ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ポケモン対戦スラング一覧

提供: ポケモンWiki
ドーピングから転送)
移動先: 案内検索

ポケモン対戦スラング一覧ではポケモン対戦にてよく用いられる用語・スラングの一覧について解説する。

関連項目

数字

130族
基本的にはすばやさ種族値が130のポケモンたちを指す。使用の状況で攻撃など別の能力が130のポケモンを指す場合もある。
130抜き
すばやさ130族のポケモンの最速値を特定の条件下で抜けるように調節すること。レベル50戦の場合130族の最速値は200のため、こだわりスカーフりゅうのまいは134調整(134×1.5=201)、ロックカットこうそくいどうは101調整(101×2=202)となる。最近ではメガライボルト等の135族抜き等も出現。
3on3
予め互いの手持ち6匹を見せ合い、その中から戦わせる3匹を選ぶルール
3タテ
主に3on3のシングルバトルにおいて、相手のポケモン3匹を自分のポケモン1匹で倒すこと。受身形で使われることも多い。
4倍弱点
相性の関係で通常の4倍のダメージを受ける場合があること。
6350
予め互いの手持ち6匹を見せ合い、その中から3匹を選出するレベル50までのフラットルールの通称。シングルバトルでの使用が基本。ランダムマッチシングルバトルのフリーバトル、レーティングバトルもこのルールで行われる。
6on6
予め互いの手持ち6匹を見せ合い、その中から最初に戦うポケモンを選ぶルール。いわゆるフルバトル。
6V
全ての能力の個体値が31のポケモン。
600族
種族値の合計が600のポケモンたちを指す。該当するポケモンでも伝説のポケモンおよび幻のポケモン(ミュウなど)はカウントされない場合が多い。(類義語: 580族660族670族など)

アルファベット

能力関係

HABCDS
それぞれHP(Hit point)、こうげき(Attack)、ぼうぎょ(Block)、とくこう(Contact)、とくぼう(Diffence)、すばやさ(Speed)
各ステータスの略語として使われることもあり、後ろにU,V,逆Vを置いて個体値を表したり、10進数の値を付けて具体的な数値を表すこともある。
habcds
個体値30のこと。
V
個体値31を32進数表記にしたもの。個体値31は個体値が最高値であることを示す。
U
個体値30を32進数表記にしたもの。偶数値としては最大。めざめるパワーで特定のタイプを狙うために、V(31)ではなくUを狙うことがある。

