ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ポケトレ

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
このページではアイテムのポケトレについて解説しています。その他の用法についてはポケトレ (曖昧さ回避)を参照してください。

ポケトレは、アイテムの一種。正式名称はポケモントレーサー

説明文

ダイヤモンド・パールプラチナ
くさむらに かくれている ポケモンを さがしだせる どうぐ。あるくと でんちが たまる。
X・Y第七世代
くさむらに かくれている ポケモンを さがしだせる どうぐ。あるくと でんちが たまる。
くさむらに 隠れている ポケモンを 探しだせる 道具。 歩くと 電池が たまる。

使い方

草むらで使うと、草が揺れた部分からポケモンが出る。じてんしゃローラースケートに乗っている時は使用できない。使用中でも通常のバトルは発生する。

出てきたポケモンを倒すか捕まえるかした後、再び草が揺れることがある(ポケトレ連鎖)。そこで最初に遭遇したものと同じポケモンが出れば連鎖は継続する。ポケトレ連鎖発生時にポケトレの充電を溜めて再度使うと別の草むらが揺れるが、このとき連鎖は継続中と見なされる。

連鎖を重ねるとごくまれに草が光る事があり、そこでは今連鎖させているポケモンの色違いに出会うことができる。色違い遭遇率は40連鎖が最大(約1/200)で、それ以上連鎖させても確率は上昇しない。

揺れる草むらには法則があり、自分がいるマスを中心にしてその周囲を取り囲むように4つの枠があると考え、その枠それぞれについてランダムで1マスが選ばれて揺れる。選ばれたマスに草むらがなければその枠では揺れない。つまり最大で4マスの草むらが揺れる。

  • 選ばれたマスのいずれにも草むらがなかった場合、「くさむらは しずか だった……」というメッセージと共に連鎖が強制終了してしまう。このため草むらの端で揺れた場合そこでポケモンに遭遇すると次の連鎖が続かないことがある。
  • 自分がいるマスから最も外側の枠(最も近い枠を1番目として4番目の枠)であれば連鎖が継続しやすいが、上記連鎖終了のリスクも伴うためポケトレを使う場所は吟味すること。

草むらの揺れ方には強弱があるが、最初に遭遇した時と同じ揺れ方でないと連鎖しないことが多い。なお、「ダイヤモンド・パール・プラチナ」のみ、強い揺れ方のときにしか出現しないポケモンがいる(ポケトレで出現するポケモン一覧参照)。

上記の通りポケトレ連鎖が起きている最中でも普通のポケモンは出現するため、むしよけスプレー系統を使って出現させないようにしなければならない。

入手方法

ダイヤモンド・パールプラチナ
殿堂入りかつシンオウ図鑑完成後に、ナナカマド博士からもらえる。
X・Y
殿堂入り後にプラターヌ研究所2Fの研究者からもらえる。

備考

  • 充電にかかる歩数は50歩。
  • 「X・Y」でのみ、20回以上連鎖させると、6つの能力の個体値のうち1つが最大になることが確定する。以降20連鎖ごとに最大になる個数が増え、最大で3つの個体値を最大にできる。
  • 使用中にはBGMが専用のものに変わる
  • 第四世代では、エンカウント時にむしよけスプレー系統の効果が切れた場合、先にむしよけスプレーの効果が切れたとのメッセージが表示され、方向転換をするとエンカウントする。因みにこの状態になってもポケトレの連鎖は約1割の確率で連鎖が途切れる場合を引かない限りは続いてくれる。

脚注


関連項目