意して、♂の方にかわらずのいしを持たせて預ければ、性格おくびょうの通常の姿のロコンが産まれるようになる)。

アローラ地方

アローラ地方で姿を変えたポケモンは、アローラのすがたと呼ばれる。逆に元の姿のポケモンはカントーのすがたと呼ばれることが多い。

No.019 コラッタ
No.020 ラッタ
  • コラッタと同様、夜行性で都市部に生息。高カロリーなものを食べているため重さが大幅に増えている。食材の目利きに優れており、一部レストランでは料理の味見などに利用している。
  • 元のすがたからの変更点
No.026 ライチュウ
  • サイコパワーを操る能力を持ち、その力で浮遊することができる。元の姿とは違い頰の電気袋から甘い匂いがするため、ここにサイコパワーを手にした秘密があると考えられている。
  • 元のすがたからの変更点
No.027 サンド
  • 砂漠地帯に住んでいたが、噴火により雪山に追われ、その環境に適応した。氷の外殻を持つ。
  • 元のすがたからの変更点
No.028 サンドパン
  • 背中のトゲが氷に覆われ、より大きく発達した。重さは元の姿よりかなり増えており動きも遅くなったが、逆に雪山ではかぎつめを利用して素早く移動することができる。
  • 元のすがたからの変更点
No.037 ロコン
  • 一年中雪の積もる高山で2-5匹の群れで生息するポケモン。他のポケモンの生息圏を避けるようにして雪山にたどり着いた。-50度の息を吐く。
  • 元のすがたからの変更点
No.038 キュウコン
  • 神聖な雪山に生息するため神の使いとして畏怖されてきた。全身の毛から氷の粒を発生させ、攻撃にも防御にも利用する。
  • 元のすがたからの変更点
No.050 ディグダ
No.051 ダグトリオ
No.052 ニャース
  • 元々アローラ地方に生息せず、その希少さから王族のみが手にしていたポケモンであったが、王政が崩壊したのち野生化した。王政時代に贅沢な暮らしをしていたため、わがままかつプライドの高い性格に変化したとされる。
  • 元のすがたからの変更点
No.053 ペルシアン
No. 074 イシツブテ
No. 075 ゴローン
No.076 ゴローニャ
No. 088 ベトベター
No. 089 ベトベトン
No.103 ナッシー
  • アローラ地方特有の強い日差しがナッシーをより大きく成長させた。長くなった首を鞭のように利用して攻撃する。また尻尾には元の姿にはなかった4つの頭が存在し、3つの頭とは独立して尻尾を操る。
  • 元のすがたからの変更点
No.105 ガラガラ

その他

ここでは公式にリージョンフォームとして認められていないものの、似たような事例、設定を列挙する。

関連項目