その他

〜B
〜ビーム
DQNラグ
すばやさを極限まで高めた#最速ラグラージ
〜P
〜パンチ
TOD
時間切れによる判定勝ちを狙う戦術

あ行

相性
一般的にはタイプの強弱を表す言葉(例:ほのおの相性はくさにはよいが、みずには悪い)。
ゲーム中ではわざマシンを覚えられるか否かを表す言葉としても使われる。
相性補完
ポケモンAが弱点とするタイプをほとんど・あるいは全て半減以下におさえるタイプを持つポケモンBのこと。また、ポケモンAはBの弱点を同じく半減以下におさえられる必要がある。パーティ構築をする際はこの相性補完を念頭に置く必要がある。→#一貫性
頭出し
ポケモンを先頭に置き、出した直後に他のポケモンに変えること。弱いポケモンなどを育てるのに役立つ。#対人戦でも苦手なポケモンといきなり対峙した際に行わざるを得ないこともある。
暴キー
あばれる+キーのみ
雨パ
あめが ふりつづいているを前提とするパーティのこと。
あやピカ
あやしいひかりのこと。
霰パ
あられ状態を前提とするパーティのこと。
安定
ポケモンバトル時に最も無難なメンバー選出、および最も無難な技の選択。○○安定(○○にポケモン名や技名が入る)と言う具合に使用される。
アンノーン切り
第二世代において、アンノーンを倒しまくること。
育成論
あるポケモンについて最適な技構成、努力値の割り振りのこと。
一撃牛
第二世代において存在した、つのドリルじわれねごとねむるを覚えたLv.55のケンタロスのこと。
一貫性
相手パーティにあるタイプの攻撃が半減や無効となる相性になるタイプがポケモンが存在せず、そのタイプなら等倍以上のダメージ確定している状態のこと。本来の意味とは異なるので注意。
一対一交換
自分のポケモン1匹と相手のポケモン1匹がほぼ同時にひんしになること。
例えば、明らかに相性が悪く普通の攻撃では倒せないポケモンをみちづれだいばくはつなどを使って倒したときに、「一対一交換にもちこんだ」と使うことができる。
いば音
いばる+いやなおと。いやなおとでぼうぎょを下げることで、こんらんの自滅によるダメージを増やす戦法。
いばキー
いばる+キーのみ。ダブルバトルにおける戦法で、キーのみをもたせた味方にいばるを使うことで、こうげきを上げる効果だけが得られる。
いばみが型
いばる→みがわりをつかう#型。どちらもわざマシンになっているため両方とも覚えられるポケモンは多く、覚えられさえすればできる型なので、改めて紹介されることは少ない。
受け
#役割理論において、あるポケモンまたはそのグループの攻撃に対して十分に(4発以上)耐えられること。
陰キャ
耐久型の中でも特に露骨なまでに受けループに特化したポケモン。第七世代に入って受けループが公式寄稿記事で話題にされるほど周知の戦法になったことで普及した単語。
受けループ
パーティ全体を耐久力の高いポケモンで固め、サイクルを回しながらちきゅうなげゴツゴツメットなどの定数ダメージでジワジワと削り競り勝つことを目的とした戦法のこと。
撃ち逃げ
場に出たポケモンがデメリットの大きいわざ(りゅうせいぐんなど)で攻撃してすぐに控えのポケモンと交代すること。
運ゲー
運任せのゲーム。こんらん自傷をするまでいばるみがわりを繰り返したり、一撃必殺技を命中するまでむやみに乱発するなど戦術を廃した運頼みの戦法を指す。耐久力を上げて回復などを駆使して一撃必殺技の試行回数を稼ぐのは立派な戦術であり単なる運頼りではない点に注意。
また一方のトレーナー側の技が極端に外れたり急所に当たったりと、極端な偏運の場合も指す。
エラッタ
TCGにおいて、すでに発売されているカードのテキストを変更することから転じて、仕様変更を指す。特に第六世代以降行われているポケモンの種族値の修正を指す。どちらかというと上方修正というニュアンス。
遠隔技
直接攻撃でない技のこと。特性えんかくの登場の影響で本格的に普及した表現。
おしゃクソ
おしゃべりによる誹謗中傷を危惧されて第五世代までランダムマッチで使用禁止とされていたペラップを揶揄する言葉。第六世代以降はおしゃべりの仕様改善によってペラップが使用解禁され、さらにペラップ自体この世代でそれなりに対戦で使えるほど出世を果たしたため、おしゃべりを中心にいやらしい立ち回り方ができるという意味でこの言葉を使われるように。由来は有吉弘行がテレビ番組で品川祐に対し世間が持っているイメージをそのままあだ名にしたことから。稀に使用される単語。
オタク理論
受け志向のポケモンでサイクルを行い、どくどくややどりぎのタネなどの定数で削ってからメガシンカポケモンなどのエースの確定1発圏内に入れる立ち回り、またはそのようなパーティのこと。オタク理論に使用する受け志向のポケモンを「オタク~」と呼ぶ。第七世代に発祥したスラング。
落ちる
倒されること。
インターネットスラング(お疲れの意)から転じて倒されてしまうこと。もしくは受けて手も足も出ないこと。
音痴
ばくおんぱをコンセプトとした構成。

か行

下位互換性
特定のゲーム機などが、下位のものの代用ができること(例:ゲームボーイカラーゲームボーイに対して下位互換性を持つ)。
特定のカードなどが、下位のもので代用できること(例:ポケモン育て屋さんふしぎなアメの下位互換である)。
特性などに関しても後者の意味で使われることが多い。対義語は#上位互換性
回復技
じこさいせいなど、HPを回復する技のこと。
返し技
カウンターミラーコートのこと。
確定n発
常にn発で相手を倒せること(nには、1以上の整数が入る)。確定1発は常に一撃で倒せることを意味する。確nと略される。
確定急所
第六世代以降存在する、わざが確実に急所に当たる状態のこと。
育成論における、ポケモンの種類・努力値の振り方・構成する特性持ち物などのひとまとまり。(例: #物理型#特殊型、サポート型)
カバドリュ
カバルドンとドリュウズによるすなあらしを前提とした戦法。
ひかりのかべリフレクターの総称。かわらわりまたはサイコファングで破壊でき、とくせいすりぬけでその効果を無効にできる。オーロラベールも含まれる場合がある。
紙、紙耐久
ぼうぎょもしくはとくぼうが非常に低いこと。
神コンボ
マッスグマの覚えるみがわりはらだいこ→みがわり→じたばたコンボなどのこと。
火力
威力×攻撃or特攻×各種補正のこと、平たく言えば攻撃技によって与えられるダメージ第七世代に入ってからは公式寄稿記事でも使用されている[1]
起点
#始動要員となるポケモンのこと。、またはこちらに有効打を持たず積み技を使う好機となる敵ポケモンのこと。
相手からの攻撃を十分に抑えつつ、自分の能力を上げられるタイミングやその相手のポケモンのこと。→#積む
狂牛病型
はかいのいでんしを持たせたケンタロスによるハイリスクな速攻型。
機能停止
そのポケモンに与えられた役割を果たせなくなること。例:物理アタッカーがおにびを受け攻撃力を失う、高速アタッカーがでんじはを受け素早さを失う。耐久型がどくどくを受けて居座れなくなる等。
逆V
個体値0。一見不要に見えるが、攻撃の逆Vは特殊アタッカーや耐久型のこんらんによる自傷ダメージを軽減し、防御や特防は、きあいのタスキと反射技を用いる戦法において、中途半端に耐える事を阻止、また素早さ逆Vはジャイロボールの威力を上げつつトリックルーム下で最速とするため、すなおこしなどの一部の特性の都合によるものなどがあるので、思いのほか必要となる場面は少なくない。特に攻撃と素早さは逆Vを狙うプレイヤーもそれなりに存在する。
〜クオリティ
タワークオリティ、フロンティアクオリティなど。バトルタワーやバトルフロンティア各施設、バトルハウスなどの対戦施設における戦闘で理不尽に負けること(例:一撃必殺技が異様に当たる、こおりなどの致命的な追加効果がよく出る、きあいのハチマキがやたらと発動するなど)。
グッドスタッフ
第四世代に流行した単語。メタや相性を抜きに性能の高いポケモンで固めたパーティ「スタン」の中でも防御・補助寄りのパーティ。
転じて、単純な性能の高いポケモン。これは、単純に性能の高いカードに対するTCG用語をそのままポケモン用語として置き換えたものである。
激戦区
基本的に素早さ種族値90〜100前後のポケモン達を指す。強さの面で人気の高いポケモンの多くは素早さ種族値がこの辺りに固まり、少しでも妥協しようものなら先制を許しかねないためにこのように呼ばれる。
月光乱舞
エースポケモンを先発もしくは中盤で出し、体力が減った頃にクレセリアを繰り出し、みかづきのまいを使ってエースポケモンの体力、PPを復活させて再び暴れさせる戦法。有名なのはクレセリアメガガルーラ(通称クレセガルーラ)の組み合わせ等。
結論パ
あらゆる戦術に対抗できて1番安定して、最も勝率を稼げるパーティ。英語圏では(特にGSルール下でのダブルバトルにおけるそれを)「BIG6」と呼ぶ。
厳選
自分の望む能力の個体が手に入るまで捕獲や孵化を繰り返すこと。
互換切り
  1. ゲーム機本体の通信プロトコルの違いなどによって、過去作とポケモンのやり取りができなくなること。第一世代第二世代ゲームボーイ)と第三世代ゲームボーイアドバンス)で互換切りがされた。
  2. 第六世代第七世代におけるレーティングバトルで、カロスマークアローラマークの付いていないポケモン(第五世代以前から入手したポケモン)を使用不可能とする公式のルールのこと。これにより、第五世代以前限定のわざマシンの技や教え技を覚えたポケモンが使用できなくなる。
個体値
ポケモン1匹1匹に定められた、能力値に関係する隠しステータスのこと。
骨折
とびげりとびひざげりを外して自分がダメージを食らうこと。
こらカム
こらえる+カムラのみ
こらがむ
こらえる+がむしゃら
こらきし
こらえる+きしかいせい
こらじた
こらえる+じたばた
こらヤタ
こらえる+ヤタピのみ
昆布
割合ダメージを利用して決定力を出す戦い方のこと。(「コンボ」のタイプミスから)。例としてまきびし+ほえるorふきとばしなど。
昆布パ
昆布を主軸としたパーティ
コンボ
2種類以上のわざを組み合わせて威力命中率、効果の上昇などを図る組み合わせ。
コンテストの技の効果を上昇させる組み合わせ。

さ行

サイクル
相手のポケモンに対して有利なポケモンに入れ替え、相手もまたそのポケモンに対するポケモンに入れ替え、と相性による受けが回る状態。対戦ではこのサイクルをいち早く崩し(これを俗にサイクル崩壊と呼ぶこともある)相性による受けを成立させなくするのが基本となる。
再生、再生回復
じこさいせいタマゴうみなどの自身のHPの1/2を回復する技の総称。語源はもちろんじこさいせい。
最速
すばやさを理論上の限界まで上げること。素早さに+補正がかかる性格、素早さ個体値V(31)、素早さ努力値252以上の3つを満たしたものを言う。このとき、特性持ち物は考慮しない。
最遅
すばやさを理論上の限界まで下げること。素早さに−補正がかかる性格、素早さ個体値逆V(0)、素早さ努力値4未満の3つを満たしたものを言う。トリックルームを利用するポケモンや、天候に関する特性を持つポケモンが同時に場に出た場合素早さの低いポケモンが所持しているものとなることからユキノオーカバルドンがよく最遅調整される。また、ギルガルドも特性の都合上先手を取ってはいけないため、最遅調整される。
催眠厨
ねむり状態に頼り切った戦法を多用するプレイヤーのこと。眠り技の代表格であるさいみんじゅつから。
刺さる
あるポケモンが、相手パーティのポケモンの多くに有利に立ちまわれること。
サブウェポン
そのポケモンの主力ではない攻撃技。タイプ一致でないことが多く、役割破壊などに使用される。
差別化
育成論において、似通ったステータス・タイプのポケモンに対しとくせいや比較対象が習得できない技を利用し差異をつけること。
三種の神器
かえんほうしゃ10まんボルトれいとうビームの事。いずれも命中率100攻撃力90と安定している。さらに言えば10%の確率で状態異常にすることができる。
また、論者にはいのちのたまこだわりハチマキこだわりメガネの意味で用いられる。
三色キバ
かみなりのキバほのおのキバこおりのキバの総称
かみくだくまたはどくどくのキバも合わせて「四色キバ」と呼ばれることもあるが、威力や追加効果が他と違うためにあまり使われない。
三色拳、三色パンチなど
かみなりパンチほのおのパンチれいとうパンチの総称
ピヨピヨパンチも合わせて「四色パンチ」などと呼ばれることもあるが、威力や追加効果が他と違うためにあまり使われない。
三色髭、三色フーディン
かみなりパンチ、ほのおのパンチ、れいとうパンチを覚えたフーディンのこと。
三色玉
シャドーボールエナジーボールきあいだまの総称。
三値
種族値個体値努力値の総称。早くとも第四世代に発祥したと推測される単語。
残飯
たべのこしのこと。
爺前固定
タマゴ内のポケモンを自分の理想のせいべつとくせいせいかくに固定したままそだてやじいさんの前でレポートを書いた状態にしておくこと。ブラック・ホワイトでは仕様変更により不可能になったが、ブラック2・ホワイト2で再び可能になった。
自主退場
だいばくはつなどを使用して能動的にひんしになること。ポケモンチェンジには使用しない。
実数値
ゲーム内で実際に表示される能力値。#三値と対照的に使用される。
始動要員
天候パーティや各種ルーム系の技を主軸にしたパーティにおいて、先発でその技を発動し後続に繋げるためのメンバー。多くの場合だいばくはついのちがけなどの自主退場技を同時に持つ。
死に出し
自分のポケモンが倒された事によって次のポケモンを場に出すこと。
死に特性
対戦において実質的な意味の無い特性。(例:第五世代までのするどいめ)
縛る
ダブルバトルなどの複数戦において、その場で先制して倒せる状態のポケモンの事。(倒すポケモン)で(倒されるポケモン)を縛ると使う。逆は縛られる。
かなしばりアンコールなどで特定の技を出せなくすること。
進化させない、タイプ統一など特定の条件下に限定したポケモンだけでシナリオをクリアしたり#対人戦に挑むこと。
ジャイアン戦法
ハイパーボイスほろびのうたばくおんぱなどの絶大な破壊力を持つ音系の技を主軸に戦う戦法、もといそういったコンセプトで構築されたパーティ。身代わりを用いても防げないという強みがあるため、バカにできない強さがある。名前の由来は、破壊力を持つ歌を度々歌うことで有名な、ドラえもんの剛田武のニックネームと思われる。
ジャンクビート
第四世代に流行した単語。メタや相性を抜きに性能の高いポケモンで固めたパーティ「スタン」の中でも攻撃寄りのパーティ。
重力パ
じゅうりょく状態を前提としたパーティのこと。
ジュエルバット
ひこうのジュエル+アクロバット
種族値
ポケモンの種類ごとに定められた、能力値に関係する隠しステータス
種族値詐欺
主に、高種族値でありデメリット特性が無いにもかかわらず、種族値に無駄があるポケモンに対して、種族値の合計数値で強いように見せかけていると皮肉るための言葉。逆に種族値の合計はそれほど高くないにも関わらず、種族値に無駄が殆どないなどの理由で強いとされるポケモンを指して使われることもある。
準速
素早さ個体値V(31)、素早さ努力値252以上の2つを満たしたものを言う。このとき性格攻撃など素早さ以外の値を上げている。(関連語:#最速)
準フルアタ型
4つの技のうち3つが攻撃技で、残りが変化技で構成されている#型
上位互換性
特定のゲーム機などが、上位のものの代用ができること(例:ゲームボーイアドバンスニンテンドーDSに対して上位互換性を持つ)。または、特定のカードなどが、上位のもので代用できること(例:ポケモンキャッチャーポケモンリバースの上位互換である)。特性などに関しても後者の意味で使われることが多い。対義語は#下位互換性
ある能力に関して努力値を振っていない状態。(関連語:#無振り)
スイッチ
主軸となる戦法を持ちながら、状況に応じてもう一つの戦法に切り替えることができるパーティ構築のことを指す。トリパの鉄則はスイッチに仕立てることである。
ズイタウン爆走族
そだてやさんでポケモンのタマゴを貰っては、理想の個体が産まれるまでひたすらじてんしゃでズイロードを走り孵化歩数を稼ぐ廃人を皮肉った名称。
ズイロード
シンオウ地方の#廃人ロード210ばんどうろズイタウン209ばんどうろを繋ぐ一直線の道のこと。廃人プレイヤーが走り回っていることでも有名。
スカーフ
多くの場合こだわりスカーフを指す。
スカーフトリック
こだわりスカーフをトリックで相手に押し付けることで相手の動きを制限する戦法。主にロトムミミロップが得意とする戦法だったが、プラチナ教え技の存在により多くのポケモンが使用可能となった。
スキン
スカイスキンフェアリースキンフリーズスキンを指す。ノーマルスキンは含まない事が多い。
捨て駒
捨てるために出されるポケモン。
捨てる
HPが残り少なかったり相性の悪い相手ばかりだったりしてもう有効に活用できないであろうポケモンがいる時、またはどうしても特定のポケモンを場に出す必要があるがそのまま出すと交代際の攻撃で致命打を受けてしまう状況の時、あえてポケモンを場に出し倒される事で、目的のポケモンを#死に出しできるようにすること。
砂パ
すなあらし状態を前提としたパーティのこと。
全抜き
理論上4つの持ち技ですべてのポケモンを倒すことができること。
先発
特に#対人戦において、バトルに出す最初のポケモン。
専用技
そのポケモン、又はその進化系しか覚えない技のこと。ピカチュウボルテッカーなど(普通ドーブルスケッチによって覚える技や配布ポケモンが特別に覚える技は含めない)。
相互互換性
技・特性・カード・ゲーム機などの性質が、他のものと全く同じであること(例:ニンテンドーDS LiteニンテンドーDSに対して相互互換性を持つ)。
ソーダグ
ソーナンスかげふみダグトリオありじごくによって相手ポケモンに交換を許さず封殺する戦法。類似の戦法にメガゲンガーとソーナンスを組み合わせたゲンガナンスがある。

た行

対人、対人戦
人が相手の対戦
耐性
そのポケモンがあるタイプの攻撃のダメージをタイプ相性により1/2以下にできること(用例:ギャラドスかくとうタイプに耐性がある)。
タイプ一致
攻撃するポケモンのタイプと技のタイプが一致していることで、威力が増すこと。
〜耐え調整
あるポケモンの主力技を1発ないし2発耐えるようにし、そのポケモンを狩ることを目的として耐久を調整すること。
襷潰し
すなあらし等の天候、ステルスロックなどの設置技によって自動的にいくらかのダメージを与え、きあいのタスキを発動させなくできる手段。またはきあいのタスキでひんしにならなかった相手に、次のターンで確実に止めを刺せる先制技のこと。ガブリアスのように特性によって潰せるポケモンも存在する。
ダブル
ダブルバトル
玉、珠、球
基本的にいのちのたまを指す。場合によっては稀にでんきだまの事を指す場合もある。
厨パ
厨ポケばかりで構成されたメンバー編成。対戦での強さを求める場合、このパーティとなることが多いが、エンターテイメント性や意外性が重視される動画投稿サイトでは評判があまりよくない。
厨ポケ
元は「厨房が何も考えずに力押しで勝ててしまうほど素の能力が飛びぬけているポケモン」の意で、高ステータスポケモン全般への蔑称。厨房とはネットスラングで中学生やそれ以下並に精神年齢が低く行動が幼稚な者を指す蔑称。
直接攻撃
わざによって相手に触れる判定のあること、もしくはその技。接触攻撃、接触技とも。
潰し
#役割理論において、あるポケモンまたはそのグループに回復が追いつかれずに倒せること。
翼の折れたエンジェル
仕様変更などで大きく弱体化したひこうタイプのポケモンの喩え(例:第六世代ひこうのジュエルを没収されたトルネロス第七世代はやてのつばさが弱体化したファイアロー)。1985年の同名の楽曲が元ネタ。
こおりのつぶてのこと。
積む
能力を上げる補助技を使うこと、またその技を「積み技」と呼ぶ。
詰む
最後の1匹まで倒れた訳では無いが、大きく有利不利が付いてしまい、形勢をひっくり返す手段がもう無い、事実上決着がついた状態のこと(例:最後の1匹が積み技を使った所にアンコールを受けて攻撃できなくなる、最後のポケモンの攻撃技が毒の攻撃技のみな中相手が鋼タイプを出してくる等)。将棋やチェスなどのボードゲームの用語に由来。
テクバレ
特性テクニシャン+技バレットパンチの組合せのこと。
デブ
#マルスケデブの略。
あついしぼう型の蔑称。主にあついしぼうの有用性が低いポケモンに対して使われ、あついしぼう型を過小評価する場合にも同様である。
鉄火バトン
テッカニンによる一連のバトンタッチコンボのこと。
伝説厨
パーティのほとんど・または全てが伝説のポケモンで埋め尽くされるプレイヤーに対する蔑称。アニメではタクトが該当する。
ドーピング
努力値を上げるアイテム・PPの最大値を上げるアイテムを使うこと。
プラスパワー等のアイテムを使うことをドーピングということもある。
止まる
ある1匹のポケモンあるいはパーティ単位で、特定の相手が倒せないこと、またはその状態になること(用例: ハピナスで止まる、ヌケニンで止まる)。
特殊型
特攻(特殊)を高め、特殊技で攻める#型のこと。
トス
元はカードゲーム用語。特にレーティングバトルにおいて特定の人物のレートを一定水準まで上げるために複数ROMを用意してわざと負けること。レーティングバトルはランダムで対戦相手が決まるが、レーティングバトルの人口から、同時に対戦サーバーに接続すれば狙ったロム同士をマッチングさせることが比較的容易であり、それ故にポケモンでは非常にトスが成立しやすい。第六世代以降オンライン通信環境が整備されたことから、このように不正にレートを上げる行為が激化した。多くの場合は密告やバトルビデオの解析で発覚し、トスを行ったプレイヤーにはランキング除外やその後の公式大会の出場資格停止の処分が下される。PGLはレーティングバトルにおける自演行為を防止するためにプレイヤー1人につき1アカウント2ソフトまでしか登録を認めていないが、トスを禁止するPGLの規約は第六世代の時点では存在しておらず、公式がトスを不正行為と位置付けたのは第七世代以降である。
ドラム
はらだいこ、もしくはそれを軸としたパーティのこと。派生形としてははらだいことトリックルームを活かした「ドラムルーム」などもある。第四世代に特に流行した単語。
トリック型
トリックもしくはトリックルーム前提の#型のこと。
トリパ
トリックルーム前提のパーティのこと。
努力値
ポケモンを倒すなどして得られる、能力値に関係する隠しステータス。公式名称は「きそポイント」。
とんぼルチェン
とんぼがえりボルトチェンジを交互に使い、技の追加効果で交換しながらダメージを与え続ける戦法。

な行

ナーフ
Shadowverseにおける、すでに発売されているカードの能力の弱体化調整を表わす言葉を、そのままポケモンに置き換えたもの。特に第七世代以降行われているポケモンの特性の弱体化調整を指す。
二刀流
#両刀型に同じ。
ネ申コンボ
みがわりはらだいこ→みがわり→じたばたのコンボのこと。
抜き性能
お膳立てを必要としない単独での戦闘力の高さをあらわす。こうげきとくこう)・すばやさが高く威力・範囲が優秀な技がそろっていれば「抜き性能が高い」といわれる。
抜く
相手よりすばやさで勝るようにすること。
脱ぐ
ボディパージを使用する」と言う意味の動詞。特にテッカグヤがボディパージを使用するケースを指す。
ねむカゴ
ねむるカゴのみの組合せのこと。
ねむねご
ねむるねごとのコンボのこと。

は行

〜パ
パーティが他の言葉と造語を作るときに後ろに付くときの表記。「スタンパ」「天候パ」など。
パーティパワー
そのパーティの持つ、メタや相性を無視した場合の単純な強さ。TCG用語の「デッキパワー」というTCGのデッキに関する単語をポケモンのパーティに関する単語としてそのまま置き換えた用語。単体構成に関しては「構築パワー」と呼ぶことも。
廃人
原義では何らかの理由により通常の生活を営めなくなった人を示す用語。ポケットモンスターシリーズを含むゲームにおいては通常のプレイヤーよりもゲームにのめりこんでいるようなプレイヤーなどを示す。本用語は、からかいや自虐のような用いられ方をするほか、ある種の称賛を示す用語としても用いられるなど幅広い使われ方をする。ポケモンで代表的なのは理想の個体値を長期に渡り粘る個体値廃人の他、特定ポケモンの色違いを常に狙う色違い廃人(ポケトレ廃人)、GTSに日夜張り付いてレアな配布ポケモンを収集するGTS廃人などがいる。
廃人ロード
どの世代にも大抵1〜2ケ所はある直線距離の長い場所。廃人プレイヤーが孵化作業を行うためによく使用される。
爆破処理
ハピナスミロカロスなど長く居座られると厄介なポケモンをじばくだいばくはつで強制的に突破すること。バトルタワーなどでよく使われる。第五世代以降はこれらの技の性能が落ち、第四世代以前ほどは使われなくなった。
晴れパ
ひざしがつよいを前提とするパーティのこと。
パワー系
パワーアンクルなど、貰える努力値が+4される道具の総称。
バンギドリュ、バンドリ
バンギラスとドリュウズによるすなあらしを前提とした戦法のこと。
バンギムドー
砂嵐下における特防の高さを利用したバンギラスと、物理耐久の高いエアームドのコンビのこと。
バンギランド
バンギラスとランドロスのコンビのこと。ランドロスがバンギラスの弱点である格闘を受けつついかくで弱体化させ、ランドロスの弱点である氷を特防の高いバンギラスが受けに行く。
半減実、半減系きのみ
特定のタイプ効果が抜群の技のダメージを半減できるきのみヤチェのみソクノのみが有名。
反動
  1. はかいこうせんなどを使用した際に生じる次のターンに動けなくなるデメリットのこと。
  2. すてみタックルなどを使用した際に使用者に跳ね返ってくるダメージのこと。
紛らわしさを回避するため、後者を反動ダメージと呼ぶ場合もある。
とびひざげりのこと。これを外して自分の最大HPの半分のダメージを受けることを俗に膝を割るとも。
美肌
すながくれ型のガブリアス。主流であるさめはだ型との対比。
封じ
#役割理論において、#受け#潰し両方可能なこと。
複数催眠
さいみんじゅつなどの技で二体のポケモンを重複して眠り状態にさせること。以前は眠り状態が非常に強力だったため大会の公式ルールでも禁止されていた。公式大会で禁止が解除された後も非公式対戦では禁じ手とするのが暗黙の了解となっていたが、現在では眠り状態が大きく弱体化しているため複数催眠禁止は一般的ではない。
ぶっぱ
ぶっぱなす。
  1. げきりんりゅうせいぐんなど強力だがリスクのある技を状況や控えも気にせずとりあえず繰り出す戦法のこと。
  2. 調整をせず努力値を最大(252)まで振ること(例:ASぶっぱ→攻撃に252、素早さに252努力値を振る)。下手に考えて調整するよりもぶっぱが最適解となる場合も多い。
物理型
攻撃を高め、物理技で攻める#型のこと。
振り
努力値を上げること、および上げていること。
関連語:#最速#準速#最遅#ぶっぱ#無振り
フルアタ
フルアタックの略。技が全て攻撃技のポケモンのこと。
フルドーピング
限界までドーピングすること。
変態型
そのポケモンでメジャーなものや種族値を素直に活かしたものから大きく外れた#型のこと。例えば特攻が高く攻撃が低いポケモンを#物理型にする等。単純にネタだけの型は別として、基本的に相手に想定されないので意表を突きやすい一方、種族値に逆らった育成をする場合そもそも弱いため、博打要素が強くなる。
胞子パンチ
キノコのほうしきあいパンチのこと。
暴走
何回も積んだりなどして止めるものがなくなった状態のこと。

ま行

舞い、舞
りゅうのまいつるぎのまいちょうのまいの技名に「~の舞」と付く積み技のこと。特にすばやさが上がる「りゅうのまい」と「ちょうのまい」を指すことが多く、これらの技を使った状態を回数に応じて1舞、2舞と呼ぶ。
マイナー
対戦において活躍するポケモン(=メジャー)の対極にあるポケモンのこと。これらのポケモンを用いたことを負けの言い訳としたり、勝利した相手が「#厨ポケ」を利用していることを非難したりするプレイヤーを示す言葉として、「マイオナ(マイナー+オナニー)」という蔑称が存在する。
まひるみ
まひによる行動不能と追加効果で怯む技(エアスラッシュなど)で相手の行動を妨げる戦術。てんのめぐみトゲキッスによるものがもっとも有名。
まもみが
まもる+みがわりを繰り返しターンを稼ぐ戦術。ムラっけなどの自動発動型の特性の試行回数を稼いだり、すなあらしなどのスリップダメージ蓄積を狙う。
まるころ
まるくなるを使った後にころがる/アイスボールを使うコンボ。
マルスケデブ
マルチスケイルカイリューの蔑称。単に「デブ」とも。
みが〜〜、〜〜みが
みがわり+何かの技やアイテムを使う戦術の略称。みがきあ(+きあいパンチ)、みがヤタ(+ヤタピのみ)、やどみが(+やどりぎのタネ)など。
無償光臨
ダメージ状態異常などを受けずに控えポケモンと交代して場に出すこと。
無駄急所
急所に当たらなくても相手のポケモンを確定で倒せる状態で急所に当たること。
無振り
努力値を全く上げていないこと。
メインウェポン
そのポケモンの主力となる攻撃技。ガブリアスじしんなど、タイプ一致であることが多い。ポケモンだけでなく、ゲーム全体で使われる用語。
メガ○○
メガシンカしたポケモンの略称。○○の所にはそのポケモンの略称が入る(例 メガガル、メガゲン、メガマンダ、メガグロス、メガバンギ、メガクチ、メガルカ、メガヘラ等)。
メタ
#対人戦で流行っているポケモンやその#型。本来の意味とは異なるが、もちろん本来の意味として使われることもある。

や行

焼き鳥
かえんだま」などでやけど状態にして「こんじょう」を発動させたオオスバメのこと。
最近では専らファイアローを指し、オオスバメの方は元祖焼き鳥と言われる事も。
役割破壊
そのポケモンのコンセプトとは異なる技を持たせる事により、こちらのポケモンを倒す・封じる役目を持たされた相手のポケモンを突破してしまう事。または、それに用いる技。
役割理論
#受け#潰し#封じという3つの役割を考える理論のこと。
役割論理
攻撃/特攻に努力値を振り高火力技を優先して(例:かみなり10まんボルトならば、かみなりが優先)採用することで交代先や自分の出す技に耐性を持つポケモンに対しても大ダメージを与えることを目的とした対戦・育成論。また、こちらが有利対面を作るための交換をした際に相手の技で瀕死にならないよう耐久に努力値を振ることにより交代戦における#サイクル崩壊を重視する戦法。ねごと以外の変化技は基本的に採用されない。持ち物も火力上昇系のアイテムを持たせるのが基本(シザリガー等例外あり)。このようにして育てたポケモンをヤケモンといい、役割論理に従って戦うトレーナーを論者という。また、役割論理仕様のポケモンは頭文字にヤを付ける(例 ヤティオス、ヤャラドス、ヤーマンダ、ヤットレイ等)。ネット上においては「ロジカル語法」と呼ばれる独特の表現で話す。
やどみが
やどりぎのタネみがわりの組合せのこと。
宿木投げ
やどりぎのタネ+ちきゅうなげの組合せのこと。
優先度
素早さに優先して技の出す順番を決める要素のこと。
陽キャ
アタッカーの中でも特に露骨なまでに攻撃に特化したポケモン、またはその戦法。陰キャの対義語。
呼ぶ
特定のポケモンを出されやすい状態のこと。選出についても、交代出しについても使用される。
例「ユキノオーはがねを呼びやすい。」→訳「ユキノオーがいるとはがねタイプが選出されやすい。」

ら行

ラキグライ
しんかのきせき持ちラッキーグライオンのコンビのこと。いわゆる受けループの基本形。
ラグカイロス、ラグマンダ
ラグラージステルスロックあくび等でサポートした後、後続のメガカイロスメガボーマンダで積んで全抜きする構築。
乱数調整
ポケモン用語一覧#乱数調整
乱数n発
n発またはn+1発で相手を倒せること(なお、nには、1以上の整数が入る)。確率が併記されている場合は、その確率で相手を倒せることを示している。
リアル襷
きあいのタスキを持たせていないのに、きあいのタスキでこらえたかのように運良くHPがギリギリ1または一桁で残った状態のこと。
両受け
物理技特殊技両方を#受けられること。
両刀、両刀型
物理技と特殊技両方をメインに使う#型のこと。
劣化
特定のもの(ポケモン・特性など)に対して多くの種族値などや効果が劣っていること、またはそれが指すもの。(類義語: #下位互換性)
ロマン砲
はかいこうせん」等の高威力だが使用後に反動のある技に対して使われる俗称。

わ行

ワロスチョップ
クロスチョップのこと。命中率の関係で肝心な場面でよく外すことからネットスラングの「ワロス」とかけて言われる。同義語に「ワロストーンエッジ(ストーンエッジ)」、「ワロポン(ドロポン→ハイドロポンプ)」など。
割れる
相手の選出ポケモンやアイテム、技構成などがバレること。
ワンウェポン
攻撃技を1つに絞る(ポケモンが使える4つの技のうち攻撃技を1つだけにする)こと。

脚注

  1. 【寄稿記事】ライバロリバトル講座 第13回「ライバロリ的かいじゅうマニア!」 ポケモンだいすきクラブ 2018.08.02(2018年9月2日閲覧)